<   2013年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

「光合成」

f0201348_1150147.jpg 愛すべき料理の友、タマネギとジャガイモの収穫を終えるこの時期、雨期に入り日増しに募る暑さに、我が季節とばかりに夏野菜は目に見えるほどに成長が著しい。


f0201348_1663835.jpg

キューリの苗6本とズッキーニの苗4本からは有り余るほどの収穫で日々お裾分けしている。昨年は伸び放題の雑草に大繁殖した蝸牛やナメクジにグルメを提供し続けたが、今年は菜園周囲を綺麗に刈り払っているので姿を全く見かけないし、葉や実に這った痕跡も無い。


 f0201348_1152858.jpg赤紫蘇畑と化した我が菜園では、黄色と橙のキバナコスモが点々と咲き始め、モンシロチョウが飛び交い授粉のお手伝いをしてくれている。

f0201348_11524315.jpg
f0201348_11525853.jpg
f0201348_11532242.jpg

f0201348_11551751.jpg アブラムシの食事場となっていたオクラも、負けずに繁茂し大葉の中に新鮮な黄色の花が咲き始めた。
菜園を始めて知った野菜の花の可憐さと美しさ、その中でもウコンとオクラは、その清楚な色合いと咲き方は最高である。特に青空をバックにした時の美しさは、世界で愛されるバラやチューリップにも匹敵すると勝手に思い込んでいる。因みに赤オクラの方がアブラムシの被害は少なかった。



f0201348_11552096.jpg


f0201348_1292435.jpg今後はナス、ピーマン、オクラの収穫が始まる。イモ類のヤーコンやサトイモも隣人の助言により今年は色よく誇っているので楽しみである。
また、カボチャも1苗ながら、畝から橋渡しした草叢で幾つもの実を付けている。


                                                (平成21年5月20日のウコンの写真)
f0201348_1233153.jpg


f0201348_1128367.jpg 先日の“クローズアップ現代で“人工光合成”が取り上げられていた。
私が中学生の頃は、“炭酸同化作用”として、葉緑素の中で空気中からの炭酸ガスと根からの水に陽の光をエネルギーとして炭水化物が生成されると習っていたが、いつしか“光合成”との言葉に置き代わっていた。
“炭酸同化作用”の機序が少しずつ解明されるにつれ“光合成” が適当だと理解されてきたのかも知れない。
私達にとって身近な植物で行われている光合成、この夢の技術が完成されれば完全な循環型社会出現する。


f0201348_1265588.jpg 化学合成の分野で世界をリードしてきた日本で、大型放射光分析装置により植物内におけるその構造式が解明され、全世界での研究に一段と弾みが付いたと紹介されていた。
葉緑素内での光合成は、先ずH2Oを水素イオンと酸素に分解し、次に太陽光(紫外線)をエネルギー源として水素イオンとCO2から有機物(C6H12O6)が合成されるらしい。
 10年にノーベル化学賞を受賞された根岸英一さんの「21世紀でもっとも必要な新技術」との提言により産官学での研究が加速されているが、近年論文数では欧米や中国にかなり追い上げられているらしい。
葉緑素の構造やメカニズムに答えを求めるのではなく、原料(水と二酸化炭素)とエネルギー(太陽光)に特殊な触媒を反応させることで有機物を合成する研究が進んでいる。トヨタやパナソニックの技術研究所ではその実証実験で有機物の生成に成功しているとのことであった。

f0201348_12103459.jpg








 プロジェクトリーダーのお話では、エネルギー変換効率10%(植物は1%)を目標として、2030年にプラスチックの生産技術を目途にしており、未踏の山に例えると、今は5合目辺りで頂が視界に入って来たとの明るい話であった。
 近い将来この分野からノーベル賞受賞者が出て来るかも知れない。
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2013-06-23 12:11 | 家庭菜園 | Comments(2)

「初めての老人会」

 一月ほど前に、一回り先輩にあたる“飲み友達”の方から、「健友会に出てみませんか」との電話が入る。この会の主たる行事は、月1のグランドゴルフと道路清掃、そして年数回の小旅行とのことであった。

f0201348_1817339.jpg 私にとって、老人の定義は後期高齢者の75歳以上との偏狭というか屁理屈があり、それらに類する会へのお誘いはずっと遠慮していた。
しかし、今回は酒を飲みながら不毛の議論を重ねた愛すべき先輩のお誘いを無碍にお断りする訳にもいかないし、例会の後は酒を飲みながら歓談するとの甘い言葉もあり、意を決して参加することにした。
 グランドゴルフの後、例会を挟んでの昼食会の予定であったが、活発な梅雨前線と台風の余波でGGは中止となり、11時から小旅行の決算報告等と昼食兼飲み方となった。




f0201348_11202862.jpg


f0201348_1820142.jpg

f0201348_12542361.jpg 私以外の12人の方々は74歳以上で一回りも二回りも貫禄ある白髪と薄毛・禿頭の皆さん方で、ビールから焼酎へと移り、いつしかカラオケが始まる。正に酒とカラオケが支える健友会である。
 初顔見せの私であるが、若輩の身を忙しくして皆さん方の昼食の準備と焼酎のお代わりのお手伝に徹する。勿論自分へのお代わりも次々と惜しみなく重ねる。
皆さん方は無駄に歳を重ねておらず、多種多芸の方々ばかりである。12時前から優に2時間の宴であった。
内輪で時を忘れて酒を嗜みカラオケを楽しんでいる姿は幸せそのものであった。


f0201348_12583854.jpg

f0201348_144999.jpg 歓待して頂いた私の結論は、大変申し訳ないが“入会には時期尚早”である。
いずれ親しき先輩を通じて「老鳥も低空飛行ながら今暫く、自由に羽ばたいていたい」とお断りをしなければならない。
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2013-06-22 12:59 | その他 | Comments(2)

「父の日のプレゼント」

 f0201348_13215197.jpg末娘が帰って来る日の午前中、思いもしない突然の宅急便が届く。専用の袋を開くとクッションの包装紙で二重に保護された箱。開けると“全国新酒鑑評会 金賞”受賞とのラベル、上蓋を取ると聞いたこともない奥美濃の銘酒「母情」であった。巻紙風の紹介文にはその由来、醸造に必要な水、米、気温と湿度など自然条件等と歴史が語られていた。


f0201348_132074.jpg 酔漢にとって銘酒と聞けば居ても立ってもいられないが、習慣性と言えど昼間から飲むことは決してないし、社会的な節度は未だ失っていない。娘からの”父の日”のプレゼントなら、殊更のこと娘の顔を見ながら封を開けて、そして飲みたい。






f0201348_13211539.jpg














 数十分後に再度チャイムが鳴る。出ると同じ宅急便の運転手さんが「忘れていました」と段ボール箱が手渡される。清酒とセットにして送られてきた郡上八幡のお土産品であった。
 その日の夕方、娘を福岡空港まで迎えに行くと、珍しく予定時間前の到着で、私達が駐車場を出た所で彼女の方から「今着きました」と電話が入る。

f0201348_13233937.jpg 家までの混み合う時間帯に小1時間、女性同士で話があるのだろう、SDは嬉々としてとして後部座席に娘と並んで座る。
 私は家に着くや否や、テーブルの上に置いてあったプレゼントの箱を引き寄せ開封。酒を注ぐ時の転がるようなまろやかな音とほんのりと漂ってくる香りに満足して一口含む。
 北陸・東北地方のさらっとした喉越しの清酒を冷やして飲むのを最上としていたが、癖の無いのが欠点であることも感じていた。反面、「母情」は香りやこくに一種独特の癖を感じる。
北陸の酒が自己主張の少ない古風な色白の秋田美人なら、「母情」は自信に満ちた独り歩きの現代風美人であろう。と、言ってもSDや娘は「何のこっちゃ?」と分かってくれないだろう。
 “摘み”は姪達が福岡アムステルダム直行便を利用してのベルギー、オランダ、フランス巡りのお土産である。嬉しい土産物ばかりの老骨の晩酌。
金賞は少し勿体なくてコップ1杯の後はいつもの芋焼酎へ、2杯の積りが3杯・4杯と重なって行く。


f0201348_1537259.jpg 1週間のピロリ菌除菌薬の服用が終了した今朝、偶然にも私が読んでいる新聞の朝刊に、“医療ルネッサンス ピロリ菌と病気”の5回シリーズが掲載されていた。
 PC系とマクロライド系2種類の抗生物質と胃液分泌抑制剤の薬を1週間服用したが、その副作用は全く無かった。1ヶ月後に除菌の結果を検査することになる。

f0201348_20223416.jpg

f0201348_20233439.jpg
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2013-06-12 13:26 | その他 | Comments(0)

「エラブユリ」

 田植えの為に圃場に水がひかれ一変した田園風景。私達7・8人が借りている菜園の一角も伏流水により畝間を湿らせている。

f0201348_9465736.jpg 3日ほど勤励した畑。SDが蔓物、ミニトマト、ズッキーニ等の世話をしている間、私は畑周りの草刈りに汗を流す。
傷跡の瘢痕形成が若干過剰となり固いものが当たると痛いので、厚手の皮手袋をして小1時間で作業完了、お隣さん達の畑は草刈り機で”3分刈”程度にさっぱりと刈りはらわれているが、その中にあって鎌1本で腕を振るっている50坪ほどの畑は虎刈り風で、如何にも素人菜園丸出しである。


f0201348_947542.jpg

f0201348_9474320.jpg


例年なら田植えまでにジャガイモの収穫を終えるが、今年はメイクィーンだけを残してしまった。湿った畝のイモは後の土落しが大変なので仕方ない。



f0201348_10471776.jpg そして今朝は間断のない走行音に雨を直感して階下に下りて行くと、玄関にユリの大鉢が置かれていた。
スーッと伸びた10本ほどの茎に程よく混み合った小振りの葉が付き、期待にたがわず真っ白に数輪が開花、覗くと太い芯を持つ雄蕊に一歩控えるように黄色い6本の雌蕊が如何にも清楚である。その和やかな雰囲気の中から、柔らかくて軽やかな何とも言えない香りが漂ってくる。そして、数輪は明日を待つかのように淡い黄緑の花弁がふっくらとしている。正に“歩く姿は百合の花”である。

f0201348_10474525.jpg

        (近所の方から2kgほど頂いたビワ、半分ほどをビワ酒に)
f0201348_9513157.jpg 雨は大丈夫だろうと思っていた私は、SDの心配に耳を貸さず惰弱にもタマネギを外に出したまま寝入る。しかし、知らない間にSDはタマネギを取り入れ、満開のユリを玄関の中に、外の大鉢にもビニールを被せていた。
聞くところによると、深夜にビニール袋を打つ雨音に目を覚まし、慌ててタマネギとユリを取り入れ、土を変えるために出していたプランターの土にもビニールを被せたとのことであった。



f0201348_1294592.jpgf0201348_1051549.jpg















(授粉後25日のキウイの実)


f0201348_9571285.jpg  赤ちゃんの泣き声を先取りするかのように目を覚ます女性の特性を改めて感じる朝であった。
 不用意にもガラスのコップで手を切ったように、加齢とともに横漫さが際立ってきた私に比べ、SDは山登りでも同じだが、必ず“転ばぬ先の杖”を実行している。
我が家の政権は還暦までは間違いなく私が担っていたが、それ以降は目には見えねどSDの方へと移行しているようだ。

f0201348_1133295.jpg

 明日、名古屋から帰ってくる末娘を迎える二鉢のユリと私達。
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2013-06-09 10:09 | その他 | Comments(2)

「受診より山登り」(3)

f0201348_22303320.jpg 大戸越で一息入れていると、北大船への取っ付きで有田市のご婦人が準備をしている。
空模様も芳しくないし、大腿四頭筋に若干の疲れを感じるのでここで下山しよう考えていたが、彼女の言葉を思い出し私も行けるところまで行ってみようと、20mほど間を置いてルートに入って行く。
雨裂路の泥濘もあるし、ゴロ石もあるし、ルートの歩き辛さは昨年経験済み、引き返しても良いとの気楽な気持ちで休み休み登って行く。

f0201348_22501484.jpg

大戸越えまでの登りと違って次々と追い越される。身体に相談しながら、また北大船に登り着くころには雲も割れ、青空がのぞき下界が開けるかも知れないとの淡い期待を胸にどうにか顎まで辿り着く。


  (昨年6月10日)
f0201348_2235491.jpg 昨年は視界が開け赤く染まった平治岳の大パノラマを展望できたが、重苦しい墨色の厚い雲はあざ笑うように山群に圧し掛かり微動だにしない。


f0201348_22354356.jpg

f0201348_22385445.jpg ここから先は段原まで、ミヤマキリシマのプロムナードで概ね平坦な道が続いている。7分咲き程度の山稜に肢の違和感も薄れ歩調が伸び、次第に筋肉内の乳酸も吸収され疲れが雲散霧消していく。
昨年ほどの混みようではないが、時々離合で待たされることが多くなり、数組のご夫婦は道から外れ満開の花を見ながら早目の食事をとっている。
 何事にも一長一短あるが、気楽でマイペースの単独登山で最大の欠点は、何と言っても一人寂しく食事をしなければならないことである。美しい景色より数人での和気藹藹の食事ほど副交感神経を刺激して美味しく食べれることはない。


  (昨年6月10日)
f0201348_22473834.jpg 時々カメラを構えながら一気に段原から大船山へと向かう。最後の岩場で一休みするが筋肉に異常を感じることは無かった。
 山頂はほど良い人数で、適当に岩陰で食事を楽しんでいる。案の定、一人登山の男性はドウダンツツジの下にぽつねんと箸を動かしていた。
その姿を見て、私は冷たい水とカロリーメイト2本でピストンコースへと戻って行く。

f0201348_22485797.jpg

f0201348_22424461.jpg 軽いアップダウンにも息は全く上がらないが、下りだけは膝の柔軟性に気を付け幾重にも用心しながら下って行く。泥濘も、靴の汚れも“ありてい”に勲章と割り切って、避けることをせず自然な足の運びで下りて行く。
 情報通り1時間弱で大戸越に、草叢に腰を下ろし泥だらけの靴を見ながら、熱く特に甘いコーヒーを立て続けに2杯、空腹感は無い。
“筌の口温泉”に寄って行きたいが、左手をお湯に浸けるわけにもいかず我が家へと直行。



                                    (平成24年6月10日平治岳山頂の南西斜面)                         
f0201348_22442798.jpg

[PR]
by 1944tourist2004jp | 2013-06-04 22:36 | 山登り | Comments(4)

「受診より山登り」(2)

 今年こそ閑雲閑散の中にミヤマキリシマを楽しみたいと期待しての早暁であったが、指定受診日を無視した私の不遜さがこの空模様である。「このような山登りもあるだろう」と気を取り直し、雲に沈む深山へと踏み入れていく。

f0201348_15433444.jpg “かくし水”を前にして赤いウェアー姿の一人の若い女性が先を歩いている。「今日は平治岳から北大船を歩く予定で来たんですが、この天気では・・・」と、大いに残念な面持ちであった。



f0201348_15471665.jpg








f0201348_1716133.jpg


 そして、次の出会いは“ソババッケ”の手前で追いついた遠来のご夫婦。「山群はほぼ登って、残っていたのがミヤマキリシマの平治岳です」と、昨日広島から出て来た彼等も同じように重い足取りであった。
私より1歳年長のご主人とは、緑滴る樹林の中をソババッケまでの数分間山登りの経験談を織り交ぜながら歩く。

f0201348_1550103.jpg “ソババッケ”より延々と続く登りで2組に会うが。足元の不規則に続く濡れた大石に集中してお互いに挨拶を交わす程度であった。
大石ルートが終わると、大戸越直下の灌木に入るが、雨裂のジュクジュクとした黒土の山路は所々に滑った靴跡があり、加療中の左手を幾重にも保護し手袋をしているが、可能な限り右手のみで木の根や幹の助けを借りながら登らざるを得ない。


f0201348_15495589.jpg


f0201348_15505433.jpg 登山口から1時間50分、大戸越に出ると視界は俄かに広がる。いつもの混雑はなく坊ガツルからの僅か3人連れの方達のみであった。
ここから仰ぎ見る平治岳山頂への斜面は、群生するミヤマキリシマ一色に染まり見事である。しかし、今日の眼路は靄に包まれ行く手を雲に閉ざされ中腹にも届かない。


f0201348_16201890.jpg

f0201348_16213560.jpg

























                                                 
                                (昨年の6月10日)
f0201348_17225156.jpg

f0201348_16231210.jpg 水分補給を十分にし、朝食代わりに菓子パンを1個口にして、登り専用の山路に就く。下界への見晴らしにカメラを構えることもなく、余力に任せ南峰へと一気に登って行く。
 岩峰から”坊ガツル”を取り巻く山群への雄大な眺望は無い。今日は手の平サイズの写真に徹しようと眼前の小景に気を配りながら、そして灌木の隘路に濡れながら本峰へと向かう。

f0201348_1624313.jpg


f0201348_16253212.jpg 山頂では大船林道より入る北ルートを登ってきた6人グループの皆さんは、彩る斜面を想像し暫し凝視した後、下りて行くことなく近傍のミヤマキリシマをバックに記念写真を撮っていた。


f0201348_16315833.jpg

f0201348_16585584.jpg


f0201348_16382260.jpg 私も写真を数枚撮って南峰へ取って返す。下山専用に入って間もなく、70歳台半ばのご夫婦に追い着く。後ろから「今日は残念でしたね!」と声を掛けると、「ここに来るのも今日が最後です。写真集で我慢します」と、埼玉県からのお二人は淡々として、さほど悔しそうな表情も浮かべず諦めている。

f0201348_1640247.jpg
慰める言葉も無く「そうなんですか」と中途半端に返す。面貌も言葉使いも柔和にして、欲から一歩退いた境地のご夫婦なのかも知れない。69歳にして我欲の残る私が一番見習わなければならないことかも知れない。
別れ際に「ネットが通じているようでしたら、拙い私のブログで観て頂ければ」とブログ名を書いて手渡す。


f0201348_16402974.jpg

 昨年も出会った路傍の白いミヤマキリシマ。赤系統一色に彩られる山に僅か一株、突然変異なのだろうか。(山友さんのブログでは扇ガ鼻にもあるらしい)私が写真を撮っていると、有田市からのご婦人が「葉も違うし白さが違うので日蔭ツツジではないですね!」と、後ろから言葉がかかる。
女性は「これから少し遅れて咲く北大船・大船山に行って、段原から風穴に下りて男池に戻ります」と、細身に軽い足取りで下って行った。


f0201348_16411514.jpg 少し遅れて下って行くと、9時20分の大戸越は相当な人数になっていた。

                                (昨年6月10日)
f0201348_213956.jpg


 今日は1日遅れの診療であったが、「肉が盛り上がっているので今日から水を扱っても大丈夫でしょう」と診断が下る。
今晩から1週間、ピロリ菌除菌の為に薬を飲み始める。医者から「副作用として下痢、珍しいケースですが酷い時は下血もあります」との話もあったし、除菌の相乗効果と胃腸保護の為にヨーグルトのLG21も一緒に食べることとする。
f0201348_17134633.jpg
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2013-06-04 15:57 | 山登り | Comments(0)

「受診より山登り」(1)

f0201348_109592.jpg

 青空をカーテン越しの陽に感じながら7時間半の快眠、腰に少し違和感があるものの脚の痛みやこわり等は全く無い。先ずは何とも複雑な気持ちで、昨日洗っていた登山靴やザック等を陰干しに出す。

f0201348_10301320.jpg 1週間目で抜糸をして頂いたが、想定外の癒着の悪さに「私も少しショックですね、一針でも癒着が悪いとパカット開いてしまうことがあるので、明後日でもまた見せて下さい」と、正直な先生から月曜日の受診日が指定される。
患者目線で素人の尾籠な声にも耳を傾けてくれる先生へ、「夏野菜の苗が私の日々の作業を待っていますので、少し無理したせいかも知れません」と私なりの言い訳で応える。

f0201348_10222467.jpg

 私の言葉に少しの間を置いて、“ピロリ菌”の検査結果を紹介してくれる。
「陽性(数値は23)ですが、数値から判断して特に心配ないし濃厚な感染ではありません。除菌どうしますか」と検査表を見せてくれる。私の返事に「では除菌のための1週間分の抗生物質etc.処方しておきます」と、「LG21を併用すると効果が相乗されると聞いたことがありますが・・」と問いかけるように尋ねると、「確かに効果があるようです」と肯定してくれた。胃がん予防の第一歩である。


f0201348_10334272.jpg 切り傷の治療と、見頃を迎えているミヤマキリシマと入梅後の束の間の晴れ予報とを天秤にかけると、申し訳ないが私の答えは約束を反故にしてでも山登りであった。
 今年も昨年同様に男池を起点とするが、この季節直ぐ満車になる駐車場と数珠つなぎの登山道に嫌気をさしていたので、先月の黎明登山に続き「6時に平治岳山頂に立つために4時半に登山口に就きたい」と、払暁の山登りとする。


                              (昨年6月10日)
f0201348_2214470.jpg


f0201348_11221477.jpg 小雨の中、午前2時半に家を出るが、ワイパーを止める暇がないほどに男池園地まで断続的に降り続く。
少し遅れて45分に森閑とした駐車場に入って行くと、薄闇の中に10数台の車が留まっている。恐らく夜を車中で過ごされた方々だろう。そして、山群には分厚い雲がかかっている。


f0201348_1102197.jpg















 6時になってもフロントグラスをポツンポツンと軽く雨粒が叩き続ける。
待っていても埒が明かないと雨を覚悟で、霧雨の中にレインウェアーにザックカバー姿で6時半に意を決すると、私と相前後して2組が入園ゲートに向かって行く、
「一応平治岳の山頂に立った後、空模様と相談しながら北大船山の景観の素晴らしい稜線を歩き大船山まで足を延ばそう」と、気軽に樹雨の中を歩き始める。喬木疎林に繁殖しているギボウシ、その大葉の濃緑から褐色へのグラデーションが素晴らしい。





f0201348_11433526.jpg
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2013-06-04 10:39 | 山登り | Comments(0)