<   2010年 01月 ( 35 )   > この月の画像一覧

「大いなる自然世界百名山」写真集

f0201348_13242347.jpg NHKのアーカイブス再放送で、「荘厳世界百名山の名峰を9000m上空から撮る」と云う番組を観たが、印象深い素晴らしい番組であった。
 写真家「白川義員」さんが「世界の百名山」の写真集を作るにあたり、高さだけでなく、雄大、荘厳で格調高く、人々の登山の歴史、そして人間の精神に深く影響を与え、敬虔な信仰の対象になっている山を基本に、世界の登山家から110峰の推薦して貰い、最終的に100峰へと集大成したらしい。
 番組は、カラコルム山脈の主峰K2とヒマラヤ山脈の主峰エベレストの東壁に当たる曙光を、上空9000mから撮影する映像をドキュメンタリー風に仕上げたものである。
 神々しい山々を撮影しながら、地球は人間のためにあるのではない、故に自然の摂理に従って調和しながら生きるしかなく、山に深遠なる恐怖を感じ、最終的に神に祈る言葉しか見いだせない。
そして、人間は感情や奢りを自然の中で中和して生きなければならないと結んでいた。               (クリスマスローズ)
撮られた写真も神々しいものであるが、彼のコメントも常に神々しく山同様格調高い内容であった。
f0201348_13233856.jpg 山登りに勤しみ、山の写真をブログに出しているが、画面に映りだされる写真を前にすると、老境に近づきつつある私は、まるで登山口に着いたばかりの俗人にしか見えない。
 実体験しないと人生観は変わらないかも知れないが、是非写真集を見てみたい。
蛇足ながら、富士山のご来光を拝んだ時の気分はそれに近いかも知れない。
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2010-01-30 22:28 | 雑感 | Comments(0)

「日本人のストレス体質」

 ビートたけしの「ストレス」に関する番組を観たが、大変に面白かった。
 街頭で、道行く人達へ「偽ストレス測定器」で持って、測定結果に対する反応を見ることから始まる。
日本人の場合、「ストレス値」が高いと、「そうだろう!」とばかりに肯定的に安心するが、外国人(欧米人)は否定的に落胆する。
逆に「ストレス値」が低いと、日本人は押し並べて「頑張りが足りないのか!」と意気消沈し、欧米人は「そうだろう!」と満足気な表情に変わる。
 何故、真逆の結果が出るのかということで、神経伝達物質「セロトニン」の分泌量の多少が云々されていたように思う。
 日本文化の基礎にはストレスを解消するための技が隠されているらしい。
例えば「虫の声」、「獅子脅し」、「日本庭園」、「盆栽」等々があるとしている。
中でも驚いたのは、日本人が癒しと感じる「虫の声」を欧米人が雑音と感じる感性の違いである。
なるほど!
 また、ストレス過剰は免疫機能の低下を来すが、ストレスを甘受し解消することは長寿の可能性につながるらしい。
直近の解消法として、緊張環境から解放される時の落差にあるとして、「滝行」、「高飛び込み」、「絶叫マシーン」があげられていた。
f0201348_12202912.jpg 交感神経の緊張状態(ストレス)から副交感神経の緊張状態(リラックス)に変化する時、要するに精神的ダメージを物理的ダメージからの解放の落差で癒されるらしい。
 しかし、「何故日本人はストレスを溜め易い民族になったか?」との根拠については何も語られていなかった。
 私は、常に自然災害や飢餓と云う自然の脅威を身近に感じる環境で、知らず知らずのうちに交感神経優位の体質になったのではないかと推測してみたい。
同じように、あらゆる自然に神の存在を感じ、色んな祭り事をすることで自然の脅威(ストレス)を解消していたのかも知れない。
 ということは、日本は癒しの文化で、その延長線上に「キメ」の細かい技術が育まれているのかも知れない。
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2010-01-30 11:41 | 雑感 | Comments(0)

「九重山群へ」(5)

f0201348_1729551.jpg 短い距離ながら二休みして「扇ケ鼻」の頂上に立つと、特に阿蘇方面の下界と五岳は素晴らしい。
 そして、「平成新山」と「普賢岳」の姿がくっきり判る程に見える。
 昨年登った妙見岳、国見岳、そして普賢岳の山頂から見た平成新山のそそりたつ岩肌が思い出される。
f0201348_17301537.jpg「雲仙岳」を見る時はこちら

f0201348_17303049.jpg(西千里浜の後ろに広がる星生山の尾根の流れ)
f0201348_17331665.jpg 下山予定を2時にしていたし、それなりに疲れを感じるので写真タイムだけで下山する。

f0201348_1732267.jpg 「沓掛山」までの道は思った以上の泥濘で、靴は泥だらけである。
しかし、ズボンはスパッツのお陰で不思議なほど汚れていない。
f0201348_17512269.jpg 帰り道で会った登山者も僅か二人、私が途中から「扇ケ鼻」方面に向かったので、最後まで嬉しい孤独な山行である。
 牧ノ戸の駐車場に着いたのは14時5分、少し欲張ったが予定通りである。
 f0201348_1752991.jpg












(沓掛山の最後の登りと残雪の下り)


f0201348_17543648.jpg 帰り車の中で食べそびれたお握りを2個パクリ。


「九重山群へ」(1)から見る時はこちら
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2010-01-28 16:55 | 山登り | Comments(0)

「九重山群へ」(4)

f0201348_16103768.jpg いつも賑わう広く岩がごつごつとした山頂に、私一人である。
11時45分、「牧ノ戸峠」の登山口から2時間20分である。
 思う存分に四方の澄み渡った雄大な景色を眺めた後、今日は誰の気兼ねもなく自由気儘にカメラを構える。
 入れ替わるようにお下りて行った男性との挨拶で、「風が強いですよ!」と云われていたが、風の冷たさは全く感じない。
陽が程よく照り、真っ青な青空に向かって深呼吸をすると鳥になった気分である。
 いつもは登山客に気兼ねしながら、写真を撮ったり食事をするが、今日は正に「天上に一人遊ぶ!」の気分である。

f0201348_168472.jpg(由布岳)
f0201348_1693355.jpg(大きく水蒸気を噴き出す硫黄山)
f0201348_16831.jpg(山頂のごつごつとした岩石の向こうは登って来た星生山の尾根) 
f0201348_16255844.jpg(中岳と白口岳の向こうに緑濃き大船山)
f0201348_16113510.jpg 一頻り山の喜びを味わった後の楽しみは昼食である。
雪の「宝満山」で知った、カップラーメンをザックから取り出す。
 蓋がピーンと盛り上がっている。
「気圧のせいだな!」と時計を気圧に合わせると案の定820hPcとかなり低い。
f0201348_16303671.jpg

 「高度が1m上がるごとに約0.1気圧程度下がる」と、ある本に書いてあったが、時計の気圧計も本も間違いない。
 魔法瓶から熱湯を注ぎ山頂の標識を背に、果てしない眺望を楽しみながら3分間の待ち時間。
冷風を心地よく感じながら啜り込むラーメン、ミシュランの三つ星にも勝る昼食である。
塩分と油分を気にせず汁まで一気に啜り、持ってきたお握りに手が伸びない。雪の「宝満山」(4)を見る時はこちら
 この頃になると四方の山々に人影はなく、声すら全く聞こえない。

f0201348_16373934.jpg 30分ほどの頂上堪能タイムの後、名残惜しい一人占めを押し殺しながら無人の峰々から撤退である。
 平坦な「西千里浜」で足の疲れが吹っ飛び、「扇ケ鼻」まで足を延ばすことにする。
(阿蘇盆地の向こうに祖母山、傾山の連山が見える)
f0201348_1638767.jpg(山頂からの阿蘇五岳)
f0201348_172476.jpg 

f0201348_174253.jpg

 しかし、二山の後の登りはやはりしんどい。
「西千里浜」から見る「扇ケ鼻」への道は笹とミヤマキリシマを分けるように残雪が伸び、かなり太腿に応えそうである。
f0201348_12571492.jpgf0201348_12535710.jpg





「九重山群へ」(5)を見る時はこちら
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2010-01-28 14:25 | 山登り | Comments(0)

「九重山群へ」(3)

f0201348_13414062.jpg 登山口から1時間20分の10時45分、一人山頂に立つ。
 風は山頂のごろ岩に当り厳しく冷たい音を立てているが、寒さを忘れてカメラを構える。(奥は高絞りのせいで近くに見えるが三俣山山頂である)
カメラに下げている腕時計を気温に合わすと2℃である。
f0201348_13374323.jpg 見慣れた眺望であるが、今日は格別に透き通った光景に見とれながら、色んなアングルを探りシャッターを押す。
(扇ケ鼻登山道の向こうに阿蘇五岳)
f0201348_13382965.jpg(北大船から大船山)
f0201348_13385273.jpg(尾根の向こうに連なる天狗ケ城、中岳、稲星山、久住山)
f0201348_13393332.jpg(硫黄山の噴煙の向こうに三俣山、そして直ぐ左に由布岳、右に平治岳)
f0201348_1340620.jpg(扇ケ鼻)
f0201348_13582498.jpg(肥前ケ城方面)
f0201348_14213558.jpg(阿蘇外輪山の彼方に浮かぶ普賢岳)
f0201348_14152882.jpg 早々と脱いでいたレインウェアーを着て、ゼリーと水分補給をし、5分程度で「星生崎」の方向へ歩き始める。暫くすると、強い風とごつごつとした岩の間隙を縫っての下りが続き、「君子危うきに近寄らず!」とばかりに引き返し、体験済みの山頂直下から「西千里浜」への急坂を選ぶ。
f0201348_14154843.jpg 見慣れた山並みを久住方面へと行くと、「久住山」の喉に当たる岩の関所である。
 「久住分れ」を中にして、近隣の峰々の向こう南西に阿蘇、北東に由布の美峰が一直線上に並んでいる。
 周りに人気無く、山群に唯一人の人間である。

f0201348_17103053.jpg 「星生山」の登りが少し応えたのか、久住山頂までの道程で2回の小休止を取る。
 山頂直下で、下りの男性二人に会う。
軽い挨拶を交わして一気に山頂に駆け上がる。
f0201348_17183268.jpg


「九重山群へ」(4)を見る時はこちら
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2010-01-28 13:06 | 山登り | Comments(0)

「九重山群へ」(2)

f0201348_11461267.jpg 先を急ぎ「沓掛山」の尾根まで来ると、やはり「阿蘇の五岳」が手に取るように眺望できる。
 冬の晴れた1日、空気が澄んでいるので期待できそうである。
(世界最大級のカルデラ、阿蘇の風景は自然の雄大さと言い知れぬ美しさを醸し出している)
f0201348_11472570.jpg
f0201348_11475031.jpg
f0201348_1148726.jpg 外輪山の遥か向こうに「平成新山」と「普賢岳」の威容も雲上に見える。

f0201348_11521796.jpg 「沓掛山」を久住方面へ下りて行くと、歩き慣れた登山道である。
 日陰に残雪が残り、道は泥濘状であるが、凍っているので意外と歩き易い。しかし、「昼前には3月並みの気温との予報があるので、帰りは大変だろうなー!」と独り言を言いながら平坦な登山道を速足で歩く。
f0201348_11511294.jpg 先に登っていた夫婦連れに追いつき、「お早うございます、今日はどちらへ?」と尋ねると、「中岳の山小屋が新築されたらしいから!」とのことであった。

f0201348_12491659.jpg 間もなく2組目の夫婦連れと単独行の男性に追いつく。
いずれも私同様にリタイアーした方達だろう。
 その中で、一人若い男性が下りて来た。
「昨日は方々の山を登って、法華院温泉に泊まり、久住山から素晴らしいご来光を拝んでの帰りです。
大分の大学にいる間に暇を見つけて九重に来てます!」と明るく答えて「牧ノ戸峠」へ下りて行く。
f0201348_1210355.jpg 他の登山者が「中岳」、「久住山」へ向かう中、私一人「扇ケ鼻」の分岐点から尾根伝いに縦走して「星生山」へと向かう。
 昨年来、どうしても一度登ってみたかった縦走路である。
尾根までの急登はさほど長くないが、結構厳しく息が上がってしまう。
f0201348_12522017.jpg 登りきると残雪とミヤマキリシマに挟まれた隘路が続き、ザックに入れっぱなしのアイゼンを思いながら慎重に登って行く。
f0201348_12143782.jpg 尾根上から、「西千里浜」沿いの道を「久住山」や「中岳」へ向かう人達が眼下に小さく入る。
下からも当然一人尾根を歩く私が寂しそうに見えている筈である。
 青空と眺望に後押しされながら、休むこともなく山頂へと一歩一歩登って行く。

(星生崎と久住山、そして一番奥は稲星山)


「九重山群へ」(3)を見る時はこちら
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2010-01-28 11:44 | 山登り | Comments(0)

「九重山群へ」(1)

f0201348_1820528.jpg 今朝起きると、珍しく登山明けの太腿の“こわり”を感じる。
昨日は、今年初めて九重山群へ入山する。
 単独行なので、ペースも山も思うが侭に気が楽である。
私なりの拘りであるが、山群の横綱「久住山」には、まず敬意を持って登らなければならない。
 高さでは「天狗ケ城」や「御池」を従える「中岳」に数メートル及ばないが、端然として聳える山容の威厳は数段上である。
太刀持に「星生山から星生崎」を、露払に「扇ケ鼻・肥前ケ城」を従える様は威容を誇っている。
f0201348_101982.jpg 早朝に家を出て、登山口のある「牧ノ戸峠」に着いたのは9時過ぎである。
長者原も然りであるが、シーズン中であれば常に満杯の駐車場が、厳寒の平日とあっては僅かに6・7台である。
 雪解けと霜解けで足元が間違いなく汚れるはずだからスパッツを着け、冷風避けにレインウェアーを着ることにする。
 準備体操をそそくさと済ませ9時半には登山口に立つ。
 「登山計画」の届は何処でもそうであるが、あまり管理されていないのか、用紙の補給が遅れているようである。
f0201348_9451151.jpg 「沓掛山」山頂までの急登は、セメントや木で階段状に整備されているが、一気に登ると最後まで応えるので要注意である。
と、分かっていながら、私一人だとペースが速くなり、しんどい思いをするのが常である。
しかし、今日は残雪があり自ずと慎重にならざるを得ない。
f0201348_944267.jpg 中程にある展望台まで来ると、「三俣山」の向こうに「由布岳」の美峰(双耳峰)がくっきりと見える。非常に珍しい。
 また、方角からすると、「英彦山」の峰々も幽かに見える。


「九重山群へ」(2)を見る時はこちら
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2010-01-28 09:36 | 山登り | Comments(0)

「温暖化の信憑性と日本」

 「日本中 何処を向いても エコーエコー」
 専門的なことは分からないが、国際会議の在り方を仄聞するに、「日本の一人負け」のような気がしてしまう。
 コペンハーゲンにおける会議で、「日本は金を出せ!」、「どうせ日本は金で排出権を買うだけだろう!」等々、声高に罵られ、反発もしない政官界の代表達。
 主要国が国益優先で理屈に合わない数字交渉をしているのに、2度のオイルショック以来省エネで頑張ってきた日本だけが約束させられている。
 ECは排出権を金に換え利権を貪ろうとしているし、中国は成長ハザードとして責任を先進国に押し付けて後進国を扇動しているし、またアメリカは口だけで「中国が入らない限り」批准しないとしている。
 御用学者やメディアの歪んだ情報に悪乗りした政治家や官僚達は、世界中の国から幼稚な外交交渉を見透かされ、省エネの優れた技術や金をせしめられようとしている現状が判っているのだろうか。
 メディアの論調が正しいのか、武田邦彦先生の「温暖化地獄の幻想」が正しいのか分からないが、武田先生の本を読む限り、時系列の概説でよく理解できるし、より信憑性があるように思う。
 温暖化の被害が現実化してきても、大陸性気候の中国、ロシア、アメリカに比べ風呂に浸かっているような海洋国の日本の被害は微少らしい。
しかし、国内の暖化地獄という「終末」の演出と被害甚大国の甘言に乗せられて、国民には塗炭の苦しみが待っているようだ。
 「破綻しようとしている財政同様、代議士の先生方どうにかならないのでしょうか!」
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2010-01-23 09:58 | 雑感 | Comments(0)

「”ほっと”すること!」

 恥の概念もない政治家達により三権は廃頽し、経済や教育の現場には拝金主義が蔓延り、惨たらしい事件が続発する平成の日々である。
少し言い過ぎかな!否、かなり綻びかけている。
 老境に近づく私は、日々”小さな幸せ”を見つけながら生きている。
 まず、寒い朝、起きて生姜湯を飲んだ時。
私が言うまでもなく、生姜は洋の東西を問わず重宝されている。
私達も続けて7・8年近くなるが、身体の内側から温まり、陽の光と同じように60兆個の細胞を目覚めさせてくれる。
 次に真冬のトイレに座る時。
ウオシュレットの前は便座にカバーをして、少しでも冷たさを和らげていたが、今ではカバーのない温もりが心地よい。
10年前に改築した時に取り替えたが、こんな素晴らしいものを開発してくれた「TOTO」に感謝したい。 
 そして、個人的には晩飯前の晩酌の時。
1日が終わり、妻が夕飯の準備をしている間にTVを前にしてお湯割りで飲む焼酎である。
現役ではないので仕事疲れはないし、人間関係で疲れることもないが、習慣なのか何となく解放されたように気分が和らぐ。
 ストレスの多い社会、「そんな急いでどこへ行く!」とのキャッチコピーor標語?があるが、年と伴にスローライフに心掛け”急がず騒がず”生きていければ幸いである。
しかし、俗世間から離れたくもあり離れたくもなし。
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2010-01-22 23:53 | 雑感 | Comments(0)

「大寒の今日」

 4月中旬並みのポカポカ陽気の今日、PCとTVを往復するしがない終日を過ごす。
撮り溜めしているビデオを見て、PCに向かいネット碁をして、ニュース番組に戻り、ネットで同年代のブログを覗き、自分のブログを読み返し文章のおかしな所を微修正して、またTVへ戻る。
 娘からHPの英訳を頼まれているが、アパレルの専門的な文章で捗っていない。
 夕方近くなって、「ウオーキング」の準備をしていると、すかさず雨がパラパラと降り出す。
また、PCの前に座りネット碁をして1勝1敗、そして当てもなくブログを書き出す。
f0201348_20111166.jpg そう云えば、朝刊に「アルツハイマー病にワクチンで記憶力の回復」という、患者や家族にとってこの上ない朗報が載っていた。
 ネズミでの実験段階であるが、意外と早く人間に応用されるかも知れない。
 脳内に「βアミロイド」が沈着して発症・重篤化していくが、その原因物質である「ホモシステイン酸」の濃度を抑制するワクチンが開発されたとのことである。
 統計的には白人種に多いとされているが、誰にでも発症の可能性はある。
 一方、酒飲みの私として大いに可能性がある老化に伴う「痴呆症」。
「痴呆ワクチン」の開発が私の寿命より早いことをお願いしたい。 
 これを書いている最中に、あるTV番組でアル中の父をビデオに撮り続けた記者の「短編ドキュメンタリー」が放映されだした。
呑み助の私は、早速TVの前に陣取る。
 バード・ウォッチングしているお隣の柿の木、全ての実を鳥たちに差し上げ、今は枝だけの止り木姿になっているが、昨日・今日・明日は特に寂し日になりそうである。
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2010-01-20 20:01 | その他 | Comments(0)