カテゴリ:その他( 372 )

「無題」

 大坂なおみ選手とサーシャコーチが突然の破綻、“彼女特有のジョークなのかフェイクニュースなのか”と、思っていると間違いないらしい。

二人三脚で全米・全豪と立て続けに制覇して来たと思っていたが、真相や如何。人間関係は難しい。

彼女の、全豪選手権での決勝戦第1セット7:6、第2セット5:3からゲームポイントの3つ落した末に崩れるように5:7で逆転負け。ほぼ勝負は決まったかに見えた第3セット、トイレタイムから能面のような表情をして淡々と打ち合った第3セット。本人が言うように「勝利より、1球1球を大事にして掴んだ勝利」なのだろう。

この第2セットの経験が人間としても、テニスプレイヤーとしても、賞金では買えないほどの貴重で豊かな将来性を授かったのかも知れない。「若い時の苦労は買ってでもしろ!」

f0201348_16393877.jpg


 ハワイアンソングに目覚める7時。そして、ここ数年のルーチンワークが始まる。

朝食の前に、私達を親と思っているコザクラインコのケージと、一週間ほど前に娘から預かっているウサギのケージを清掃、そして餌やり。今では手慣れたもので、SDとの協働で15分程度の作業である。

 そして、7時半頃に私達の朝ご飯。豆乳にバナナ、リンゴ、コマツナ、甘酒を混ぜたスムージー、パン焼き機から取り出した香ばしいパン、具沢山のスープ。最後に炬燵に座ってコーヒーを飲みながら新聞とワイドショー。


f0201348_16393199.jpg


 久し振りの晴天に家庭菜園が首を長くして待っている。SDがコマツナ、レタス、ホーレンソー、ワサビナ等の収穫、ブロッコリー、タマネギ、キヌサヤ等の生育状況を確認してる間に、私はジャガイモ植え付けの為に畦に米ぬかを混ぜ込み、いつでも植え付けが出来るように準備する。

昼過ぎに1時間半程度の野良仕事から帰って来ると、東京オリンピックの有力な金メダル候補の一人である水泳の池江選手が白血病を公表と、非常に残念で悲しいニュースが流されていた。


by 1944tourist2004jp | 2019-02-12 16:42 | その他 | Comments(0)

「外国人観光客と労働者」

 f0201348_19521243.jpg


法事で東京に2泊3日、エスカレーター類は全く使わず、上りも下りも階段の1日1万歩計3万歩。

空いた時間に寺社詣と思い、家族の健康や家内安全を願う。外交・安全保障・経済と舵取りの難しい平成31年、国家の安寧も同時に祈願する。

市ヶ谷で降り、10分程度歩いて南門から入る。靖国神社は成り立ちからして外国人はさほどでもなく、心静かに拝殿に立つことは出来た。

遊就館は2度ほど入ったこともあるし予定時間もあるので、九段下の方面へぐるっと巡って市ヶ谷まで戻る。

f0201348_19515725.jpg











 f0201348_19520084.jpg


 代々木で降り15分程度か街中を歩いて、明治神宮北参道から入る。

100年計画で蘇らせた境内の鬱蒼とした木立を見ながら本殿へと歩を進める。欧米系の人達も少なからずいるが、圧倒的に中国の言語が飛び交いその混雑は大変なものであった。

祈願するのも列、おみくじも列、記念品も列、静寂な神社は望むべくもなく、参拝後にお守りを一つ買い、早々にして代々木駅へと取って返す。

 満腹でお参りする訳にもいかず、空きっ腹を3時まで我慢していたので、適当に駅近くの食堂に入る。と、注文を取っていた若い女性も、ガラス越しに料理していた男性も中国人であった。

f0201348_19520084.jpg


 外国人労働者の受け入れの議論喧しい国会だが、既に東京のコンビニや食堂等
は外国人労働者無しには立ちいかないのかも知れない。
 

願わくば、反日国家以外からの労働者であって欲しいものである。


by 1944tourist2004jp | 2019-02-09 19:55 | その他 | Comments(0)

「外国人観光客と労働者」

 f0201348_19521243.jpg


法事で東京に2泊3日。

空いた時間に寺社詣と思い、家族の健康や家内安全を願う。外交・安全保障・経済と舵取りの難しい平成31年、国家の安寧も同時に祈願する。

市ヶ谷で降り、10分程度歩いて南門から入る。靖国神社は成り立ちからして外国人はさほどでもなく、心静かに拝殿に立つことは出来た。

遊就館は2度ほど入ったこともあるし予定時間もあるので、九段下の方面へぐるっと巡って市ヶ谷まで戻る。

f0201348_19515725.jpg











 f0201348_19520084.jpg


代々木で降り15分程度か街中を歩いて、明治神宮北参道から入る。

100年計画で蘇らせた境内の鬱蒼とした木立を見ながら本殿へと歩を進める。欧米系の人達も少なからずいるが、圧倒的に中国の言語が飛び交いその混雑は大変なものであった。

祈願するのも列、おみくじも列、記念品も列、静寂な神社は望むべくもなく、参拝後にお守りを一つ買い、早々にして代々木駅へと取って返す。

 満腹でお参りする訳にもいかず、空きっ腹を3時まで我慢していたので、適当に駅近くの食堂に入る。と、注文を取っていた若い女性も、ガラス越しに料理していた男性も中国人であった。

f0201348_19520084.jpg


 外国人労働者の受け入れの議論喧しい国会だが、既に東京のコンビニや食堂等は外国人労働者無しには立ちいかないのかも知れない。

願わくば、反日国家以外からの労働者であって欲しいものである。


by 1944tourist2004jp | 2019-02-09 19:55 | その他 | Comments(0)

「慢心への戒め」

f0201348_10195228.jpg


食前の晩酌をして・・・、と言っても度数14を一口20ml。
年一の定期健診で、私が主治医としているI先生から心房細動ありと診断。その後、紹介して頂いた循環器系の専門医により一過性の症状とのお墨付きを貰っている(10年ほど前から深酒した時に出る自覚症状)。
が、転ばぬ先の杖、月一程度の酒会を存分に楽しむために晩酌を遠ざけて間もなく一ヶ月となる。

その間、いつの間にかテーブル上に鎮座している養命酒を、朝昼晩と食前に各20ml飲んでいる。




 
 高齢の酔漢にとって、一番のリスクは最大不幸の脳卒中による種々の麻痺や、その延長線上にある脳血管性の認知症である。

無病息災を唯一の財産としていたので脳のMRI検査をして貰ったことは無いが、慢心による可能性としては症状が顕在化していない心源性の脳梗塞が既に存在しているかも知れない。


f0201348_10194888.jpg


 一方、同時併発的に発症した坐骨神経痛。

発症後、2週間ほどは最低量で処方された薬を服用していたが、臀部から大腿、脛部にかけての疼痛で夜も熟睡できず、最大量の300mg/日まで増量して頂いた。

事後、少々の痛みと痺れは残っているが、生活に不自由するほどの痛みは霧消し、薬の副作用かどうか分からないが7時間じゃ寝足りない程に熟睡するようになった。



しかし、どのような薬であっても副作用はあるし、また原因療法になっていないので、大腿から脛部にかけての若干の痺れは我慢するとして、1週間分の処方薬を残して21日目からきっぱりと服用を止めた。
 そして、25日目の昨日は久し振りに6.5kmのウーキングに出る。歩き慣れているので決して苦痛とは思わないが、軽い痺れと筋肉の衰えの所為か、軽度の跛行を実感する。また、以前のような1km/9分の速歩は出来ない。
このまま、違和感のある腰椎の下部に湿布薬を貼り、ウーキングを継続して経過を診てみたい。
 一つ残念なことは家庭菜園の維持。冬野菜の第2弾目の畝お越しと播種、そして11月に待っているタマネギの植え付けは、SD一人では無理かも知れない。

 









by 1944tourist2004jp | 2018-10-19 10:22 | その他 | Comments(0)

「慢心への警告―2」

 9月22日、寝起きに腰痛感があり、起き上がるとズキンと激痛が走る。

決して腰痛持ちではないが、年1程度に横着しだいの油断から“ぎっくり腰”を発症することはある。しかし、自家施療すれば3日ほどで概ね軽快する。

f0201348_18450576.jpg


しかし、今回は事情が違う。直近で草刈りや畝起し等の肉体労働をしていないにも拘わらず突然の発症。

そして、翌日からは右臀部の方へ疼痛が移転し、寝返り打つ度に痛みが走り安眠できず。

歩く分には問題ないので股関節に異常はないだろうと、いつものウォーキングコースで7kmほど速歩して反応を見るも何等変化なし。安心していると、就寝中は臀筋の痛みが一段と増しほとんど眠れなかった。

3日連休明けの25日に掛りつけの病院へ行く。

腰坐骨部のレントゲンで「年齢相応に脊椎の変形はあるが、股関節に異常は認められず、問題は無い」との診断結果で、1週間分の消炎鎮痛剤が処方される。

その日は、薬のお陰で睡眠はやや改善したが、臀部等の痛みが大腿部から脛部へと浸潤して来る。

 26日、冬野菜の畝起しに取り掛かったが、30分ほどの作業で立てないほどの激痛が右脚に走り座り込む。その晩は臀部から下肢への痛みで一睡もできず。

翌朝、脛の痺れもあり坐骨神経痛ではないかとネット情報を開く。

運転もままならず、SDの運転で病院に行き「対症療法に成るかも知れないが強い鎮痛剤をお願いできないでしょうか」と相談する。案の定、坐骨神経痛の薬が処方されてきた。

 尊大な医者をよく見かける中で、出しゃばったお話をしても快く接して頂けるし、囲碁高段者で接点もあるので気楽に行ける病院である。特に気に入っているのが近年では珍しい院内薬局である。

 ここ数日、未明の4時頃に右脚の痛みで目が覚める。7時間ほどで薬効が切れるのかも知れない。朝食後の服薬で9時頃から痛みも軽減し跛行することは無い。

しかし、余りにも症状に変化が無いため10月2日病院に行くと、初診時にお話を受けていた通り、対象薬が2倍量から3倍量となった。


by 1944tourist2004jp | 2018-10-02 18:52 | その他 | Comments(0)

「慢心への警告―1」

f0201348_17373175.jpg


 連休明けの25日、電話連絡を受けていた定期健診における心電図漏れで、掛りつけのI病院へと出かける。
(同時に22日から発症している腰痛の診療もお願いした)



そこで、慢心していた無病息災への警告一発。「心房細動があるので、出来るだけ早く専門医に診て貰って下さい」との診断結果。おまけに抗血栓薬の服用からカテーテルアブレーユの話まで飛び出してくる。

私も心房細動による心源性脳梗塞のリスクを理解していたので、お勧めの循環器専門病院を紹介して頂く。

f0201348_17373607.jpg


























f0201348_17373309.jpg

10年ほど前から、深酒をした時に仄かな息苦しさと動悸を感じ、その度に脈をとると頻脈性の不整脈があり、自己診断ながら心房細動があることは少なからず自覚していた。

私の場合は、心房細動の主たる原因は深酒と勝手読みしているので、禁酒の効果を確認する意味でも、8日間の禁酒後に紹介されたK内科で診て貰う。

問診と脈拍を確認した後、心電図、胸部レントゲン、心臓のエコー検査をして頂いたが、現状では異常が見つからずとの診断で、「検診では一過性の心房細動が出ていたのでしょうが、現状では抗血栓薬も必要ない」との結論であった。

 誘われる飲み方は致し方ないとして、可能な限り晩酌は控えめにしておきたい。

また、違和感がある時は、4時間半前のtPAによる治療限界もあるので、SDにもFAST検査をお願いしている。


by 1944tourist2004jp | 2018-10-02 18:09 | その他 | Comments(0)

「秋鮎」

f0201348_09410166.jpg


 

自治会長と国土調査の推進員を歴任した縁で、T女史、N氏と3人で居酒屋へ。

酒席の団欒を大いに楽しんだが、その核はN氏の長年の趣味である川釣りの薀蓄に始まり、鮎の開きや甘露煮までご自分で調理されるとのお話であった。

「甘露煮や開きを皆さん方にお分けして喜んで頂けるのが嬉しいんですよ!」と屈託がない。私には縁遠い人生に拍手をお送りしたい気分であった。また、子供教育関係で長年行政のお手伝いをし、多方面から表彰されているT女史の聞き上手で焼酎も間延びするほど話しが弾む。

自治会等のお世話を僅か6年ほどしただけで、生き方も若干違う私は提供する話題も無く、終始聞き手に回り相槌を打ちながら焼酎を重ねる。


f0201348_09405756.jpg
















 N氏から、「今度、鮎の甘露煮を持って行ってあげますよ」との言葉添えがあり、更に「M寺の元住職を呼んで、鮎の開きで飲みましょうと」との申し出まで、呑み助にとってはこよなく嬉しいお誘いであった。

f0201348_09405311.jpg


そして、忘れた頃に塩焼き用の鮎を数匹、また日を置かずして甘露煮を持って来て頂いた。
川魚特有の臭みは無く、ふっくらとした身の艶は照り、その甘みや旨味は口に入れると謙遜気味にして一段と美味しかった。焼酎の傍に置かれた塩焼きと甘露煮。早速、“鮎の開きの酒席”の日程までコーディネートしてくれていた。



by 1944tourist2004jp | 2018-09-29 09:44 | その他 | Comments(0)

「日本中が喜んだ2歳児の山中保護」

f0201348_11571688.jpg


大分の2歳女児然り、北海道の7歳男児然り、常識では考えの及ばない幼児の生命力である。

 2歳の幼児に、暗闇の中で幽霊や妖怪、また事件を想像することは無いのだろう。事後の「飴を“がりがり”と食べていましたよ」との談話、山中で日焼けしたおじちゃんを怖がる事も無く、尾畠春夫さんを目が光るほど見つめたとの初対面の様子を聞くと、恐怖や不安より本能的なものに支えられていたのかも知れない。


f0201348_11571981.jpg





f0201348_13000047.jpg


 
f0201348_11572247.jpg

 さて、発見者の尾畠春夫さんであるが、

2012.3月に「野焼き後の由布岳」で偶然に知り合い、5月の傾山“山開き”に、登山口に行く途中で、これまた偶然にお会いし同行した方である。

(詳細は2012.3月の“野焼き後の由布岳”と5月の“傾山とアケボノツツジ”のブログに載せている)

f0201348_13262489.jpg




 
 発見時の彼の屈託のない涙の顔貌と飾りっ気のない素朴な談話の通り、またメディアに紹介されている通り、正に無償の愛と自己完結型ボランティアの塊である。

このような方と山で知り合えたことは、代えがたい“二期二会”の喜びである。


by 1944tourist2004jp | 2018-08-16 12:00 | その他 | Comments(0)

「甥の結婚式」(2)

 ハンドルネーム”甘党の酔漢”の私は、これもまた呑み助の父方の伯父さんと隣り合わせになり、山や囲碁を趣味とする二人は日本酒と焼酎を酌み交わしながら延々と歓談。

歌や踊りの余興は無く、食事を楽しみ、締めは新婦のお父さんが娘の為に作曲した旋律をピアノ演奏、そして新婦の親に対する感謝の言葉と花束が手渡される。何とも行き届いた3時間の披露宴であった。

 

f0201348_19220328.jpg

翌日、チェック・アウトは12時までと許されているので、隣にある六本木ヒルズ52階の展望台と森美術館を楽しんで、昼は姪に案内されて東京ミッドタウンで軽い食事をして帰途に就く。

甥や姪に大いにお世話になった東京滞在であった。

f0201348_19222569.jpg





f0201348_19222245.jpg
































f0201348_19221911.jpg

帰りの便は定刻に出発したものの、到着地の天候次第では目的地から遠く離れた「神戸か鹿児島になります!」と、驚愕の機内アナウンス。

神戸ならまだしも、新幹線でアクセスには問題ないが、鹿児島空港は市内から遠く離れた湯と歴史の霧島、帰郷までの道のりは大変である。







 しかしである。気流の乱れは少なく機体が揺れることも無く、定刻17時に雨の目的地にドスンと着陸。心配して末娘が迎えに来てくれ無事帰宅。身近な人達にお世話になり放題の旅行であった。

かように楽しい1泊2日の旅であったが、乗り物の中で2回も「席をどうぞ」と声を掛けられてしまった。やや過信気味であるが、肢に自信を持っている私は即座に「有難うございます。大丈夫です」と丁重にお断りをする。

お一人は孫を連れた同年齢と思しきご婦人であり、もう一人は還暦前後の男性であった。40年に及ぶ白髭と少し薄くなった白髪頭の所為か、若しくは疲労感が漂っていた所為かは分からない。含み笑いをするSDと目が合う。


by 1944tourist2004jp | 2018-07-30 19:29 | その他 | Comments(0)

「甥の結婚式」(1)

f0201348_19093236.jpg


40数億年と言う地球史の中での一温暖化時期なのか、我儘な人類の地球資源の収奪と浪費による温暖化現象なのか分からないが、ドラスティックな気候変動が地球規模で災害をもたらしている昨今である。

小笠原列島を北進し、列島に上陸して西日本を西進、その後九州を南進すると言う奇想天外な台風12号もその一つなのだろうか。

気象的には、偏西風が列島の北寄りになり、高気圧が東に停滞しているためと紹介されていた。


f0201348_19103494.jpg


その最中に甥の結婚式で1泊2日の東京。
関東地方に進路を取り始めた28日に東京へ、そして豪雨により未曾有の災害となった中国地方を西進する29日に帰郷。

上りは台風が西寄りにずれ、30分遅れながら無事羽田に到着。鈍色の雲が垂れ込めてはいるが雨も無く、電車を乗り継いで式場のある地下鉄六本木駅に到着。
”1C”の階段を軽い足取りで上がって行くと、見上げるように屹立する六本木ヒルズ。


 そして、同じ並びにあるホテルへ予定の時間通りに入る。

 









 お二人とも二度目の結婚式ということで、人前に立っても落ち着いたものである。新婦のご友人がウエディング・コーディネーターとのことで、これまた小粋な演出を散りばめた式であった。

f0201348_19091236.jpg

 特筆すべきは、乾杯後のフランス料理の演出だ。“アイアンシェフ”のメロディーにのって、背面のカーテンが上がり、キッチンでシェフが電光に照らされ、正に料理している様が飛び込んでくる。

全員が一瞬にして釘付けとなり、驚きの声とともにスマホやカメラが一斉に向く。

f0201348_19092760.jpg


その後はフランス料理を楽しみながら新郎新婦の履歴紹介や、数十分前に執り行われた神前結婚の動画が一面に映し出される。新婦のお父さんの緊張した面持ちと間断なく動く足元に、未婚の末娘の結婚式を脳裏に重ねる。




 夏焼や 四十路の白無垢 楚々として




f0201348_19091740.jpg


by 1944tourist2004jp | 2018-07-30 19:20 | その他 | Comments(0)