<   2010年 11月 ( 34 )   > この月の画像一覧

「降霜の畑」

f0201348_18263237.jpg 我が家では春先からの朝のスープに重宝しているキヌサヤとスナックエンドウ。
ここ3年ほど種苗店から苗を買って来て栽培しているが、今年は種からポット栽培を試している。
21個のポットに2個ずつ種を播いたが、2週間以上経ってやっと31個ほど芽吹いている。
 今年は冬野菜が順調に成育し、食事の豊かさに改めて感謝している。
この菜園作業の流れに沿って、豆類も時期を逸さず来週初めには定植したい。
f0201348_9232896.jpg 畑に来ると2回目の降霜で、ジャガイモの葉は緑を保っているが見るも無残に萎れている。
このまま紅葉の如く枯れて行き、収穫の時期を迎えるのかも知れない。

















f0201348_18311494.jpg

 先ずは時期をずらして播種した冬野菜の水遣り、そしてブロッコリーの幼虫捕りである。
青々と生育しているブロッコリーには、来る度に幼虫が付いているから敵わない。
 ピーマンもそのまま放置していたが霜にやられ、残していた実まで萎んでいる。
オクラ、ピーマン、ナスと晩秋までよく実ってくれたものである。
 「ナスに大きなバッタがとまっている!」と妻が呼ぶ。
菜園荒らし常習犯のカラスかどうか判らないが、終りに近づいて小さな実を付けているナスの茎に夏の蛙のように、3匹も枝に串刺しになっている。
冬に向け野鳥も必死に食いだめ準備しているのかも知れない。
f0201348_18331219.jpg 菜園を始めて、野菜栽培の難しさもさることながら、自然の営みの面白い仕組みを色々と実体験させて貰っている。
f0201348_18344253.jpg 3枚目の写真は残酷に映るかも知れない。掲載の善悪は別としてこれが自然の理法である。
 8m程の畝起こしと土を細粒化した後、石灰と堆肥を混ぜ合わせ定植の準備が整う。
遅くとも来週の初めには定植できる。
 今晩も菜園の実り、黒枝豆で晩酌しながらブログを掲載している。
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2010-11-29 18:24 | その他 | Comments(2)

「早くも忘年会」

f0201348_18431938.jpg 抜けるような青空に山へと誘われてみたいが、頭の芯に少し酒が残っている。
呑み助の年金生活者はとにかく待ちきれない。あらゆる事にかこつけて飲み会へと努力する。
 そして、酒の匂いに敏感で、もうそろそろではないかと思っていると電話が掛かって来る。
感覚が鈍くなっているのに不思議な酒感である。
一人が声を上げれば、獲物にありつく禿鷹のようにさっと寄り集まる。
 長谷川穂積が階級をフェザー級に上げての世界挑戦実況中継を見たいが、ビデオ頼みで放射冷却に震えながらいそいそと出かける。
現役一人に退職者3人の忘年会である。
f0201348_18445399.jpg 一人で飲むと精々3杯程度であるが、寄りあうと話題が酒盃に語りかけ時を忘れさせる。焼酎を飲めない一人を除いて、老境3人で1升空けてしまった。
最後は新年会の約束で終わる。    (夕日に燃えるお寺の紅葉と宝満の山並み)
f0201348_18451496.jpg





























 10時過ぎに帰って来た後、靴を脱ぎ捨てボクシングビデオに飛びつく。結果を知らないまま粟生と長谷川の試合にのめり込んで行く。
KOは無かったが二試合とも素晴らしい内容でチャンピョンに返り咲いた。
 祝杯を挙げるには余裕が残っていない。数十年前にあったトリス(?)ウィスキーのコマーシャルではないが、頭頂部までアルコールに染まっている。
酔漢は竜王戦のビデオまで観て午前様となる。
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2010-11-27 18:33 | その他 | Comments(0)

「秋月の紅葉」(2)

 雨上がりの月曜日、予想を上回る人混みに戸惑いながら、今シーズン最後の紅葉狩りとなった。
f0201348_23115650.jpg 昨年は深耶馬渓の一目八景、大宰府の枯山水光明禅寺に忘我の観楓であったが、今年は山を基本に心身を染め歩いた。















(一目八景)
 10月下旬からの祖母山、根子岳、そして雲仙三岳と登ったがそれぞれに時期尚早、そして大船山では突然の寒波で樹氷と重なり、最後の脊振山は時期遅れと微妙に見頃を外してしまった。
f0201348_2352945.jpg しかし、各山それぞれに趣の違う紅葉に出会い、相応に心鎮まる日本の秋であった。
 今年は少し欲張って脊振神社、九年庵、秋月に足を伸ばしたが、”錦秋”の言葉に相応しく願っても無い紅葉狩をさせて頂いた。
 紅葉狩りに出られたご高齢の方が亡くなられたとの報道があったが、心よりご冥福をお祈りしたい。


 40数枚の写真と少し多いが、スライドショーで秋月を一周したような気分になれば幸いです。
  秋月の写真集はこちら

「秋月の紅葉」(1)を見る時はこちら





                          (光明禅寺)
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2010-11-25 21:57 | その他 | Comments(2)

「万年山から龍門の滝と慈恩の滝へ」

f0201348_1931311.jpg
 あっという間の万年山登山に少しもの足らず、帰路から逸れて瑞巌寺の石仏に頭を垂れ、龍門の滝と慈恩の滝へと向かう。
f0201348_194357.jpg 龍門の滝は、子供達が小学生の頃に家族で行ったことがある。
 我が家の愛犬が元気な頃で、露天の前に繋がれた野犬風の大人しい犬を子供達が長らく相手していたのを思い出す。
 我が家の愛犬は牧羊犬ながら”桃太郎”と名づけられ18歳まで生きた。
最後は人間同様認知症になり、半年ほど面倒見た後、偶然にも家族全員に看取られて12月30日にあの世へ行ってしまった。
人の世を知ってか知らずか、休みに入る直前の大晦日に黄檗宗のお寺で火葬して頂いた。
 龍門の滝には観光客も閑散として、私だけが山帰りの寒そうな姿で滝を久し振りに堪能する。

f0201348_19122331.jpg 龍門の滝に行く途中にあるが瑞巌寺の石仏に寄る。
宮城県の松島にある瑞巌寺はつとに有名であるが、まさか大分県の玖珠にも同名のお寺があるとはついぞ知らなかった。f0201348_1913317.jpg
 瑞巌寺磨崖仏と云って、半肉彫りされた五体の石仏が静かに並んでいる。無心のまま手を合わす。
f0201348_22124351.jpg そして、一路210号線に出て、天ケ瀬温泉の手前にある慈恩の滝へと向かう。
流石にここは観光客も多く、皆さん立つ位置を工夫しながらカメラを構えている。
私も一人前に構図を考えながら撮り始める。
f0201348_19215466.jpg
f0201348_19171555.jpg

f0201348_1920375.jpg
「万年山」(1)から見る時はこちら
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2010-11-24 18:54 | 山登り | Comments(2)

「万年山」(3)

f0201348_1403815.jpg 刈られた下草の心地よいクッションを味わうのも束の間、里山からの道と一転して最後の急坂が待っている。f0201348_141165.jpg














f0201348_148566.jpg 樹林の中、丸太で設えた階段を80段ほど登って行くことになる。
「このまま山頂に立つことができれば山登りではないか!」と、流石に中途で一息二息つかざるを得ない。
 階段が終り短い急坂を登りきると、情報通りにだだっ広い山頂の一角に出る。

f0201348_14113189.jpg 山頂まで500mの距離はクマザサに覆われ、所によっては私の背丈ほどあり、赤いテープが無いと山頂まで行けない程繁っている。
 足元が見えないので、靴底の感覚を頼りに道を探りながらまた段差に気を付けて平坦な道を進んで行く。
 三角点の手前100mほどで、牧場からの登山道と出くわす。
南西に開け、休息展望所らしくベンチが設けられている。
f0201348_14124689.jpg 山頂標識らしき方へ行くと、下草がきれいに払われた広々とした山頂である。
南の方にベンチがあり、男性一人と6・7人の男女のグル-プが昼の準備をしている。

f0201348_14164893.jpg
f0201348_14133555.jpg 挨拶後、山頂を一周して展望を確かめるが、九重山系や阿蘇山系、双耳峰の由布岳の遠望は無く、今日は雲に包まれ至ってた寂しく退屈な山頂である。
 陽は無く、夏用の長袖は汗が滲み、山頂には相応の風があるので歩いていないと寒い。
車中、レインウェアーの入れ忘れに気付いていたので、山頂での昼食は諦めていた。
f0201348_14142013.jpg 単独の男性とグループ登山の方々に別れ、早々にピストンで下る。

いつしか山頂付近は青空となり、一人おしがお台でお握りをぱくつく。
 落葉が敷き詰められた場所でお湯を沸かすわけにもいかず、冷たい水で喉を潤し早いピッチで下山していく。
f0201348_14173721.jpg

f0201348_2032795.jpg
f0201348_2021968.jpg

「万年山から龍門の滝と慈恩の滝へ」を見る時はこちら
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2010-11-24 13:44 | 山登り | Comments(0)

「万年山」(2)

f0201348_1395036.jpg 九州自然歩道に沿って簡易舗装された里山に入って行くと、小高い所から私を呼び停めるかのように大きな声がする。
勿論私への呼び掛けではない、軽トラックが数台となく停まっている。
 見渡せる場所まで来て、何の気なしに振り返ると、地区の方々がゲートボールに興じての歓声のようであった。
祭日の今日は「鍬をウッドに持ち替えて運動した後、酒と料理を持ち寄っての歓談会なのだろう」と、一人勝手に想像してしまう。
f0201348_13105758.jpg 集落最後の家の角を指導標に従って左に折れ、薄暗い杉林へと入って行くが、道はずっとなだらかな登りで、清澄な空気を体中に満たしながら気持ち良く歩が進む。
 イヤホーン通して軽快な調べでも入ってくれば言うことない。
f0201348_13122031.jpg
 簡易舗装が続いているが、これで良いのかと若干不安になるが、指導標がしっかりしているので信じて行くと、案の定間違えそうな所には万年山への標識が整備されている。
杉林の間伐や下草刈りも進み、山出しの為の供用舗装なのだろう。
 下りの時に分かったことだが、方向さえ間違えなければ杉林を直切ることも可能だろう。
 突然アスファルト道路に出くわし若干戸惑うが、左はすへと簡易舗装が続いている。
相変わらず車幅以上にありそうな遊歩道を登って行くと、右手に紅葉時期が過ぎた山腹を抱える柱状節理のピークが並んでいる。f0201348_13133671.jpg
 砂利道へと変わった辺りから真正面に万年山がお目見えして来る。
今日は快晴の予報にも拘わらず、未だ雲が掛かって山頂を拝むことはできない。










f0201348_13145797.jpg 所々にある銀杏やカエデに焦点を合わせながら、登山道らしくない遊歩道を淡々と登って行く。
展望が良くなった所で、道路に単車痕を見る。
なるほど、山頂への取り付け道路までは四輪駆動であれば十分上がれる遊歩道である。

f0201348_1332268.jpg 山頂への見通しが効くような場所に来ると、想像通りの山容が姿を現す。
 南西方面はぐっと下界が広がって来るが、垂れこめた雲に遠望は全く無い。
 林道に出ると、山頂への道は側溝との段差が1m程あり、短足の私は松の根っ子に助けられて上がって行く。
作りつけの道は下草が刈られ、山頂を目にしながら導かれる様に緩やかな道を登って行く。




f0201348_13362145.jpg

「万年山」(3)を見る時はこちら
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2010-11-24 12:41 | 山登り | Comments(0)

「万年山」(1)

f0201348_23383961.jpg
 「留守番するよりは山登り!」とばかりに、いそいそと出かける。
f0201348_23412527.jpg 今シーズンの紅葉狩りは昨日の秋月で終わったので、冬に向かって山友さんのブログを見たり山の本を捲ったりして幾つかプランを練っていた。
が、先日の新聞に裏側から緑にライトアップされた慈恩の滝が掲載されていたので、まずは九重方面で手頃に登れる山として万年山へと向かう。f0201348_23423587.jpg











 山頂で30分ほど楽しんでも、せいぜい4時間程度の山登りなので、登山口には10時までに着けばと、気楽に遅い出発である。
 北九州一円は終日晴れの予報が出ているので、九重山系や阿蘇山系への遠望が期待できる筈である。
そして、帰りに慈恩の滝でも寄って行きたい。f0201348_23532440.jpg
 いつもは閑散な大分自動車道であるが、千円の祭日は流石に混んでいる。
時間に余裕があるので急ぐ必要もなく、次々と後続車に追い抜かれる。
 今日は玖珠ICで下りて、210号線から387号線に乗って、黒猪鹿の登山口から柱状節理を見ながら登る予定である。
 さほど長くない山村への細い道を上がって、黒猪鹿地区改善センター前に9時半と余裕の到着である。
駐車場がないので通行の邪魔にならない様、天満宮社の直ぐ下に横づけする。
 天満宮に手を合わせて、黄金色に染まった銀杏林の田舎道を数分歩くと、万年山5.1kmとの登山口標識が立っている。f0201348_2348423.jpg







 いつも思っていることであるが、登山口のある山村や里山は日本の原風景があって語れない程に美しい。
そして、絵に見るような風景もさることながら、塵一つ散らかっていない。
  山帰りに寄った龍門の滝と慈恩の滝
f0201348_23554795.jpg
f0201348_2356536.jpg

「万年山」(2)を見る時はこちら
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2010-11-23 23:34 | 山登り | Comments(0)

「秋月の紅葉」(1)

f0201348_22132071.jpg
 山友さんのブログを頼りに、秋雨の秋月へと車を走らせる。f0201348_2217084.jpg
 毎年、桜と紅葉の季節には必ず行くことにしているが、ここ数年の人混みにうんざりとして、可能な限り平日を選んでいる。f0201348_22174532.jpg
 週初めの雨の月曜日、人の気配を気にせずに物静かな散策をしながら、水玉に光る紅葉を楽しめる筈である。
年に2回は登っている古処山から屏山への連なりは雲に深く閉ざされている。
 一車線の秋月街道も期待通り渋滞することなく、糠雨にスムースな流れである。
野鳥川に掛かる目鏡橋で路肩に車を停めるに遠慮する必要もなく、情報通りに見頃となった色付きを背景にカメラを構える。
 いつも停める駐車場に入って行くと、意外にも大型バスが数台、自家用車も他県Noを含め満車に近い状態である。
私達共々、老い先短いタンス預金している方々にどしどし遊んで頂くに吝かでない日本の経済である。

山然り、平日の観光地は正に老人天国である。
f0201348_22203263.jpg 桜並木へと入って、団体さんの行列を避け、露店の商品を楽しみながら秋月城跡へと不要となった傘を片手に歩いて行く。
団体さんに混じって、時々中国語も聞こえて来る。
 ブログを書いている最中に、酒の肴に息子が釣った小アジの南蛮漬けが出て来る。
私好みに、少し甘くカラッと歯ごたえもあり、思いの外焼酎の減りが速い。
 ブログ掲載の話題がある時は先ず文章を全て書く。そして、時に応じて写真を添付しながらブログを載せて行くことにしている。
文章を書いている最中は完全に“ながら族”である。
今はボクシングを見ているが、いつもTVかネット囲碁をしながら書いている。           (秋月中学校)
f0201348_22234576.jpg

「紅葉の写真集」を見る時はこちら                        
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2010-11-22 22:09 | その他 | Comments(0)

「小春日和に畑仕事」

f0201348_19412288.jpg 今朝は孫達を迎えに行く前に、実家に採れたての野菜とキウイを届けるため畑に寄る。
カブ、コマツナ、ホーレンソー、ミズナ、チンゲンサイは防虫ネットに邪魔され頭を垂れる様にこんもりと息苦しそうである。
もうそろそろ背伸びさせたいが、バッタや蝶がこの陽気に釣られてキバナコスモスの周りを舞っているのでもう少しの間辛抱して貰おう。
f0201348_1943746.jpg





























f0201348_19545429.jpg



 防虫ネットで過保護に育ったブロッコリーは、ネットを外した後は肥満時のように凄い姿で誇っている。しかし、穴あきになっている葉の裏を見ると1cm程の虫が必ずといってよい程にくっ付いているから油断大敵である。
虫も鳥も無農薬の葉は本能的に判るのだろう。
f0201348_20098.jpg 今年は畝を高くして、防虫ネットで栽培していた大根も虫に食われることなく順調に育っているが、葉の方が美味しそうである。
f0201348_2022333.jpg モグラに苗が浮いたタマネギであるが、即製のモグラ避けでどうにか沈静化している。
 冬野菜の収穫をしていると、下の菜園先輩が「サツマイモどうですか?」と近寄って来る。
お互いの栽培状況を一頻り語り合った後、女性の友達アンノウイモ、キントキイモ、サトイモを分けて頂く。
f0201348_2024693.jpg
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2010-11-19 19:29 | 家庭菜園 | Comments(0)

「九年庵、脊振神社から」家庭菜園へ

f0201348_1033135.jpg 一番の紅葉見頃を堪能してきた後、放置していた播種畝への水遣りに急ぐ。
 散水した後にタマネギの畝を確認しに行くと、由々しき事態になっている。
f0201348_10345029.jpg タマネギを二畝に分けて定植したが、落花生収穫後の畝はうねる様に浮いて、大事な根が浮き上がっていたり苗が倒れたりと、枯れてはいないが萎えかかっている。
初めてのことだし、もう一方の畝に全く異常がないところを見ると明らかにモグラの仕業である。
即製モグラ避けとして、地中に風の振動が伝わる様に棒を立てて行く。
f0201348_10363018.jpg 慌てて苗を埋め戻し、浮き上がった所を修復していくが少し心配である。
 野菜を間引きして、全く面倒を見ていなかったサトイモの収穫をするが小粒ばかりである。
これまで世話無しでお店に並ぶようなものが収穫できた油断であろう、流石に無視すればサトイモもひねて当り前である。
食す以前に二人して申し訳ないような気分になる。
f0201348_10371684.jpg 帰宅後、ガレージの上に大振りの葉を枯らしなが這っているキウイの収穫をする。
 今週末に来る孫達に捥ぎらせるための30個程残して捥ぐって行くが、予想外に多く小玉を入れると140個程になった。
 ビニール袋にリンゴと一緒に分けて子供達にお裾分けし、残りは朝食にヨーグルトに緑を添えて頂く。
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2010-11-18 10:11 | 家庭菜園 | Comments(0)