「祝!なでしこJAPAN」

f0201348_1954580.jpg
 喜びと同時に、私の第一声は「スポーツ界での日本女性の活躍とともに、あんたも強くなるな!」とSDへそれとなく話し掛ける。
肯定とも否定ともとれる抑揚で、「ふ-ん!」と言ってTVに釘付けになっている。

f0201348_19551428.jpg 昨日は、「孫達を送って来て貰う序でに海辺でバーベキューしない?」と娘から誘われる。
爺婆には思いつきもしないし、チャンスもない海水浴とバーベキューの組み合わせ。
10年ほど前に家族揃って芥屋大門へ行った切である。
偶々であるが、私達が海から上がって海浜レストランに入っている時に突然の落雷があったことを思い出す。

f0201348_19571725.jpg












 採れたて野菜とピクニック・テーブル持って12時前に海辺に着くと、突堤と砂地の駐車場は満杯である。
3連休の中日、200台以上は入っている筈である。
焼けた砂地を歩いて行くと、息子は絶好の場所に日除けテントを張って炭に火を熾し、肩を真っ赤にしてビールを飲みながら待っている。
呑み助の私も、テーブルを組み立てて玉の汗にビールを一口、「ウィーッ!」と、強い陽射しと青空に冷えたビールは幸せの極致である。

f0201348_19593626.jpg



 先ずは腹ごしらえ。
火が強く次から次へと焼きあがっていく野菜と肉。
最後は焼きお握りで締め、適度な混雑の海辺を往復する孫達を見ながら、息子や末娘と缶ビールがどんどん空になって行く。私は途中から焼酎のオンザロックである。
いつも可哀想なSDであり、孫達の母親である。


f0201348_2013332.jpg程良く仕上がった所で孫達と海に入る。f0201348_2022525.jpg
f0201348_2032131.jpg




f0201348_2042012.jpg

 末娘を送る途中、天神で晩御飯をご馳走になり帰り着いたのは10時過ぎ。
強い陽射しに疲れ、二人とも深夜に“なでしこJAPAN”を観る体力はない。
私がBSを予約して寝ると、床に入る前にそれとも知らずにSDも再予約して寝る。

f0201348_2012432.jpg 結果が出るであろうニュースやネットを閉ざして、朝食後にTV観戦をする。
悲観的な私は3:1でアメリカ、楽観的なSDは1:0で日本。清貧と忍耐を身に着けた “なでしこ群団”は耐えに耐え、2:2でPK戦。
 円陣を囲んだ時の選手達と監督の笑顔。
一方、優勝して当然のアメリカ、選手達は追い込まれたかのように悲壮感が漂っている。
勝利の女神が微笑みを誘い掛けた“なでしこJAPAN”であった。
f0201348_20135413.jpg
緊急企画の決勝戦ツアーで訪独された方々にとって、お金には代えられないような素晴らしい旅行となったことでしょう。
f0201348_20141211.jpg

[PR]
by 1944tourist2004jp | 2011-07-18 19:48 | 孫達 | Comments(6)
Commented by 風来坊 at 2011-07-19 04:34 x
甘党さん、おはようございます。
なでしこジャパン、良かったですね。私は試合開始からずーっと見ていましたが、延長後半10分ほどで、チャンネルを切り替えました・・・。ただ、この策がはまったようで逆転勝ちしていました(喜)と勝手に思っています。
海のバーベキュー、良いですね。でも私にはキス釣りが頭に浮かびます(笑)
Commented by 1944tourist2004jp at 2011-07-19 10:48
おはようございます。
 良い趣味お持ちですね。
兄貴や友達と数回海釣りに出ましたが、じっとして待つのが苦手で馴染めませんでした。
気性に合わないようです。
 風来坊さんの奇策に嵌った米国でした。
私も実況を見ると日本が負けるタイプの貧乏神です。
暫くの間は、二度にわたって追いついた得点のシーン色あせることはないと思います。
 キツネノカミソリ、コヨーテさんのHP覗かせてもらいました。 
Commented by desire_san at 2011-07-21 09:48
こんにちは。時々訪問させていただいて、写真を拝見て、楽しんだり、撮影の勉強させて頂いています。

海岸の活気ある雰囲気が感じられ、美しい風景とともに清々しい気分にさせていただきました。

私は、帝政ロシアの財力をつぎ込んで造った147もの噴水により、世界で最も美ししい水の庭園と言われるピートル大帝夏の宮殿の写真をブログに載せましたので、是非見てください。

よろしかったらブログに感想などなんでも結構ですので、コメントをいただけると感謝致します、

引き続き、ロシア・サンクト・ペテルブルグとその周辺の写真を載せていきますので、よろしかったら時々みて下さい。
Commented by 1944tourist2004jp at 2011-07-21 20:43
こんにちは、DESAIRE SAN さん、
 いつも素晴らしいブログを拝見しております。
芸術、旅行、山登りと分野が広く、且つ奥深い論評にコメント逡巡しています。
自分の体験に置き換えてブログを見ていますので、これからも幅広い日常ブログをお願いします。
 私の冗漫なブログにおつき合いして頂いて有難うございます。
数に拘らず続けていきますので今後もお寄りください。
Commented by dojyou38 at 2011-07-22 09:11
甘党 さん
なでしこ達は震災で傷ついた日本への最大のプレゼントをしましたね。
芥屋でのお孫さんたちとのBQ いいですね。
私の孫たちは20日後に帰省しますが、姉はもう花の女子高生。
何をしてやったら喜ぶのか今から悩んでいます。 
Commented by 1944tourist2004jp at 2011-07-22 14:29
今日はDOJYOU38さん
 奇跡のような”なでしこジャパン”の優勝、沈滞する日本にとって最高のプレゼントでした。
 お孫さん達、上のお子さんは高校3年生ですか。
孫達は無条件に可愛い存在ですが、何故なんでしょうか。
余りにも長いと疲れる時もありますが、来てくれないと本当に寂しいものです。
 女子高校生を喜ばすとなると大変ですね。私には想像もつきません。
どのように歓待されたかブログを楽しみにしております。
名前
URL
削除用パスワード


<< 「井原山のオオキツネノカミソリ... 「ヤマアジサイの大船山」(3) >>