<   2015年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

「低山逍遥(基山から天拝山へ)」(3)

f0201348_15593375.jpg 子供達にとって、海賊船の中は遊具が夢一杯に詰まり、天拝湖を眼下にする長いローラーコースターもあり、体中で喜びを発散できる公園である。
が、休み明けの今日は駐車場も事務所の職員や山登りの車ばかりが目立ち、子供達の歓声は”こだま”して来ない。





f0201348_1614770.jpg

 目一杯にノネナールの沁み込んだ体をベンチに沈めながら、500mlのスポーツドリンクを思いっきり飲み干す。2本のうち1本は凍らせていたので、1時間経った今でも実に美味しく、その冷やっこさが食道から胃へ、そして砂漠の一滴のように五臓六腑へと浸透していくのを実感する。病気は気から、疲労も気分しだいである。

f0201348_1632946.jpg 公園管理棟から少し足を運んだ所に、天拝山への標識があり喬木に陽を閉ざされた林道へと踏み入れて行く。そして、10数分で天拝山への登山道に就く。


f0201348_165553.jpg











f0201348_1674941.jpg
 日々、健康管理に努めている高齢者の山らしく、点々と出会いがある。
孫達を連れて登った“天神さんルート”の出合いから、急坂コースを選んで11時50分山頂到着。
 今日は月曜日、山頂の混み合いも程々で、私の前に座っておられた81歳のご老人と長らくお話をする。
あと10年、私も山頂で同じように元気に話せる80歳代でありたい。
f0201348_18371814.jpg



f0201348_16102860.jpg 四王寺山や宝満山を正面にして、福岡市から筑紫野市、太宰府市を眼下にする眺望は名に恥じない天拝山である。
JR天拝山駅に向かうべく、天神さんルートの出合を少し過ぎた所から南西へ“城ケ原”ルートへと下って行く。けもの道のような所を100mも下れば、林道もどきの植林・竹林に挟まれた広い里山道に出る。



f0201348_16111851.jpg 途中、数頭飼われているだろう大きな犬の檻に出くわし、歯をむき出しにしたような吠え方に、少なからずその飼育のされた方が想像される。
 筑紫野ICの下にある囲炉裏の里“山灯家” まで、予想外に近い道のりである。一般道を通り筑紫野“イオン”を抜け、JR天拝山駅に出て帰路に就く。
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2015-06-30 16:11 | 山登り | Comments(2)

「低山逍遥(基山から天拝山へ)」(2)

f0201348_1121280.jpg 9時ジャストに高速下の林道から15分ほどで道祖神の安置された登山口に就く。


f0201348_11214878.jpg 樹間より細く斜めに差し込む僅かな陽射し、分厚い下草に窺い知ることは出来ないが間断のない渓流音、ブロックや自然石を整然と配した何の変哲も無い道を登って行くと、陽は途絶え初夏の濃緑と苔むした露岩に深山の修験道の場を感じる。突然、静寂の中に小さな家が佇む。


f0201348_11242015.jpg

f0201348_1125126.jpg 伏流水をパイプに集める水場もあり湿った露岩の急坂を登って行くと、小さなお社が二棟。ポケットから小銭を取り出し無事の登山をお願いする。
この辺りは陽も届かず仄暗く、低山ながら深山の趣もあり実に楽しいルートである。

f0201348_11253775.jpg









50分程で山城の東北門跡に到着。基肄城は大宰府防衛のため、大野城(四王寺山)とともに築かれた日本最古の山城とのことである。







f0201348_11282314.jpg

f0201348_11361080.jpg

f0201348_1137949.jpg


f0201348_11392362.jpg 小高くなった史跡巡りルートに入って行くが、同じ所を二度三度は無いだろうと直ぐに引き返し、疎林に残る礎石群のから山頂へと急ぐ。
名前は相変わらず思い出さないが、いつか見た山の花を写真に収めて、9時50分に山頂草原の北端近くに到着。

f0201348_11401270.jpg
 春先の“オキナグサ”は紐で隔離されているが季節的に痕跡も残っていない。干からびた身体に十分補水し、眼下に広がる佳景を楽しみ10時10分に草スキー場を下りて、九州自然歩道に入って行く。
ここまでに基山を下る男性二人、そして緑の斜面に黒い傘を差してゆっくりとした歩調で登る女性一人に出会った。
 踏み跡の少ない自然歩道に、滑らないように、そして躓かぬように、細心の注意を払いながら駆け足風に歩幅を広げていく。一度目の舗装道を横切って間もなく同年代風の女性3人組に出会い、数分間の四方山話をして2度目の林道大谷線を横切り、10時40分平山集落に下りて行く。
 集落に出て天拝湖を望む筑紫野市総合公園までの20分は舗装道路、低山逍遥は常に運動靴とウエストバッグと決めているので、舗装道路は本当に助かる。

f0201348_11442070.jpg



f0201348_11473495.jpg

[PR]
by 1944tourist2004jp | 2015-06-30 11:17 | 山登り | Comments(0)

「低山逍遥(基山から天拝山へ)」(1)

f0201348_1955186.jpg


f0201348_19572058.jpg この6月から始まった、公民館主催の「日向ひょっとこ講座」に顔を出す。
リズム音痴の私にとって最も不得意のジャンルであるが、SDの後押しに根負けして、月1回の「ひょっとこ踊り」申込みであった。初日は15名程度に公民館長も入る。


f0201348_19583862.jpg




f0201348_1959317.jpg
 先ずは基本的な足の運び、顔、手の動きをDVDで習い、次に先生を先頭に足の運びを真似て“てんてこてん、てんてこてん”と輪になって音頭を取りながら付いて回る。
正味1時間ほどの足運びの練習に汗を流す。ほぼ私と同じ年代の男性陣は戸惑いながら足を運ぶが、女性陣は何故か直ぐ慣れ音頭に乗って回る。
リズム音痴の私もそれなりに後ろにつけるが、煮詰まって来ると左右の足が分からなくなり間違えること数度・・・。


f0201348_2011371.jpg 帰宅後、復習がてらSDに見せると直ぐに馴染んで私の後から“てんてこてん、てんてこてん”。
ネットを通じて「ひょっとこ踊り」を”お気に入り”に追加して、1・2.3と拍子をとりながら部屋を回ること2日、どうにか足運びは出来るようになったが、顔と手の動きが不協和音にならないことを祈るばかりである。


f0201348_20104362.jpg


 梅雨に嬉しい2日続けての中弛みの晴天。
1日は菜園へ雑草刈りに汗を流し、次の日は2週間振りに山へと向かう。脚も鈍っているだろうからと、低山逍遥とする。


f0201348_2065527.jpg 原田まで送って貰い基山へと向かう。
 高速自動車道の高架下から林道に入り、養鶏場を左に見ながら植樹林と竹林を抜けると、真っ青な空に高圧線に沿う様にもデザインされた筋雲、そして樹冠に紅の花を乗せた高木の“ねむの木”を見る。
 林道が切れる所に道祖神。見るほどに何とも奥ゆき深い石像(?)である。そして直ぐ、朽ち果てそうに小さな“基山へ”と墨書きされた標識を見る。
基山には4回登っているが、一度はこのルートを近道しようとして道を間違え背丈ほどの藪かきしながら、そして他は眼下の佳景と“オキナグサ”を目当てに基山町の「水門跡」から登った。


f0201348_2012789.jpg

f0201348_20125229.jpg
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2015-06-29 19:53 | 山登り | Comments(0)

「平成27年6月下旬」

f0201348_10175058.jpg “なでしこジャパン”の決勝トーナメント、ベスト4を賭けてのオーストラリア戦。
払暁のTV観戦、なでしこ押し気味の試合展開に、後半42分だったと思うがゴール前の競り合いから、一段と小柄な岩淵選手が倒れながら右足で蹴り放ったシュートがネットに突き刺さる。愛らしい笑みが溢れる彼女の今大会初ゴールに駆け寄るなでしこ達。シュートが弾き返されながらもゴール前にボールを出したアシストの選手も見逃せない。
日本中のファンが立ち上がって拍手喝采した事だろう。

f0201348_9263684.jpg



f0201348_100147.jpg 残すはアディショナルタイムを含め6分弱、相手選手の焦る心と疲労は連携プレーを阻み、正面に打ち込んだ最後のシュートもゴールに至らず試合終了のホイッスル。
 予選トーナメントから全て1点差の効率的な勝利、残り2戦に今まで出し惜しみしていた貯金を吐き出して欲しいものである。

f0201348_9341518.jpg


f0201348_9391279.jpg 先日、東北地方が梅雨に入ったとニュースを聞いている最中に、鹿児島県では崖崩れ等の被害が出るほど降り募る雨、詳しいことは分からないが梅雨前線が列島の南に居座っているらしい。

f0201348_9131151.jpg



f0201348_9151316.jpg 一昨日、末娘が巣から落ちたと思われるシジュウカラの雛を、剥き餌の袋と一緒にティッシュの空箱に入れて持って来る。
羽毛は生え揃って羽ばきもするが、落ちるようにしか飛べない。野生動物を餌付けすることは禁じられているが、飛べるようになるまで飼って放してやりたい。
彼女は子供の頃に、孵化して間もない雀を拾って来て手乗りスズメまで育ち上げ野生に戻したし、学生時代には飛べないフクロウを拾って来て、1週間ほど家で飼って鳥類センターに手渡した経験もある。
 その日は練り餌を“つま楊枝”の先に付け食べさせ、綿棒に水を含ませ水も飲み、ネットから流れるシジュウカラの鳴き声にも反応するように元気にしていた。しかし、彼女には申し訳なかったが、翌朝には冷たくなっていた。死因は分からない。保温できていなかった所為かも知れない。

f0201348_9413984.jpg


 f0201348_919257.jpg安逸な暮らしに蓬髪、このまま放置して総髪を後ろで結ぼうかなと思案していると、「こんな暑いのにむさ苦しいね!」とSDはにべも無くのたまう。
昨年は、人に会うこともしばしばで、生来の濃い顔つきに少しでも見た目を涼しくスポーツ刈り一辺倒で過ごしてきたので、今年は剣客浪人風にしてみたい。「これは男の願望であり、リタイアーした男の特権である」と、空しく独り言を操る。
家庭菜園の管理は8割方熟し、週一の山登り態勢にあるが、不安定な天気の中で中々と決心がつかない。
仕方なく、図書館から借りた本に耽り、溜めこんだTV録画を流し、甘い物と晩酌に現を抜かす無聊なき日々であるが、只一つ、相手からの振込が無く車のバンパー修理が終わっていない。


f0201348_1310194.jpg
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2015-06-28 09:22 | その他 | Comments(3)

「ミヤマキリシマの群生や如何に?」(3)

f0201348_1244529.jpg


f0201348_12162012.jpg 大眺望が広がり出す。背後には薄いピンクに染まる平治岳の山頂、そして秀麗な由布岳。そして、目を転じると紅色のミヤマキリシマの先には大船山の尖がり。西には坊ガツルを囲むように山群の高峰が聳立し、阿蘇五岳も遥か遠くにくっきりとした稜線を見せる。

f0201348_1213599.jpg


f0201348_121852.jpg 北大船山への山稜から段原への稜線には坊ガツル経由の方々も合流し、登山者も数段多くなってくる。女性グループの喜びの嬌声、黙然としてカメラを構える男性群、山路のミヤマキリシマは人の手によって剪定されたように整然と道を開け、譲り合い人達も満足気の面持ちである。

f0201348_12214820.jpg

f0201348_12222539.jpg

f0201348_12204459.jpg

f0201348_12245987.jpg

f0201348_1227375.jpg


f0201348_12303063.jpg 私は、北大船の稜線の美しさは平治岳の群生に勝ると思っているので、虫害がないことを祈っていたが、全くやられていない。
段原から平治岳へ取って返しても良いが、ここまで来て往復40分程度の大船山々頂から米窪を見晴らさずに帰れない。
少し腰痛が心配であるが、十分な水分補給とチョコレートの甘みに発奮して歩き出す。距離は短く最後は息が少し上がったが、山頂からの眺望は別格である。









f0201348_12312767.jpg


 登山客は増える一方で、邪魔にならないようにそそくさと大戸越へと急ぐ。
尾根筋から平治岳を見ると上り下りに専用道は数珠つなぎとまではいかないがそれなりに並んでいる。
10時40分の大戸越には数十人がそれぞれに休息している。私は聞かずとも耳に入って来る登山者たちの話題に飽きることなく、おやつのパンを頬張りながら10分程度斜面を眺める。列をなさない程度を見計らったところで斜面に取就く。

f0201348_1233534.jpg 急ぎ過ぎ、中腹に至り流石に息が上がる。高塚山と天狗岩を眺望する所で一時腰を下ろし息を整える。
斜面のミヤマキリシマは星生山で見たのと同じ状況にあり、一木に数輪花芽を持っているがやはりダメージは大きい。


f0201348_12335710.jpg


f0201348_1234306.jpg 南峰から坊ガツルを見下ろし本峰へと向かうが、路傍には白骨樹化したミヤマキリシマが点々として無残である。2年前の写真を見なければ何とも言えないがこんな酷くは無かったはずである。本峰の西斜面は一面のピンクの絨毯であったが、緑が相当にまだら模様で浸食し始めているようである。


f0201348_12402843.jpg
                                     (平成24年写真)
f0201348_14104622.jpg

 斜面散策を簡単に済まし、混雑を避けるようにして下りて行く。12時ジャスト大戸越で最後の休息を15分程度取り一気に男池へと下って行く。
先の星生山・中岳山行で色鮮やかなミヤマキリシマを見逃したSDには申し訳ないことした、7時間の山歩きだった。

f0201348_12431951.jpg


[PR]
by 1944tourist2004jp | 2015-06-05 12:44 | 山登り | Comments(0)

「ミヤマキリシマの群生や如何に?」(2)

f0201348_9384621.jpg


f0201348_9413980.jpg バイケイソウが花をつけ、広葉樹に陽が閉ざされた早朝の澄み渡った冷涼な空気、前後に人の気配も無く、樹冠には野鳥が囀り渡り山登り気分が一人高揚して来る。
平坦な道を25分ほどで、鉄柵を鍵の字に通り“かくし水”に出る。そして、登山道らしい登りが“ソババッケ”まで続く。前を歩くお二人と「いい天気ですね!」と挨拶を交わし、爽やかな汗にミヤマキリシマへの期待を膨らませていると、興ざめの一つが追いかけてくる。


f0201348_9415754.jpg


f0201348_9553593.jpg この瑞々しい野鳥の声しか聞こえない杜に似つかわしくない、山間にこだまする様な大きな声での会話。
彼等若者3人のペースは速く平治岳への分岐点で彼等が追いついて来る。挨拶の声もでかい。
一緒に歩きたくない私は、彼等が休息と記念写真を撮っている間に、登山口に就いた時に「“大戸越”までは一定のペースで頑張ってみよう」と思っていたので、水も飲まず少し少しスピードを上げ平坦な道に歩を進める。


f0201348_947438.jpg

 早くも下りの方がお二人。「ミヤマキリシマどうでしたか」と訊ねると。4時には大船の山頂にいたと言う男性は「北大船は少し早いかも知れないが素晴らしかったですね。平治岳の山頂の斜面はまあまあでしたが、南斜面は全く駄目でした」との返事。

f0201348_9484715.jpg ゴロ石の長い登りが続いた後、鞍部からの木漏れ日が徐々に広がり、山路は黒土で滑り易くなる。
8時に大戸越、山肌を見ると想像していた薄紅色の斜面は無く、南岳の山頂付近に疎らに咲いているミヤマキリシマ。休息していた4・5人の方々と思い出に浸りながら無機質な山肌を眺める。登りの途中でお会いした人の情報を渡し「場所によっては満更でもなさそうですよ」と、平治岳の斜面に取り就いた彼等を見送り、私は北大船への道に踏み入れて行く。
 山肌の道は水路化していると言うか、水路を利用した山道と言うか眺望が開けるまでは足場は悪く、根っこの切り株が突然に脚を叩く。
良くない。

                                           (平成24年6月)
f0201348_95247.jpg
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2015-06-05 09:49 | 山登り | Comments(0)

「ミヤマキリシマの群生や如何に?」(1)

f0201348_22115532.jpg


 我が家の紫陽花が鉛色の空に紅を注すように色づき、深い素焼きの鉢の永良部ユリが数輪花を点している。
f0201348_22144173.jpg一昨日より娘の所に泊りがけで行ったSDより、「雨が降る時は雨に当たらぬよう必ず軒下に入れてね!」と念を押されていたが、今日の陽射しに出しっぱなし、相当数が開花し、帰って来たSDに「徐々に咲かせて楽しみたいから天気の良いは日蔭に・・・」と、涙声で訴えられた。

f0201348_22163546.jpg

f0201348_22182169.jpg 丈母より受け継いだものだけに、クンシラン同様、嫋々とした陽射しと雨を避けながら可能な限り余韻を楽しみたいとの気持ちがあるのだろう。
無頓着で気の利かない私である、「注文を箇条書きにして欲しいな~」との思いを胸裏にしまう。


f0201348_2220037.jpg


f0201348_2221345.jpg



f0201348_22242638.jpg 昨年は忙しくてt訪ねることが出来なかったが、ここ数年は山群に溶け込んで楽しませて貰っているミヤマキリシマ。
九重にお世話になっている者として、良い時も、また虫害で悲惨な状態にある時も是非知っておきたい。腰の芯に鈍い痛みは残っているが、梅雨の合間の好天を見逃すわけにいかない。
 平成24年は、6月9日土曜日の新聞に“ピンクのカーペット平治岳”の写真が載っており、梅雨の合間の束の間の好天の10日に出かけ、車も竹田側へ数百mの路肩駐車、平治岳山頂までの登山道は行列に戸惑った状況が綴られ、大船山々頂ではドウダンツツジを見たと記されている。

f0201348_22284891.jpg


 そして、平成25年は「受診より山登り」と題して、左手小指と薬指の間をガラスコップで切り数張り縫って貰い、病院通いの序でにヘリコバクターピロリの検査と除菌をしている最中でのミヤマキリシマ。
 そして平成27年の今日、朝焼けの空は線を引くように稜線をくっきりと際立たせる払暁、物流のトラックに挟まれるようにしてアクセルに負荷を掛ける高速道路、そして九重よりミヤマキリシマの群生へと飯田高原から左折して男池へハンドルを切って行く。
 6時20分、男池の駐車場に来ると下半分はほぼ満車、残り数台に運よく入り込めた。
6時半ジャスト、無人のゲートに皆さんきちんと清掃協力金をボックスに入れ登山道へと入って行く。嬉しい限りである。

f0201348_22304481.jpg

[PR]
by 1944tourist2004jp | 2015-06-04 22:31 | 山登り | Comments(0)