<   2012年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

「孫とお袋」

 長雨に打たれた畦に勢いよく誇る雑草。
僅か数日の炎天にガチガチと固まった畝は奮う鍬を跳ね返す。炎暑に1時間半の畑仕事は、思いの外に力仕事である。二人とも汗を絞り出すように休みなく動き回り、干し上がった身体を引きずるようにして帰る。

f0201348_0123237.jpg SDが花に水遣りをしている間、私は汗に臭う野良着を脱ぎ捨て、部屋のクーラーを“強”に設定し、冷蔵庫のビールを確かめて風呂場へ。
独り善がりと断りながら、ビールを何倍にも美味しく飲むために、滲み付いた臭いと垢を刺激の強い布でごしごしと洗い流した後、パンツ一丁でソファーに座り“プシュッ!”と心地良い音を火照る身体に染渡らせ、泡を気にせず大きめのグラスに注ぎ、髭を泡だらけにして喉が少し痛くなるほどに飲み干すこととしている。
ビールはグラス1杯を良しとして、続きは実家で貰った芋焼酎“一刻者”のお湯割りである。芋焼酎は芋麹に限る、しかし少々値がはる。

f0201348_06189.jpg
 昨日は孫の相撲大会を楽しんだ後、週5日デイケアでお世話になっているお袋を実家に訊ねる。

f0201348_0155014.jpg 3月30日生まれの孫は年長組で戦ったが、組んだ後に一気に押し出されてしまった。
「前と比べたら大分強くなったな!」と声を掛ける。沈黙の表情に悔しさは見せずとも、心を覗くことはできた。

f0201348_0163886.jpg


f0201348_018382.jpg ロンドン五輪の開会式を5時起きで見ていたので、「アルコールが入ると寝てしまうだろう」と、今晩の酒はSDに譲ることにして帰りも私がハンドルを握ることにした。

f0201348_020732.jpg

 実家に帰り戸をあけると、突然の鳴き声。小犬である。
“こころ”と言う名の犬を亡くして1年ほど。やはり寂しいのか突然のお迎えであった。何故かしらスペイン風の名前“ノーチェ”と名づけられていた。f0201348_0241359.jpg

 昨年の夏から晩秋にかけ著しく気力の衰えていたお袋も正月来元気を取り戻し、この暑さの中で周囲の心配を余所に手押し車を使わずに歩き廻っている。デイケア先でも食欲十分で行事もこなしているようだ。
お袋の訴えるままに対症療法的に医者から処方される薬について昨年来私が選別しているが、全てを飲ませずお袋の気持ちを考えて偽薬を混ぜるようお願いして帰る。

 後半10分過ぎまで実況中継で観戦したロンドン男子サッカーDグループの日本対モロッコ。
「よくて引分けか」と床に入ったが、朝一番にTVをつけると1:0で勝利、GD1位で決勝リーグ進出かも。スペインは日本ショックでホンジュラスに負けGL敗退。
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2012-07-30 00:40 | その他 | Comments(6)

「寝不足の日々」

 電力不足による計画停電の葉書が来て早一月、老境の二人は「率先して協力しなければ」と覚悟の夏を過ごしているが、梅雨明けの今日まで需給環境は90%を上下して停電は無い。
 需要量がピークとなる日中は、首筋から流れ落ちる汗に辟易としながらもクーラーを入れることはない。しかし、安眠を考えて夕方に一風呂浴びた後は、床に入るまでを寛ぎの時間として28℃設定でリモコンを傍に置いている。
 原発について、ものを言えるほど知識を持っていない。
信頼に足る政府なら、「耐用年数内の原発再稼働もいたしかたない」と思わないでもないが、事故時の政府対応や情報統制を読むと、安全と引換えに年間3兆円の燃料代の負担増もやむを得ないことなのだろう。国民の大半は「今一つ安全について確信が持てない」と、今の政府にもの申しているのではないだろうか。
 また、石油が行き場のない余剰資金の投機対象になり、ガソリンが高騰して久しいが、それ以来真夏日でも窓を閉めて走ることはない。
先日も全開放で自然の風に髪を靡かせて都市圏を走ったが、窓を開けている車は皆無でであった。末娘も賛成してくれていたし、SDも何も言わないので他人様を乗せる時以外はカークーラーをオンにすることはない。余談になるが私の乗っている車でL3・4kmほど燃費節約ができる。
 このような中で、25日は早朝からイチローのNYヤンキースへの電撃トレードにセイフコフィールドの対マリナーズ戦に釘付けとなる。
彼の実績と思慮深い記者会見に、ファン達は暖かい拍手とスタンディングオベーションで応えた。守備位置についた時、そして初打席に立った時には私も感激した。
そして、26日の深夜は“ナデシコジャパン”、今日の深夜は優勝候補のスペインに勝利した男子。7時に鳴る目覚ましに、昨日今日と15分程度惰眠を貪って床を出る。
 バナナとニンジンに菜園から収穫して来たゴーヤ、それに豆乳と牛乳を入れ込んだジュース。そして、手作りのパンに手作りのブルーベリージャムとギリシャヨーグルト。ギリシャヨーグルトもカスピ海ヨーグルトからつくっているので、バナナとニンジン以外はほぼ自家製の朝食である。
食後に「寝不足の日々」として書き出したが、寄り道だらけに中途半端となり、一番暑い盛りの4時半の更新となってしまった。背中や腹に流れる汗、温度計は34℃を指している。
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2012-07-27 16:59 | その他 | Comments(2)

「久しく遠ざかっていた碁会所」

f0201348_1542117.jpg 今朝、娘からの宅急便が届く。
CDとSDへのTシャツ、そしてカナダのメープルリーフ金貨が入っていた。添えられたメモ書きには、ぶっきらぼうに「5年勤続で貰ったのであげる!可愛い娘より!」とあった。
来月も友達の結婚式で帰って来ると言うが、いつになったら彼女のウェディングマーチが聞けることやら。

f0201348_15435440.jpg

 癌治療の最前線として、先週はNK細胞に関する講座を聞いたが、昨日も第2弾として内胚葉癌に対するペプチドワクチンの市民講座に参加した。

f0201348_15455342.jpg 今回は久留米大学の先生方による肝臓、膵臓、胃等の癌ワクチン応用による延命効果、抗がん剤や漢方の補助療法の組み合わせによる治験例。そして、癌予防の食生活と、2時間ばかりの駆け足講座であった。

 10年以上も前になるが、安保徹氏の“免疫革命“や新谷弘実氏の”胃腸は語る“等を読んで細胞免疫についての基礎知識はあったので概ね理解できたが、癌に罹った場合はやはり先生方と相談しながら自分で治療方針を選択したいと改めて感じた。

f0201348_15483455.jpg 「予防には玄米と食物繊維、魚蛋白をメインにした腹七分目の食事」と、塩分控えめすれば一昔前の日本人の食生活である。若干の飢餓状態が長寿遺伝子や免疫の活性化に役立つことと一致している。
 平成24年の梅雨明け迄の私は、晩酌と満腹、そして食後の甘い物にこよなく幸せを感じているが、来年の今頃も茹だる暑さに宛の無い不満を言いながら、同じ食生活に満足しているのだろうか。
改心していることを期待したい。


f0201348_15475753.jpg 参加者からの個々症例の「パネルディスカッションは必要ないだろう」と講座の中休みで抜ける。
 久し振りの天神に「ウィンドウショッピングをしたい」と言うSDと別れ、退職前に月1程度で行っていた碁会所を訪ねる。
 昭和通りの交差点からほど近い低層の痩せたビルの2階に在り、大通りに直接面した人一人分の狭隘な階段を上がって行く。 勿論知り合いは居ない。
受付で段位を申し出て相手を見つけて貰い打ち始める。
 碁石を置く手はぎこちなく時々指先が震える。黒で中押し、黒白入れ替えて2目半負け。
ネット碁と違い、紫煙の漂う中で黙々と2時間集中して、SDとの待ち合わせに後ろ髪を引かれながら、うら若き女性の惜しげも無く長く伸びるおみ足を拝見しながら、人垣を縫うように地下街を駅へと急ぐ。






f0201348_15503073.jpg

 一方、我が畑は豪雨と長雨に畝は崩れ、繁茂する雑草に主無きが如く荒れ地の様相を呈しているが、広がる田園の万緑に一昨年SDが播種したキバナコスモスが自生し、我が菜園の表札代わりに自己主張しているから面白い。
そして、管理不足にもかかわらずピーマン、ナス、キューリ、オクラ、ゴーヤと食べ切れないほどに日々実っている。

f0201348_23235953.jpg
f0201348_23254479.jpg








f0201348_23284631.jpg
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2012-07-22 16:05 | 趣味 | Comments(2)

「カサブランカにも似た私達の連休」

f0201348_16522415.jpg 北部九州を襲う集中豪雨の中、末娘が名古屋から3カ月ぶりに帰省する。
上の2人も孫達を連れて正月以来の勢揃いであった。
 弾む会話に酒を酌み交わし、嬉々とした日々を過ごす。

f0201348_16562774.jpg 県内在住の2人にはままならない空模様に濡れながら採ってきた野菜を持たせ、一昨日・昨日と送り出す。
そして、今朝は雨後の清く澄んだ青空に、末娘を福岡空港からの一便で見送る。
 少し寂しく、そして少し侘しく、ガレージの上に竹で組んだアサガオの棚と二人が残る。華やいだ束の間だった。


 昨日、通勤時代に利用した電車に30分ほど揺られて、新聞社主催の市民講座「癌の免疫細胞療法セミナー」に出かけた。会場には200人ほどのお年寄りが参集。

f0201348_1753516.jpg 無病息災を大いに感謝をしているが、日本人男性の健康平均寿命まで残すところ2年となって、甘党で愛飲家の私にとってただ事ではない。況してや癌で若死にした兄のことを考えると殊更である。
己が癌を患った時の心構えとして傾聴したが、NK細胞による免疫療法を開発している会社の協賛とあって、半分以上は宣伝のような講座であった。

f0201348_1764081.jpg

 本講座では医者も交えた治験例も紹介されたが、注目されているペプチドワクチンと免疫t細胞療法について低評価されると、返ってANK免疫療法の効果も俄かに信じがたい気持になった。
もし、今の時点で私に癌が発見されたとしたら、外科手術を受けた後、標準治療に寄り添わず緩和ケアを選択して、ちょびちょびと晩酌しながら旅立ちたい。自己の組織や免疫を破壊する抗癌剤や放射線療法に賭けたいとは思わない。
 iPS細胞からの臓器形成や癌遺伝子の排除確立の報道を耳にすると、近い将来に“癌の免疫療法”も研究と同時並行に治験が進み保険対象の療法になるかも知れない。その時まで抗メタボの食事と運動で、何人でも日々体内で発生している癌細胞を非特異的免疫NK細胞が退治してくれることを願っている。

 クーラーを我慢している室内は34℃、PCに向かっている間も上半身がじっとりとして気持ちが悪い。
気温が下がるだろう夕方にでも、雨で荒れた畑に行って気持ち良い汗を掻きたいものである。
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2012-07-17 17:21 | その他 | Comments(2)

「山群逍遥」(2)

f0201348_9353684.jpg
f0201348_9361258.jpg

 今日、最初の一期一会が待っていると、彼が山頂を後にする前に辿り着きたいと息を切らせながら足を速める。

f0201348_9415528.jpg お互いに似通った年齢に違和感は無く、どちらからともなく山談義から私事へと語りが敷衍して行く。
熊本市にお住まい彼は、「新幹線通勤で福岡の方に通っていたが、残り2年を残して退職し、今では夫婦で山登りを楽しんでいます」と、家庭菜園で採れたらしいキューリを頬張りながら嬉しそうに語る。
お互いに九重山群での思い出のルートに、癒しの花や苦労談を交えながら半時間程の山頂を楽しむ。
「稲星山から白口岳へ行って沢水の方に下り、車を置いている南登山口へ周回する」と言う彼を置いて、一足先に鳴子山へと下って行く。

f0201348_9454278.jpg

 本山登山道との分岐点から、岩のピークをスラロームするようにアップダウンを繰り返して山頂へと向かう。
最後のピークを越え下りきる直前で二人組の男性が白い花にカメラを向けている。予想もしなかったオオヤマレンゲである。

f0201348_9503953.jpg猟師山で心行くまで愛でた天女のような花である。直ぐに「オオヤマレンゲですね!」と話し掛けると、「最後の一輪ですかね!」と嬉々とした言葉が返って来る。
彼らが去った後、登山客の為に最後の一輪を残していてくれた一木に感謝をしながらカメラを設定する。空を背景とした可憐な花にEV+2/3、焦点距離を小さく設定してピントを合わせる。
目標も無く入った山群であるが、思わぬ山のプレゼントに99%の達成感を抱かせる天女であった。





f0201348_947469.jpg

 昨年“本山コース”から登った時、宮崎県小林市の御婦人から頂いた上品な甘いお菓子を脳裏に、四方を展望し山頂を後にする。直下の灌木から稲星山で出会った細身長躯の彼が現れる。

f0201348_956952.jpg白口岳へと直接行かず寄り道した彼に「オオヤマレンゲを撮りましたか」と聞くと「否」の返事。
残っている場所を教えると、一眼レフを抱えた彼は「えー!そうなんですか」と、思いの丈を笑顔に込めて「有難うございます」と、頭を下げ小走りするように山頂へ向かった。


 分岐点から遥か遠くに中岳へと向かう男性を見る。服装から判断すると鳴子山の途次に挨拶を交わした彼である。白口岳へ一歩踏み出した所であったが、彼に釣られるように白口岳を断念して中岳へと向かう。
f0201348_10502011.jpg

f0201348_9573853.jpg 急峻な登りから山頂へ出ると、やや年長気味のソフトな声で「早かったですね!」と、彼も私を意識していたかのように声を掛けてくれる。
「福岡の方から来ました」と疑問符込みで言うと、彼は「私の住んでいる所はここから見えます」と、山頂標識の傍に立ち白口岳の山頂越しに竹田側を指さす。
九重と祖母山系をホームに、高校時代から山登りを継続しているらしく、私の登ったルートは勿論のこと色々なコースに付いて紹介してくれる。
また、季節毎の九重の魅力を熱く語りながら、人知れず隠れたスウィートスポットまで教えて頂く。

f0201348_9594476.jpg 一頻り語り合った後、お互いに足の赴くままに牧ノ戸峠まで天狗経由で同行することになる。
 いつも一人旅であるが、新鮮な同行者がいると距離は短く、気分的な癒しから疲れも無く予定通り15時半登山口に到着する。


f0201348_1031342.jpg

(何処から飛び上がったのか、鷹のように悠然と久住山頂を周遊するハングライダー)
f0201348_10341541.jpg

[PR]
by 1944tourist2004jp | 2012-07-11 10:17 | 山登り | Comments(6)

「山群逍遥」(1)

f0201348_20394078.jpg 明けきらない梅雨空をじっと見ながら、山から遠ざかっていた1ヶ月。
そこに訪れた束の間の青空。俄作りの棚に咲く数輪のアサガオに見送られ、準備も程々に山群へと車を走らせる。

f0201348_20413784.jpg

f0201348_2042118.jpg
計画も無く9時半に“牧ノ戸峠”の登山口に就く。

f0201348_2043273.jpg 待ち侘びていた梅雨の晴れ間、週の始まりにも拘わらず駐車場は盛況である。
私にとって今日の山登りはそげ落ちた筋肉の程度を知るためであり、一応6時間の山群逍遥とする。


f0201348_20432879.jpg

 セメント舗装と木段の登りに急がず慌てず、息を整えながらゆっくりとした歩調で登って行く。

f0201348_204522100.jpg展望所から三俣山越しに見る双耳峰の由布岳はなく、沓掛山からの阿蘇も棚引く雲に浮く阿蘇二岳をやっと見る。爽やかな初夏の青空ながら、雨後の清澄感はなく遠望の利かない今日の山群である。


f0201348_20454880.jpg グループやご夫婦登山に相前後しながら、沓掛山から続く尾根道に今日のルートを考える。
先ずは山群の雄である久住山に登り、最奥の鳴子山まで行き余裕があれば中岳、天狗、更に星生山まで足が延ばせるかも知れない。
緩い歩調に心拍数も落ち着いているが、初夏の陽は首筋を焼き、早くも汗が滴り落ちて来る。

f0201348_20504380.jpg ミヤマキリシマの季節は果て路傍に花は少ない。時々山群にカメラを構える程度の休息で久住分れの避難小屋まで来ると、団体さんの声高な会話が窪地から山間へと反響する。
 長雨の湿りがこの突然の暑さに靄となって視界を閉ざしているのだろう、ここにも阿蘇五岳や双耳峰は無い。
団体さんに遠慮して、広場の脇をすり抜けるように山頂へと歩を進める。上半身でリズムを取りながら一定の歩調を崩さず、ガレ場に足元を確かめながら登って行く。

f0201348_20523380.jpg 賑わいの山頂に腰を下ろすことも無く、人影の無い稲星山へ流れる尾根筋へと下って行く。
雪の山群以来である。
水路にもなっている下りだが、この2日の陽射しに黒土は乾き、難儀することも無く南登山口からの分岐点まで一気に下りて行く。

 少し肢の疲れを感じながら、2段になった斜面に上を見ずに黙々と、また一歩一歩と踏みしめるように登って行く。 中腹で一息つき、山頂に目を遣ると男性が一人山頂を楽しんでいる風である。f0201348_1111103.jpg

[PR]
by 1944tourist2004jp | 2012-07-10 20:53 | 山登り | Comments(4)

「喪失感の漂う朝」

 消費税増税法案が衆議院で可決した翌朝。

f0201348_13311232.jpg NHKアーカイブス美の饗宴“平山郁夫のガンダーラ美術”と“千の風に乗って”を観ながら、その荘厳と厳粛さに反し脳裏にこびり付いた政界の党利党略と私利私欲が増幅され憤りさへ感じた。このような人達に1票を投じたかと思うと何とも情けない。
 議員の皆さん方は「国家国民のため」と連発しながら、除名だの新党だのとドタバタ劇を演じる民主党、挙句の果てに政局と保身に直走る造反組の中の造反者達。評論家やメディアならずともこの体たらくを、万民は党の瓦解の始まりと理解している。

 このような中、何とも不思議なことがあった。

f0201348_12504490.jpg 山友さんから「紅葉狩り」のお誘いのメイルが6月下旬に入る。
5カ月先のお誘いに、少なからず違和感を覚えながら失礼無きようにと「4カ月先の事にて確約はできないが、都合がつけば皆さん方と歩きたい」と返信する。

f0201348_1256173.jpg

 そして、その翌日に「これは昨年10月上旬に発信したものです!」との返答メイル。
不審極まりないメイルが多く受信されるので、私は日々チェックして完全消去し、定期的にゴミ箱も空にするようにしている。
 “イトカワ”を周回して帰還した隼ではあるまいし、10カ月もの間に何処を巡って突然の着信となったことなのか、何とも不思議なネットワークである。山友さんもさぞかし驚かれたのではないだろうか。

f0201348_1253794.jpg そして、今朝の新聞で官僚達の無責任な体質を垣間見る。
メタボ健診の在り方に付いて、厚生労働省は腹囲基準を見直さず今後も継続し「やや太った健康人を保健指導の対象とし、痩せた不健康な人を見逃す」と皮肉っている。

f0201348_12534766.jpg
 紹介記事は続き、米医学誌に日本人を含むアジア系人種110万人超を平均9年間追跡調査をした結果として、BMI(25.1~27.5)の人は最も死亡のリスクが低く、逆に日本人は痩せていても、血圧などの危険因子を持つ人が少なくないと調査結果は結んであった。


f0201348_12553774.jpg
 国立がんセンター予防研究部長の「日本人は欧米人に比べて、肥満者が極端に少なく、今の健診では生活習慣病の予防効果は少ない」との注釈を載せている。
この点に付いて、厚労省は検討会で腹囲が基準未満でも他の危険因子があれば保健指導を行う方針を決定。暗に上記の件を問題ありと認識している証拠である。自分達の過失を決して認めようとしないし、改善しようともしない態度はグリンピア初め箱ものに浪費した年金と失業保険料の構図と全く同じである。
 また、ある医師は「血圧の高い50代より、正常値の80代は脳卒中のリスクは4倍との報告もあり、日本人の病気の発症はメタボより年齢だ」と断じている。
医療環境を貶める厚労省の医官達、「医は仁術なり」どうにかして下さい。

f0201348_132975.jpg 昨日の未明、強烈な雨音で私も目を覚ましたが、超男梅雨の九州では筑後水系の日田市から山国川沿いにある耶馬渓や中津市に大被害を与えている。

f0201348_14475893.jpg 激しく降る雨にTVのボリュームを数段上げ、“桃山の美と王朝の雅 西本願寺”を観ながら更新する。
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2012-07-04 13:27 | その他 | Comments(6)