<   2013年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

「孫と山登り」

f0201348_22141343.jpg 小1の孫が3歳になって直ぐの頃、初めて山に連れて行った。大楠と山城で夙に有名な福岡市郊外の“立花山”である。
途中、家並みを過ぎた辺りから座りこんだり愚図ったり、仕方なく2・3度背負ったり励ましたりと宥めすかしてどうにか自分の足で山頂に立たせることができた。
しかし、彼には博多湾を全望するパノラマに実感は無く、唯々ママの準備してくれた絵柄付の弁当とお菓子に見とれる幼児であった。




f0201348_22313220.jpg

f0201348_22145893.jpg 2度目は5歳の時の久住山。牧ノ戸峠からSDと手をつないで全行程を励まされながら自分の足で登りきった。
山頂では山口県在住のアメリカ人家族との出会いがあり、下りでは星生崎直下の岩場で、地元の幼稚園の年長組の子供達が各々個性豊かに両手を使いながら真剣に登っている姿を目の当たりにした。それ以降は、危険な所以外は一人で歩かせたが、己の力を知ってか知らずか結構用心しながら下った。子供にとってのある種冒険は甘受した方が良いのかも知れない。
案ずるより産むが易しというか、親が溺愛するがための杞憂かも知れないし、農耕民族の特性かも知れない。想像以上に素早く順応できるので運動機能も自ずと鍛えられる筈である。

f0201348_932254.jpg

親子は伸縮があり振幅も程々にあるリードで繋がっていたい。

f0201348_22152912.jpg 3座目は昨年、3歳の妹連れでの天拝山。怖れ知らずの元気一杯での登りっぷりであった。


f0201348_22324075.jpg


f0201348_2218255.jpg そして、今日も1年振りの天拝山。下の子も4歳となり負んぶをせがむこと無く、その上七合目からの急坂にも根っこや岩を頼りに両手を使いながら一人で登り着いた。

f0201348_22185311.jpg
山登りの苦しみ、またそれを克服した後の快感など分かろう筈もないが、その経験は頭の片隅に必ず残るだろう。

f0201348_11274381.jpg



f0201348_11284580.jpg

f0201348_22192565.jpg


f0201348_2220029.jpg 成長の途次で心の片隅に空白が生じた時、何かしら思い出してくれ細やかにでも役に立つことを、或いは趣味の一つとしてくれることを期待して、可能な限り山登りに連れて行ってやりたい。


f0201348_22374389.jpg

f0201348_22381511.jpg
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2013-08-14 22:23 | 孫達 | Comments(2)

「花火大会」

f0201348_13462086.jpg


f0201348_13505364.jpg 蝉の声が一段と甲高く耳障りな今年の夏、古希を聞く身には少なからず応える。動かずとも全身がねっとりとして虫唾が走る暑さ。正に炎暑である。



f0201348_1352565.jpg

 電力不足が問われた昨年は、夕方から寝入るまでクーラーに頼ったが、今年は昼過ぎから我慢しきれずにお互い顔を見合わせながらリモコンを手放せない日々が続いている。

f0201348_1354735.jpgその分夏野菜の成長も著しく、オクラ、ゴーヤ、ピーマン、ナス、キューリは1日おきに収穫しないと大変である。お裾分けしても捌ききれず冷蔵庫の野菜室は満杯である。

f0201348_13543987.jpg

f0201348_1356154.jpg 毎夏、朝一番の豆乳ジュースは完熟バナナと苦みの薄いゴーヤを入れているが、今夏は2人でバナナ1本半にゴーヤ1本をジューサーに入れる。

f0201348_13565976.jpg

地位も名誉も金も無ければ借金も無い年金生活、幸いなことに2人とも健診で異常値が出ることは無い。これは老後の最大の財産である。
f0201348_1358896.jpg


f0201348_13594672.jpg そして、気温35・6度の暑さにも食欲は全く落ちず体重も変わらない。夕方には相変わらず焼酎のお湯割りを3杯程度飲んでいる。
今年はピロリ菌の除菌をしたので、気のせいか一層美味しく感じる???。

f0201348_1402423.jpg

f0201348_1424461.jpg  しかし、繁茂する雑草には流石に敵わない。我が畑の上も下も草刈り機で、あっという間に綺麗さっぱりと一分刈にされるが、鎌1本の私は雑草の勢いに追い着けず、僅か50坪の畑は野放図な雑草に囲まれ、夏野菜の畝の中ではキバナコスモスが茹だる夏日をものともせず、眩いばかりに繚乱している。8月に入って1日置きの収穫と水遣りで精一杯である。




















f0201348_10311519.jpg

f0201348_1431791.jpg 7日から長期で遊びに来ている孫二人。昨晩は恒例の花火大会、夕方7時45分から9時まで8、000発の花火が夜空に舞った。

f0201348_1474758.jpg
 SDと末娘が孫達の手を引き運動公園へ、私は川面に映る写真を撮るために土手を歩いて向かう。駐車場と化した河川敷は寸分の隙もないほどの満車状態である。
裸の大将“山下清”画伯展での“長岡の花火”を重ね合せながら、暑さを忘れ夜空を彩る花火に耽る1時間であった。

f0201348_1484130.jpg 昨年は、「突然の豪雨に農面道路を急ぐ花火帰りの人の波が続く。幼子を連れた父母・祖父母、花火を見ながら一杯と目論んでいた若者達、そして男女のカップル、艶やかな浴衣姿の妙齢の女性が裾を気にせず駆けて行く。
傘をSDに預けて一人写真を撮っていた私も三脚に装着したままのカメラにビニール袋を被せ、濡れるがままに競歩のような足取りで急ぐ。道半ばにして水をかぶったようにぐっしょりとして、頭から流れ落ちる雨を手で拭いながら家路を一目散に駆ける」と、相当に印象深い花火大会であったが、猛暑の今年は全てが順調で、終了後も公園の夜店は大変な賑わいであった。


f0201348_1415427.jpg

 平成21年の今日は“全英女子オープン”で宮里藍選手が優勝を目前にして3位に甘んじたが、今年はモスクワの世界陸上で福士加代子選手が満面の笑みで銅メダル、木崎良子選手が4位と続き女子マラソンで大奮闘するヤマトナデシコ達であった。


f0201348_1541219.jpg

f0201348_153457.jpg


              (渋滞の続く会場周辺の道路)             f0201348_18155623.jpg  f0201348_1583184.jpg
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2013-08-11 14:12 | その他 | Comments(4)