「甥の結婚式」(2)

 ハンドルネーム”甘党の酔漢”の私は、これもまた呑み助の父方の伯父さんと隣り合わせになり、山や囲碁を趣味とする二人は日本酒と焼酎を酌み交わしながら延々と歓談。

歌や踊りの余興は無く、食事を楽しみ、締めは新婦のお父さんが娘の為に作曲した旋律をピアノ演奏、そして新婦の親に対する感謝の言葉と花束が手渡される。何とも行き届いた3時間の披露宴であった。

 

f0201348_19220328.jpg

翌日、チェック・アウトは12時までと許されているので、隣にある六本木ヒルズ52階の展望台と森美術館を楽しんで、昼は姪に案内されて東京ミッドタウンで軽い食事をして帰途に就く。

甥や姪に大いにお世話になった東京滞在であった。

f0201348_19222569.jpg





f0201348_19222245.jpg
































f0201348_19221911.jpg

帰りの便は定刻に出発したものの、到着地の天候次第では目的地から遠く離れた「神戸か鹿児島になります!」と、驚愕の機内アナウンス。

神戸ならまだしも、新幹線でアクセスには問題ないが、鹿児島空港は市内から遠く離れた湯と歴史の霧島、帰郷までの道のりは大変である。







 しかしである。気流の乱れは少なく機体が揺れることも無く、定刻17時に雨の目的地にドスンと着陸。心配して末娘が迎えに来てくれ無事帰宅。身近な人達にお世話になり放題の旅行であった。

かように楽しい1泊2日の旅であったが、乗り物の中で2回も「席をどうぞ」と声を掛けられてしまった。やや過信気味であるが、肢に自信を持っている私は即座に「有難うございます。大丈夫です」と丁重にお断りをする。

お一人は孫を連れた同年齢と思しきご婦人であり、もう一人は還暦前後の男性であった。40年に及ぶ白髭と少し薄くなった白髪頭の所為か、若しくは疲労感が漂っていた所為かは分からない。含み笑いをするSDと目が合う。


[PR]
by 1944tourist2004jp | 2018-07-30 19:29 | その他 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< 「日本中が喜んだ2歳児の山中保護」 「甥の結婚式」(1) >>