「晩節は難しい!」

 ラグビー南ア戦のBS再放送に性懲りもなく目頭を熱して、畑へと向かう。
80分過ぎ攻撃が継続される中での左隅への逆転トライ、5回対戦して0:5かも知れない相手にWC初戦での勝利。何度見てもその感動は初々しく涙が涸れることはない。


f0201348_2142296.jpg
スケジュールを先取りするように、数回に渡り返事の無い5戸に国勢調査の督促状をポストに入れ、翌日担当調査区の書類を市役所の指導員に見て貰い調査完了。と、言うのも恒例の錦秋の山登りをしたいがためである。

f0201348_2165211.jpg しかし、鼻炎持ちのここ数日の鼻詰りと鼻汁に副鼻腔炎の併発まで考え、23日に予定していた山登りも出鼻にジャブを打ち込まれるように意気消沈しての農作業である。
PM2.5が基準値以上のここ数日、田園越しの山並みも汚い空に翳み、福岡空港に着陸するだろう数千メートルの高さを飛行する機影もすりガラス越しのように見える。

f0201348_2155930.jpg



f0201348_2173278.jpg























 数日おきに収穫をしていたオクラ、ナス、ピーマンもこの日照りに辟易とするかのように実は小さく正に菜生の終焉を迎えている。また、冬野菜の苗も余りの乾きに表土のクラックで根が浮き出している。
今後は、水遣りを欠かさず11月に待っているタマネギの畝お越しであるが、少し手を掛けて三ない農業(肥料、農薬、除草剤)の方に習った畦造りをしている。
 晩節と言えば、思い出の美人女優の面立ちが脳裏に浮かぶ。概ね、その余りのギャップに困惑するものであるが、上品な内面が補って余りあるほどに美しい晩節を生きている人もいる。
「ローマの休日」他のオードリー・ヘップバーンや、女優ではないが駐日大使のキャロライン・ケネディーさんもそうかも知れない。
寄る年波に勝てず刻み込まれた皺に何の手も加えずメディアのアップに曝されている。しかし、彼女達は隠そうともせずに素で通す。私が尚その美しさに見惚れるのは、その言葉や行動から醸し出される上品さであり美しさである。
野菜も然り、万物自然に逆らわず種を残し終えた暁には、実りは小さく朽ち果てて行く。
 庶民は・・・?
老夫婦が残り少ない人生で、地位や金銭に勝るものはお互いに健康であり歩調を一にした安らぎが、他人から見て晩節を汚して無い面立ちに見えるのかも知れない。
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2015-10-23 21:08 | 雑感 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< 「まるまると太った虫たちとふっ... 「孫達の運動会とラグビーWC」 >>