<   2014年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

「博多一望」(2)

f0201348_10453143.jpg

f0201348_11552129.jpg 昨日今日とトップニュースで報じられるSTAP細胞発見者の小保方晴子さん。ノーベル賞級の研究者には大変失礼かも知れないが、けばけばしさこそないものの研究室にやや場違いのようなお洒落で可愛い女の子。

f0201348_11555057.jpg


f0201348_12433188.jpg 国連の安保理事で中・韓・北が根も葉もなく日本の歴史認識と軍国化を中傷する中での世界の大ニュース、国民皆が喝采していることだろう。


f0201348_12434966.jpg

f0201348_12443211.jpg 申し訳ないが、案内板が古く少し分かりづらい若杉楽園だが、カーナビに従い車を駐車場におき、楽園から舗装道路を10数分ほど九十九折に後戻りすると、岳城山入口の標識がある。手前に若杉と書いた標識もあり何となく違和感がある。

 細い山道に入って行くと、数分後に岳城山方面から歩いて来た老夫婦にばったり出くわす。先導されていたご主人に「お先にどうぞ」と促されて、分岐点を左に鋭角に折れ曲がる若杉山への山路へと入って行く。


f0201348_12462886.jpg



 杉の枯れ枝を敷き詰めたような路は軽い登りが続く。クッションが利いて歩き易く前を行くSDの歩調も軽い。
10分ほど歩くと短い下りに入り、そこからはアップダウンが続く。視界は久山町や三郡方面の山並みを偶に見るが殆どない。木漏れ日の美しい山路に、30分もすると額と背中に汗を感じ、見事な杉の大木の下で水分補給となる。

f0201348_12465675.jpg




 間もなくすると、チップを幅広く敷いた道に出る。そこを5mほど南東に行くと若杉山への道、鋭く折り返しの急な登りは細く判り辛いが、案内標識がきちんとしているので迷うことは無い。
博多を一望した帰りに気付いたことだが、このチップの林道のような道路は米ノ山展望台からの舗装道路を大祖宮への交差点から直進した道路に通じるのかも知れない。


f0201348_12491688.jpg そして、この分岐点から15分程度で大祖宮に到着。寸前に後ろのSDから「これ珍しいササね!」と声が掛る。“福笹”との標識がある。

f0201348_12503335.jpg


f0201348_12513215.jpg

 磐座と思しき岩の傍には神功皇后の石膏像、そして拝殿の銅板葺の神明作りに由緒を感じる。祭神については小学4年生の書いた案内板があったので写真を載せておこう。

f0201348_1828133.jpg お社への参道石段の急なこと、下りてみたい気もするが相当な段数もあり下の道がどこに通ずるのかも分からないので次回としよう。
ここからお大師様が修業された奥の院へと下りて行く。

f0201348_13202716.jpg



f0201348_17171955.jpg

f0201348_13101393.jpg



f0201348_18331596.jpg
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2014-01-31 12:08 | 山登り | Comments(2)

「博多一望」(1)

f0201348_20594740.jpg
 濃い朝靄の中、茜色に染まる黎明の空が出かける頃には冴え冴えとした青空となり、九重山群に続いて観望の期待できる山日和となった昨日。
 咳は引きずっているが寛快したSDの為に軽登山として、福岡市近郊の若杉山に出かけることにした。
受験に失敗して直ぐに、友人と若杉山から宝満山まで縦走して以来、50数年振りの山である。ある意味、私の山登りの原点はここにあるのかも知れない。

f0201348_2124145.jpg 先ずは登山ガイドブックに習い、カーナビを南蔵院へと合わせる。高野山の別格本山として篠栗四国霊場八十八ヶ所の一番札所であり、世界一の釈迦涅槃像のあるお寺と紹介されている。
また、ご住職がジャンボ宝くじの1等賞を当てたことで夙に有名でもある。










f0201348_1214451.jpg

f0201348_213571.jpg 7・8台しか入れない直下の駐車場に運よく車を留め、慈母観音像を配している石段を上がる。自然石の姿をそのままに利用した石積みの壁を見ながら、正面に立つ“三鈷の松”に立ち止り、そのまま歩いて行くと、さーっと空間が開け釈迦涅槃像と遥拝の為の前広場に出る。そして、若杉山と米ノ山が対面している。

f0201348_21192111.jpg

お顔から全体像をゆっくりと拝見し最後に合掌させて頂く。子供達の多幸招来をお願いした後、寡欲のSDを横にして、俗な私は欲望の欠片を祈念してしまった。
f0201348_2151361.jpg


f0201348_21271194.jpg 今日は気楽な山登りとして、下からは登らず“若杉楽園”を起点とする。
南蔵院から10数kmで若杉楽園駐車場のある25番札所“金剛正院”に到着。
 ここまで書いて、“ピールの作り方”に御執心のSDにPCを長時間占領され、ES細胞、iPS細胞に続く多能性STAP細胞の特報に耳を傾け、その後は囲碁棋聖戦第2局を2時間TV観戦していると、いつの間にか1日の仕上げの晩酌となる。
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2014-01-30 21:19 | 山登り | Comments(0)

「山群逍遥」(3)

f0201348_18571274.jpg


f0201348_1932813.jpg 人出はそこそこ、単独行は少なくリタイアーのご夫婦が多い。特に話しかけることもなく、また話しかけられることも無い。
 昨日の今日であるが何を考えながら登っていたのか全く思い出せない。少しの空腹感を感じながら淡々と登っていたんだろうか。

 分厚く、そして固く凍った御池に、アイゼンの鋭い余韻を心地よく残しながら渡りきった所でカメラを構える。いつものアングルである。

f0201348_19453058.jpg

f0201348_19412181.jpg

f0201348_1947301.jpg

f0201348_19543542.jpg

f0201348_1951542.jpg

 石室に寄り、熱いコーヒーと空きっ腹にお握りを一つ。
10分ほどの休息で中岳へと向かう。天狗との尾根に出るといつものように風は強くそして冷たく耳を刺す。ニット帽をかぶり直し、防風ウエアーを重ね着し、ザックをデポし、カメラを2台持って登りに就く。
1台は愛用の1眼レフ、そして、もう1台は娘のLUMIX。相棒は標準と望遠で広角レンズが装備されていないので大いに助かる。
 先客の居る中岳山頂に立つと、二つルートから三々五々と老若男女が上がってくる。狭くなった頂上から押し出されるように、数枚カメラに収めてそそくさと下りて行く。

 天狗経由で消耗するよりはと思い、来た道を下り久住へと向かう。毎度の如く肩から近道と思い踏み跡の無い所に入って行くと、途中から岩の隙間に膝上までの積雪があり20mほどラッセルする羽目になり汗びっしょり。急がば回れ瀬戸の唐橋か・・・・・。

f0201348_19572013.jpg 2・3のグループ登山に追い越されたが、「いい歳をして・・・」と、横目で笑われていたかも知れない。

f0201348_19581935.jpg

岩峰に立つと阿蘇くじゅう国立公園を一望にする。何とも贅沢な観望であり一時である。透き通るような空の青さに、大振りで極甘のミカンがよく似合う冬の山頂であった。
f0201348_1951249.jpg

f0201348_19595768.jpg

f0201348_2003317.jpg


f0201348_2042760.jpg 三脚をザックに乗せた男性に2度出会うが話しかけるチャンスが無いまま扇ヶ鼻分岐点まで下りて来る。彼はそのまま直進し、私は今日3座目へと、4・50cmはあるだろう雪の勾配に踏み入る。

f0201348_2074963.jpg 久住同様、上を見なければいつしか着ける距離にあり、2・3度振り返り深山に目を遣っていると直ぐに山頂に立てる。
今日一番間近に見る阿蘇五岳。午後になり気温が上昇しているのか、靄が立ち過ぎて少ーし残念なパノラマである。


f0201348_2085360.jpg 牧ノ戸峠の駐車場で帰りの準備をしていると、2台隣で登山靴を履き替えている男性と目が合う。彼は私が気にしていた三脚の男性。
「いい写真撮れましたか」と話し掛けると、案の定”九重の写真”を撮っている方々の情報を共有する方であった。疲れを忘れて一頻り山談義に耽る。




f0201348_2082297.jpg
f0201348_2033847.jpg

[PR]
by 1944tourist2004jp | 2014-01-25 19:03 | 山登り | Comments(4)

「山群逍遥」(2)



f0201348_15565212.jpg 目標は昨年末登りそびれた盟主久住山であるが、凍てついた御池越しに見る星生崎の観望も逃せない。そして、透明感溢れる阿蘇五岳を直近で展望できる扇ヶ鼻にも足を運びたい。
南西に眺望が開ける度に魅せる阿蘇五岳、そして中に噴煙の中岳。陽気に誘われたかのような霞が山裾に棚引きファンタジックな光景である。
f0201348_16161445.jpgそして、雪の山襞はここ数日の晴天に薄い雪氷に覆われ、陽の光を乱反射し眩いばかりである。
 雲一つないコバルトブルーの下、山群に映発される景色は趣が満載である。九重の魅力の一つは数多くの峰々に必ず個性豊かな景趣を感じることである。 
 尾根伝いの山路に、キットカットを口に頬張り歩幅も広がり、ウェアーを1枚脱ぎ、ニット帽を野球帽に替え、手袋をポケットにねじ込む。しかし、適度な温度に汗も無く、また喉も乾かない。
途中、山口県からの男性と立ち話。彼は私同様、年末の雪深い時にも九重に入っており色々と話が弾む。一期一会の方と辛い事や楽しい事を共有できることは何とも愉快である。

 西千里浜に入って程なくすると聳然と佇む久住山を正面に見る。1km弱の平坦なコースは無心で逍遥するが如くである。
f0201348_16273378.jpg
f0201348_1681796.jpg

f0201348_1645163.jpg


 12月の星生崎直下は積雪で非常に歩き易かったが、今日は雪解けで岩場に要注意である。
久住分れから観る北千里浜越しに由布岳を、そして久住山と肥前ヶ城との渓間に阿蘇を存分堪能し、中岳への雪の踏み跡に続く。

f0201348_16122641.jpg




f0201348_1664833.jpg




f0201348_15521246.jpg 来年の日本を取り巻く情勢や如何に、現状を独断と偏見で書き残しておこう。

f0201348_15522569.jpg
 言ったことに責任の痛痒を感じない経済評論家や政治評論家達、そして新聞論調。アベノミクスや都知事選に対しても、ここに来て一段と喧しい。
 一昨年末までは、諸悪の根源はデフレであり異常な円高と評されてきたが、いざデフレに改善の兆しや、円安で経済動向に明るさが見え始めると、当然予想された歪を施政の所為にする。例えばガソリンの高騰=円安=経済政策の歪。
中国やインドなどの途上国の需要増大や、行先の乏しい溢れた金による投機筋のターゲットになっていることを抜きにして不安ばかり煽る。
また、緊張極まりない東アジア情勢の中で、中国と韓国の言われ無き日本非難の激しさは意気盛んであるが、両国の国内事情の逼迫感によるものが大であろう。
世論調査によると国民の60%が安倍総理を支持しているにも拘らず、朝日新聞や毎日新聞などは、経済に止まらず外交・防衛・内政で一方的に安倍叩きの手を抜かない。私はメディアのミスリードするリベラルに組したくない。




f0201348_15534328.jpg
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2014-01-25 16:21 | 山登り | Comments(0)

「山群逍遥」(1)

f0201348_12153160.jpg

f0201348_121673.jpg 九州で猛威を振るうインフルエンザ。そして、伝染力が強いノロウィルス感染症。残念ながら院内感染でご老人が数人亡くなられたが、患者を受け入れる病院も感染源を特定するのが難しく対応も大変だろう。

f0201348_12192649.jpg


 私達も3年前に、胃痛に始まり突然の嘔吐と水瀉で参った経験がある。病院には行かず、“水分に休養”と言う名の最大の治療薬で2~3日で緩解した記憶がある。
インフルエンザと違って免疫持続力がかなり短いとされているので、今流行時に私達も罹病する可能性は高い。素人目には明らかに接触感染なので、人混みは出来るだけ避けて、手洗いの励行は欠かせないだろう。
f0201348_12201634.jpg


 九重三山逍遥後の今朝、百段がんぎの“宝満山”の翌朝のような腓腹筋の疲労痛は無い。新聞を取りに出ると明らかに寒の緩みを感じる。
採り立ての小松菜とバナナと豆乳のジュース、そしてスープにいつものようにSDお手製の梅ジャムをパンに乗せての朝食。
f0201348_12275146.jpg


 新聞とTVで最新のニュースに目を通して書き始めた今年2回目の山登り。
茜色に染まった東の空に気分良く山の準備をして出かける。“暮雨ノ滝”経由で大船山も考えたが、日帰りするには出発時間が少し遅過ぎた。一番疲労度の少ない牧ノ戸峠を起点とし9時過ぎに到着。

f0201348_12314534.jpg 清晨に澄んだ高原に心が逸る。ストレッチ運動は沓掛山への登りに時間をかけることにして直ぐに登山口に就く。
15分ほどで展望台に来ると、昨年末の雲中山群で見逃した双耳峰の由布岳が蒼穹にぽっかりと浮かんでいる。透明感に満ち満ちた山群、期待した雪は少ないが眺望は期待できそうである。

f0201348_12315716.jpg 木段を上がり沓掛山の肩にある展望台から阿蘇五岳が素晴らしい。久し振りに見る久住高原につながる外輪山である。

     (タヌキとウサギの足跡か)
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2014-01-25 12:33 | 山登り | Comments(1)

「程々の氷瀑」(3)

f0201348_19403523.jpg 空港まで送る積りでいると「友人に送って貰います!」と、僅か2泊3日の帰省で陽炎の如く立ち去って行った娘。
当然のことと分かりながらも、友人と過ごす時間に割かれ、送り出した後の虚無感に何かしら物足りなさを感じる。そして、6時半頃「札幌に着きました」との電話が入る。




f0201348_19415233.jpg
f0201348_19432244.jpg


 ここからは16日の話。氷瀑を回り込み上から眺めた後、尾根道への周回コースの登りへと就く。
宝満の山頂まで誰一人と会うことも無く、時々南へのパノラマを見ながらSDの体調や機内の娘の事を考えながら、淡々として足も速くなる。

f0201348_19424510.jpg

f0201348_19425869.jpg


f0201348_1944093.jpg 仏頂山の祠に手を合わせ、宝満山の社に低頭し、4時間の駆け足登山の無事を感謝して竈門神社で拝礼する。


f0201348_19441712.jpg
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2014-01-18 19:45 | 山登り | Comments(2)

「程々の氷瀑」(2)

f0201348_929537.jpg 昨晩は北海道での生活や研修について話が尽きず、酒を片手に深夜に及びかなりしんどい朝を迎える。
人生の岐路に当たって、堅実な勤めに安住するのか、長い人生の中で豊かな人間力を磨く環境に身を置くのか中々難しい問題である。そして今、厳寒の北海道で過ごす彼女に将来を期待したい。
私も然り、平坦な道のりより起伏ある人生の方が面白いだろうと、身を固めるまで奔放に、そして放蕩の連続だったが、70歳の声を聞きながらお世辞にも思いやりに満ち溢れた人間になっていない。

f0201348_9312793.jpg











f0201348_933530.jpg
f0201348_934563.jpg


f0201348_9344093.jpg 山頂で会ったモスグリーン一色の登山姿の若者。昭和の森から頭布山を経由して来たスタイリッシュな彼と相前後しながら、仏頂山からの木漏れ日と薄らとした雪の山路に癒されながら、河原谷への分岐点から下りて行く。


f0201348_9362782.jpg


f0201348_9523262.jpg かなりの急坂であるが積雪は無くアイゼンの必要はない。15分もすると遠くに男性の会話が聞こえてくる。分岐点から少し登った所で、「下が凍っているので・・・」と一人の男性がアイゼンを履いている。
私は構わずに両手を使いながら氷瀑の直下に出る。少し物足りなさを感じるが青空を背景とした純白の滝はいつ見ても素晴らしい。


f0201348_9384323.jpg


 表題を「程々の氷瀑」としたのは、どうしても3年前の大雪の宝満山と比較するせいだろう。その時は三郡山への尾根道は60cm以上の積雪であった。

f0201348_941665.jpg 写真を撮り終えた3・4人の男性と、3年前や英彦山の四王寺の滝と比較論じ合いながら楽しい10数分を過ごす。一期一会の山友さんと色んな情報交換をしながらの山談義は嬉しいものでる。

f0201348_9575565.jpg



f0201348_9414283.jpg
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2014-01-17 09:58 | 山登り | Comments(2)

「程々の氷瀑」(1)

 菜園仲間の方から、「難所ヶ滝凍っているらしいですよ!」と聞いて、即新春の山登りは宝満山と決める。
f0201348_23132156.jpg

 30歳から“大台”のと言って以来、大病もせず今年は老化への曲がり角70歳の大台である。酔漢が故に脳血管障害で倒れないようにと、休肝日とウォーキングの励行をNYRとしたが、半月経った今もどうにか堅持している。

f0201348_23153544.jpg 少し遅い秋ジャガとサトイモの収穫、そして春ジャガの畝起こしに目途をつけ、SDの風邪も予後が今一であるが、平熱になっているので心配ないだろうと、透明感のある朝焼けと穏やかな陽射しに背中を押されるように出かける。

f0201348_23162964.jpg

 竈門神社の駐車場に8時半過ぎに到着する。幸先よく何と一番乗りである。拝殿前は慌ただしく竹ぼうきで掃き清めている最中であった。唯私一人だけの二筋の足跡を残しながら拝殿に進み、SDの寛解と子供達の多幸を祈願する。

f0201348_23202158.jpg 9時前に同年代の男性と相前後しながら石段をゆっくりと登って行く。
一の鳥居を過ぎると、こよなく宝満山を愛する早朝登山の方々が三々五々と下ってくる。
 今日、二泊三日で北海道から帰省する末娘が、蒼穹の中に富士山を見る頃に私は山頂から福岡市を眼下にし、英彦山方面まで遠望していることだろう。

f0201348_232168.jpg


















f0201348_23304516.jpg 山路の標識や案内板の新装作業中なのか、包装されたままの道しるべや無垢の案内板が路傍に続く。


f0201348_23365065.jpg

 水飲み場で軽く休息して一気に山頂まで登り着く。山頂の社で再び拝礼し、そのまま岩の間隙を下りて難所ヶ滝へと向かう。
f0201348_23214342.jpg


[PR]
by 1944tourist2004jp | 2014-01-16 23:23 | 山登り | Comments(0)

「平成26年 元旦」

f0201348_9495264.jpg 私の拙いブログに寄って頂いている方々へ、
 「新年あけましておめでとうございます。
皆様方のご多幸をお祈り申し上げます」と、先ずはそめたい。
昨年までは末娘と三人で寺社参りをしていたが、彼女は北国で初日を望み、私達老成は二人で出かける。
 寒の緩んだ闇夜に満天の星とはいかないが、見上げると久し振りに星座が読み取れる。
ほど近い真言宗のお寺で新年を迎え、「今年は如何様な12ヶ月にしようかな・・・」と話しながら、20分強の道のりを歩き神社へと向かう。

f0201348_22464147.jpg





 心筋梗塞や脳卒中など血管障害の危険度が一段と増す満年齢70歳の今年、考えることは健康志向、節酒と山登りである。New year resorutionは「10日で焼酎一升と休肝日2日、そして年間30座を目指す」。
 元旦の朝は2時間遅れの起床。分厚い新聞に一通り目を通すと、細やかに二人だけの新年お節料理が並ぶ。運転の可能性があるのでお屠蘇は並ばない。
 食後の紅茶を飲みながら、TVの「スウィッチインタビュー」に魅入る。異業種の方々がインタビュー形式で相手の考えを引き出していく番組である。


f0201348_954823.jpg 指揮者佐渡裕と棋士羽生善治。芸を極めた方々は、ジャンルは違えど思考方向にかなり共有する部分が多いようだ。
私が一番羨ましく思ったことは、作品を通して過去の達人達と会話をすることができるということであった。

f0201348_2243866.jpg羽生三冠曰く、「私は“新手一生”の升田幸三が好きです」と語る。「棋譜を並べているとの彼の息遣いや考えが判り、その時代では理解できていなかった新手が今でも新鮮であることに気付く」と評価する。一方、佐渡さんはベートーベンの譜面を見ていると感情の揺れや日常が判り彼を素っ裸にしたくなる」と表現していた。
タイムマシーンがあるとすれば何処に行きたいか・・・?との問いに、即「平安時代です」と答える私にとって超一流の方々は本当に羨ましい。

 ウィーン・フィル・ニューイヤーコンサートを聴きながら、出しそびれていた方々への年賀状を認める。

f0201348_1325829.jpg






f0201348_137068.jpg


f0201348_1354140.jpg

f0201348_13114296.jpg




f0201348_1310151.jpg









f0201348_22123413.jpg
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2014-01-01 22:48 | その他 | Comments(4)