人気ブログランキング |

「祖母山」尾平コース(6)

f0201348_1124356.jpg
f0201348_11254019.jpg 途中の開けた岩場で一休みするが、山頂を離れたのが丁度2時である。
3時間半の行程として登山口には5時半である。
これ以上遅くなると川上渓谷に時間を割くこともできないし、ヘッドライトはいつも二人分用意しているので険呑する必要はないが、薄暮状態での下りは足元に神経を使う。
 祖母山頂から見る道筋とは大違いで、逸れた所に展望台はあるが眺望はスズタケに隠され、途中の露岩以外には殆ど無い。

f0201348_1126489.jpg妻を引っ張る様に休むこと無しに天狗分れへ淡々と下りて行く。
そして、概ね時間通りに天狗ノ分れに到着。
f0201348_11315746.jpgf0201348_11322124.jpg

















 時間も切羽詰まっているし、青空が無くなりつつあるので天狗岩まで足を延ばすことは諦めて尾平へと長い下りへ踏み出して行く。
f0201348_11353158.jpg 難しい下りではないが、急坂あり、ごろ石、展望なしの黒金山尾根コースは単調である。
時間的に登る人も下る人も居ず、あるのは私達と小鳥の囀りである。
f0201348_11364673.jpg 道筋は問題ないし100m間隔で標高表示も出ているので時間通りの速さで下っていることが分かる。
f0201348_11372986.jpg 分かれから2時間弱程で渓流音が暫時右手に大きくなって来る。
写真で見た紅葉の川上渓谷である。
f0201348_11382041.jpg 初めての道程は感覚的に長く感じるものであるが、想像以上に長い下りに大腿四頭筋に若干の筋肉痛を感じる。
「山小屋1泊の余裕ある登山が祖母山の価値を高めるのかなー!」と改めて感じる。
f0201348_1139233.jpg 山登りの目的の一つに川上渓谷もあった。
岩盤に砕け散りながら滾々と流れる渓谷がそばにあるのだろうが薄ら日の中では残念ながら印象が薄い。
f0201348_11394490.jpg 渓流沿いに渡渉と吊り橋を渡りながら登山口へと歩を急ぐ。
宮原への吊り橋を潜り赤茶けたクラッシャーン壁を見ながら、ほぼ時間通りに駐車場へと入って行く。
f0201348_11403796.jpg20台程度入りそうな駐車場に、私達の車は早い落葉にデコレイトされている。
そして、もう一台端に佇むように停まっている。
 残照の中、靴を脱ぎ上着を代えて空腹に予備の菓子パンとゼリーを流し込む。
 暮れかかる祖母の連山を後ろに、ライトを上げて走る。
田舎道に沿って散在する屋並みは寂しく点灯もない。
往き同様、車の離合も無く改めて過疎の村を実感する。
 カーナビ頼りに緒方町から竹田市を通って、星の煌めく久住高原を瀬の本高原へと急ぐ。
f0201348_1124323.jpg
 チリの落盤事故により閉じ込められた人達の30人目が救出される中、参議院予算員会質疑が中継されているが、総理の歯切れの悪さと官房長官の横柄な物言いに辟易とする。

「祖母山」尾平コース(1)から見る時はこちら
by 1944tourist2004jp | 2010-10-14 11:22 | 山登り | Comments(4)
Commented by ぼん天棒 at 2010-10-14 15:11 x

 甘党さん今日は
 長編の祖母山行記拝見、今読み終えました
 先ず奥様お疲れさまでした
 そして甘党さんお疲れさまでした
 お二人ともよく頑張られましたね

 甘党さん
 先の神原からの祖母山に続き超ハードな宮原、祖母山
 黒金尾根コースへの挑戦でしたか
 ブログ拝見していて、その喜びが伝わってきました
 さぞや大満足の山行だったと思います
 ぼん天棒も逆コースでしたがお陰で懐かしく記憶が甦 ってきました
 甘党さん本当にお疲れさまでした
 
Commented by desire_san at 2010-10-14 16:33
こんにちは。時々訪問させていただき、記事と写真を楽しく拝見しています。祖母山は5年以上前に登りましたが雨で写真が取れませんでした。写真を見せていたただいて風景などを思い出して懐かしく感じました。ありがとうこざいます。

ところで私は、10月初めイタリアのフィレンツェとヴェネツィアを旅して、ルネサンス美術の傑作を見てきました。第2日目の思い出をブログに書きましたのでぜひ読んで見てください。
http://desireart.exblog.jp/11422834/
私のブログにもコメントいただけると嬉しいです。
第1日目と3日目以降も続けて載せて行きますのでよろしくお願いします。

Commented by 1944tourist2004jp at 2010-10-14 21:47
ぼん天棒さん今晩は、
 ぼん天棒さんのお薦めコース尾平から登りました、好天にも恵まれて最高に素晴らしい山登りでした。
wifeが泊まりを嫌いますので強行軍で周回しましたが、正直疲れました。
山明けに普段は筋肉痛はありませんが、二人とも大腿のこわりがありました。
 次回はぼん天棒さんの行かれた北谷コースからも経験したいと思っています。
 ぼん天棒さんは感動を探し求めて色んな所に行かれてますね、追いつきませんがぼちぼち頑張っております。
紅葉の九重で偶然に会えればいいですね。
Commented by 1944tourist2004jp at 2010-10-14 21:54
desireさん今晩は、
 desireさんのブログいつも覗かせて貰っています。
私のコメントできる範囲がありますので出し渋ったりしておりますが、今回については出させて頂きます。
 日本・世界を股にかけての旅行、本当に羨ましい限りです。
どのような方か全く存じませんが、今後とも宜しく。
名前
URL
削除用パスワード


<< 「根子岳」大戸尾根ルート(1) 「祖母山」尾平コース(5) >>