<   2009年 05月 ( 32 )   > この月の画像一覧

「喫煙と禁煙」

 煙草との付き合いは、20歳と同時に始まった。
読んだ方には時効にして頂きたいが、受験勉強から解放され一端の大人気取りで始めていたかも知れない。
 学生時代は値段的にも「いこい」専門で、社会人になっても庶民的な「ハイライト」で通し、愛煙家の「ピース」がポケットに入っていることは無かった。ヨーロッパにいる時は、葉巻の味がチョイする確か「ジタンズ」という空色の箱のフランス煙草を愛煙していた。これは結構安かったような気がする。
 映画等で見る吸い始めの一本は、大概咳き込んで捨てるようなシーンであるが、私の場合咳き込むことは無かった。勿論美味しいとも思わなかった。
 高校生の頃、兄貴の煙草を盗み吸いして、お袋に怒られた事が数回あった。
免疫と表現できないかも知れないが、何かしら体に馴染んでいたのだろう。
それ以来35歳まで付き合った。
 しかし、15年の喫煙生活の中で3乃至4回ほど禁煙している。
禁煙する時は体に異常があるのでなく、何となくである。
「きっかり1年間止めてみよう」と思い立つのである。
その間、初期段階では必ず数回の誘惑に駆られるが、その時は「きっちり1年後には必ず元の通り喫煙する」と自分に言い聞かせていた。
 35歳の時、甥の高校受験があり、人知れず私が一生禁煙をすることで祈願したのである。
その時も過去の経験から自信はあったし、1年後に喫煙したいとも思わなかった。
 それ以来、酒席の場で友達から1本貰うことはあるが、翌日には煙草の臭いが気になって吸う気にならない。
 今も変わらない。
麻雀や酒席で臭いを家に持ち帰るが、次の日はもう堪らない。
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2009-05-30 11:02 | その他 | Comments(0)

「平成21年5月の日々」

 娘が2歳の孫を連れて「お産」で帰って来て、私の1日もそれなりに多忙である。
私以上に妻は大変だから致し方が無い。
 勿論、孫の誕生とお世話だから疲労感は無いが、今まで勝手気ままに過ごしていたので何となく不自由に感じている。贅沢言えないか!!!。
折角だから日々どのような生活をしているか簡単に残しておこう。
 別居している末娘も、1ヶ月超の短い期間だが姉や甥、姪と暮らせるということで、今は自宅から通勤している。二人暮しから一気に6人の大所帯である。
 7時半に床を抜け、8時前後には末娘を最寄の駅まで送って行く。
その後8時半頃に朝食を取ることになる。
 今は妻、娘、孫の4人で食卓を囲むが、いずれ娘が孫二人を連れて帰ると末娘も居なくなるので二人だけの食事になる。食後の一服は煙草を吸わないので横になって、TVのニュースか新聞を読む。
 その後、10時半頃に孫を車に乗せて運動公園に行き、2時間程相手をしてやる。
ボール蹴り、色んな遊具の補助、そして三輪車に乗せて2km程度押してやるが、その合間を見つけてスクワットを200回する。
 12時を過ぎると、まだ遊び足りなさそうな孫を誤魔化し誤魔化しして家に連れて帰る。
午前中でも日差しは結構強く孫はかなり日焼けしている。2時間も遊ぶと十分である。
昼食後は自分の時間となる、ネット碁を楽しみ、話題を思いつけばブログを書き、畑の管理がある時は2時間程度世話をする。
 7時ごろから晩酌に入り、そのうち晩御飯になるが、私は料理ができないので後片付け専門である。
夜は晩酌とTVが普段の生活であるが、今は孫中心の生活のため、TVはままならず音量も番組もそれなりに制限されている。
 6月上旬に帰ってしまい、一気に二人の生活となる。その時の実感や如何に?
できたら6・7・8月は月に3回程度山登りでもしたいと思っている。
 
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2009-05-29 14:59 | その他 | Comments(0)

「自家療法」

 今月は毎日書けるかなと思っていたが、ついつい三日間さぼってしまった。
話題もさることながら、この時期に軽い風邪をひいてしまい、大したことも無いのにPCの前に座る気持ちになれなかったのである。
 当然のことであるが、新型インフルエンザではない。
何故なら、外国旅行は勿論のこと孫の世話等で忙しく国内旅行もしていないし、人ごみはせいぜい買い物程度である。
また、症状も微熱程度だし、若干喉がいがらっぽく咳が出る程度である。
副鼻腔炎の薬を処方して貰っていたので、その延長線上で快癒した感じである。
 我が家では病院にかかった時、処方された余分の薬は処方箋と一緒に1年ほど保管している。
そして、さほど重篤でない呼吸器病や消化器病は保管した薬を出してきて服用している。
それで概ね症状が改善し、病院に行くことも無い。
 処方された薬は、自分の体で治験済みなので副作用の心配も無く程度に応じて服用している。
初期症状が軽度であれば、回復のために体が生理的に要求している作用だから、1日は放置した方が良いのではないかと思っている。
そして、回復の兆しが無い時に保管してある薬を出してきて服用する。
 抗生物質や解熱剤だけは症状や服用時期について気をつけなければならならないが、対症療法薬は食欲と自然治癒力を上げるためにも服用している。
 医者が聞いたら如何様に思うか知らないが、一疾病で過分に処方してくれる薬を捨てるわけにもいかないし、軽度の呼吸器病や消化器病は、病院で時間待ちしなくても自家療法で十分である。
しかし、孫だけは自家療法で済ますことができない。
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2009-05-28 15:26 | その他 | Comments(0)

「還暦前後の読書」

 現役時代は事務所の近所に大きな本屋があり、また電車通勤をしていたので社会・経済・歴史等の本を週に2冊ほど読んでいた。
 そして、退職が近づくにつれて事務所の書類棚は書類と本の割合が逐次逆転し、退職直前には私的な本だけとなり、僅かに残った書類は廃棄して、溜め込んだ本だけを家に持ち帰った。
 退職3年前からは上司に反対されても、中央行政や他県関係団体との主要な会議・出張は次代の情報交換の必要性から部下に任せ、私は計画書・会議資料作り・下部会議や研修会の事業説明に専念していたし、文書の殆どはパソコンにセイブしていたので事務書類は極僅かとなっていた。
 退職後の公益法人も電車通勤をしていたが、出張が多く週にせいぜい1・2回程度だったので手持ちの囲碁か宗教本を繰り返し読んでいた。 
 元来、宗教や慣わし(しきたり)に縁遠く、子育ての中でも全く縛られることはなかった。
しかし、還暦となり偶々妻が持っていた簡明な仏教の本を手にしたこと、そして偶然であるが同じ職域の後輩が神主をしており、還暦の厄払いをしてくれたことから一層興味を持つようになった。
日々彼岸に近づいているからといって、宗教に縋りたい気持は更々無い。
65年の人生経験、特に人間関係で大いに共感できる教えがあるからである。
 そして今は、「山登りの本」を枕にして、寝床に入る時には神話に始まる「神道」と「仏教」の本を厭きもせずに繰り返し読んでいる。
 孫をそばにおいて笑ってしまうが、情けないことに読んでも読んでも内容を忘れてしまう。
幼児に童話を繰り返し読んでやるのと同じである。
 若い頃にもう少し興味を持っていたら、より奥深く理解できたかも知れないし家庭生活に応用出来たかも知れないと後悔している。
無限の能力を持っている小・中学生時代から、宗教に限らず、あらゆるジャンルの本に親しんでいれば人生が大いに変わっていたかも知れない。
 子供達にそれなりの本を推薦しているが、どのように感じているか分からない。
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2009-05-24 09:26 | その他 | Comments(0)

「今日は5月23日」

 好天の今日は山登りをしたいが、私には大切な仕事がある。
孫のお守りである。
 いつもの貸しきり状態の運動公園に行ったが、今日は土曜日!!!!!。
野球場・陸上競技場・テニスコート、サブグラウンドは中・高校生で溢れかえっているし、子供用の公園も弁当持参の親子連れで賑わっている。
 「駐車スペースが無い!」と2歳の子供に理解を求めても無理な話である。
路肩に1時間半ほど横付けし、いつものように相手をしてやる。
 子供は想像以上に大人を見ているから嘘は言えない。
成長するための学習なのであろう、必ずと言ってよいほど同じようなことをしたがる。
芽を摘むわけにもいかないので、迷惑・失敗を承知の上で忍耐強く見守ってやらなければならない。
 子供を相手にしていると否応無く忍耐力がつく。
孫でなく自分の子供を相手にしている時、ここまで辛抱していたか疑問である。
 今、私が孫から嫌われていることは唯一、一緒に風呂に入ることである。
「おじいちゃんと一緒に入るぞ!」と声を掛けると、無言のまま不安げにスーッと娘か妻の方へすり寄って行く。
何故なら、頭を洗うとき有無を言わさず頭からお湯をかけるからである。
大きな声で泣き叫び抱きついてくる、そこで2回ほどかけて、しっかりと抱きしめ湯船で一緒に遊んでやることにしている。
入る時はいつも嫌がるが結局は一緒に入る。
娘が来て18日になるが6割以上は私が入れてる筈である。
 娘が宜しくと言っているので、毎日遊んでやることで信頼の絆を結び、善悪についてはしっかりと教えたいと思っている。
 私も小さい頃、風呂でお袋に頭からお湯をざんぶりかけられていたような気がする。
覚えているということは嫌だったのかな!少し気をつけよう。

 忘れていたが今日は長男の誕生日だったあ・・・・。
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2009-05-23 16:10 | 孫達 | Comments(0)

「老人性痴呆と私」(2)

  「酒飲み」ながら基本的に甘党の私は、肴がない時はチョコレートやケーキ等を前にして晩酌することもできる。
世間の常識からすると、風上にも置けない「酒飲み」かも知れないし、酒席を同じくしたくない輩かも知れないし、尽きるところ酒を愛していないのかも知れない。
思うに、その原因は鈍感な臭覚のせいかも知れない。
 食物の味というのは味覚と臭覚の協同作業であるが、学生時代鼻骨骨折して早期に手術すれば良かったが、3ヶ月ほど放置していたので臭覚が悪く、味盲では無いが味に関して人の半分しか幸せを感じていないように思う。
 勿論万人が認めるように、汗の後のビールや冷酒、体が冷えた時のホットウィスキー(私だけかも知れない?)などは実に美味しい。また、芋麹で熟成した焼酎も心底好きである。しかし、これ等も残念ながら最初の1・2杯だけで、後は酔いに任せて飲んでる風情である。
 また、還暦を過ぎた頃から、口が卑しくなったというか、特に「甘い物には目がなくなった!」と家族は言う。
 現役の頃は事務所内で、昼食以外は菓子類を口にすることはまず無かったが、定年退職後の職場では飴を頬張るようになっていた。
 初めは女性達が机の上に飴缶を置いているので、誘惑に駆られて口に入れていたが、そのうち私の方から積極的に飴缶に補充をしていたようである。
また、甘い物同様、食欲も旺盛で同年代の方々と比べると1.5倍は食べているような気がする。
 しかし、成人病検診では決して引っかからないし、傍目には痩せの部類かも知れない。
また、娘が買った体重計の測定値はBMI21.5、体脂肪率14.7、内臓脂肪率7、基礎代謝量1375と上々であり、測定器曰く「貴方は45歳です!」と褒めちぎってくれる。
 機械に絆され成人病、挙句の果ては痴呆症!!!!!に、
成らないよう自己管理をしなければならないが、今日も誘惑に負ける私だ。



※「老人性痴呆と私」(1)から見る時はこちら
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2009-05-22 16:48 | 雑感 | Comments(0)

「家庭菜園」(7)

 久し振りに本格的な雨が降っている。
「本格的にとはどの程度か?」と質問されそうだが、家庭菜園をしている今の私にとって、直近で定植した「長ネギ」、「下仁田ネギ」等に向う1週間くらい水遣りをする必要がないという程度になるかな。
 播種した「落花生」や「インゲン」はペットボトルを被せていたので、殆ど発芽し順調に生育しているが、「黒枝豆」は30個ほど播いて僅か4本しか芽が出ていない、久し振りの惨敗である。
 昨年収穫漏れした「落花生」が「ジャガイモ」の隙間から、10本ほどか弱く芽吹いていたので仲間の所へ移植した。
「落花生」は追肥・盛り土して、防虫網で覆わなければならない。
f0201348_16465132.jpg 自家産の「落花生」は千葉県産の高級品は別として、中国産等とは比較にならないほど味わい深く、噛めば噛むほど落花生本来の味がする。
炒って良し塩茹で良しである。
 昨年はカラスなのか四足なのか判らないが、土を掘り起こして殻を剥いて食べられていた。
 家庭菜園をして気付いたことは、自然界の動物は人間が科学技術の進歩の陰で置き去りにしてきた、生き抜く為の感覚を一層研ぎ澄まし進化しているように感じる。f0201348_16455061.jpg
 とにかく美味しいものほど、それも適期に食べに来るから憎い!!!!。
私も無農薬野菜等を自然界(虫、鳥、四つ足)へお裾分けすることに吝かではないが、酒のつまみになる物は可能な限り残しておいて欲しいとお願いしている。
 豆類(キヌサヤ、スナックエンドウ、エンドウ)の収穫も結構長期間食卓を賑わしたが、これからは早稲の「タマネギ」から紫、晩生へ、そして「ジャガイモ」である。
女性が喜ぶ食材の収穫が始まる。
f0201348_1646958.jpg 今日は孫を公園に連れて行くこともなく、午後にかけて囲碁三昧、せめて買物にでもと思い孫を連れて車で出ると、外は大降りで孫共々びっしょりになる。
それでも孫は大いに喜んでいた!!!。
 一方、畑の「ネギ」が冠水していないか心配である。
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2009-05-21 15:49 | 家庭菜園 | Comments(0)

「老人性痴呆と私」(1)

 近い将来、予想可能な私の病気である。
 何故なら、親父も脳血栓→脳軟化症→痴呆へと進み75歳で亡くなった。
私達は別居していたので実感は無いが、お袋、姉、義姉はそばに居てさぞかし苦労したことだろう。
人それぞれかも知れないし、人的環境かも知れないが、男は意外とだらしなく殆どお世話ができない。兄貴も仕事にかまけて何もしなかったように思う。私も然りである。
 「お産・子育て」と一緒で、本能的に忍耐の要る作業に弱く根気が無いのかも知れない。
 放浪癖があり、2・30km歩き他人の敷地に入り警察から通報されたり、自転車で出かけ鍵を失くしたと思い込み行方不明になったり、傍目に本当に大変だったように思う。
お袋一人でなく姉・義姉と3人いたから、精神的に疲弊せず病気もしなかったと思う。
 私も親父の放浪実態を見るべく後をつけたことがあるが、まるで小学校低学年の子供と同じである。
1時間ほど付き合って一緒に帰ったが、このような日々を毎日おくっている3人に対し申し訳なく思っていた。
 そして、近未来の私がお袋側の遺伝により避けて通ることができるのか、はたまた親父と同じようになるのか若干不安である。
今のところ血圧・糖尿病ほか生活習慣病は無いが、20歳からずっと酒を飲んでいるのでいつ転んでもおかしくない。
また、人との付き合いは下手だし、結構頑固なので性格上素質はあるのかも知れない。
 そのために先が見え始めた55歳頃から、長期計画で暇を持て余さないように趣味の世界を作ってきた。
現在は囲碁、水彩画、そして妻との家庭菜園、山登りをしている。
アマチュア無線はアンテナの問題で再開は難しいかも知れない。
 硬式テニスも3年ほどしたがものにならなった。
弁解すれば左側頭部骨折で「三叉神経」を圧迫し顔面神経麻痺となり、耳の後ろから切開する10時間近い手術を経験している。
その結果、顔の方は見た目問題ないが、三半規管に少し問題があり平衡感覚が悪い。
要するにものになる前に止めてしまったのである。

 「継続は力なり」で、残っている趣味に少しでも没頭できるよう生活したい。



※「老人性痴呆と私」(2)に行く時はこちら
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2009-05-20 09:25 | 雑感 | Comments(0)

「民主党代表選挙」

 民主党代表選挙で鳩山由紀夫さんが選任されたが、個人的に異論はない。
岡田さんも清廉潔白で、政官財癒着に起因する財政の無駄使いにメスを入れてくれるものと確信している。
しかし、若手の中でも前原元代表のように、明確な思想とヴィジョンを発言をしてこなかったように思う。
 喫緊の課題として、公務員改革と財政問題は道筋をつけてもらわなければならない。
しかし、政権を取った場合、旧社会党も居る中で憲法改正、国防、税制改革、教育改革、国会議員の定数是正,そして小さな政府と道州制等幅広い問題を片付けてもらわないと全く意味がない。
その点鳩山さんは幅広い人材を登用できそうな気がする。
 私自身少なからず保守的思想が底辺にあり、ここに至るまでの諸悪の根源は朝日新聞・社会党・日教組、そして腐りきった国民不在の政治・官僚組織と思っている。
 30数年来自民党に投票してきたが、ここに至っては一度政権を退いて猛省してもらわなければならない。
福田元総理以降の自民党幹部の国民を馬鹿にしたような、官僚寄りのコメントの数々、マスコミも大々的に取り上げて欲しい。
 時期衆議院選挙はせめて70%近くの投票率を期待し、結果として自民党にお灸をすえる事ができれば幸いである。
 そして、願わくば4年間で憲法改正、公務員改革、大幅な教育改革(自虐教育)、国会議員定数是正の目途をつけて欲しい。
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2009-05-19 22:46 | 雑感 | Comments(0)

「バラの剪定」

f0201348_17595768.jpg 4月中旬から下旬にかけ満開となった白いバラ。
 当初、和室の西日を避けるために妻が白いバラを植えたが、数年後に燐家を挟んでバイパス道路が走るようになって一層重宝するようになった。
 旺盛に咲き誇るため最盛期には隣家の駐車場に覆いかぶさるように白いバラが一面に咲く。
f0201348_1811915.jpg 見盛り期は良いが、花が落ちると大変である。
私どもにとっては窓のおしゃれな緑の遮蔽物で全く問題ないが、燐家の人にとっては覆い被さった棘々のバラは大いに邪魔物である。
f0201348_1825119.jpg 来シーズンに、見栄えをよくするため、そして燐家に迷惑がかからないよう剪定しなければならない。
 全くの素人がするので、ブログに出すにはお恥ずかしい丸坊主風の代物であるが、また来年は同じように咲いてくれるから不思議である。
 もうすぐ紫陽花が咲いてくれる。

「隣の柿の木」に戻る時はこちら
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2009-05-18 16:43 | その他 | Comments(0)