<   2016年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

「孵化直前の雛」

f0201348_10284591.jpg いつものようにパンとジャムに、タマネギとスナックエンドウの入ったスープで朝食をとろうとしている正にその時、突然の鳥の泣き声。
「ギィ!ギィ!ギィ!」と言う騒がしい鳥の声に、SDが玄関に出た直後「ちょっと来て!」と由々しき声が掛る。
何と、玄関先に孵化前の卵が落ち、無残にも姿の判る赤ちゃんが殻と一緒に落ちていた。





f0201348_2026623.jpg


f0201348_1014672.jpg 5月3日のブログ「ツバメには困ったものだ」で、2階に迷入したツバメの番の話題を載せたが、その親鳥が巣に半身を入れじっとして動かない。
引込線には度々カラスやカチガラス、或いはハトが留まっているので、そのどちらかにやられたのかも知れないが、大き過ぎて入って来れないとすると、ヒヨドリ(?)の仕業かも知れない。

 末娘が拾ってきたシジュウカラの雛鳥の横にそっと埋葬する。

f0201348_10221554.jpg


f0201348_20172447.jpg ついに捉えた憎き真犯人。SDがツバメの騒ぐ声を聞きつけ玄関を出ると、10mほど先の本線に留まったスズメより少し大振りで口先の尖った野鳥が2羽。

f0201348_2018338.jpg
追い払う方法が分からず地団駄踏む私達をしり目に、野鳥はそっぽを向いてのんびりと構えている。金属音を数回出して何とか飛び去る有様。
10数分に数回、ツバメの巣の方へ向かいそうな気配を見せる。望遠でしっかりとフォーカスすると、”ムクドリ”のようであった。ウィキペディアでその生態と特徴を調べると間違いない。彼らも春から初夏に向け繁殖期で、番が揃って餌探しに奔走するらしい。

(繁殖期外では市街地で群をなして騒音や糞害のニュースを観たことはある)

f0201348_20184686.jpg








 その後、ツバメの番は交代で玄関先の引っ込み線に留まり警戒している。私達もムクドリの鳴き声を聞く度に外に飛び出し追い払う。
自然の摂理にお任せするのが本当かも知れないが、可愛い雛の死骸を思い出し放置できず。
変な話であるが、嫌われもののカラスが近くに居る間はムクドリも決して姿を見せない。


f0201348_9344566.jpg 27日の朝、我が家の玄関から対峙する野鳥の面白い風景を見る。

f0201348_93564.jpg
各家庭への引き込み線の一番近い所にツバメの番がハトを味方に付けるように3mほどの距離を置いて身動きせず留まっている。
そして、その奥5~6mの引き込み線には番のムクドリの他3羽が留まり狙っている。

(野鳥は番でいる時、必ず向きをお互いに反対方向にして360度警戒している)

f0201348_9375586.jpg
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2016-05-24 10:15 | その他 | Comments(0)

「孫達と」

f0201348_12324797.jpg 土日を利用して、遊びに来ていた孫を連れ久し振りの山登り。低山佳景の“立石山”。
都市近郊にあり、足元も滑ることのない花崗岩の山である。保育園時代から九重の山並みを連れて歩いた孫にとって、高さはやや物足りないが、玄界灘に広がる絶景が補って余りあるほどの山である。

f0201348_1234519.jpg







f0201348_12354617.jpg

f0201348_14403072.jpg

f0201348_12485661.jpg 昨年の5月13日、小富士と親しまれている“可也山”に登った時、玄武岩の海蝕洞窟“芥屋の大門”から足を延ばして登ったところ、期待値を大幅に上回る大パノラマにSDや孫達を連れて来てやろうと思っていた山の一つである。



f0201348_13175821.jpg

f0201348_12521967.jpg 蒼穹の昨年は、芥屋の海岸を背にした山路からの眺望に、天草の太郎丸・次郎丸岳を髣髴させる海浜の透明感溢れる景色に唸りっ放しであったが、今年は心なしか霞んだすっきりとしない芥屋の海岸であり、三角錐に突き出た大門である。白内障を経験した人には分かり易い景色である。
PM2.5なのか初夏にかけての靄の所為か、“芥屋の大門”はまだしも“可也山”は手術直前の症状である。            

f0201348_13101073.jpg

                                             

f0201348_12445170.jpg

f0201348_124511100.jpg


 海水浴場として名を馳せている“芥屋の海岸”は、新しい駐車場も整備され、海の家も1棟は竣工し、もう1棟も基礎が組み上がって、間もなくやって来る海開きを待つばかりである。
11時の浜辺に、子供連れの家族や若者の嬌声が聞こえる中、孫二人を連れて、廃屋と化したホテルの際を通って登山路へ入って行く。階段状に整備された山路を過ぎると、クレイと露岩が交互にあらわれ、振り返ると海底まで澄んだ芥屋の海岸と大門を見る。

f0201348_13142222.jpg コンビニで準備したお握りや飲み物をリュックに押し込んで、4年生の孫が喜び勇んで先頭を登って行く。
30分ほどの道のりで山頂に到着。狭い山頂に3家族ほどがお昼を開いている。
 周回コースの方へ少し下りて、一段と眺望の利く露岩で記念写真を撮り下山する。
海辺では、バーベキューの数家族、浜や磯釣りの数人、白砂に戯れる若者と真夏並みの賑わいである。

 観客で賑わう大門と黒磯海岸で遊んだ後は、都市高速を一直線で孫達を送り届ける。
低山とは言え露岩の山では、目の届かないような距離にならないこと、下りは私が先頭で決して慌てないこと等、逸り気味の上の子には厳しく言ったが分かってくれたことだろう。

f0201348_13151117.jpg
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2016-05-23 12:53 | 山登り | Comments(0)

「自衛隊A駐屯地へモニター応募」

f0201348_18221437.jpg 観桜の一ブログでモニターについて若干触れたが、熊本大地震の災害地応援によりモニター委嘱式が1月延び、今日19日に行われた。当該駐屯地の防災上任務対応地域から、男性5名に女性1名に司令より委嘱状が手渡された。


                                         (宿舎屋上からの展望と先のブログでも紹介した本棟入口の大王松)

f0201348_1931328.jpg


f0201348_18434677.jpg










f0201348_18272629.jpg  幹部自衛官5名(将官と佐官)の淀みのない饒舌な挨拶が済み、それなりの衣装で臨んだ4人に中で、私は普段着に運動靴で2番目の自己紹介。「・・・略・・・。初めてお会いする方に『乃木大将のような立派な髭をお持ちですね』と持ち上げられますが(笑い)、今は枯葉が落ちるようにO市で年金生活をしております。・・・略・・・。国の安全保障環境が、東西の冷戦にもまして厳しくなりつつある今、是非自衛隊の皆さん方のご苦労を垣間見たくモニターに応募しました」と。
 幹部並びに広報室の自衛官方との記念撮影後、自衛隊の組織と活動概要、そしてモニターについて30分ほど、PPで編集されプロジェクターを通して紹介して頂く。
私がここで改めて紹介するまでも無く、自衛隊の活動は国土防衛、防災派遣、国際平和協力(PKO)、そして民業を圧迫しない程度の民生協力(部外土木工事)etc、そして広報活動として地域行事への参加である。


f0201348_18274064.jpgモニターは自衛隊の行事・訓練を見学・体験した上で、年度末に感想や意見を求められるらしい。






f0201348_18302959.jpg 駐屯地の歴史について展示されている広報記念館と、独身隊員の宿舎屋上から駐屯地内を展望し、幹部の皆さん方と昼食をする。(現在は部外土木工事とは逆に民業委託をしているらしい)
メニュー(エビチリ,チンゲン菜胡麻和え、中華風スープ、玉葱若布おかか和え)は自衛官と全く同じもので、決して贅沢なものではない。人それぞれの舌の感覚があるだろうから味について紹介しないが、私は美味しく食べさせて頂いた。
 昼食と歓談の後、売店へと案内される。(観桜時に来ていたので、特売となっていたTシャツを2枚買う)
その後、広報室に戻りパワーポイント編集のレジメ他を渡され、恐縮にも乾パンの手土産まで頂き委嘱式の行事が完了する。
 端然とした態度ときびきびとした物言いの自衛官の皆さん方に心地良さ感じ、規律正しく丁重なホスピタリティーに感謝しつつ、写真付きラミネート加工された“駐屯地モニター証”を提示して正門を出る。

(写真は全て許される範囲のものである)


f0201348_18355183.jpg

[PR]
by 1944tourist2004jp | 2016-05-19 18:04 | その他 | Comments(0)

「今年のゴールデンウィーク」

f0201348_20461014.jpg 大型連休の始まりの29日から奇数日に、7日まで5日間九歴のボランティアとしてに参加し、その合い間の4日には“博多どんたく港まつり”でひょっとこ踊り、そして別の日は同じ職域の後輩の定年退職で飲み方。
例年だとSDと二人で何処かへと出かけるが、何とも寂しく気忙しいゴールデンウィーク(無職の私には関係ないが・・・)であった。


f0201348_2052316.jpg

f0201348_20482398.jpg 他の偶数日の晴れ間には畑へ、雨が降ればネットで趣味の囲碁、そして時間が余るとビデオ映画か読書。
本箱に並んでいる本の中から、ほぼ内容を忘れているだろう本を漁って読むが、ボケているとは言え読み進むうちに、僅かに生き残った脳細胞に残渣の如き記憶が蘇り完読することは無い。


f0201348_20532321.jpg

f0201348_20494047.jpg そう言えば、1週間ほど前の新聞に7冠を達成した井山裕太名人と、ほぼ同じ年齢で将棋界7冠を達成していた羽生善治名人の対談が出ていた。
辿り付くまでの己への重圧と苦しみ、そして達成後の開放感から来る燃え尽き症候群への対応等、勝負師として絶えることの無い心身の疲労を行間に読みとれるような対談であった。
その他、芸術や学問、或いはスポーツ等の一流の苦しみを凡人は測り知る事は無い。凡人である幸せを感じる。


f0201348_2155633.jpg
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2016-05-07 20:49 | その他 | Comments(0)

「のぼせもん」(2)

f0201348_11321390.jpg サンセルコから1km半ほど街中を歩き、博多祇園山笠の追い山集結地になっている櫛田神社へ。晴天の陽射しはそれなりであるが、適度な風に気持ち同様歩きも颯爽したものである。キャナルシティ―もあり相当な人出である。
 踊りの開始は1時半、先ずは腹ごしらえと土居のアーケードの中へと入って行く。通りの人出同様何処の食堂も満杯状態。やっと見つけた“うどん屋”さんで、“めんたい釜揚げうどん”に1合の枡酒を添えての昼食。


f0201348_11333211.jpg 境内で待っていると、拝殿の奥へと案内され、宮司より丁重なお祓いを受ける。
余りに丁重な扱いに低頭も一段と深く長くなる。


















f0201348_12425297.jpgf0201348_11354340.jpg

 観客に囲まれた境内を一回り踊ると、最後に“ちっご”愛好会の快男児が2歳の弟を連れて輪の中へと踊り出る。それに合わせて“みわ”愛好会のちょっと小太りの女性が相対峙して、大勢の観客の視線とカメラが集中する中でリズムに乗った軽妙洒脱な踊りを披露する。

f0201348_113913.jpg私達は当然のように手拍子で応援する。ネットで見たこともあったが、この小学生は本当に”ひょっとこ”の申し子である。彼が居て“日向ひょっとこ”も全国的に知名度が上がり、メジャーになって行くことだろう。嬉しい限りである。

f0201348_12413799.jpg








f0201348_12463876.jpg

 天神のビブレ横の路地で3度目の踊り。観客を間近に20mほど往復し、明治通りのパレード迄まで市役所ホールで束の間の休み時間となる。
ところが、RKB毎日放送の方から市役所広場の大舞台での踊りを要請され、残っていた別動隊“みわ”と私達が出演することになった。大きな舞台の袖から踊りだし、舞台中央の幅広の階段を下り、遠巻きにした観客の前を弧になって踊って行く。勿論観客の顔を直に見る距離にあるので、その破顔爆笑を共有するように私も一体となって横踊りとステップを踏んでいく。
大きな拍手を貰った後、”みわ”の愛好会々長が大きな舞台に上がってお礼の挨拶をされた。突然の申し出にも拘わらず素晴らしい言葉であった。
一つ残念なことは、“ちっご”の愛好会が帰ってしまっていたことである。あの小学生に大舞台で踊らせてやれば、当然の如く“博多どんたく港まつり”のニュースの中で取り上げられた事であろう。残念至極。

f0201348_12502955.jpg 櫛田神社の傍の冷泉公園に、演舞団体が全て集結して市役所玄関前までの1kmほどをパレードして終了となる。
2時間ほどの調整待ち時間に疲れがどっと出る4人であった。(女性お一人は途中から友達との会食で抜ける)
パレード行列で私達の前は、本場日向市の”ひょっとこ祭りで”金メダルを2度獲得した“みわ”の達人達。祭りに弾む会話の端々から、踊りに関するヒントを沢山頂くことになった。隣町の愛好会、F先生に頼んで練習日に一度は参加してみたい。。
 2日酔いと午後から“九歴ボランティア”の仕事もあり、1日挟んで雨の日を利用してのブログ記事となった。
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2016-05-06 11:52 | その他 | Comments(0)

「のぼせもん」(1)

f0201348_103824.jpg “反省会”と言うか“打上げ”と言うべきか、呑み助にとって理由は要らないし、また限りなくある。とにかくお疲れさん帰りに寿司屋で一杯。


f0201348_12595953.jpg


 昨年の7月から公民館の習い事で始めた“日向ひょっとこ踊り”。私達のF先生へ、世話役の方から参加枠として5名ほどのお呼びが掛り、新米の老生は恥じらいも無く、いの一番に手を挙げた。“どんたく”は小学校の頃から親に手を引かれて見に行っていたが、まさか6回目の年男に“博多どんたく港まつり”で、見られる側に立つとは想像だにしなかった。正に“のぼせもん”の気分に浸った1日であった。

f0201348_10465289.jpg 10年ほど前まで利用していた通勤電車に乗り、早々に市役所ホール内に準備された演舞者達の着かえ室に入る。
対面には熊本の人吉から来られた方々、着替えをしながら一頻り熊本大地震の惨状や交通アクセス等についてお話を伺う。

f0201348_10474851.jpg

f0201348_10552152.jpg 仲間のお一人が、運悪く市役所入口のちょっとした段差に左足首の捻挫をし演武を断念する。如何ともし難く引率世話人のY氏が、昨日参加した先生に急遽連絡をとり、私達の愛好会からは予定通り5人の参加となった。

f0201348_10573358.jpg
 私達“博多愛好会”の別動隊は総勢60名。天神から1km弱の距離を褌姿に赤い衣装を身に纏い、片手に奇妙奇天烈なお面を携え、昨日の風雨から一転、清晨の緑滴る爽やかな薫風を聞きながら不規則な並びで最初の演舞場へと歩いて行く。

f0201348_10585430.jpg しかし、色んな演舞衣装の方々も道路に所狭しと歩き、通行人の奇異な眼差しを感じることは全く無い。
 先ずは“ホテルオータニ”サンセルコの演舞場。発祥の地、日向市の“ひょっとこ祭り”で金メダルを2回獲った“みわ”愛好会、そして小学生の快男児が居る“ちっご”の愛好会、そして私達の所属する“福岡ひょうきん族”である。


f0201348_10594244.jpg 舞台には天才小学生を加えた数名、そして残りは舞台下で観客を面越しに見ながら踊り歩く。
興に乗ってくれる観客の爆笑と手拍子に腰振りも一段と冴え、よく見るとSDが輪の中心に座り込んでカメラを構えている。
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2016-05-06 11:08 | その他 | Comments(0)

「ツバメにも困ったものだ!」

f0201348_2391195.jpg 黎明の起床。
“博多どんたく港まつり”の初日に、曙光を拝みたくて起きた訳ではない。
2階に迷い込んだツバメの番(つがい)を漆黒の闇に追い出すに偲びず、せめて夜明けに出て行って貰おうと思っての事である。







f0201348_22582627.jpg


f0201348_235187.jpg 昨年のブログにも書いたが、ここ数年、玄関の軒に造られた巣を利用して毎年3羽ほどの子を連れて旅立って行く。今年も未だ雛たちの姿を見ることはできないが、10日ほど前から、玄関先の電線にいつも2羽で留まっている。



(平成27年8月の写真)


f0201348_22553880.jpg


f0201348_2335553.jpg

それを知りつつ、SDがプランターにゴーヤとナタマメの苗を植えている時、ついつい玄関のドアを開けっ放しにしていたため、そこから入って行き場を失い2階の部屋に入り込んでいたのだろう。
私達も、寝る前に気付き一度は外に出そうとするが、天井すれすれの素早い飛行に窓外に出せず、朝まで待っていただけの事である。

f0201348_22562754.jpg 天井すれすれに飛び交う燕は、天井と窓の間には60cmほどの壁があることを知るべくも無い。強制的に低飛行させざるを得ない。

 払暁の5時起き。天井に新聞紙を万遍なく垂らし、飛べる範囲を狭めていく以外無いのかも知れない思案しつつ、脚立を取に行くと、偶々竹箒があり、これでどうだろうかと2階へ上がっていく。
クーラーの室内機の上に大人しく寝ているツバメに気遣い、音を経てずに引き戸を開け天井との隙間が無いように、竹箒を構え飛び交う空間を狭めていくと、行き場を失った1羽が上手いことに低飛行で外に飛び去る。
そしてもう1羽。数回に渡り竹箒の横をすり抜けられるが、1羽になった心寂しさも手伝ってか(?)、5分程度の飛翔の末に後姿を窓外に見る。

f0201348_22585855.jpg 後は、午前中はエサ取りで飛び廻っているだろうが、夕方玄関先の電線に止まっていれば、今年も親子揃って南国へ飛び去る姿を見ることが出来る筈である。
 明日は、小学生の頃から見ていた“博多どんたく”、見られる側の一員として、“日向ひょっとこ”踊りの列に加わる
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2016-05-03 23:00 | その他 | Comments(0)