<   2012年 04月 ( 16 )   > この月の画像一覧

「傾山とアケボノツツジ」(1)

 早朝5時過ぎの大分自動車道、車内には5・60‘年代のアメリカンポップスが軽快な走りに乗ってリズムテンポがアップしてくる。そして、フロントグラスを透して見える黎明の双耳峰、そのシルエットがくっきりと空に浮かび何かしら神秘的である。古の人達はここに神を崇め霊峰として五穀豊穣を願っていたのかも知れない。 カメラに収めたいが、高速度道路は停車禁止である。また、今日は助手席にSDも座っていない。
f0201348_1651791.jpg

紅葉の時期、SDと二人で尾平登山口から祖母山を周回した折に湯布院ICを利用したので、今回もナビに従わず同じICで下りて210号線から442号線を通って鄙路の7号線を走る。山開きにしては車の通りが少ない。

f0201348_1544596.jpg 6時半頃、豊栄鉱山跡の駐車場へと左折する時、一旦停止して標識にカメラを向けていると、後ろから突然車が横付けされる。左折を妨害するように停まっていたので申し訳ないと思い、謝る為に横の車を覗くと、色白の妙齢の奥さんが助手席に乗っている。
そして、運転していたのは由布岳で30分ほど立ち話をした尾畠さんである。顔を記憶に残すのが不得手の私であるが、流石に野性味あふれる顔に笑顔の可愛い彼の顔は忘れ難い。

f0201348_1556161.jpg
f0201348_818387.jpg

 材料から全て無償で由布岳の保全に尽力している彼について、先月の「野焼き後の由布岳」でも紹介しているが、正に尽きない話題の持ち主である。
一線を離れた後、野宿しながら90日で鹿児島県佐多岬から北海道宗谷岬までを歩いたこと、また東北大震災のボランティアでは思い出のアルバムを持ち主に返す仕事の中心的役割を果たした彼である。

f0201348_1635094.jpg勿論、登山についても限りない話題の持ち主である。

f0201348_15594050.jpg

 傾山を庭のように歩き俯瞰的に見ることのできる彼に先を譲って、一段と狭隘になる道を付いて行く。早朝にもかかわらず鉱山跡の駐車場は満杯で、一段低くなった河川敷のような場所に留める。
車から下りて直ぐに彼のもとへ行って、挨拶がてら山行の同行をお願いすると、連れが居るにも拘わらず笑顔で快諾してくれ、例の分厚い掌と強い握力で握手してきた。お連れの方は奥さんではなく、私と同じように彼の由布岳ボランティアに甚く感心して、今日の“傾山の山開き”に同行をお願いされた方であった。

f0201348_1685150.jpg 6時40分、セメント舗装の山路にゆっくりと足を踏み入れて行く。
期待に違わぬように渓流の対岸には藤の紫が今朝の青空のように麗しく、滾滾としてごろ岩を縫うように流れる水の軌跡が美しい。
 一人歩きと思っていた私は、九折越コースを上がって坊主尾根コースを下る積りでいたが、彼等も山開きの”神事”の後、山頂から同じコースを下ると言う。
 鉱山から流れ出る水の解毒処理するための貯水タンクの横を通り、青く塗られた鉄橋を過ぎて間もなくすると、直進する坊主尾根コースを右への指導標が立っている。
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2012-04-30 16:34 | 山登り | Comments(6)

「オキナグサ」(3)

f0201348_12155461.jpg 所々に木の根が地表にむき出しとなり、水に削り取られたクレイの下りは滑り易いし、油断すると前に転びそうである。用心深いSDであるが花は決して見逃さない。

f0201348_12163763.jpg














木々の新芽、ゼンマイの綿帽子を脱ぐ姿、登りに見つけたランのような葉の花を見つけながら30分ほどで舗装された道へと下って行く。

f0201348_12201731.jpg


f0201348_12212244.jpg

f0201348_12324196.jpg


 水門跡の登山口まで来ると、アケビの花を教えてくれたご夫婦が「飲食用には全てここの水を使っているんですよ」と言いながら、伏流水を汲んでいる。
双眼の望遠鏡を首にぶら下げている奥さんは鳥の鳴き声に敏感に反応して、「あれはキビタキですよ」と樹冠を見上げる。

f0201348_12233740.jpg

「今日はキビタキの他センダイムシクイとオールリも見ました」とバードウォッチングを趣味にしている方らしく鳴き声や姿に詳しく色々とを教えて貰う。今日も楽しい出会いが二つ。



f0201348_1224315.jpg


 車の点検や車検を前払いパスポート契約をしているので、金は要らないだろうと財布も持たずに6ヵ月点検に昨日出かけたが、テールランプが切れていて230円の請求にお金が払えずつけにしていたディーラーに寄って帰る。
 そして、夕方には昨日植え付けた苗への水遣り、SDが残りの畝にナタマメやゴーヤの種を植えペットボトルの半きれを被せている間、私は隣の畑に迷惑をかけないよう草刈りに励む1日であった。

f0201348_12524360.jpg
f0201348_22254573.jpg
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2012-04-28 12:38 | 山登り | Comments(4)

「オキナグサ」(2)

f0201348_10534294.jpg 私達が草原の花に憩っている間に、1人、1組、1グループと上がって来る。
ある男性はゼンマイの採取に、ある男性は四王子山の史跡を歩き回ったので今度は基山と言うことで愛犬を伴っている。
f0201348_1054284.jpg
f0201348_105523100.jpg 私が山頂に点々とするオキナグサにカメラを向けている時、SDは所狭しとゼンマイ採取に没頭。
ツクシ、菜花、そしてゼンマイと春の山菜が食卓に上がる。いずれも酒のおつまみに持って来いの一品料理である。

f0201348_1114034.jpg














 草地回復の為に立入禁止となっている傍で、私が地面に這いつくばってオキナグサを撮っていると、私より一回り上と思しきご夫婦が近づいて来る。

f0201348_1121517.jpg

「何を撮っているんですか」との会話から、話題が山登りへと敷衍して行く前・後期高齢者の二人。「今日はJR“けやきだい”から、基山・天拝山と歩いて二日市駅から電車で帰ります」とか細い声で仰る。
f0201348_1161247.jpg 79歳長身痩躯のK氏、実は久留米市登山クラブの会長さんであった。月に8回ほど山歩きされる彼の小さなノートには、山行記録がびっしりと几帳面に書かれている。直近では対馬の山々、そして竈神社から若杉山へのピストンが記録されていた。
夏にはクラブのメンバーとアルプス縦走を計画しているとのことである。矍鑠としたる老人、是非見習いたいものである。

f0201348_118482.jpg

 銀さんの4人娘のお一人が「健康な老人には介護医療保険料の1割でも返して頂けないものか」と仰っていたが、このような先達を見ていると“無事戻し”が1割程度あっても罰が当らないような気がする。

f0201348_1184949.jpg 私がKさんと話している間も草原をうろつくSDは小袋の半分程度採取していた。
1時間強の山頂を各々に楽しんだ後、少し滑り易いコースへと下って行く。

f0201348_11265657.jpg

 赤紫色の小さな花を撮っていると「アケビですね!」と、登りのご夫婦が話し掛けてくる。小さいころから山でアケビを食べながら知らなかった花。熟れた果皮に似た色の雄雌花である。

f0201348_11114247.jpgそして、アケビに隠れるように咲いていた白い花、名前は勿論分からない。
そして、お二人とは登山口伏流水の所で再会することになり、また新しい話が聞けた。
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2012-04-28 11:31 | 山登り | Comments(0)

「オキナグサ」(1)

f0201348_23405767.jpg
 2日続きの晴天に、花牟礼山で心残りとなっていたオキナグサを見に行こうとSDを基山に誘う。
オキナグサで思い出すのは、秋月の観桜に行った時に土産物店で苗が売られていたことである。決して盗掘されたものとは思わないが、山で珍重され保護されている山野草が露天に出されるとは本当に残念である。

f0201348_23465130.jpg この山からは西に九千部山と蛤岳から脊振への稜線、北は霞む博多湾と大樟の立花山、そして東には宝満山と三郡山、そして古処山系の遥か遠くに英彦山が望まれる。
また、季節によっては雲仙岳も一望できる眺望に優れた山である。

f0201348_23435618.jpg




f0201348_23432329.jpg




f0201348_23475276.jpg




f0201348_23452142.jpg

 古の7世紀に唐・新羅の来襲に備えて、大宰府都城防衛の為に基肄城を築いたのはご尤もである。
それにしても人力頼りの時代に、低山とは言え北に土塁、南に石塁が数kmに渡り造営されていたとは恐るべき事業である。今の政治家に学んで欲しい危機管理である。

f0201348_23513338.jpg 今日は8時過ぎに水門跡に着いて、水と飴玉だけの軽装登山である。
暖かい陽射しに清々しい春風、正に山登りの季節を感じながら丸太で設えた階段を一歩々々上がって行く。

f0201348_23545432.jpg

 観察力に於いては私の数倍力を発揮するSDは、後ろから私を呼びとめ色々と教えてくれる。私のように花を知らない人間は、開花した花が無いと全く発見できないが、花を愛する人は花が無くとも葉や日照・土壌環境から分かるのだろう。山開きで同行したぼん天棒さんも、葉を見て花を私に語ってくれていた。
 人手の入った路傍に花は少ないが、萌黄色の新芽が美しい木々。途中、一ヶ所で眼下に街並みと水耳納連山を見るが、山頂への青空を見るまで眺望は無く、山野草を楽しむ以外にないルートである。
 登山口から35分で草原が広がる山頂に出る。期待通りの展望が四方に広がる山頂に一番乗りである。
f0201348_23555554.jpg

[PR]
by 1944tourist2004jp | 2012-04-27 23:56 | 山登り | Comments(0)

「未踏三山」(3)

f0201348_1214321.jpg 昨日は目一杯に畑仕事をして一段落ついたので、今朝は雨が降る前に”基山のオキナグサ”でもと思っていたが午前中から雲行きが怪しい。
食後、定植した夏野菜の「苗が雨に打たれたり土跳ねで傷むんじゃないかなー」と、SDに促され畑へ行く。
ズッキーニは袋で囲い、他の苗は防虫ネットで覆い直に雨が当たらないようにする。
                      






(男池名水の滝2)



f0201348_12151474.jpg 牧ノ戸峠の賑わいに反して登山客が皆無の猟師山。
合頭山と猟師山の登山口標識は完全に朽ち、字面が判読不能である。


f0201348_12165298.jpg 新緑の乏しい冬枯れの登山道に初夏のような陽射し、自律神経が戸惑いそうな季節感が漂う。

f0201348_12171686.jpg


f0201348_1218274.jpg 丘陵のような山に視界を遮るものは無く、只一人汗を掻く爽快さは何とも言えない。
GPSを持たず飽くまでも地図を頼りにピークハントする凄い山友さんがいるが、このような環境に居ると何かしら気持ちを共有している気分になる。
f0201348_12182885.jpg
f0201348_1219329.jpg
f0201348_12554593.jpg








f0201348_1221236.jpg














f0201348_12562642.jpg


 山行について特に記すべきことも無いので横道に逸れて、直近の話題でも挿んでおこう。

f0201348_134407.jpg 先ずはガレージの上に這っているキウイにキクラゲがくっ付いていること。
近いうちこれらは当然私達の口に入ることになるだろう。
 そして、買って1年チョイの電気ポット。電源は入るが湯が沸かない。当然補償期間は切れているので買い替えか修理となるが、販売店経由はカメラで懲りていたので修理依頼は諦める。
 何とも合点が行かないSDがメーカーのサービスセンターに修理依頼をすると、「1年少々での故障は少し早過ぎますね!宅急便で商品を送って頂くよう手配しますが、その間不便でしょうから“貸出品”をお届けします」と懇切丁寧な申し出であったらしい。
万歳、日本メーカー!
流石「象印」のアフターサービスは行き届いている。約束通りに「今日お届けしますと」電話が入って来る。修理代は現品の半額であった。

(スズランの”露払い”的存在のナルコラン)
f0201348_13164848.jpg





















f0201348_19442443.jpg














                
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2012-04-25 13:17 | 山登り | Comments(2)

「未踏三山」(2)

 朝食後に(1)を書いた後、夏野菜の苗を隣町まで買いに出る。
狭い畑で毎年多品種を栽培すると、連作する畦がでてくるのでどうして“接ぎ苗”が中心になる。
ナス、ミニトマト、ズッキーニ、オクラ、ゴーヤ、ピーマン、カラーピーマン、キューリ等を数本ずつ購入し、陽射しが和らぐ4時頃からマルチを張って定植する。
近傍の菜園仲間が家路に就き、家々に明かりが灯る薄暮まで2時間半の農作業。慣れない仕事は本当に疲れる、足腰が痛い。

f0201348_0345385.jpg 初夏に似た陽射しの中に、山腹をジグザグと縫うように延びる牧野道を25分ほど登って行くと轍の残る道が終わる。
左に鋭角に折れる道の傍には「ここから本格的な登山道ですよ」と、挨拶するかのように山桜が1本。

f0201348_0371629.jpg


f0201348_038239.jpg ここからは植樹林の端の牧柵に沿うように山路が伸び、牧野道と打って変わってそれなりの登り斜面が続く。
湿った黒土ながら枝打ちの枯れ枝やミヤコザサの枯葉が滑り止めになって登り易い。

f0201348_0383329.jpg

20分ほどで肩の展望所に着くと、同年代風のご夫婦が眺望を楽しんでいる。「1週間後のオキナグサ登山のために偵察で来ました」と仰る。

f0201348_040369.jpg暫し山談義をした後、霞む山群にシャッターを切って、路端の花に見落とさないようにススキとミヤコザサの緩斜面を登って行く。
ペースを緩く山頂へと歩を重ねるが黄スミレしか目につかない。

f0201348_0415314.jpg

f0201348_041183.jpg そして、1時間弱で1本のアセビが花盛りの山頂に立ち、案内板を参考に連山に目を馳せる。
九重山群は霞を通して確認できるが、祖母山系は遠望が利かず全く視界に無い。
灌木に囲われた山頂を巡るがオキナグサほか、山野草の花を見つけることは出来ない。
私には老化に応じて死角があるのかも知れない。

f0201348_0435464.jpg

f0201348_0452032.jpg 山頂からの写真を撮って踵を返すように下山する。
直ぐに先ほどの偵察ご夫婦がススキの中の春リンドウに立ち止まってマクロでカメラを構えている。
旦那さんから「オキナグサ如何でしたか」と訊ねられるが、喜びそうな言葉を返すことはできない。
 展望所の方へ下りて行くと若夫婦が汗を掻きながら登って来て「もう下りですか」との声に一言二言挨拶して、「先に予定がありますので」と言葉を残して植樹林へと下って行く。

f0201348_0453953.jpg

 昨年の6月に星生山と組み合わせながら、天女“オオヤマレンゲ”を優先して、宿題としていた合頭山と猟師山である。

f0201348_13254171.jpg 途中、男池”名水の滝”に寄って、12時前には登山口の路肩に行けるだろうと、621号線を経由してやまなみハイウェイに入って行く。
長者原と牧ノ戸峠の駐車場は9分入り状態であるが、マイナーな猟師山の路肩駐車場は全くの閑古鳥である。



















(昨年6月末、猟師山の山裾で見たオオヤマレンゲ)f0201348_0564365.jpg
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2012-04-25 00:52 | 山登り | Comments(2)

「未踏三山」(1)

 九重山群に魅かれて4年ながら登山地図に載っているルートは概ねマーカーで塗りつぶされている。
季節を替えて花を、そして紅葉や雪山を耽美することで山へのモチベーションを高揚させてきた。また、黎明にご来光を拝むこともできた。
そして、昨年からは少しずつ外郭の山々にも目を向ける余裕が出てきて、一目山から涌蓋山、泉水山から黒岩山への周回コースにも踏み入れて来た。

f0201348_1074226.jpg そして、花牟礼山。
由布岳の山開きを前に“美峰を一望できる倉木山でも”と考えたが、「山腹の花は5月上旬から6月にかけて」と山の本に紹介されているので、今日はオキナグサを期待して花牟礼山へと向かった。
 雨後の晴天ということで、九重山群や祖母山系への眺望をカラ迫岳からの大パノラマに重ねながら高速にハンドルを切って行く。
 しかし、日田市に入る前から朝霧が立ち連山の眺望は掻き消され、飯田高原に入っても花曇りに鮮麗な空の青さは無く山群も霞んでいる。
 数台しか留っていない男池園地、囲碁神社、白水鉱泉を通り過ぎて行くと、花牟礼山を後ろに農家の庭先に早くも鯉のぼりが立っている。

f0201348_1011746.jpg 事前に車の置き場所を調べると、山の本には「トンネル前の路肩に」と案内されていた。が、山のブログを見ると、市道から「シイタケ栽培の牧野道に入って、小屋の前の草地に車を留めて簡易舗装の道を登って行きました」と紹介されていた。

f0201348_10115222.jpg 私が小屋の前の草地に留めようとしていると、RVが何の躊躇も無く舗装道を上がって行く。
「牧場の方であれば四駆の軽トラだろう」との思いから、私も後に続く。
離合不能の狭隘な牧道を高度にして150mほど上がって行くと、RVが白いバンに寄り沿うように停車している。
ここで舗装が切れるのだろうと私も横に並ぶように留めるが、かなり急傾斜の草地。思わぬ事故を考えてUターンして路肩の脇に留める。

f0201348_10123371.jpg


 私も初めてなら彼等も初めて、「ここからだと山頂までどのくらいかかるんでしょうか」と私に聞いてくる。ブログの内容を鮮明に覚えている訳ではないが「1時間ほどではないでしょうか」と、何とも確信の無い返事をして二言三言。


f0201348_10131769.jpg 若いご夫婦に遠慮して、炉端のスミレを撮り一息二息して50mほどの距離を置いて9時過ぎに牧野道を登り始める。


f0201348_1013405.jpg
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2012-04-24 10:24 | 山登り | Comments(2)

「渓流と花」(2)

 長い30分の下りの中に、一人、二人と男性が上がって来る。
昨年SDと折り返したベンチで一息。水無とキトク橋分岐点の丁度中間辺りかも知れない。分岐点からの水無への登り返しとSDの脚力を考えると戻って正解だった。


f0201348_11585139.jpg 渓流を少し下って行くと、時期を過ぎた桜とアンの滝を望む。
2年前の丁度同じ頃、コヨーテさんの先導で雷山から井原山、キトク橋へと周回した時以来のご対面である。


f0201348_11591986.jpg

f0201348_11595296.jpg

 金山登山コースのような垂直落下の豪快さは無いが、背景の針葉樹林、苔生した岩棚と桜の組み合わせは中々乙なものである。惜しむらくは水量豊富な時期が少ないことではなかろうか。


f0201348_1221298.jpg


 滝に夢中になってレンズ取り換えボタンを押してしまったのだろう、望遠レンズがボディーから外れて草むらにドスン。カメラフードも付けていたのでどうにか無事に済んだ。
僅か半年前に宝満山の渓流で苔に足を取られてひっくり返りカメラを水浸していたので、正に雑草様々である。

f0201348_1293057.jpg


 渓流音の響きと山桜を遠望しながらアンの滝上部に出る水無登山口ルートは中々しんどい。水無分岐の上の展望所まで35分、数回息を整える時間が必要だった。
f0201348_12113391.jpg 途中、水無尾根ルートとの分岐点前でダルメキコースのご夫婦に会うべきして会ったが、私の息遣いを見て「逆周りは本当に辛いですよね!」と先に声を掛けてくる。数分の間、水無コースの花情報を交換してご夫婦を見送る。

f0201348_1214029.jpg

 後は下るだけ。次はオオキツネノカミソリの季節だ。
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2012-04-18 12:34 | 山登り | Comments(6)

「渓流と花」(1)

 夏野菜の畝造りは未だに完了していないが、”ぐうたら菜園家”として2日続けての農作業は許し難い。カラ迫岳の疲れは残っていないので、終日晴れの予報は私にとって絶好の山日和。昨年も同じ頃に野河内渓谷経由で井原山に登ったが、だらだらとして変化に乏しい長い林道を考えると水無登山口しかない。

f0201348_10122593.jpg キトク橋から離合の難しい山あいの道に佐賀県Noと私の車が2台前後して駐車場へ入って行く。
そして、私が予定通り9時過ぎ渓流路へ入って行こうとする時にやっと3台目が入って来る。意外や意外である。

f0201348_10232864.jpg 花や渓流をゆっくりと楽しみながら登って行くと、いつしか青空は消えガスが張り出して来る。

 急坂直下まで丁度1時間。一段と視野が狭くなり被写体になるものもなく、三脚とカメラをザックに押し込んで急斜面の登りに専念する。
f0201348_10154557.jpg

f0201348_10161528.jpg
f0201348_12452789.jpg

f0201348_1026187.jpg

 距離は然程ないので上り詰めるまで決して先は見ないと、己に言い聞かせながら休まず登り続ける。大腿四頭筋は悲鳴を上げないが呼吸が一段と早くなる。顎に出て一段落、短い平坦に一息つきながら二つ目の急坂に向かう。

f0201348_1031110.jpg 一気に上り詰め縦走路との分岐点に出ると山頂方面はガスで全く見えない。

f0201348_10332884.jpg 10時半、路傍にスミレを見ながら山頂に上がって来ると、古場岳からのご夫婦がのんびりと寛いでいる。

f0201348_103347100.jpg

 眺望の無い山頂で先ずはエネルギーの補給、そして楽しみにしていた“オキナグサ”。やはり知る人ぞ知る、直ぐそばで別のダルメキ谷コースを上がって来たご夫婦が軽食をとっている。

f0201348_10364372.jpg 今にも開花しそうな蕾を撮って、「アンの滝の水量どうでしたか?」と訊ねると、「水量は普通でしたが山桜が綺麗でしたよ!」と余韻を重ねながら奥さんがトーン高く答えてくれる。
 夫婦とはよくしたもので、30年も連れ添えばお互いを補完する仲になるものである。古場岳コースのご夫婦は旦那さんだけ、そしてダルメキコースのご夫婦は奥さんだけとの会話で、先導するのも旦那さんであり奥さんであった。
因みに我が夫婦は私が積極的に声を掛け、じっくり型のSDは色んな所に目配りしながら後について来る。

f0201348_10374392.jpg






 私がせめて山頂標識でもと思ってカメラを向けていると、古場岳コースのご夫婦は「雷山経由で下りていきます」と、そしてダルメキコースのご夫婦も「水無へ下りていきます」と少しのタイムラグを持って見送る。
 私は昨年のオオキツネノカミソリの季節に宿題としていた、”アンの滝”周回コースへと雷山側に下って行く。
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2012-04-18 10:57 | 山登り | Comments(0)

「カラ迫岳」(3)

 「透明感のある季節を選んでもう1回来たいな!」とSDに話し掛けながら下って行くと、尾根の分岐点でK-tookoさんが「ぼん天棒さんを待ってます」と、思い遣りの面持ちで一人佇んでいる。
f0201348_22103146.jpg彼女から「登って来た道はこちらですが、20名ほどこちらへ下って行きましたよ」と教えて貰い、可能な限り一筆書きで歩きたい性分の私達は別尾根へと下りて行く。

f0201348_2325719.jpg

 喬木林に陽射しは薄く落葉が積もって若干滑り易いコースであるが、膝に優しい道筋かも知れない。案の定、途中でSDが滑り静寂を破る一声「わー!」、振り向くと重いお尻が中々浮かない。

f0201348_2237415.jpg 地図は持っていないが、方角は分かっているし赤テープもあるので間違えることは無い。登山口から数百mの所で合流し渓流沿いに下って行く。

f0201348_22435268.jpg

渓流の写真を撮りたいが手頃な場所が無い。幻の滝があるらしいが遠くてはっきりとしないし、登山口まで下って再度渓流を登って行く気にもなれず苔生した人工の堰堤に焦点を合わせる。

f0201348_22355768.jpg自然石で誂えてあるので苔生した姿は結構魅力的であるが、カメラを通して上手く写せる自信がない。ブログ用にと2・3枚撮ってみる。

f0201348_22464088.jpg
私達が登山口に着いて一段落していると、ぼん天棒さんとK-tookoさんが並んで下りて来る。

f0201348_22495529.jpg昼の弁当を持って来ている私達は、彼等と別れて予定通り池の山シャクナゲ園へと下って行く。



f0201348_22544781.jpg

f0201348_2303942.jpg 途中、チューリップにコーディネートされたピンクの見事な枝垂れ桜が目に留まり、傍らに車を留めて眺めていると、家主らしき人が出て来て一言二言と会話が進み写真を撮らせて頂く。

 受付で「500円ですが3・3分咲きなので200円になっております」と気の毒そうに切符を渡してくれる。

f0201348_234159.jpg見学路にチップが敷き詰められ非常に歩き易い。最初の展望所でベンチに座って星野村を眼下に、耳納山地や御前岳を遠望しながらの昼食。
f0201348_2351287.jpg30分ほどかけて園内を1周するが、残念ながら1分咲きと言うところか。
分かっていれば“ぼん天棒さん達と登山後の一時を過ごすことができたのに”と、後悔は常に先に立たず。

 今日の農作業はスナックエンドウとキヌサヤのお世話と夏野菜の畝造りである。

f0201348_238258.jpg 昨年播種して畑に自生した“ボルジ”が豆の近くで開花しだした。遠目には美しい青紫の花であるが、写真の通りとげとげとした茎に雄蕊は黒く尖ったグロテスクな花である。
f0201348_23102221.jpg

 ジャガイモは3種類とも発芽して順調に育っているが、タマネギの萎れ方を見ると昨年同様ベト病に間違いない。
昨年は収穫時まで自分なりに何かできないものかと工夫して平年の5割程度を収穫したが、来る度に「このような病気のタマネギを見るのは忍びない」と、抜くことを決心する日が来るかも知れない。
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2012-04-16 23:14 | 山登り | Comments(8)