<   2016年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

「築城基地航空祭」

f0201348_14494127.jpg 今朝の新聞の片隅に、酒好きにとって意外な朗報が載っていた。
ビールの苦み成分である“イソα酸”が脳内の免疫細胞の“ミクログリア”を活性化して、アルツハイマー病の原因である“アミロイド-β”の除去、或いは認知症の改善に役立つとのことである
食品由来で副作用も無く将来的には薬品化されるだろうとの補足もあった。序に、量的には缶ビール1本/日で十分らしい。当然のことながら飲み過ぎには「ご注意を!」と、私への忠言もあった。

f0201348_14405037.jpg
f0201348_1452290.jpg
 

 昨日、11月27日は「築城基地航空祭」。
居住地に在る自衛隊施設団のモニターをし始めて8か月、今年は熊本地震への支援で計画されていた行事もそれなりに省略されたと聞いているが、自衛隊に全く接点の無かった私にとって、行事に参加する度に感じる隊員の丁寧な言葉使いと丁重な心遣いが何事にも代えがたい。ヘリコプターの試乗や生で見る装備、PKOや災害支援etc.全ての情報が新鮮で大いに満足している。


f0201348_14583150.jpg 終日の雨天予報に山登りのレインウェアーを身に着け、SDの運転で集合時間の15分前に駐屯地へ一番乗り。
顔見知りのモニターの皆さんが家族や友達を連れ、総勢16人の参加者がマイクロバスに乗り込む。8時の定刻をやや過ぎ2人の広報隊員が雨に煙る連山を真正面に見ながら築城基地へとバスのハンドルを握る。

f0201348_14592880.jpg

 概ね2時間の距離であるが、私は最前席で単行本「変身」を開く。このところ池波正太郎もそうだが、本箱から末娘の読んでいた東野圭吾シリーズを引っ張り出してきて読んでいる。池井戸潤と同様に肩がこらず、物語が次々に展開していくので一気に読んでしまう。
時々顔を上げ雨の街並みを見るが、新しいトンネルやバイパス以外は何度も通った道で、その度に破線のように過去を感懐する。
混雑する道路を迂回するバイパスやトンネルのお蔭で30分以上の節約に、また案内の自衛官によると天候のせいで敬遠され嘘のように混雑が無いとのことであった。2時間強バスに揺られ10時過ぎ現地到着。

f0201348_153032.jpg フェンス越しに基地を見たことはあるが、中に入るのは初めてである。想像もつかない広さである。
広報官に効率よい見学の順路を聞き、祭りには欠かせない出店や近隣の町の特産品販売コーナー、航空祭記念切手の郵便局、そして基地自衛官による案内所等が混然とする中、滑走路沿いに米粒のように並んだ人並みを見ながらエプロンへと向かう。レインウェアーに傘を差して万全の積りであったが、足元の運動靴は音が出るほどに水が入り込む。出がけに一度考えた長靴であったが今となっては如何ともし難い。

f0201348_1541599.jpg

f0201348_15439100.jpg



f0201348_157617.jpg エプロンの西端にはパトリオットやアパッチなど聞き慣れた装備が展示してあり、頓狂で初歩的な質問を自衛官に浴びせながらF-2が並んでいる滑走路へと向かう。ジェット機の模擬訓練の離着陸を見るため撮るためにできた人垣に遠慮しながら、スマートにそして端然と並ぶF-2をカメラに納め、エプロンを迂回するように東側に並ぶYS11等の軍用機を横目にしながら、F-2を展示している格納庫へと向かう。

f0201348_1574272.jpg

f0201348_2053962.jpg

 30分以上の行列に加わりコックピットを眼前に見るが、第一印象は余りの狭さに「狭所恐怖症」との言葉しか浮かばなかった。以前に聞いた「パイロットは小柄ですよ・・・」との話が肯ける。
2機以上で編隊を組んで飛ぶだろうし、緊張の中にレ一ダ一画面や基地、編隊機との交信で寂しさを紛らわせることはできるだろうし、宇宙に接する真っ青な高度を飛ぶ爽快さは孤独を消化してくれるのではないだろうか。
コックピットの前で自衛官に写真を撮って頂き数分の見学を終え、別の格納庫でF-1のむき出しになったジェットエンジンの展示等を見るとあっという間の2時間、約束の12時にマイクロバスに戻るとボリュームたっぷりのお昼の弁当が用意されていた。

f0201348_15112165.jpg 雨も上がり、「13時25分の“模擬空対地射爆撃” が予定通り行われると言うことなので、これを観覧して道路が混む前に帰りましょう」と、案内の自衛官が皆さん方に事前確認をする。
 立錐の余地もない滑走路には近づけず、エプロンで4機編隊の模擬訓練飛行を楽しむ。
雨雲がかかる近傍の低い山並みを背景に、遅れて来るエンジンの爆音を残しながら急上昇し、旋回しながら10数秒後には雲間に隠れ、数分後には2機編隊や4機編隊で爆音を引きずりながら現れる。一瞬のスピードと臓腑を抉るような爆音が一層の臨場感をもたらし、魅入るばかりの観客に驚きの喚声は無い。
 雨に一眼レフを逡巡したこと後悔しながら、望遠が期待通りに利かないミラーレスで編隊飛行を収める。
約束の13時45分にマイクロバスに戻ると、窓外に“ウィスキーパパ”による曲芸飛行が始まる。
暫く曲芸飛行を楽しんで2時過ぎに基地を後にする。

f0201348_15142829.jpg
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2016-11-28 15:16 | その他 | Comments(0)

「安倍さんとトランプさんの会談」

f0201348_16523145.jpg 庇を激しく叩く雨と連続する雷光に目を覚ましたのが4時前後、何故か脳裏を翳めたのはネットをずしたブロッコリーの無残な姿である。
播種後、ネットや不織布を畝に直接被せ発芽後も数日はそのままにし、苗がやや持ち上げるころでネットをトンネルにしている。そして、ブロッコリー、カツオ菜、ワサビ菜が一段と誇って我慢できなくなった頃にトンネルを取り払う。
 2・3日前にネットを外したが、一番の心配は5本のブロッコリーである。背丈はまだ低いが根ははっておらず葉は大きく繁り如何にも風に弱い。
午後になって見に行くと、植え付け時に低い竹で固定していたのでどうにか倒されずに頑張っていたが、根が少し浮き上がり今にも倒れんばかりの状態になっていた。

 年明けの1月、大統領に就任するトランプ氏。
予備選挙中の余りの暴言に、自国のみならず世界中が不安視するアメリカの政権移行。そして、首脳としてその彼と非公式ながら初めて会談に臨んだ安倍首相。
45分の予定が1時間半に及んだことは、穿った見方をすれば良好な人間関係を醸成できたと言うことではないだろうか。

f0201348_16531359.jpg 人間関係は難しい。最近の経験談であるが、3人で非常に好感触を持って飲酒歓談し、またいつか楽しいお酒でもと思っていたにも拘らず、その後接点が途絶えてしまった。
お互いが気楽に酒の肴にできるような十人十色の単純で面白い話題の何処に齟齬が生じたのか、未だに私の中で整理できていない。
コミュニィーの為にしっかりと地に足をつけ、臆することなく色んな役を引き受け、物事を常に前向きにとらえる人なので、いずれお会いする日もあるだろう。



f0201348_1219986.jpg

f0201348_12193491.jpg












 国内で“He is not my president”のデモや人種間差別の顕在化がメディアで紹介される中、安倍首相が「信頼できると人!」と評した言葉を、米国民や世界はどのように評価するのだろうか。
 決して“日本を良し”としない中国や韓国の反応は、当然の如く羨望が潜在し肯定的コメントの後に一言嫌味を付け加える。朝日新聞の自虐史観や現政権への論評と酷似している。

 それにしても前政権を担った民進党の談話は何事だろうか。国民や政治評論家が概ね前向きに評価する中で、代表が次期大統領との非公式会談にも拘わらず「会談内容は全て詳らかにすべき・・・!」と眉間に皺を寄せたり、代表代行がこれまた「朝貢外交・・・!」だのと口角に泡の酷評。
馬鹿も休み休み言って欲しいものである。政権復帰の呼び水として、イデオロギーに差のある野党と共闘する、さすがに節操無き党のコメントである。
 先のブログで「トランプ政権を奇貨として、国民一人一人が将来の日本経済や安全保障を考える絶好の機会にとらえれば・・・」と書いたが、就任した後に彼が分裂した国内を如何に統治し、日本を初め世界の国とどのように対峙していくのか楽しみである。
そして、長期政権の安倍首相が12月15・16日訪日するプーチン大統領と世紀の日ロ平和条約の礎となる会談ができるのか、またオバマ政権下で軋みっぱなしの米ロの橋渡しができるのか楽しみである。
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2016-11-19 17:17 | その他 | Comments(0)

「訓練見学会」(銃剣道)

f0201348_16484681.jpg 剣道と比べて技の多様性と決まり手が限定される分、踏込みの鋭さに言い知れぬ熱気と気迫が漲る銃剣道。
 自衛隊のモニターをして、ヘリコプター試乗初め私にとって異質な分野での経験をさせて頂いているが、今回は訓練見学として駐屯地内銃剣道大会の観戦と銃剣道応援カレーの審査員として招待された。と、言うかお勤めかな。
 実戦を身近に見ると、鍛錬した肉体のぶつかり合いと銃剣の突きの激しさに驚かされる。正に殺すか殺されるかの瀬戸際の勝負である。酸鼻を極めた”日露戦争”旅順口203高地の争奪戦の戦争画を思い出す。

f0201348_16514958.jpg
 他人に自分の意見を押し付ける積りは毛頭ないが、単純な口や肉体の喧嘩同様、己に体力をつけ、すきを見せなければ戦火に巻き込まれることは極めて少ないのではなかろうか。

 1時間弱の観戦を後にして、4グループに分かれた野営炊飯の見学。その出来上がりを私達モニターと数人の自衛官が試食し順位付けする。

f0201348_17493622.jpg 私は加齢による味蕾細胞の減少と劣化を認識している。食卓の料理について「何と何が入っている?」と聞かれ、いつも戸惑いながら余りに頓珍漢な返事をすることでも判る。

f0201348_17512261.jpg
 盛り付けの美しさや味の良さで4グループの順位を付けるのであるが、私は自信が無いので直感優先とする。見た目は体力勝負の自衛隊である、ボリュームに重点を置き、味は自分の舌を頼りに美味しいさと若干濃い味付けを基準にして、先ずカレーを一匙ずつ、お吸い物は一口、煮物と酢のものも一口ずつ食味して素直に順位付けした。

f0201348_18145662.jpg




 


そして、皆さんが食味している間に腹を満たすためにカレーは1番と2番を全て、煮物とお吸い物は一番のみを食べ尽くし完了。
5人のモニターの方々と、栄養士・自衛官の方々がどのように順位を付けたか分からないが、まるで自信の無い己の舌と我が家の味付けを格付けする意味で、次回27日の”航空祭”見学の折にお聞きしたいと思っている。

 帰り道にある名刹に寄って、今年初めての観楓にカメラを向ける。
f0201348_17351022.jpg

f0201348_1762873.jpg


f0201348_17381692.jpg


f0201348_21125677.jpg













f0201348_18342182.jpg

[PR]
by 1944tourist2004jp | 2016-11-17 17:54 | その他 | Comments(0)

「アメリカは病んでいるのだろうか・・・?」

f0201348_9395798.jpg 高齢者の運転事故が頻発する中、私も運転中の視野の狭さや集中力の無さを感じ入り、SDとお互いを戒め合う日々である。
 そして、地下鉄七隈線の延伸工事に伴う博多駅前のメインの道路の一つで、25×30×15mの陥没事故(11月8日AM5時過ぎ)。僅か1週間で全てのライフラインの回復と車輌通行止めの解除、幸いにも死傷者は皆無、想定外の復旧に日本の技術力の高さに改めて誇らしく思う一市民である。
天神の勤め先から、気まぐれにキャナルシティ―経由で博多駅まで歩いてJRを利用したり、直近の大牟田線福岡天神駅を利用しての通勤だったので、一層身近に感じる事故である。

 そして、驚愕のトランプ氏の勝利。
一部のEUネガティブキャンペーンに踊らされたとされている英国のEU離脱国民投票や、或いは政権に固執し社会党と組んだり、国民を顧みない横柄な政権運営で機能不全に陥っていた自民党に嫌気がさして、国民が負の民主党政権を選択した日本と同次元の問題と考えて良いのだろうか。
科学技術の進歩で加速したグローバル化は、一方で世界の秩序を不安定化させ、トランプ氏の様な国粋的な大統領を米国民が選んだんのは必然的な再編の一コマなのかも知れない。しかし、全てをグローバリズムに転嫁して、世界のうねりと成りつつあるポピュリズムとナショナリズムとが融合する様な社会は全地球的に幸せなのだろうか。
 今回の大統領選を奇貨として、日本国民一人一人が日本の経済や安全保障について真剣に考えなければならないのだろう。
 OECDの一国家、韓国のスキャンダルは語るに落ちる話題で論評に値しない。


f0201348_945267.jpg 一方ミクロの世界、9・10月の平均気温が平年比で2~3℃高かったことを我が家の菜園で実感させられた。
例年のように冬野菜を10月初めから播種したが、カブとコマツナ、チンゲンサイ、ミズナは虫食いが激しく再度種播きせざるを得なかった。
 昨年来お裾分けして非常に評判の良い漬物の材料のダイコンだけは、虫取り名人のSDが必死の形相で死守し、今では間引きした新鮮なものがラディシュと並んでサラダとして食卓に上がっている。
タイムラグを持って収穫できるよう、11月には畝造りと併行しながら2弾目3段目と種を蒔いた。僅かな香りで料理を一段と美味しくして健康にも良いニンニク。タマネギ畝の裾に植えるべく種苗店で探し回ったが全く見当たらず、致し方なく店頭にあるニンニクを植え付けた。結果、50個植えて半分超しか発芽せず。一部は発芽不能処理がなされていたのだろう。
 そして、ジャガイモ同様料理の友のタマネギは昨年の不良で苗が中々手に入らず。最終的には細々とした苗を150本ほど買付けたが、SDが好む極早稲と赤タマネギは手に入らず種からの栽培となっている。
今は、ニガウリとキューリのネットを利用して、キヌサヤとスナックエンドウの種蒔を残すだけとなっている。

 また、”七夕ひょっとこ会”は9月以降月一の出番があり、敬老会や老人ホームの慰労、収穫祭、そして昨日はK町の祭の出番。
観客の前で“ひょっとこ”の列に加わることに、様にならない初心者の頃から緊張することは全く無かったが、習い始めて1年4か月経った今では、傍らのご老人や子供達の中に踊り入って握手したり手をつなぐ余裕もでてきた。
先日の収穫祭では、若奥さんから手を引かれ何事かと思っていると車椅子のご老人の間に挟まり記念撮影となった。演芸披露の度に、細やかであるが高齢者への恩返しをしている積りである。


f0201348_738493.jpg スーパームーンは残念ながら沖縄と東北以北しか観望できず。
次回は私が卒寿の齢で、生きていても痴呆になっているかも知れずこれが最後だったろう。2日後の16日、黎明の月を西の空に見たので載せて置こう。
新聞記事によると、月と地球の距離は35.65万kmあり、月の楕円軌道は最も近い時と遠い時とでは5万kmの差があるらしい。大接近の2時間後の満月は最少時に比べ、視た目で大きさは1.14倍、明るさは1.3倍とのことであった。
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2016-11-14 09:33 | その他 | Comments(0)