<   2011年 01月 ( 20 )   > この月の画像一覧

「兼六園と白川郷」(飛騨高山)

「兼六園と白川郷」(湖西線から)から見る時はこちら

f0201348_18114725.jpg
 零下5度の中、感動の白川郷と豪雪を後にして東海北陸道から松本市へ通ずる中部自動車道を通って飛騨高山へと向かう。

f0201348_18445165.jpg ガイドさんの話を聞きながら、持参した地図帳を開いて確かめる。
 高速道路のトンネルで3番目に長い飛騨トンネル10.7kmを初め、流石に山深くトンネルが続く。
因みに「一番長いトンネルは関越自動車道の関越トンネル、そして東海北陸道には54本のトンネルがありますと」と流れてくる。
 トンネルを過ぎるごとに積雪量は減り木々の撓みにも余裕が感じられる。

f0201348_18184258.jpg













f0201348_18314522.jpg






 「高山市は江戸時代の城下町・商家町の姿が保全され飛騨の小京都と呼ばれ、現在は市町村合併で日本一広い市(町村)となり、大阪府や香川県より広く東京都とほぼ同じ面積」と、Wikipediaに紹介されていた。



 自由散策の70分。


f0201348_182446100.jpg 先ずは妻に釣られて、12時店仕舞いになる宮川沿いの朝市へと向かう。
 いつものように露天のおばちゃん達と話しながら、珍しい漬物等を買っている。
話が長引く分、色々とおまけして貰っているようだ。
手持ち無沙汰の私にとって唯一つ興味を持ったのは黒豆である。
飛騨の黒豆を畑に撒いて収穫できるとは楽しみである。
来夏に植える菜園用にと余分に買う。
 古い商家街を二筋ほど散策し、木工製品、朴葉味噌や醸造酒屋に足を停め試飲・試食をしていると集合時間に残り20分。

f0201348_18275010.jpg 川向こうの陣屋に立ち寄って集合場所へと帰っていく。
添乗員さんを安心させるかのように、5分前であるがほぼ揃っている。
f0201348_18361032.jpg


f0201348_18395186.jpg















f0201348_18401541.jpg

 ここから再度東海北陸道に乗り、一宮JCTで名神に入り、関が原で休憩し北陸自動車道に乗って敦賀に向かうトータル345kmの大移動である。

f0201348_19193322.jpg

 北陸道では除雪車まで出て断続的な徐行運転となり、敦賀発のサンダーバードの時間が刻々と迫ってくる。
ここで初めてのハプニングと添乗員さんの顔をお伺いしたいが一番前に座っている。
 ガイドさんが「敦賀で泊まるような様なことになったら、すべて個人負担ですよ。と契約書の右下に見えないような小さな字で書いてあります」と、冗談とも付かないお話に笑わざるを得ない。
                    (敦賀駅前)
f0201348_19241539.jpg














 どうにか発車時間に間に合うと、サンダーバードも降雪により5分ほど遅れて手頃な待合時間で乗車する。

f0201348_19261056.jpg












 しかし、5分遅れで順調に走り出したのは良しとして、降雪に安全運転の確認作業が入りじわじわと遅れだす。“のぞみ“新大阪発の時間に35分遅延しての到着。
次の“のぞみ”発車まで15分、添乗員さんはJRとの交渉に走り出す。
最終的に待合場所から5分でホーム出て乗車しなければならない破目になる。
f0201348_1929779.jpg 山で鍛えている私達は指定号車に乗り込んだが、皆さんは階段を登って直ぐの車両に乗り込み車内通路を6車両ほど歩いてくる。
 突然の交渉で車両も座席番号もばらばらになったが、新神戸で降車する人が多く殆どの夫婦が同席となって万事に収まりが付く。
 夕飯はサンダーバードで頼んでいた鯖鮨を食し、トリスウィスキーの小瓶を半分ほど飲み、新幹線では妻も相伴の日本酒で晩酌をする。
 11時過ぎに在来線乗換えでホームに待っていると、3年振りに顔を見合わせる偶然が待っていた。
 在職中に仕事上の付き合いがあり、酒も大いに飲んだ10歳下の人間味豊かな男である。
行政のとある課長になっていた。
 お互い酒が入っているので思い出話や近況報告は立板の水の如しで、妻を前にして危うい話まで飛び出しそうになる。
 最近、何故か偶然が重なる私である。
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2011-01-28 20:45 | その他 | Comments(4)

「兼六園と白川郷」(白川郷)

f0201348_10482412.jpg
 今日は旅一番の目的“白川郷”である。
起きて窓外を見ると雪は想像以上に深く、目の届く範囲真っ白である。
写真でもと思ってカメラを取り出すと、どこで落としたか分からないがレンズフードが付いていない。
f0201348_1050122.jpg 7時50分集合に皆さん方は早く、時間通りの出発である。
東海北陸道に乗って一路白川郷へと向かうが、南へと山深くなるに連れ沿路の積雪も深く、樹々も折れんばかりに雪を抱え撓んでいる。
 バスの中ほどに座ったがチェーンの音は全く聞こえない。
後で聞いたことであるが、バスはエンジンが後ろについているのでスタッドレスで全く問題ないらしい。トラックは荷を積んでないと後ろが軽くチェーンが必要らしい。
f0201348_10512680.jpg
 深い雪にこれでもかと降ってくる。白川郷が楽しみである。




約1時間で予定通りの到着である。
 時間が早いせいか観光バスとして一番乗りである。普通車も2台しかいない。
心逸る皆さん方は早々に準備して、傘をさし庄川の“であい橋”へと向かって行く。
70分間の雪の散策である。

  白川郷一周の写真集

「兼六園と白川郷」(飛騨高山)を見る時はこちら
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2011-01-28 10:52 | その他 | Comments(2)

「兼六園と白川郷」(ひがし茶屋街)

f0201348_18245484.jpg
 国会中継を聞きながら遅々として進まないブログ掲載。
5時からは囲碁棋聖戦の実況中継開始だが、国会中継が延びて始まらない。
まどろっこしい菅総理の答弁を聞きながら苛々してくるのは私だけだろうか。
野党時代の菅議員は舌鋒鋭く目が生き生きしていたが、財務大臣を経る頃から目が泳いでいる。
一国の総理として恥ずかしい限りである。

f0201348_1885575.jpg 兼六園の後は“ひがし茶屋街”にタイムスリップする。
加賀藩の時代に、点在していたお茶屋を集めて整備した茶屋街らしい。
石畳の両側に2階建ての格子家屋が連なっている。
 格子は今の網戸に似て、中から外は見えるが外からは窺い知れない作りになっているらしい。
勿論、今では色んなお店になっているが、国の重要伝統的建造物郡保存地区に選定され、造りは江戸時代の面影を十二分に残している。
時間があればゆっくりとお店に入りたい気分である。


f0201348_18122199.jpg 金沢は金箔の99%を生産する地で箔座もこの茶屋街に3軒在り、金箔を貼った色んな土産物が手頃な値段で出されている。
金箔の商品とあって、店内は上品でエキゾチックな女性店員が相手をしている。

f0201348_18133828.jpg





























中は24金の金箔、外はプラチナ金箔の土蔵で、何故か中に古びた木の椅子が一脚鎮座していた。
場違いだがジャンボ宝くじの当選を祈願したら、女性店員がにこっと微笑んでいた。


f0201348_18295380.jpg
 薄暮に紅殻格子からこぼれでる灯は特に情緒豊かで素晴らしい。
昔の武士が羨ましい限りである。



f0201348_18182997.jpg

f0201348_18205541.jpg 砺波市街地から外れたホテルへと向かう。
雪もかなり深い。
 この辺りは散居村と言われて、家々は100m間隔で建てられ、吹雪やフェーンから家を守るために“カンニョ“と云って南西の方角に杉を植えているとのことである。
 因みに砺波市はチューリップの町で、古には万葉集の選者大伴家持が初めて国守として赴任した先らしい。
と、大浴場入り口の脇の壁に紹介されていた。



f0201348_18322344.jpg











 夕方はバイキングでカニ、ブリ、アマエビの食べ放題である。
妻は女性らしく品良く盛ってくるが、歳の割に大食の私は食べれる範囲で盛ってくる。
 先ずはビールで乾杯して、超辛口の日本酒”立山”を知らずここでも焼酎のお湯割である。
兼六園とひがし茶屋街で楽しんで、腹を満たした後は寝るだけである。
8階の部屋から覗くと、一面の雪景色の向こうに町並みの明かりがきらきらと宝石を散りばめたように見える。

「兼六園と白川郷」(白川郷)を見る時はこちら
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2011-01-27 19:05 | その他 | Comments(1)

「兼六園と白川郷」(兼六園)

f0201348_15141399.jpg

f0201348_15411587.jpg

f0201348_15482850.jpg

f0201348_15522046.jpg

f0201348_15544965.jpg

f0201348_1612563.jpg 北陸地方の大雪報道に肩を叩かれた今回の旅行であったが、沿岸部には想像ほどの積雪はない。
 加賀百万石と古都金沢についてバスガイドさんの紹介を聞きながら、兼六園の“桜ケ岡”から入って行く。
 フォーマットされた脳に僅かに残っている雪吊りの”唐崎松”が待ち遠しい。
 降り出した雪に傘を借り、地元ガイドさんの後ろに47名のリタイアー夫婦達(若い人達は数人)が一塊となって付いていく。
私は付かず離れず自由に写真を撮りながら雪の景色を堪能する。
 170cm長の足長体型のツアーコンダクターも心配そうに私の方に目配りをするが、数回話をするうちに解き放してくれる。
 最初から最後までガイドさんの話は妻に任せて、林泉回遊式大庭園の自由散策70分である。
私達も含め今回の皆さん方は時間厳守で予定通りに兼六園を離れる。



 「唐崎松」は1本の幹から5・6本分岐した幹が池を這うように張り出しているが、雪吊りの作業は船に乗ってするとのことであった。

f0201348_1619546.jpg











雪の中での作業は大変そうである。



 「根上松」は盛り土したところで木を育て、成長後に四方に張った根を出すために盛り土を取り除くらしい。


f0201348_15351297.jpg

f0201348_1536438.jpg

f0201348_15391198.jpg



「兼六園と白川郷」(ひがし茶屋街)を見る時はこちら
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2011-01-27 15:11 | その他 | Comments(2)

「兼六園と白川郷」(湖西線から)

f0201348_13322595.jpg
 大感謝祭と銘打って出された新聞広告に、絆されるように急遽申し込んだ小旅行。
35年振りの兼六園と大雪の中に散策する白川郷である。

f0201348_13412069.jpg 一長一短あるかも知れないが、ツアーは個人で行くより格安である。
そして、まるでベルトコンベアに乗っかってるように気苦労することなく旅ができる。
個々人が束縛される時間に少し我慢して、ツアーコンダクターの指示する集合時間と場所さえ守っていれば全く問題はない。
しかし、勘違いと物忘れの得意な老境の団体旅行は思わぬハプニングもある。それもまた楽しみとしなければならない。f0201348_13392717.jpg 









 3年前に高野山と熊野詣・南紀白浜の旅行に行って以来の新幹線である。
 慌しい1日の始まり。

f0201348_13434874.jpg 博多駅7時の集合に、前日予約していたタクシーで最寄の駅まで行き、博多駅のファストフードで朝食を済ます。
”のぞみ”の中で、苦労した車での古都巡りや信州旅行のことを話しているうちに新大阪駅へと快適に滑り込む新幹線の速さである。
 適度な待ち時間で、私にとって初めての琵琶湖西岸を走る湖西線サンダーバードに乗り込む。
賑やかな町並みが続く北陸本線と段違いである。
f0201348_1345412.jpg








時間とともに田園地帯が広がり積雪が増してくる。
湖西線はもう既に裏日本である。


f0201348_14153655.jpg 私達の時代は太平洋側を表日本、日本海側を裏日本として地理を勉強したが、象徴的なにび色の冬の空にそれを感じる。
しかし、呼称が如何にも悪い。
 新大阪を出て敦賀まで停まることなく一直線であるが、沿線に人影や走行する車は異常なほど少なく、うら寂しい農村地帯が続く。
私はこの郷愁を感じさせるようなもの悲しい風景と湖西線という音の響きは好きである。

 敦賀に来ると、沿線は息を潜めたような農山村と打って変わって町が動いている。
私達は福井市を過ぎ、加賀温泉駅でバスに乗り換え兼六園へと向かう。
途中、土産物店「月ウサギの里」に寄って、一路金沢へと直走ることになる。
f0201348_13494057.jpg


「兼六園と白川郷」(兼六園)を見る時はこちら
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2011-01-27 13:27 | その他 | Comments(0)

「九重山群の中岳」(5)

「九重山群の中岳」(1)から見る時はこちら
f0201348_20582091.jpg 12時20分に山頂に立って四方の山並みに目を馳せていると、音もなくハスキーが岩陰から私のそばに現れる。
雪の久住をバックにハスキー犬、最高である。


f0201348_20593471.jpg 風来坊さん達が上がってきて、犬の飼主さんに頼んで集合写真を撮って頂く。
 バックと構図が素晴らしい。犬の躾もよいが写真の撮り方も最高である。


       (風来坊さんから送って頂いた写真を拝借)

                                                                                                             


f0201348_21233100.jpg 登りにシャツ1枚と曝け出した姿は如何にも寒い、長居は無用とばかりにお先に失礼して下りていく。
f0201348_211025.jpg
 私は御池から久住分かれへと下りていく。
途中振り返ると風来坊さん達が天狗ケ城の山頂に見える。
年甲斐もなく大きな声で手を振るが見えてないのかもしれない。白髭が見えたら挨拶してくれたかも知れないが、雪の中では無理だろう。

f0201348_21114124.jpg 久住分かれにくると、博多のお二人さんが豪華な食事を準備している。
 空模様も少し怪しくなってきているので少しの挨拶と写真タイムでお別れして北千里浜へと下りていく。

f0201348_21131176.jpg あくまでも広く、しじまの雪原にただ一人、硫黄山から模様を造りながら吹き上がる噴煙と会話しながら、踏み跡から外れ新雪にトレースを描きながら歩を進める姿を自分なりに想像してほくそえむ私である。
北千里浜を横切る間誰一人とも結局は会わなかった。
できれば大船山で会った鷹に見て欲しかったな!

f0201348_2114544.jpg 諏蛾守越小屋でほっかほかのコーヒーをと思い入って行くと、ご夫婦が下りの身づくろいをしている。
頭を下げると奥さんから「今朝あった方ですよね。中岳まで行って来たんですか」声を掛けられる。
「一人旅ですから急ぐ積もりはありませんが、休む必要もなく登ってきました」と返事した後、鹿児島について懐かしくお話をする。

f0201348_2142580.jpg 少し下りていくと一人の男性が先を譲ってくれる。
と同時に「中岳まで言ってきたんですか」と問われる。
私も直ぐに壱岐の方と気付き、そこから話が弾む。
 年4.5回九重や阿蘇を登っているとのことで、今回は3泊4日で山登りをしているとおっしゃる。 
 前後になりながら、壱岐の海産物や壱岐牛について大曲の分岐点まで滞ることなく話が弾む。同じ年代である。
 分岐点からまた一人旅、駐車場に2時半過ぎに入り家路に着く。
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2011-01-24 21:34 | 山登り | Comments(4)

「九重山群の中岳」(4)

f0201348_16181661.jpg
 雪を抱いた阿蘇の五岳や双耳峰の由布岳に眺望を楽しんでいると、久住分かれには日曜日のせいか珍しく若い人達も多く、方々から色んな声が聞こえてくる。

f0201348_16192986.jpg
 小休止の後、御池へと向かうが、天狗ケ城を仰ぐ空池の淵に着いた頃、前を行く数人のグループの最後尾の方に何とはなしに「今日は」と声を掛ける。
f0201348_16211752.jpg お逢いしたような雰囲気である。皺の少なくなった脳に反復命令するが思い出せない。
仕方なく前を歩く3人さんへ目を向ける。
f0201348_16234916.jpg 顔を覚えることの不得手な私であるが、12月の下旬に背振山系の洗谷コースを先導していただいた風来坊さんではないか。
そして、真夏に金泉寺ソーメンを楽しんだS.TAROUさんとかずさん。偶然の出会いはとにかく嬉しい。
f0201348_16222968.jpg 彼らは、私が空振りした牧ノ戸峠の駐車場に8時半に入ったらしい。
私は中岳を諦めて宮部から大船山、三俣山三峰、坊がつるから雨ケ池周回の可能性も考えた。
本当に不思議な出会いである。
 昨年は名前も知らない熊本の方と平治岳、由布岳、久住山と3ヶ月連続で会ったこともある。
花のシーズン真っ只中なら出会う確立も高いが、この時期に、この広漠とした九重山群で偶然にも同じ時間帯に同じ所を通るとは不思議な縁である。


f0201348_16304634.jpg 私の知らない日田の方もいらっしゃるということで、少し遠慮して単独で凍てついた御池から中岳へと登って行く。



f0201348_19501534.jpg



















f0201348_16311613.jpg
 中岳直下に来ると毛並み鮮やかなハスキー犬を連れた男性がいる。
姿勢を低くして手を出しながら寄って行くと、人馴れしているのかじゃれ付くようにあま噛みしてくる。
 真夏の犬は口をいっぱいに開け涎をたらして熱射病寸前で可哀想であるが、雪山のハスキー犬は如何にも似合っている。
耳の後ろをくすぐると顔を寄せてくるから可愛いではないか。
疲れも空腹も寒さも忘れる瞬間である。



「九重山群の中岳」(5)から見る時はこちら
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2011-01-24 19:23 | 山登り | Comments(2)

「九重山群の中岳」(3)

f0201348_1313239.jpg

f0201348_13135488.jpg 当初予定していた御池と中岳へは是非行きたい。
9時40分、早々とアイゼンを履いて長い林道にとり就く。
f0201348_13154378.jpg
 厚く踏み固められた雪道にアイゼンの音が気持ちよく足も軽い。
飯焚きと一緒で、初めゆったりとした遅いペースが山登りのコツらしいが、逸る心を抑えきれずペースが速くなり、前を行く人達に迫って行く。

f0201348_13164690.jpg 今日始めての出会いは築上郡からの夫婦連れである。
私と同じように牧ノ戸峠から久住山と思っていたらしいが、駐車場に入れず長者原に戻ってきたとのことである。
 2組目は大曲からの道に入る前、下りでも諏蛾守越小屋で偶然に再会した夫婦連れである。
イントネーションから「鹿児島じゃないですか」と尋ねると正にその通りであった。
一晩泊まりで串木野から来たとのことであった。
 一時は無くなりそうになった休日千円をお互いに喜びながら別れる。
f0201348_13175998.jpg 三人目の出会いは、硫黄山に向け高級一眼レフのファインダーを覗いていた男性である。
 一頻り雪山のカメラワークについて話した後に別れるが、これまた諏蛾守越からの下りで偶然に再会した壱岐の男性である。
f0201348_14475919.jpg
f0201348_13212247.jpg 10時50分諏蛾守小屋着である。
グループ登山の男女が殺風景な三俣山西峰の中腹に列になって色を添えている。
 一服している男性に話しかけると、牧ノ戸峠から中岳に行く予定にしていたが仕方なく回ってきたらしい。
彼とはずっと相前後して中岳へと向かって行くことになる。
f0201348_13254127.jpg 法華院温泉方面へ下って、直ぐに長い北千里浜を久住別れへと、緑のない雪のガレ山を 見ながら淡々と歩を進める。
 分かれの直下、吹き溜まりになった雪の急坂を登り詰めると博多のお二人さんが休んでいた。
f0201348_1333493.jpg

「九重山群の中岳」(4)から見る時はこちら
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2011-01-24 14:56 | 山登り | Comments(0)

「九重山群の中岳」(2)

f0201348_11344226.jpg
 6時半に起きる予定が7時になってしまい、牧ノ戸峠に着いたのは9時過ぎ。

f0201348_11414228.jpg
 家を出る時、車の温度計は零下3度である。
そして、豊後森を走っている時には零下5度まで下がっている。
あまりの薄着にレインウェアーだけで大丈夫かと少し不安にかられる。
午前中の陽射しをお願いしたい。
 出掛ける前に確認していなかったので、九酔渓の日陰になった葛折りがノーマルタイヤで通れるのかとの二重の心配もあった。
が、流石に観光地である。積雪は路肩に片付けられ、路面は濡れて黒ずんでいるが全く凍っていない。
渓谷の橋の袂にある滝が今日は見事に凍っている。
車通りの少ないことを幸いに、今日最初の1枚目である。

f0201348_1143466.jpg






















 右手にミソコブシ山から連なる雪の涌蓋山を見ながら長者原へと入って行く。
乗用車でかなり埋まっているが、少々余裕はありそうだ。
 やまなみを蛇行しながら牧ノ戸峠へと向かっていくと路肩に点々とし、大曲の雪深い空き地にも四駆が1台駐車している。
いやな予感がしてくる。
 案の定、牧の戸峠の駐車場には車がびっしりと詰まっている。ガチガチの路面に用心しながら奥まで進んでいくと、前で立ち往生している車があり入れない。
この中に風来坊さん達の車が入っていたとは知る由もない。
 大曲か、長者原か、はたまた山靴さんからメイルで頂いた凍てついた暮雨の滝が脳裏を掠め、吉部から大船山に替えるか。
大曲では普通車が1台入りそうな所でこれまた立ち往生して、私へ両手で×印を出している。
吉部の鄙びた細道は日陰になりノーマルでは到底無理だろうと思い、仕方なく余裕のある長者原にする。
f0201348_12103160.jpg

「九重山群の中岳」(3)から見る時はこちら
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2011-01-24 12:10 | 山登り | Comments(0)

「九重山群の中岳」(1)

f0201348_10265333.jpg
 零下に近い吹き曝しの久住分れで風を避けるようにして、岩陰で昼食に取り掛かっているご夫婦。

f0201348_10284731.jpg 午前中の青空と違って雲が全面に張り出してきた午後である。
野菜と牛肉をたっぷりと入れた鍋がぐつぐつと煮立っている。
そばにはキムチの袋あり、赤卵あり、ご主人の横には缶ビールまでそつなく用意されている。
ご相伴に預かりたい気分である。
 山でこれほどの昼食を楽しんでいるご夫婦を見たことがない。
冬山のラーメンにグルメを感じる程度の人間だから、☆三つのミシュラン食事である。
当然冬山が最適である。
2月か3月に冬山の機会があれば私も試してみたいものである。
 北千里浜から久住分れに急坂を登りつめた時、最初に話し掛けた博多のお二人である。
その後も氷の張った御池では中岳をバックにシャッターを頼まれていたので、気楽に話しかけて写真を撮らして頂いた。

 上旬には雪の宝満山、そして下旬の九重山群と今年の1月も昨年の1月と全く同じである。
ノーマルタイヤで行ける範囲は限られているし、己の体力も分かっているので無理はできない。
昨晩から末娘が帰って来ているので、妻を連れ出す分けにもいかず今年は2回続けて単独行である。

f0201348_10315671.jpg







 帰って来て写真をPCに撮り込むと白ボケが多い。
雪の写真と言うことで、最初に露出を1/3に上げたまま、すっかり忘れてしまい全てを露出過多で撮って来たようだ。

                   


 山頂まで何の躊躇いもなく登って来たハスキー犬。
手入れが行き届いているのか毛並みが素晴らしい。
人馴れしていて甘えてあまがみしてくる。
飼い主曰く「相手してくれると思ったらとことん甘えだす犬です」とのことであった。



                                  (久住山を背景にして)

「九重山群の中岳」(2)を見る時はこちら
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2011-01-24 10:55 | 山登り | Comments(0)