「梅雨入り間近」

 一時スズメに巣を占拠荒らされていたが、ツバメが2年振りに玄関先の軒に、そして鳩がイヌマキの生垣に営巣する梅雨前の我が家。
残念なことに10mほど先の電柱にカササギが巣を作り早朝から五月蠅く、ツバメや鳩が怯えている様を散見する。

停電事故も考えられるし、大型の巣の撤去を電力会社に相談すると、「近日中に撤去します」と丁寧な返事を頂いた。




f0201348_16110545.jpg


 梅雨前にジャガイモの収穫をしたいと思い、昨年からトンネルで早期栽培しているが、今年は全くの不作である。

他の菜園を見ると青々と誇っているので気候の所為ではない。タマネギの不作も考え合わせると、昨年、紫蘇を放置したために種が菜園一面に広がり、タマネギやジャガイモの畝に繁茂したせいかも知れない。




f0201348_16112042.jpg


















f0201348_16105770.jpg




 昨年に続いて、24日に居住団地の老人会で落語をさせて頂いたが、これまた昨年に続いて笑いが少なかった。「ひょっとこ愛好会」の忘年会での余興時とは雲泥の差である。

 f0201348_16110220.jpg



出席会員は米寿をトップに全員80歳以上では無理からぬことと己を慰める。

 

後の懇親会で、「今お幾つですか」と問われ「74歳です」と答えると、即座に「若いですね!・・・」との反応。

歳のわりに見た目が若いのかとも思ったが、会員の平均年齢が80歳超ということは当然年齢通りの若輩ということだろう。


f0201348_09561846.jpg


 昨年は三遊亭歌之助さんの「B型人間」、そして今年は4月から始めた春風亭一之輔さんの「初天神」。

「B型人間」はやや漫談調で素人なりに話し易かったが、「初天神」は親子の会話が主で、一本調子にならないよう気配りしながら話したが、やはり難しかった。歯切れと間の取り方が今一で笑いを貰えなかったのかも知れない。




f0201348_16105957.jpg


 日本中がMLBの”OOTANI”さん二刀流に興奮しているが、私もその一人である。 
早朝のゲームは録画までしている。2004年10月1日“ICHIRO―”さんの年間262本の最多安打新記録の時は、早朝にもかかわらず夫婦揃って実況中継でエキサイトしたが、世界最高峰のMLBで日本人が活躍する姿は、やはり誇らしく爽快な気分である。


[PR]
by 1944tourist2004jp | 2018-05-27 16:29 | その他 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< 「ツバメの巣立ち」 「虫と共同作業」 >>