カテゴリ:その他( 347 )

「ツバメの子」

f0201348_14080778.jpg


 水面を隠すほどに成長した稲穂に、眩いばかりに広がる夏の空。

休耕田を利用した菜園は圃場を仕切る溝が浸水し、畝にも水気が上がって来る。

お蔭で夏野菜の水遣りに事欠くことは無い。

f0201348_14091736.jpg







f0201348_14092145.jpg




 一方、名も知らぬ雑草はその恩恵を満喫するかのように伸び放題となる。特に、肥料充分の夏野菜には纏わり付くように繁茂し、害虫の隠れ家となり無農薬の葉を我が物顔に食い荒らす。おまけに葉の裏にびっしりと卵を産み付ける。

小数多品種にしているので、一枚々々の葉を裏返して駆除するがネズミ算式の害虫に追い付けるはずもない。


 本県では激甚災害の指定を受けるほどの集中豪雨もあり、草刈り機の無い畑は収穫のみで作業は全くできず、畦は流れ荒れ放題となった2週間。

 梅雨明けを機に1週間の予定で、重い腰を上げ除草に鎌を研ぐ。全国的に熱中症が多発する梅雨明けの日々、日に精々1時間半程度の作業しかできない。帰りの道は鬱熱状態でぐったりとし、上半身汗でびっしょりとなり足取りは重い。







f0201348_14083167.jpg


 そんな或る日、足を引きずるように歩いていると、数m上をチーチーと舞う数羽のツバメ達を見る。真下のブロック塀の陰を見ると左の翼を傷め飛べずばたつく1羽のツバメ。
心配そうに飛び交う親兄弟達を見ながら、このままでは生き延びることは無理だろうと手に包んで持ち帰る。

f0201348_14082542.jpg

 末娘が拾ってきたシジュウカラの雛を僅か1日しか延命できなかったことを反省して、餌は十分に気をつけながら、初日は穀粉とイリコを砕いて団子にしてやり、次の日は畑から持ち帰ったバッタ、2日目には餌を運んで来る親鳥を待つように手を近づけると大口を開けもりもりと食べ、飛ばない翼をばたつかせながら元気に歩き廻るようになった。

f0201348_14082807.jpg







しかし、さえずりの無い4日目の朝、ウサギのケージ(インコと一緒にする訳にもいかず、娘が持って来ていた)の中で冷たくなっていた。

 幼鳥の子育てはこれで1勝2敗となった。野生動物の餌付けは禁じられているが、元気になった時点で放鳥する積りで持ち帰るが中々と難しい。






f0201348_14081635.jpg


 景気浮揚の戦略の一つ、規制緩和の過程で安倍一強と野党が不毛の党利党略論争を続けている。バックには左寄りのメディア、許認可権限を持つ省庁と既得権益の獣医師会が控えている。いずれの政党も国民の方を見ているとは決して思えない。

獣医師の活躍できる分野は非常に広く、大動物や小動物の臨床分野に限らず、飼料会社、製薬会社や食品会社等の民間、行政(畜産や生活環境)、基礎医学と多岐に渡っている。

現状で問題になっている人畜共通感染症や産業動物に関係する分野の獣医師不足と、その獣医学部新設の歯車が合っていない。

私が思うに、獣医師不足ではなく該当分野の獣医師の待遇が余りにも貧弱なために採用不足となっているとしか思えない。その証拠に街中には歯科医院同様に動物病院も溢れている。




(田植え直後)
f0201348_19074015.jpg



[PR]
by 1944tourist2004jp | 2017-07-25 14:27 | その他 | Comments(0)

「分刻みのスケジュールに追われる彼は」

f0201348_10273853.jpg

 入梅後に薄く張り出した曇り空、夏姿に薫風を受けながら、数年振りに中心街を数km歩いた。政令都市で5番目に位置する福岡市であるが、街並みは清潔で整然として、九州の中核都市であることを伺わせる。
中・高の2日連荘同窓会に、二日酔いするほど飲めてはいないが、ぼんやりとした頭に気怠さを感じる朝である。


f0201348_13462239.jpg

 朝食はいつものように、自家製パン、バナナや野菜を豆乳に入れ混んだジュース、トマトスープ、そして最後にコーヒー。
「この時期のトマトは本当に美味しいね!」と、共感を求めるかのような声掛けに、新聞に目を落としながら「ふん・・・」と、「ただそれだけぇ~」と、朝一番から不満顔。
f0201348_14585225.jpg





 第2日曜日は地区の空き缶回収日に当たり、街路樹の裾を飾る”クチナシ”の甘い香りと糠雨に、300mほどの回収場所まで持って行く。
170戸ほどの団地であるが大切な収入源の一つで、新聞と合わせ年間5~6万円になる。









 一作日は健康寿命の通り、70名中男性は25名と世間の常識通り女性上位の中学校同窓会。小学校からの持ち上がりで知らない名前は皆無に等しく、下の名前もすらすらと出て来る。余りの懐かしさに両手を取り合った友人、ドングリの背比べをしていた身近な友人達。また、定年退職を迎え老後の趣味の一つにと、一念発起で勉強したアマチュア無線2級だったが、それを小学校の頃に始めていた友達。色々と過去の話しに感激するような半世紀振りの再会であった。
ある友人はJICAのシニアボランティアで“サモア”に2年間尽力した後、今は仕事の関係で台湾在住となり、「3000m級の尾根が連なる台湾に来ませんか」と誘ってくれた。ヒマラヤに登った経歴もあり、付いて行けるかどうか分からないが、機会があれば是非お言葉に甘えてみたいと思っている。

f0201348_10490022.jpg

 深酔いすること無く帰宅。そして、昨日は出身校の在学生や卒業生3千人超を対象に、「私が辿ってきた道 細胞の見事なリサイクルシステム」の記念講演が福岡国際会議場で開催された。オウトファジーについて1時間弱、在校生を囲んでの質疑応答に30分、ジャスト1時間半の講演であった。



f0201348_10282937.jpg




 
 夕方6時から予定されている学年同窓会まで4時間、現役時代に行っていた碁会所へと足を運び3局。
分刻みのスケジュールを熟している大隅君は奥さんを伴い7時頃到着。常の微笑を湛え、聞き慣れた朴訥な口振りだが何となく疲れを感じさせる。受賞後は、知らない人からの挨拶や内外からの記念講演依頼等に追われる日々で、気の休まる暇はないらしい。
一学年450名だったが、今日の参加者は60名ほど。もともと1割程度しかいなかった女性は僅か7・8人と寂しい会であった。しかし、県外からも相当数参加していた記念同窓会であった。
半世紀以上に渡り、同窓会等にも疎遠にしていたせいか完全に浦島太郎になっていた。
大半の同窓生達とは2度と会えないだろう。

f0201348_15033111.jpg

[PR]
by 1944tourist2004jp | 2017-06-11 11:02 | その他 | Comments(0)

「私一人がガラ携でした」

f0201348_09152128.jpg


 何かの機会があれば更新しようと思って数日前に書き留めていたブログ。表題と全く違う書き出しになってしまった。

私としては菜園記録として日記帳風に出しているので、来年の為に主題から外れて残して置かなければならない。

紫陽花もふっくらと花を持ち始め、間近な梅雨を待って色づいて来る筈である。土質によって色合いが違うので毎年の楽しみである。

リタイヤーすれば夫婦間での家事労働割合が相対的に上がって来るし、加齢に従い従順にならざるを得ない。外で仕事して収入を得ていないのだから、やれる範囲で家事の協働は吝かではない。


f0201348_09152483.jpg


農作業も一段落した昨日(6/4)、やっと冬の寝具を真空パック詰めにする。

掃除機で空気を抜いて行くパックの萎む姿を見て、「何か人生の終末を感じるな、俺が死んだら一人でしないとな!」と言うと、「どっちが早いか分からないじゃない!」、「俺の場合は料理もできないし、孫の面倒も十分に見れないし、己に必要な物以外はどんどん捨てていくから問題無いかもな・・・」。

 


f0201348_09152681.jpg


 ジャガイモに続き、中晩生のタマネギの収穫。他の菜園仲間は男手一つで奥さんが畑に出て来ることは無いが、我が家はこれも協働作業。

数年前にベト病が入り、ここ2・3年は満足できる収穫をしていないが、今年も玉が小さいまま葉輪は枯れ、大玉は全く期待できない。乾燥が命のタマネギ、畝が濡れる前にやや大振りの物を選んで収穫する。




反して、同じ畝に栽培していたニンニク2品種は大収穫であった。

小振りのタマネギはレンジでチンしてバターを塗し、また料理に使えそうにない3cmほどのジャガイモは油でカラッと揚げると、共に立派な焼酎のお供になる。

f0201348_09152933.jpg


 ここ数日は全く潤いの無い中、キューリの生育は程々であるが、ゴーヤはJAと種苗店の品質に相当ばらつきがある。家には芽吹きしているアップルゴーヤを数本、再移植をしなければならないかも知れない。

28日にはビールのお供に欠かせない枝豆(黒大豆)用の苗を10数本植え付け、1週間後の6月3日は新たに種苗店で4本ほど苗を仕入れ植えこむ。

例年は6月下旬に直播をしていたが、二兎を追う如くジャガイモ同様早期の収穫を目指して、早々と家で育苗し畝は黒マルチで保温し、結実する頃に実を吸いに来るカメムシ防除にネットをかける。意識せずとも酔漢ならでは身に入れようである。



f0201348_09151952.jpg




 数年振りにSDたっての希望でもあるサトイモ(赤芽大吉)を13個植えつけたが、20日ほどで全ての種芋が覆っていたマルチを持ち上げ芽を出してきた。また、キヌサヤやスナップエンドウのネットを利用して、インゲンとナタマメも植えている。


 そして、昨晩は周囲の同窓がスマホやカメラで撮り合っている中、私一人ガラ携で彼の写真を撮る。

偉大な業績を残した大隅君のお蔭で、半世紀超の中学校同窓会。ホテルオークラで開催されるし、ノーベル賞受賞記念同窓会だけに、私も久し振りに背広に腕を通し、少し赤の入ったパッチ風のネクタイを締めて出かける。案内書には各自カメラ持参と書いてあったが、パンダのように寄って集って写真を撮るのもどうかと思いカメラは遠慮した。





f0201348_11125516.jpg

 スウェーデン領事館の日本代表、市教育長、小中学校の現校長と恩師お一人を来賓として始まる。

洋風コース料理のテーブルにクラス別に座ったが、何故か私のクラス(大隅君は来賓テーブル)は12名中、男性は私一人。酒の肴に名札を確かめながら過去を思い出していく。女性の話題は想像以上に豊富で、水面下の話しにまで面白おかしく語ってくれた。

彼は3年次同じクラスだっただけに結構な時間を割いて私達のテーブルに座ってくれ、女性群に囲まれ中学時代の写真に日本酒を飲みながら興じていた。

スマホで写真を撮り合う女性群に圧倒されがら、私は一人ガラ携を取出して写真を撮る。

友人達の記念写真の合間に数分、私は「○○ですが覚えていますか?」、「勿論ですよ!」、「私は“サイエンスZERO”で2回ほど見ていたので、50年振りとの違和感もなく話せますね!」、「そうでしたか」と笑みがこぼれる。

「○○君、写真を撮るのでどいて貰えますか」と注文が入り中断。

二人並んだ写真も撮ることも叶わず、これだけの会話で終わってしまった。

 そして、今日は福岡国際会議場での記念講演と高校38年卒の同窓会が準備されている。同級だけ70名程度のなのでカメラ持参にするかな・・・。


[PR]
by 1944tourist2004jp | 2017-06-10 09:14 | その他 | Comments(0)

「春の茶会」

手を伸ばすと後期高齢者。数年後に定年退職を迎えた時のようにあっという間に来るだろう。

ディーラーに6回目の車検をお願いすると、「20万kmも越えているし買い替えたらどうでしょうか?」と勧められる。

平成16年に「恐らく最後の車になるだろう!」と思って買い替え、動体視力と集中力の減退を実感する今、車の買い替えより次回の免許証更新で放棄しなければならないのではと考えている。

また、遠出する頻度も少なくなってきたし、持ち主同様傷だらけながら未だ22km/L程度走ってくれる優れたロートル車でもある。

この歳になると過去の色んなお付き合いも年毎に整理され、夫婦で菜園や山登りに没入し社会との接点が確実に減ってきている。

今、社会への窓口は日々の出来事や世相への思いをブログに載せることが一つ。そして、“ひょっとこ踊り”愛好会で色んな催しに呼ばれたり、養護老人ホームに出かけて、子供達やご老人(私も傍目には老人然としているが!)に笑って貰うことである。
 

f0201348_21022616.jpg

 毎年、ゴールデンウィークに合わせるように鉢植えのサクランボが3・40粒ほど熟れ頃になる。昨年同様、一昨日から遊びに来ている孫二人が直接捥って“ニコッ”としながら口に入れる。
f0201348_07530749.jpg


f0201348_08192143.jpg

 5月3日文化の日、在住市の城山公園での催事“春の茶会”の出し物で、行列の17人の最後尾として10分程度だが思う存分踊らして貰った。

小2の孫もこの3月から地域の愛好会で習い始めていたので、是非行列に加わりたいと意気込んでいたが、大勢の前で踊った経験も無く、また行列の中に飛び入りで子供が入って来なかったこともあり、前に一歩出る気持ちが萎え尻込みしてしまった。

f0201348_07532491.jpg
f0201348_07531907.jpg


茶会が終わる頃になると、突然に雲行きが怪しくなり、予想だにしていない雷雨。夕方のニュースを見ると“博多どんたく”でも雹を伴う突然の豪雨模様が流されていた。

上空と地表の温度差が激しい時に誘発される天候とのことである。


[PR]
by 1944tourist2004jp | 2017-05-04 07:58 | その他 | Comments(0)

「鳩の巣作り」

f0201348_21003374.jpg


 最初は松に、そして2度目はベランダのジャスミンの蔓の中に、そして3度目の今回も同じジャスミンの陰に営巣。

SDがベランダの横にネットを張って、2階の軒先まで這わしているジャスミンが繁茂し、鳩にとって絶好の目隠しとなっている。

この時期になると可憐な白い花が目一杯に咲き揃い、嗅覚の鈍い私でもその芳香は部屋に居ても判るし、おまけに洗濯物まで香りが染みついて来る。

f0201348_21002713.jpg

しかし、残念ながらベランダには物干し竿が2本。洗濯物への糞害に憤慨するSDが抱卵する前に親鳩を追い払おうとしたところ、親バトはその攻撃にも動ずることなくを威嚇したらしい。

「怖い!」と、階下の私に助けを求めに来る始末である。

僅か数本の小枝を組んだ粗雑な巣の出来具合から、まさか抱卵しているとも思わず、私はジャスミンの茂みから強引に追い出した。







翌朝、ジャスミンの根元に2個の卵が黄身を見せて落ちているのを見つける。“何と申し訳ない事を・・・”と慨嘆する二老生。受精卵は一生命体と見做さなければならず、鳩の赤ちゃんを殺傷したことと同じである。

レモンの木に果物等を刺し、寄って来る野鳥を台所から見ては、いつも私を呼び「○○が来てるよ!」と嬉々としているだけに、何の心配りも無く追い出してしまった罪悪感に蝕まれている。









f0201348_19083507.jpg


 ここで言い訳でも書いておこう。我が家の鳥との付き合いの主人公は末娘である

現在はコザクラインコを預かって面倒みているし、我が家の鳥との付き合いは古い。

小学生の頃、スズメの幼鳥を拾ってきて手乗り“スズメ”となるまで可愛がって自然に戻し、次は部活の最中に飛べずに弱った“フクロウ”を家に持ち帰り、家の中で放鳥の一時預かりして鳥類センターに持ち込んだこともあった。

そして、或る時は道端でシャモの雌を拾って来て庭に放したところ、早朝から五月蠅く鳴き近所迷惑になるの仕方なく元の雑草の中に返さざるを得なかった。





f0201348_12034977.jpg


直近では、巣から落ちたであろう“シジュウカラ”の幼鳥を拾って来たので、私が預かって餌付けをしようとしたが、可愛がり過ぎたせいか翌朝には冷たくなっていた。

“ツバメ”との付き合いは毎年。玄関の軒に土を固めた巣が出来上がっているので年に2回ほど巣作りをしている。昨年は早朝に玄関から親鳥2羽が家の中に入り込み、天井すれすれを飛び回り追い出すのに苦労したこともあった。

そして今回の鳩の巣作り。過去2回の営巣から抱卵、餌やり、巣立ちまでをじっくりと見せて貰ったので悔いはないが、罪作りなことをしてしまった。








f0201348_21002445.jpg

 北朝鮮問題と韓国問題、日本にとって煩わしくもあり厄介な問題である。

核とミサイルもさることながら拉致被害者について、担当役人が「もう興味がない!」とは、八方ふさがりで日本にすり寄っているくせに何事か。

また、一方では反日を基軸に政治的にも経済的にも中国に大接近し過ぎて行き詰まりを呈している韓国、5月9日の次期大統領選挙に向け二人の有力候補は強力な反日主義で、ポピュリズム宜しく過去の政府間協定を蒸し返すことを前提に大統領選を戦っている。

縁が切れればよいが、地政学的にそうはいかないのだろう。

迷路に嵌った日韓問題で、小出しにするように徴用工問題まで持ち出す始末。戦前の全ての問題を消化した筈の日韓平和条約と戦時賠償を忘れたかのような振る舞い。原点は反日教育にあるのだろう。

ゴールポストを都合により一方的に動かすと言われているが、お人よしの日本にも限度がある。日本国政府もスワップ協定や過去の約束事項については、毅然とそして距離を持ってお付き合いしてはどうだろうか。


[PR]
by 1944tourist2004jp | 2017-05-02 11:18 | その他 | Comments(0)

「花曇り」

f0201348_18450903.jpg

 遅霜に気配りしながら、早期植え付けのジャガイモのトンネルをいつ外すべきかと迷っていると、雨が三日四日と続き、仕方なく蒸れない程度にトンネルの裾を持ち上げたまま放置している。



f0201348_18451366.jpg












 例年に無い大きな葉ぶりは天井に張り付くように誇り、先端が押し付けられ辺縁が変色している。



f0201348_18451774.jpg 霜が降るほどに花冷えも無いだろうと、週明けにトンネルを取っ払い、温室育ちが倒伏しない程度に風雨に曝そうかと心遣いをしている。

 




f0201348_18452029.jpg







f0201348_18452334.jpg

 






 数年前までは有り余る時間を利用して観梅や観桜ドライブで遠出をしていたが、今は地域再発見の花見をしている。

田園の広がる町の学校や社寺、或いは公共施設、河川沿いには目を瞠る並木や一本桜が隠れている。



 f0201348_18452765.jpg


 束の間の花曇り、近傍の見どころ逍遥と花見。
お握りと惣菜を仕入れるためコンビニに入った瞬間、呑み助の条件反射は鋭く冷酒のコーナーへと直行し、300mlの日本酒を2本をカゴの隙間に忍び込ませる。

丘陵の遺跡公園まで20分程度の心地よいウオーキング。
ラッキーなことに私が落ち着くに最適と思っていた場所に人は居ず、そそくさとレジャーシートを敷く。

青空は無いが花吹雪の真下で1時間弱、手巻きのお弁当と冷酒を楽しむ。

二人して、この贅沢な時間を娘や孫に写真添付してメイル送信。






直近の話題について、今の思いを残して置きたい。

米中首脳会談の最中に、外交戦術と思しきトランプ大統領の変節に唖然とさせられた。シリアへの巡航ミサイルによる空爆。

 第二次大戦前の火薬庫は人種や宗教の“るつぼ”であるバルカン半島と習っていたが、21世紀は東アジアが火薬庫となっている。中華思想を邁進する中国、弁えの無い北朝鮮、そして強力な親北と反日姿勢の一人と日本を敵性国家と見なす一人、過去の政府間協約を白紙に戻すと言って憚らない二人の韓国の大統領候補達。

東南アジア初め世界には親日国家は多い、お隣さんとは程々のお付き合いが適当なのかも知れない。


f0201348_18330932.jpg


 将来先生になる約束をした一人娘の女性とルールに厳格な父親との関係をドキュメンタリー風に仕上げた番組を身につまされる想いで観た。未経験で失敗の許されない子育ては本当に難しい。

子供の頃父に連れて行ってもらった日本庭園の桜に魅せられ、大学では日本語学科を専攻し、卒業後極東へと勇躍した一ハンガリー女性。数年振りに日本のお土産を持って帰国するが、決断時の感情の縺れを投影するかのように、玄関前での逡巡、そして父親から二度に渡り敷居を跨ぐことを許されず涙を浮かべる彼女。
 祖父母や親戚に会って、自宅の玄関先から日本へと離別の電話。
その時の彼女の謝罪の言葉に堰を切ったように父親の愛情が過去を昇華する。

そして、嗚咽しながらの彼女の「ルールに従えばルールに助けて貰える!」と、直球勝負の父親の躾を婉曲的に理解し、抱擁し合う二人の姿に貰い泣きしてしまった。

f0201348_19344200.jpg


 ナレーターの日本のルール社会のお蔭とのコメントもあったが、日本人は窮屈で過度なルールと行政の度を越したお節介に余りにも慣れ過ぎている。その弊害として、自己責任の範囲まで行政へ責任転嫁する甘えが横行しているように感じる。


[PR]
by 1944tourist2004jp | 2017-04-09 19:02 | その他 | Comments(0)

「カモの夫婦」

f0201348_10182305.jpg 3月22日はWBCの準決勝対米戦、1対2と歯ぎしりの惜敗。そして、23日は対プエルトリコ戦で大勝した米国のWBC初優勝を伝えるTVの実況中継。

 大リーガーの一流どころを陣立とした米国に対し、6安打2失点に抑えた日本の投手陣は称賛に値する。

残念ながらエラーも実力のうち、投手陣・打撃陣は僅差であるが敵わなかったということであろう。

10年以上前に脱臼して抜け落ちた上の切歯、一気に老け込んだ顔貌を鏡で見る度、その“ひょっとこ面”を笑ってしまう。

年齢に決して見合わないだろうインプラント、また両側の健康な歯にギリギリと鑢を入れてブリッジ固定もして欲しく無い。歯科医のご推奨を丁寧にお断りして、義歯を作って貰い両側の健康な歯に接着して頂いた。

8年後の一昨年の夏、孫を連れての九重山群漫遊時、法華院温泉での夕飯に出た骨付きの地鶏を安易に食いついた途端に口内に違和感、口を開けた瞬間対面に座っていた小2の孫が大笑い。SDも吹き出しそうな含み笑い。

そして今回は2回目の脱落。不思議なことに今回も鶏のもも肉を口入れた時である。何とも鳥肉に相性の悪い義歯である。
                    (SDが可愛がって、孫達が頬張る我が家のサクランボの花)


f0201348_10232524.jpg3連休で歯科医院の予約も取れず、休み明けまで我慢しなければならない。その間、2月の学部同窓会でお会いした後輩に、10数年前に退職した仲間との酒の席を段取りして貰っていた。

旧交を感懐するが、弾む話に焼酎のお湯割りも進み、後期高齢者の閾値に達しつつあることを失念し、何と6杯も重ねてしまった。当然の報いであるが、翌日は二日酔いで終日TVの前に座ってしまった。

     (水鏡天満宮)

f0201348_10181402.jpg













 19日は平成28年度囲碁NHK杯選手権。奇しくも私が宗像市での天元戦挑戦手合い第三局を観戦した井山本因坊と一力遼七段のお二人であった。

どちらが勝っても初優勝であるが、一力7段が勝つと史上最年少の選手権者とのことであった。結果は、天元戦同様6冠の井山本因坊の中押し勝ちとなった。



f0201348_10222535.jpg その日の夕方、お定まりのウォーキングコースを歩いている時、コンクリート護岸の用水路を仲良く泳ぐカモの“夫婦”をSDが見つける。



f0201348_10182743.jpg


[PR]
by 1944tourist2004jp | 2017-03-24 11:02 | その他 | Comments(0)

「呑み助の太宰府天満宮」

f0201348_18453355.jpg

山が目覚める季節、昨年九重の尾根道で思いもよらぬソールの剥離に、今シーズンは碧空に雪と広葉樹の冬山を唯々想いながら、冬野菜の収穫やジャガイモの畝造りと超早期植え付けで過ごした1・2月。

お蔭で常に遅れがちな野良仕事は、季節を先取りするように捗っている。しかし、何かし忘れ物したような日々である。

f0201348_18445002.jpg











 別れや旅立ちと悲喜こもごもの3月。ノーベル賞に匹敵する「エリザベス女王工学賞」をイメージセンサーの発明者寺西信一氏が受賞した。この賞は青色ダイオードのように事後に爆発的な恩恵をもたらす工学的な発明に送られるとのことである。

また、WBCで戦前の予想を覆し活躍するJAPAN。このまま勝ち進んで決勝ラウンド行って欲しいものである。

f0201348_18445875.jpg


 後期高齢者に踏み入ろうとする私は、続発する時事ニュースを肴にしながら、欠かすことなく晩酌に勤しんでいる。

そして、この酔漢にとってこの3月は刺激的である。何と旧交を温める飲み会が続くのである。

f0201348_18445552.jpg





f0201348_18445881.jpg
 8日は、20数年振りに仕事先関係の方との盃を酌み交わした。

突然のお誘いに“ルンルン”気分で、往きはJR、泥酔しているだろう帰りはSDに迎えに来て貰う段取りを付ける。

6人様、お互いに頭も白く薄くなりそれなり老けているが、思い出に浸るにつれ20年前の面立ちと語り口となって行く。料亭からスナックへと4時間強の飲み会となってしまった。
 20日は勤めていた職場の同僚とこれも10数年振り、そして3月末は同じ下車駅の誼で年代差を超えて付き合っていた仲間と旧交を温める3連荘である。

f0201348_18450734.jpg



f0201348_18451390.jpg




f0201348_18450893.jpg 12日、末娘から「梅酒の試飲会に行かない!」とお誘いメイル。

飛梅の太宰府天満宮で観梅と全国の梅酒試飲会である。

私達は30分早く天満宮駅に到着。初詣にも劣らないほどの雑踏。肩触れ合うほどの心字池の太鼓橋、そして拝殿にはアジア系の外国人も含め長い行列ができている。

境内の若干ではあるが、見頃を過ぎた感のある紅白梅を静かに味わいながら散策をしていると、「試飲会場の前で待っているよ」とメイルが入り、私達の分の前売り券も用意して待っていてくれた。




 ウィスキー、ブランデー、焼酎、日本酒に付け込んだ全国各地の梅酒150本が並ぶ中、制限時間30分で試飲していくが、酒飲みの悪い癖で150本全てを味わおうと一口ずつ飲んでいくが、20本ほどで酔いを自覚する。SDと娘が量を加減するようにと、ペットボトルの水を持って来てくれる。100本程度は味わったところで、30分を待てずに試飲コーナーから出て来る。


  
f0201348_18450097.jpg 


f0201348_11005634.jpg 
 酔い覚ましに光明禅寺にお参りし、錦秋の季節は一段と美しい枯山水の庭で暫し酔いを覚ましていると、係の方が「閉館です」と伝えに来る。

五条方面に歩いて20分ほどか、戒壇院の観世音寺で手を合わせ、駅のお店に入り刺身等を前にしてビールと日本酒を飲んで帰る。




f0201348_18450352.jpg いつもの事であるが、飲んで帰ると安心したかのように屁理屈を捏ねながらもう1杯と、ウィスキーのお湯割りに根昆布を浸して快楽の1日を閉じる。




f0201348_18451320.jpg



[PR]
by 1944tourist2004jp | 2017-03-15 10:41 | その他 | Comments(0)

「有難う!」

 春浅し日、季節の花や野菜ばかりでなく、動物を身近に置いていると何かしらの便りを貰える。我が家のコザクラインコも日々抜け落ちる青や赤の黄色の冬毛がケージを清掃する時に風に舞う。

f0201348_10333109.jpg 
「古本屋に行かない!」と、何とも不思議なメイルが娘から入る。

最近は図書館から借りた本や、末娘が置いてきぼりにしている文庫本、偶に長女から「この本読んだ?」と持って来てくれた本を読んだりしている。
冬の日々に外出の機会を失している私達を外食に誘ってくれたりしているが、「古本屋とは何事だろう!」と疑問符が浮かぶ中で「OK」の返信を打つ。

末娘と待ち合わせをして30分ほど車を走らせて着いた先は、本屋とは思えないような異質な雰囲気がある。木造平屋の建物の前にはテラス風の広いスペースにテーブルと椅子が数脚、入り口横にはSNS講座のミニバス。中に入ると脚立が必要なほどに高い本棚が圧倒するように並ぶ。娘に聞くと、古本と新刊本があり、自由に持ち出し喫茶コーナーで読んでも良いとのこと。

30分強古本コーナーを見て回り、肩が凝らず展開の速い文庫本4冊をジャスト1800円で購入。3人が一様に落ち着いたところで、SDがベーカリーコーナーから美味しそうな菓子パンと、持ち帰りのフランスパンを買い3人で喫茶コーナーに腰を下ろす。それぞれにコーヒーをお替りし、菓子パンを食べながら読書に耽ること3時間半。リピーターに成りたくなるような雰囲気を醸し出す本屋であった。



 加齢に従い人間関係を四捨五入し、物理的に外出の機会や行動範囲を萎ませて来たが、その下降曲線に並ぶように刺激や感動の機会も減って来た。刺激的で心揺さぶる出合いや、喜怒哀楽を共有する機会は”山登りとひょっとこ踊り”で細やかに繋ぎとめているが、万人が望む“ぴんぴんころり”の終末から少なからず遠ざかっていたような気がする。世間や子供達に迷惑を掛けないために、人的交流や体力の下降曲線に対し、刺激と感動の曲線を上向きに交差するよう生活しなければならない。

ここ1・2年行ってなかった“くるくる寿司”にも一緒に行ったが、メニューパネルにタッチして注文すると、3分程度で別レーンで席まで自動的に送られて来る。ネタが乾燥することも無く衛生的で料金も自動処理、美味しさは別として満足度100%であった。

「社会からとり残されているな・・・!」と反省を促されたここ数日の末娘とのお付き合いであった。



f0201348_12193515.jpg


 寒を迎える2月5日、キタアカリ18個、メイクイーン34個の早期植え付け第2弾。1月25日はクズ藁と不織布だったが、今回はクズ藁と黒マルチを寒さ除けとして覆った。素人なりの早期植え付けの試み、果たして5月予定の出来栄えは如何ばかりと楽しみである。

 2月11日は九州地区の学部同窓会で若い会話に囲まれながら楽しく杯を重ねた。締めはいつものように万歳三唱の代わりに「都ぞ弥生の黒紫に 花の香漂ふ宴遊の筵♪♪♪♪♪♪」。若い人達は二次会へと繰り出したのであろうが、最年長の私は適量をやや過ぎた心地で早々に引き上げる。

そして一昨日、農作業も一段落し昼食後にのんびりPCで囲碁をしている時、突然に見知らぬ番号からの電話。

疎遠になっている方々の電話番号を年賀状同様整理しているので携帯に入っている番号は相当少ない。また、このご時世に未登録の番号に出ることも少ない。
f0201348_15172211.jpg


 しかし、相手が考慮中と言うこともあり何の気なしに通話ボタンを押すと、現役時代にお付き合いしていた方からの電話であった。15年以上会ってはいない方であったが、お名前と声で直ぐに分かった。

「久し振りに仲間と温泉に入って飲んでいるので出て来れないかな・・・」とのお誘い。言い尽くせないほど嬉しい旧交の酒だし、行きたいのはやまやまであるが、余りにも突然過ぎるし、また余りにも遠過ぎる。
次回は前以って連絡してくれるとのことで電話を切るが、10数分後に「3月7日12時からU市で飲もう」と早速のお誘いがある。呑み助同士の予約はとにかく時を急ぐ。

類は類を呼ぶ如く前日には誘い水があった。近所付き合いの延長線上で飲み友達となった2歳年上の方に散歩の途中で出くわし、近いうちに他のお二方も誘って飲みましょうと約束したところであった。


[PR]
by 1944tourist2004jp | 2017-02-20 14:05 | その他 | Comments(0)

「簡素にして整然とした成人式」

f0201348_16023754.jpg メディアに取り上がられる一部の“ど派手”で蛮行のまかり通る荒んだ成人式は別として、新成人の和服姿を見る度に寝押しの学生服で臨んだ私達の時代と、かくも違うものかと半世紀を経た日本の豊か過ぎる時代を改めて感じる。
 青空が広がる今日11日、モニターをしている施設団駐屯地の成人式に来賓の一人として参加させて貰った。
開式の30分前に到着し、広報担当官から応接室に通されると、市長他、一佐以上のOB、そしてモニターの席と色分けされていた。
私が座った横の席が元一佐の方で、モニターとしての行事や彼の経歴等について話していると、偶然にも住まいが同じ校区内で精々2・300mしか離れていないことが判り、一段と話しが弾み直截的で密度が濃くなる。



f0201348_16515882.jpg

 コーヒーを頂いた後、天井の高い体育館で10時20分から式典が執り行われた。簡素にして整然とした進行に緊張感が漂う。
国歌斉唱に始まり、駐屯地司令の挨拶、市長、県会議員、市議会議長三者三様の祝辞、1年先輩と新成人46名の代表の言葉、市長より記念品の贈呈、そして新成人達を式場から送り出して終了。
拍手は贈呈と送り出した時のみで、私語は全く無く静寂な中にきびきびとした司会と一糸乱れぬ進行。僅か35分程度の厳粛なものであった。










f0201348_16314309.jpg その後、隊員食堂での会食もまた簡素なもので、隊員の昼食に乾杯のためのノンアルコールが添えられているだけである。会食の途中で新成人10数名が決意の言葉を発し、駐屯地音楽隊の“上を向いて歩こう”の演奏で終わり。




その後、隊員寮の前にハナミズキの記念植樹をして、予定より早く12時過ぎに完了。

f0201348_16315776.jpg


f0201348_22243347.jpg
 今晩は”ひょっとこ”の踊り初め。先生より一連の踊りの中に肩を上下させることで全体の動きに躍動感を与えることを教わる。これは中々難しい。
 一昨晩、SDへ末娘からメイルで温泉への誘いがあった。”おせち”に準備や孫達を迎えてのお世話の疲れと私の飲み過ぎに対する肝臓への疲労回復を願ってのお誘いと思い12日に行くことにした。
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2017-01-11 16:25 | その他 | Comments(0)