カテゴリ:趣味( 26 )

「第38期囲碁名人戦第4局」(1)

 田園からは黄金色の稲穂が去り、山の木々も紅葉の準備に入る寒露。
落花生と黒豆の収穫を残すだけとなった畑に早朝出かけると、露に深く撓んだ畔草に膝元がぐっしょりと濡れる。50坪ほどの狭い畑に、ここ半月ほどで冬野菜の為の畝が3列並んだ。耕運機ならぬ人力作業とあって畝の歪みは如何ともしがたい。しかし、掘り起こした塊土を手で解しただけあって表土は見事な出来栄えである。
昨年は播種を半月ほど先取りして喜んでいると、見るも無残な虫食いの若葉の畝となり全てをご和算にしたので今年は適期の種蒔としたい。


f0201348_109626.jpg その束の間の休みに「囲碁名人戦」の大盤解説会へと出かける。
平成10年5月に久留米市の「ふかほり邸」で開催された、羽根本因坊と挑戦者山下天元の「本因坊戦」第2局続く2回目の大盤解説会である。

                                                                  「本因坊戦第2局」を見る時はこちら



f0201348_1042324.jpg 先着100名となっている会場「アゴーラ・山の上ホテル」へ、10月中旬にしては余りにも蒸し暑く濁ったような曇天に、午後1時半開場に漏れては”大変だ!”と、10時半ホテル着予定で5号線を走る。


(背景は福岡ドームと福岡タワー、そして遠望するのは能古島と志賀島)

f0201348_107688.jpg 結婚式等で3回ほど出かけているので道筋は問題ないが、近道をしようと狭い路地に入ると余りの渋滞、「急がば廻れ瀬戸の唐橋か・・・」と、独り言を呟きながら予定より15分ほど遅れて到着する。
 市内を展望する高台にあるホテルの地下駐車場に入って行くとまだまだ余裕があった。
ロビーには対局中継のTVが2代設置してあり、10数人の老境の白髪と禿頭の男性が熟視している。








f0201348_13281199.jpg 大盤会場の「舞鶴の間」に控えていた係員に訊ねると、整理券は12時から出すとのことで仕方なくロビーに戻る。
仲間同士の素人解説を耳にしながら、待ち時間の為に準備していた本を開く。
ドイツ人が弓道を通じて禅を見出す「無我と無死」と言う本である。僅か百数十頁の読み易い本で、既に2回読んでいる。作者は1924年から6年間東北帝国大学で哲学の教鞭をとられた先生である。

 前回のブログで紹介していた東京工業大学の特任教授のノーベル賞の受賞は持ち越されてしまった。アメリカのトムソン・ロイターの学術論文引用ではかなりの確率で受賞予想されていただけに本当に残念であった。
昨年、”iPS細胞”の京都大学再生医科学研究所の山中伸弥教授が医学・生理学賞を受賞しているので、続けて日本人が選ばれることは難しかったのかも知れない。
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2013-10-11 10:28 | 趣味 | Comments(0)

「久しく遠ざかっていた碁会所」

f0201348_1542117.jpg 今朝、娘からの宅急便が届く。
CDとSDへのTシャツ、そしてカナダのメープルリーフ金貨が入っていた。添えられたメモ書きには、ぶっきらぼうに「5年勤続で貰ったのであげる!可愛い娘より!」とあった。
来月も友達の結婚式で帰って来ると言うが、いつになったら彼女のウェディングマーチが聞けることやら。

f0201348_15435440.jpg

 癌治療の最前線として、先週はNK細胞に関する講座を聞いたが、昨日も第2弾として内胚葉癌に対するペプチドワクチンの市民講座に参加した。

f0201348_15455342.jpg 今回は久留米大学の先生方による肝臓、膵臓、胃等の癌ワクチン応用による延命効果、抗がん剤や漢方の補助療法の組み合わせによる治験例。そして、癌予防の食生活と、2時間ばかりの駆け足講座であった。

 10年以上も前になるが、安保徹氏の“免疫革命“や新谷弘実氏の”胃腸は語る“等を読んで細胞免疫についての基礎知識はあったので概ね理解できたが、癌に罹った場合はやはり先生方と相談しながら自分で治療方針を選択したいと改めて感じた。

f0201348_15483455.jpg 「予防には玄米と食物繊維、魚蛋白をメインにした腹七分目の食事」と、塩分控えめすれば一昔前の日本人の食生活である。若干の飢餓状態が長寿遺伝子や免疫の活性化に役立つことと一致している。
 平成24年の梅雨明け迄の私は、晩酌と満腹、そして食後の甘い物にこよなく幸せを感じているが、来年の今頃も茹だる暑さに宛の無い不満を言いながら、同じ食生活に満足しているのだろうか。
改心していることを期待したい。


f0201348_15475753.jpg 参加者からの個々症例の「パネルディスカッションは必要ないだろう」と講座の中休みで抜ける。
 久し振りの天神に「ウィンドウショッピングをしたい」と言うSDと別れ、退職前に月1程度で行っていた碁会所を訪ねる。
 昭和通りの交差点からほど近い低層の痩せたビルの2階に在り、大通りに直接面した人一人分の狭隘な階段を上がって行く。 勿論知り合いは居ない。
受付で段位を申し出て相手を見つけて貰い打ち始める。
 碁石を置く手はぎこちなく時々指先が震える。黒で中押し、黒白入れ替えて2目半負け。
ネット碁と違い、紫煙の漂う中で黙々と2時間集中して、SDとの待ち合わせに後ろ髪を引かれながら、うら若き女性の惜しげも無く長く伸びるおみ足を拝見しながら、人垣を縫うように地下街を駅へと急ぐ。






f0201348_15503073.jpg

 一方、我が畑は豪雨と長雨に畝は崩れ、繁茂する雑草に主無きが如く荒れ地の様相を呈しているが、広がる田園の万緑に一昨年SDが播種したキバナコスモスが自生し、我が菜園の表札代わりに自己主張しているから面白い。
そして、管理不足にもかかわらずピーマン、ナス、キューリ、オクラ、ゴーヤと食べ切れないほどに日々実っている。

f0201348_23235953.jpg
f0201348_23254479.jpg








f0201348_23284631.jpg
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2012-07-22 16:05 | 趣味 | Comments(2)

「清老頭」

f0201348_15453626.jpg 学生時代の寮生活で覚えた囲碁と麻雀。
どちらも継続して、また根を詰めてやったことがないので上達は今一歩のまま止まっている。また、性格的に辛抱強くないのも上達を妨げている一因かも知れない。
 完全にリタイア―した後は閑を見つけてはネットで楽しんでいるが、実力はいずれも中の上程度である。
朝から雨で、畑も山登りも無く完全休養日に朝食後PCに向かって、へぼ将棋、囲碁、麻雀とネットゲームを楽しむ。

f0201348_1544379.jpg 相変らず将棋はぼろ負け、次に囲碁は上手に1勝2敗、そして最後に麻雀。
この4年で四暗刻と大三元の経験はあるが他の役満を上がったことはない。今日も”つも”が何となく思わしくなく、ラス前で持ち点2万のマイナス10のままで親が過ぎて行く。


f0201348_15442442.jpg そのラス前、老頭牌が多くチャンタ狙いしかできない唸るような配牌であった。勿論、“清老頭” など脳裏に無く進行。
九満の暗刻が一つ、二組の対子をないて九索と一索のシャボン待ちとなる。残り二周り、場には既に九索2枚、一索1枚出ている。一人立直、二人はほぼ死んでいる。私も安全牌を数回出していたので警戒は立直した方に向いている。
そして最後の一索が下荘から飛び出す。
 一生に一度しかできないだろう手で上がったのでついブログに書いてしまった。
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2012-05-15 20:31 | 趣味 | Comments(0)

「音楽の夕べ」

f0201348_10104795.jpg 昨夕は九響の「音楽日和」公演でアクロス・シンフォニーホールへ行った。
 現役の頃に利用していた大牟田線で天神へと行くのは久し振りである。
驚いたことに、いつしか朝倉街道と二日市の間に新駅「紫」ができていた。世の中の変化に疎くなった老境を改めて実感する。
 7時の開演でグリンカの歌劇「ルスランとリュドミラ」に始まり、チャイコフスキー「ピアノ協奏曲 第1番変ロ単調 作品23」、ムソルグスキーの交響詩「はげ山の一夜」、ボロディンの交響詩「中央アジアの草原にて」、そして最後にチャイコフスキーの序曲「1812年」と約2時間の公演であった。
f0201348_10132757.jpg





 指揮者は小泉和裕、ピアノ独奏は田村響の両氏である。
先ずは感嘆の一言、期待以上に「素晴らしかった!」。
 チャイコフスキー「ピアノ協奏曲 第1番変ロ単調 作品23」の3楽章全てを、身じろぎもせず、過呼吸になりそうなほどに集中して聴いたのは初めてである。
f0201348_10141582.jpg 生の音楽を聞くのはトリノの冬季オリンピックで荒川静香が金メダルを獲得した時にエキシヴィジョンで使った「ユー・レイズ・ミー・アップ」を代表曲とするセ(ケ)ルティク・ウーマン以来である。
 レコードと生の違いは何処にあるのだろうか。
上手く説明できないが、音の迫力と音質(色)に違いがあるように思う。そして、それを伝えるホールの質も非常に大切なのだろう。
 ブログ更新毎に寄って頂く「http://desireart.exblog.jp/」さんの音楽鑑賞の魅力を垣間見た見た気がする。
等と話しながら、天神の静かな居酒屋で冷酒を酌み交わす二人。 
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2010-11-06 09:33 | 趣味 | Comments(0)

「最近の勝負事」

f0201348_20301157.jpg 勝負事と言ってもネットである。
時間を持て余している時に囲碁、将棋、麻雀をしている。
 本命の囲碁は碁会所の煙草が気になりだして以来ネット碁を続けている。
そして、将棋と麻雀は囲碁の合間に時間つぶしの積りで始めた。
 将棋は全くのへぼで点数は上がらない。
攻めの定石や形を知らないし、集中力も無いので“ポカ”ばかりである。
 勝つ時は結構な上手にまぐれで勝つこともあるが、下手にもとりこぼしが多く、いずれにしても全くのへぼ将棋である。
短手数の将棋は逆転が難しく、囲碁以上に奥深く難しい。
f0201348_20134133.jpg 一方、麻雀は学生時代に覚えて、職場環境もあり継続することはなかったが、誘われれば断ることはなかった。
 ネット麻雀は東場のみで勝負は早い。
最近は甚だ調子よく色分けは上級に属している。
 囲碁や将棋のように実力のみと言うことで無く、配牌と引きの運が勝負を大きく左右する。
人によって異論もあろうが運5割に実力5割ではないかと思っている。
しかし、ネット麻雀でも長く続けて居れば実力通りのポジションに落ち着くことになるのだろう。
 暇な時間にPCを開いては勤しむネット勝負事である。
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2010-09-21 19:51 | 趣味 | Comments(0)

「本因坊戦第2局」(3)

f0201348_13184611.jpg いつもより遅く起きて、朝食後に「本因坊戦第2局」と「盲目のピアニスト辻井伸行”心の目で見た展覧会の絵”」のドキュメント録画を見ると、陽は既に高くなっている。
 ブログに書きたいことが溜まっているが、まずは囲碁から片付けようとPCに向かう。
f0201348_13222715.jpg パン工房で昼食をとる。
合い席させて頂いた方は、佐賀からJRで来られてとのことである。
「北九州地区で開催される大盤解説会には毎回のように行ってます。先日あった別府での「棋聖戦」にも行ってきましたよ!」と相当のファンらしい。
 私より2年先輩の年金生活者である。
囲碁の話から山の話までそれらしい年齢の話題へと移って行く。
 30分程話して、解説者の居ない会場に戻ると、勇気あるお客さんが大盤を前にして、色々と検討している。
100人超の囲碁ファンは、あーでもないこーでもないと勝手気儘に検討している。
私の横に座っている八女市の方も携帯碁盤を出して、私に話しかけて来る。
f0201348_142712.jpg 午後2時から首藤7段の解説、そしてBS放送の小林九段の解説が始まる。
 「優勢の山下挑戦者の手が硬く、少し乱れ始めているのでは?」と小林九段の紹介である。
盤面10目以上の差が少しずつ僅差になりつつあると仰る。
 冗談を交えた語り口と底知れぬ読みを次々と盤面に並べて行く雰囲気は決してお客さんを飽きさせない。
 オーラの話から「番碁の緊張した雰囲気を共に過ごすことが非常に大切なんですよ!」と小林九段が話していたが、私も同じ敷地内の離れで番碁が打たれ、生で一流プロの解説を聞き、大いに価値ある1日を過ごした。
f0201348_13254832.jpg 私の好きな棋士の一人でもある小林九段と一緒の写真を撮って頂き度く「お疲れの所、写真宜しいですか?」とお願いすると、にこやかに「どうぞ!」と仰る。
 「近くで大盤解説会がある時は是非行きたいなー!」と独り言を繰りながら、薄くなった後髪をひかれる思いで会場を後にする。

「本因坊戦第2局」(1)から見る時はこちら
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2010-05-29 13:07 | 趣味 | Comments(0)

「本因坊戦第2局」(2)

f0201348_2356480.jpg 朝5時に起き、朝刊を取りに行く。
先ずは山登りの準備をしなければならないが、昨晩の「本因坊戦」ダイジェストを見逃してしまったので、何をさておいても結果を知りたい。「黒番の山下天元1目半勝ち!」と出ている。
第1局は挑戦者の優勢のまま進み、終盤に本因坊の見事な打ち回しによる逆転を許しているので、2局目はどちらかと云えば山下挑戦者に勝って欲しいと思っていた。
 登山準備を終え、パラパラと新聞紙を捲り地域面に目を落として驚きである。
「本因坊戦」の解説に添えられている会場の新聞写真の中心に私が居るではないか。自然児然とした顔貌は高段者であるが、実力は低段者である。しかし、新聞記者は若いし見る目もない。
見抜ける由も無く、私をファンの代表のように撮ってしまったに違いない。
 恥ずかしくもあり、少し嬉しくもあり「大変申し訳ない!」とほくそ笑む。
f0201348_002314.jpg ここから「山」のブログに移るか、このまま「囲碁」のブログを続けるか。
「雲仙岳」のブログは写真も多く思わぬ出会いもあり、掲載するに時間が掛かりそうなので後回しにして「本因坊戦」に戻る。
 63手目の「封じ手」を見て、「誰の予想にも無かった手である!」と小林九段が驚愕する。
有段者なら知っている、「赤耳の一手」と言っても過言でないとの言い回しで、1石4鳥の手と紹介していく。
そして、1日目の棋譜を軽妙洒脱に解説しながら、変幻自在に変化図を並べて行く。生で見るプロの読みの深さに、ファンの感嘆とも取れる溜息が其処彼処に聞こえて来る。
小林九段の解説はBS生放送のための9時から10時、そして4時から6時である。
f0201348_032434.jpg その間に、新聞解説の首藤瞬七段と聞き手高倉梢さんの棋譜紹介と解説が11時から12時、2時から3時までの2回ある。
また、主催新聞社のファンサービスとして「次の一手」クイズが2回あり、賞品の色紙と扇子がファンを喜ばせてくれる。
 私は2回とも外れである。
 晩酌と睡眠不足で老境の髭親父はブログどころではなくなったようである。

「本因坊戦第2局」(3)から見る時はこちら
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2010-05-28 23:48 | 趣味 | Comments(0)

「本因坊戦第2局」(1)

f0201348_14172656.jpg 学生時代の寮生活では、大人になる過程で良しにつけ悪しきにつけ色んな学習をする。
私達の時代は遊びのジャンルも少なく、雪国では室内ゲームが特に盛んで、私も麻雀と並んで囲碁もいつしか覚えていた。
f0201348_23454718.jpgf0201348_22234631.jpg 社会人になって、本格的に勉強したことも無いし、また空白期間があったりで、今もってもどかしい程の技量である。
しかし、定年後の趣味としては持って来いである。
退職後は紫煙朦々の碁会所は敬遠して、専らネット囲碁を楽しんでいる。
 「継続とは力なり!」で、格段とはいかないまでもそれなりに上達するものである。
番碁のTV番組は逃さず見ているが、本会場での大盤解説会には未だ一度も行ったことは無い。羽根本因坊と挑戦者山下天元の「本因坊戦第2局」が、隣町の由緒ある「ふかほり邸」で開催されるとあっては、この千載一隅のチャンスに飛びつかざるを得ない。
f0201348_22293025.jpg 1日目は布石の工夫とかで考慮時間が長いのでTV観戦とし、封じ手の開封から佳境に入る2日目に行くことにする。
f0201348_23481196.jpg






 8時半開場、9時から大盤解説である。
8時40分頃到着すると、駐車場は未だ7・8台で余裕の駐車である。 1,500円を払って会場に入ると、前の方の席はまだまだ空いている。技量も顧みず臆面も無く対戦の実況TV画面2面と、大盤の見える2列目の席に陣取る。
f0201348_23484026.jpg いつもなら有名ホテルでの広い会場であるが、今回は旅館とあって離れの「みそ工房」の2階に急ごしらえのやや狭い会場である。間もなくすると、解説者の小林覚九段と聞き手のアマ六段高倉梢両氏が入って来る。
 小林九段は一時代を築いた方で、今でも第1線で活躍されている。また、ソフトな声で非常に分り易いTV解説でもお馴染みである。
9時開始と伴に、注目の「封じ手」開封である。

明日は山登りで早起きしなければならないので、続きは後日としよう。

「本因坊戦第2局」(2)から見る時はこちら
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2010-05-27 22:00 | 趣味 | Comments(0)

「最近の読書」

 年金暮らしでは手当たり次第に本を買うようなことはできない。
余程気に入った本なら購入することもあるが、今は蔵書と言えるほどにはないが、本棚から興味のある本を引っ張り出してきて、就寝前に気持ちが趣くままに読んでいる。
 現役時代は通勤中に結構な量を読破していたが、齢65歳ともなると、視力の衰えもさることながら、集中力の減退で読書スピードがかなり遅くなっている。
 勿論一度読んだ本であるから内容については概ね分かっている積りだが、いざ読み始めると新鮮に感じる本も少なからずあり、決して飽きることは無い。
 そして、今一つの興味は目新しい単語に出合うことにある。
娘がwork-holidayでNZへ持っていった「電子辞書」をいつもそばに置いているので簡単に調べることができる。
「電子辞書」は、あの分厚い広辞苑から英語辞書(英和・和英)まで網羅しているから凄い。

 ここ半年ほど、夫婦の会話に代名詞の頻度が頓に高い。
「あれ!それ!これ!では判らない!」と妻から言われる。
夫婦だから「阿吽の呼吸」で理解している筈であるが!?!?。
 加齢臭の発散に反比例して、単語を思い出せないことがしばしばある。
 「あの単語は?」と、一生懸命思いだそうとするが中々できない。
ブログについては、思い出し次第忘れる前に編集し直すことにしている。
 最近、産学研究で「決してあり得ない神経細胞の増殖が低酸素環境で起こりうる!」と新聞に出ていたが、私がボケる頃にはiーPS細胞研究と並行して、寿命までボケないように医学が進歩してくれれば願うばかりである。
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2009-12-29 16:05 | 趣味 | Comments(0)

「最近の碁の戦績」

 暇な時間を「山登り」、「紅葉狩り」、「ブログ」、「家庭菜園」に取られネット碁を開く機会を逃している。
偶ーに!打てば負けが続き、気分的にもクリックをしたくなかったのかも知れない。
結果、1,700点台から1,500点台まで下がっていた。
 しかし、今日は珍しく2勝1敗である。
1敗は1,700点台の方だったが、2勝は2,000点台の方達である。
久し振りの勝ち越しに溜飲が下がる思いであった。
 碁盤を前にして上手の方達と打つ時は、極力厚く打ち進めるが、ネットで打つと顔が見えないので、横着にも直ぐ石を取りに行こうとして中押しで負けてしまう。
「取ろう取ろうは取られの元!」を地で行く打碁ばっかりである。
しかし、今日は喧嘩碁で勝ってしまった。
点数からして、上手の方々が手を抜かれたのかも知れないが、いずれにしても気分最高である。
 性格上、考えるより先に打ってしまうことが多いため、ネット碁では特にポカが多い。
ポカをすると、マウスが遠のき別の趣味に没頭してしまう。
 老境を前にして、妻から月日を忘れないようにと「論語のこよみ」の日めくりを宿題としてを貰っているが、人生中々難しいものである。
因みに、今日は「人の己を知らざるを患えず 人を知らざるを患えよ」である。
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2009-12-04 00:20 | 趣味 | Comments(0)