<   2017年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

「梅雨の合間に」

f0201348_19462308.jpg

 雨の合間にキューリ、ナス、ゴーヤ、ピーマン、ミニトマト、そしてオクラ1本を収穫する。
湿度の高い日は鬱熱になり易いので、老生とって強敵の夏草は程々に許して帰らざるを得ず、じっとりと汗を掻くのも約1時間半程度の野良仕事である。

そして、翌日はSDの指示に寄り添い、道路沿い咲いている紫陽花の花落し。見応えのある大振りのカシワバ紫陽花ほか、ゴミ袋3袋に押し込んだ。

一ヶ月振りに孫の顔でもと思い、娘に「野菜を持って行こうか!」とメイルすると、「上の二人がノロウィルスに感染し、下痢と嘔吐があるので今は止めた方がいいよ!」と、返信が来たとのこと。兄弟達の家へとお裾分けを持って訪ねるが、生憎と二家とも留守。

f0201348_19462695.jpg







 帰りに登山用具専門店へと寄ってみる。小1の二人の孫娘を連れて“久住山”に登った昨年の8月、下りで5年ほど馴染んだ靴のソールが突然に剥げ落ち、それ以降は山から遠ざかっている。
ここ数ヶ月、埃をかぶっている本を引っ張り出してきたり、ネット囲碁や畑仕事にのみにうつつを抜かしている己に嫌気と退屈さを感じていたし、同窓会でお会いした“千○○”君との話もあり、「山登りでも再開しようかな・・・」と、頃合いの値段の登山靴に足を入れる。

梅雨明けには、先ずはどの程度の脚力が残っているか、試しに☆二つの山に登ってみよう。

健診の季節。ここ数年は全ての“がん検診”は受けず、血液検査のみで自分の健康を判断している。しかし、今年は増加傾向にあると言う“大腸がん”のスクリーニング検診だけ受けることにした。

 そして、30年以上ファイルしている血液検査はいつも気楽に遠慮なく話せる先生の所で受けることにしている。

健診以外では、割れたコップで薬指と小指の間を切って5針ほど縫っても貰ったが、院内薬局では原因療法の薬以外は出さないし、診療費が最小で信頼できる。

囲碁の話しから顔馴染となり、時間があれば私なりに疑問のある医療関係について話しをお聞きする。

f0201348_19462978.jpg


 いつも楽しみしている朝刊の「編集手帳」、今朝は藤井聡太4段の連勝記録について書かれていた。
江夏投手の背番号“28”の完全数から入り、「彼の連勝記録は〈神様の手帳にだけ書いてある〉、次の完全数は496だというが。まさか、ね。」と結んであった。

亡くなられたが、豪放磊落な囲碁の藤沢秀行元棋聖について書かれた本に、20年以上も前に読んで記憶は定かではないが、将棋の芹沢博文9段(?)の対談で、お互いの棋力について「神が100とした場合、己等は3~4程度の理解しかできていないのかも知れない」と、偶然の一致をしたらしい。


f0201348_07544971.jpg


 日本中に明るい話題を提供している若干14歳の藤井太4段。

彼は天才集団の中から半歩踏み出そうとしているのかも知れない。それが0.01%の世界かも知れないが、頂点にある棋士達の世界で0.01%の差は、凡人達には計り知れないほどの力の差かも知れない。

囲碁も将棋もディープラーニングで人間を凌駕するほどの棋力を身に付けたコンピューター。

今の若い棋士達は、過去数百年に渡り培ってきた人間の軌跡を土台に、AIの計算しくされた次の手を学びながら、神に近付こうとしているのかも知れない。 




f0201348_07580356.jpg


[PR]
by 1944tourist2004jp | 2017-06-29 19:17 | 雑感 | Comments(0)

「分刻みのスケジュールに追われる彼は」

f0201348_10273853.jpg

 入梅後に薄く張り出した曇り空、夏姿に薫風を受けながら、数年振りに中心街を数km歩いた。政令都市で5番目に位置する福岡市であるが、街並みは清潔で整然として、九州の中核都市であることを伺わせる。
中・高の2日連荘同窓会に、二日酔いするほど飲めてはいないが、ぼんやりとした頭に気怠さを感じる朝である。


f0201348_13462239.jpg

 朝食はいつものように、自家製パン、バナナや野菜を豆乳に入れ混んだジュース、トマトスープ、そして最後にコーヒー。
「この時期のトマトは本当に美味しいね!」と、共感を求めるかのような声掛けに、新聞に目を落としながら「ふん・・・」と、「ただそれだけぇ~」と、朝一番から不満顔。
f0201348_14585225.jpg





 第2日曜日は地区の空き缶回収日に当たり、街路樹の裾を飾る”クチナシ”の甘い香りと糠雨に、300mほどの回収場所まで持って行く。
170戸ほどの団地であるが大切な収入源の一つで、新聞と合わせ年間5~6万円になる。









 一作日は健康寿命の通り、70名中男性は25名と世間の常識通り女性上位の中学校同窓会。小学校からの持ち上がりで知らない名前は皆無に等しく、下の名前もすらすらと出て来る。余りの懐かしさに両手を取り合った友人、ドングリの背比べをしていた身近な友人達。また、定年退職を迎え老後の趣味の一つにと、一念発起で勉強したアマチュア無線2級だったが、それを小学校の頃に始めていた友達。色々と過去の話しに感激するような半世紀振りの再会であった。
ある友人はJICAのシニアボランティアで“サモア”に2年間尽力した後、今は仕事の関係で台湾在住となり、「3000m級の尾根が連なる台湾に来ませんか」と誘ってくれた。ヒマラヤに登った経歴もあり、付いて行けるかどうか分からないが、機会があれば是非お言葉に甘えてみたいと思っている。

f0201348_10490022.jpg

 深酔いすること無く帰宅。そして、昨日は出身校の在学生や卒業生3千人超を対象に、「私が辿ってきた道 細胞の見事なリサイクルシステム」の記念講演が福岡国際会議場で開催された。オウトファジーについて1時間弱、在校生を囲んでの質疑応答に30分、ジャスト1時間半の講演であった。



f0201348_10282937.jpg




 
 夕方6時から予定されている学年同窓会まで4時間、現役時代に行っていた碁会所へと足を運び3局。
分刻みのスケジュールを熟している大隅君は奥さんを伴い7時頃到着。常の微笑を湛え、聞き慣れた朴訥な口振りだが何となく疲れを感じさせる。受賞後は、知らない人からの挨拶や内外からの記念講演依頼等に追われる日々で、気の休まる暇はないらしい。
一学年450名だったが、今日の参加者は60名ほど。もともと1割程度しかいなかった女性は僅か7・8人と寂しい会であった。しかし、県外からも相当数参加していた記念同窓会であった。
半世紀以上に渡り、同窓会等にも疎遠にしていたせいか完全に浦島太郎になっていた。
大半の同窓生達とは2度と会えないだろう。

f0201348_15033111.jpg

[PR]
by 1944tourist2004jp | 2017-06-11 11:02 | その他 | Comments(0)

「私一人がガラ携でした」

f0201348_09152128.jpg


 何かの機会があれば更新しようと思って数日前に書き留めていたブログ。表題と全く違う書き出しになってしまった。

私としては菜園記録として日記帳風に出しているので、来年の為に主題から外れて残して置かなければならない。

紫陽花もふっくらと花を持ち始め、間近な梅雨を待って色づいて来る筈である。土質によって色合いが違うので毎年の楽しみである。

リタイヤーすれば夫婦間での家事労働割合が相対的に上がって来るし、加齢に従い従順にならざるを得ない。外で仕事して収入を得ていないのだから、やれる範囲で家事の協働は吝かではない。


f0201348_09152483.jpg


農作業も一段落した昨日(6/4)、やっと冬の寝具を真空パック詰めにする。

掃除機で空気を抜いて行くパックの萎む姿を見て、「何か人生の終末を感じるな、俺が死んだら一人でしないとな!」と言うと、「どっちが早いか分からないじゃない!」、「俺の場合は料理もできないし、孫の面倒も十分に見れないし、己に必要な物以外はどんどん捨てていくから問題無いかもな・・・」。

 


f0201348_09152681.jpg


 ジャガイモに続き、中晩生のタマネギの収穫。他の菜園仲間は男手一つで奥さんが畑に出て来ることは無いが、我が家はこれも協働作業。

数年前にベト病が入り、ここ2・3年は満足できる収穫をしていないが、今年も玉が小さいまま葉輪は枯れ、大玉は全く期待できない。乾燥が命のタマネギ、畝が濡れる前にやや大振りの物を選んで収穫する。




反して、同じ畝に栽培していたニンニク2品種は大収穫であった。

小振りのタマネギはレンジでチンしてバターを塗し、また料理に使えそうにない3cmほどのジャガイモは油でカラッと揚げると、共に立派な焼酎のお供になる。

f0201348_09152933.jpg


 ここ数日は全く潤いの無い中、キューリの生育は程々であるが、ゴーヤはJAと種苗店の品質に相当ばらつきがある。家には芽吹きしているアップルゴーヤを数本、再移植をしなければならないかも知れない。

28日にはビールのお供に欠かせない枝豆(黒大豆)用の苗を10数本植え付け、1週間後の6月3日は新たに種苗店で4本ほど苗を仕入れ植えこむ。

例年は6月下旬に直播をしていたが、二兎を追う如くジャガイモ同様早期の収穫を目指して、早々と家で育苗し畝は黒マルチで保温し、結実する頃に実を吸いに来るカメムシ防除にネットをかける。意識せずとも酔漢ならでは身に入れようである。



f0201348_09151952.jpg




 数年振りにSDたっての希望でもあるサトイモ(赤芽大吉)を13個植えつけたが、20日ほどで全ての種芋が覆っていたマルチを持ち上げ芽を出してきた。また、キヌサヤやスナップエンドウのネットを利用して、インゲンとナタマメも植えている。


 そして、昨晩は周囲の同窓がスマホやカメラで撮り合っている中、私一人ガラ携で彼の写真を撮る。

偉大な業績を残した大隅君のお蔭で、半世紀超の中学校同窓会。ホテルオークラで開催されるし、ノーベル賞受賞記念同窓会だけに、私も久し振りに背広に腕を通し、少し赤の入ったパッチ風のネクタイを締めて出かける。案内書には各自カメラ持参と書いてあったが、パンダのように寄って集って写真を撮るのもどうかと思いカメラは遠慮した。





f0201348_11125516.jpg

 スウェーデン領事館の日本代表、市教育長、小中学校の現校長と恩師お一人を来賓として始まる。

洋風コース料理のテーブルにクラス別に座ったが、何故か私のクラス(大隅君は来賓テーブル)は12名中、男性は私一人。酒の肴に名札を確かめながら過去を思い出していく。女性の話題は想像以上に豊富で、水面下の話しにまで面白おかしく語ってくれた。

彼は3年次同じクラスだっただけに結構な時間を割いて私達のテーブルに座ってくれ、女性群に囲まれ中学時代の写真に日本酒を飲みながら興じていた。

スマホで写真を撮り合う女性群に圧倒されがら、私は一人ガラ携を取出して写真を撮る。

友人達の記念写真の合間に数分、私は「○○ですが覚えていますか?」、「勿論ですよ!」、「私は“サイエンスZERO”で2回ほど見ていたので、50年振りとの違和感もなく話せますね!」、「そうでしたか」と笑みがこぼれる。

「○○君、写真を撮るのでどいて貰えますか」と注文が入り中断。

二人並んだ写真も撮ることも叶わず、これだけの会話で終わってしまった。

 そして、今日は福岡国際会議場での記念講演と高校38年卒の同窓会が準備されている。同級だけ70名程度のなのでカメラ持参にするかな・・・。


[PR]
by 1944tourist2004jp | 2017-06-10 09:14 | その他 | Comments(0)