カテゴリ:未分類( 7 )

「艶めかしいダイコン」

 17日は真言宗の寺院で「火渡り」の行事。
f0201348_11345312.jpg毎年健康を祈願して参加するが、昨年は私の知らない所で写真を撮られ、その目立つ姿が新聞に載っていたと、飲み友達が態々と新聞社に依頼して写真を貰ってくれていた。

午前中、陽がある間に1時間半ほど農作業し、昼食後1時から始まる行事へと足を運ぶ。老後に誰もが望む無病息災の生活。今日の新聞で高齢者の定義について紹介されていたが、夫婦揃って後期高齢者に近付いても歯科以外は年に一度の健康健診で済んでいることに感謝しなければならない。
 特に、甘い物を存分に食べ晩酌の絶えない私は、急速に老いる年齢に入り、見合う運動をしなければと思っている。今年はゼンマイを2年ほど巻き戻しウォーキングと山登りの生活へと、心の片隅に近いながら火渡りの行事に参加した。

f0201348_11345796.jpg








f0201348_11342594.jpg






f0201348_11343399.jpg 暖かさに釣られ午後も1時間程度の野良仕事。

鍬の入る無農薬の土中に安眠していたカエルやミミズはなす術もなく身動きできない。畝造りを急ぐ私は無慈悲に枯草の中に入れるだけである。

 日本を覆う寒気団に東日本では少なからず豪雪災害も聞こえて来るが、私の居住地では5cmほどの積雪はあっという間に溶け農作業に支障は無い。耕運機を持たない私は、昨年タマネギを栽培した畝をスコップでお越し、固まった土を解していかなければならない。体力を使うので寒くは無いが、2時間弱の作業で精々2~3mしか出来上がらない。

 ジャガイモは例年だと霜除けで2月中旬以降に植え付けるが、今年は一畝だけ試験的に一月末に植え付けし、不織布で土を保温し芽吹いた後は霜除けにトンネルとして、早期の収穫が出来ないかと思案している。

もう一畝は例年通り2月中旬以降に植え付けをし、素人なりに収穫の差を楽しみに作業を熟す。隣町へとアンデス、キタアカリ、メイクイーンを各2kg買いに行く。
 帰って来てメイルを開くと、一年越しの学部同窓会の案内があった。九州にいる北の大地の同窓であるが、今年は何名参加するだろうか。
私は最年長での出席、今年も20数名の同窓が集まることだろう。




f0201348_16124084.jpg





[PR]
by 1944tourist2004jp | 2017-01-19 11:27 | Comments(0)

「敬老会のシーズン」

 先日、民進党の新代表に蓮舫氏が選出されたが・・・・。
敢えて二重国籍問題は問わないとして、左から右まで外野の守備範囲を広げ過ぎて球は点々とフェンスまで転がった政権運営、党内の政策論争に火は点くが噛み合わず自民党への対案をまとめきれない。将又、共産党と選挙協力をする無節操さに加え、ポピュリズムに偏りがちな現党に全く興味がないのは私だけであろうか・・・・。
 枡添前東京都知事や富山市会議員の国民を馬鹿にしたような“超せこい行動” 、そして飛び火するかのように築地移転の問題など、政治家・官僚と一部企業の癒着問題と泥沼は果てしない。
M老害の入り混じる2020年東京オリンピックの公共事業の予算額は果てしなく膨張する。嘆きたくなる日本の政治家のモラルと官僚の情報の出し渋り、行政と議会が癒着しているからチェック機能を果たそうにも果たし得ないのが現実なんだろう。
 反面教師的に楔を打ち込んでくれた野々村議員に始まって、枡添前都知事、富山市議員、そして都庁や都議会の皆さん方、国民に分かり易く教えてくれて有難うございます。
国民に「飲み過ぎるな!」と言っても無理だろう。

f0201348_198654.jpg 庶民は。
夏祭りに並んで“ひょっとこ”は相応の人気があり、私が新しく所属した愛好会も18日は昼と薄暮のダブルで組まれていた。しかし、野外での踊りとなっていた夕方は、台湾南部を直撃したスーパー台風14号の余波と16号の九州接近により中止となった。
 昼過ぎ、激しい雨にライトを点けワイパーを最強にして、KI公民館へと15分ほどハンドルを握る。1時間遅れの開会で、“ひょっとこ”の衣装に着替え、新参者として馴染が薄い仲間に遠慮して、廊下の端から定番となっているギター片手の歌謡、子供達の踊り、フラダンスなどを見る。
私の行政区と比べ規模も演芸も1/3ほどとかなり地味であるが、その和んでいるお年寄りの笑顔に子供達との距離の近さを感じさせてくれた。
 プログラムを見ると、“ひょっとこ”の後は“どじょうすくい”、私が前に所属していたR愛好会のF氏であった。
“ひょっとこ”を踊り終わって、廊下で雨の田園を撫でるように涼んでくる風を網戸越しに受け、火照った身体を冷していると、次の出番のF氏が「ひょっとこ会に居るやんね?」と話しかけて来た。「時間を空けると忘れると思いここで踊ってます」と、無機質な返事をする。世の中、得てしてこのようなものだ。
 明日は特別養護老人ホームでの慰問「ひょっとこ」である。・・・・・百寿の方を代表に相当お年を召された方々ばかりであった。僅か15分程度であるが、4列に並んだテーブルの間をすり抜けるように踊って行くと、間近に見るお年寄りの笑顔、踊っている方が慰められる。
”ひょっとこ”をやって、一番の収穫はお年寄りの素直に喜ぶ顔であり、破顔の子供達の歓声である。






[PR]
by 1944tourist2004jp | 2016-09-18 22:35 | Comments(0)

「新天地での練習」

 蝉の喧騒が一瞬にして消え、レモンの落葉に秋の始まりを感じた8月の晦日。それ以来、エアコンの振動音は減り、タオルケットに若干の寒さを感じる朝が始まる。
 今日8日、リオパラリンピックの祭典が始まった。
多少なりとも人生を儚む身障者にとって、生き甲斐をもたらしてくれる一つのパラリンピック。色んな障害を持つ人々に多様な種目が用意されている。
競技場を行進する顔に健常者への逆の偏見や劣等感は微塵も感じさせない清々しい笑顔ばかりである。

f0201348_14265962.jpgf0201348_14283461.jpg 昨晩は近所の飲み友達に紹介して貰った「ひょっとこ」愛好会での初練習。
大半の方々が同年輩だろう20人超の大所帯で、世話役からの紹介と私の挨拶で始まる。
練習前の運動が実に面白い、草津音頭に合わせてお風呂でのタオルを使って体を洗う仕草の軽い運動を数分し、先生の合図でこれまた軽い柔軟体操。頸の回転運動、全身の前後屈、後は腓腹筋とアキレス腱を伸ばすだけである。
 先ずは輪になって脚の運びのみを2周、そして手の動作を加えて2・3周、次に公民館を縦に使い、残りの皆さんが全員は見ている中を、5人が横一列となって往復する。15m程度の距離であるが、踊っている方は一挙手一投足を凝視されているので正に真剣である。これを2回。
その間、先生は殆ど注意することは無くじっと見ている。
 新参者の私にだけ、振りだす前の手が“ぐう”に成っていること、そして”顔が下を向きがち”あることの2点のみ、言葉少なに改善の注文が出る。言葉のニュアンスと柔和な顔から、”私はある程度基本ができているのだろう”と、前向きにとる。
私なりに保存会の基本動作を基礎に練習してきたので、躊躇なく理解でるし、自分なりに直ぐに修正できた積りである。が、先生はその評価をしなかった。多分に「今一なんだろう」と、私なりに理解した。
練習に入る前に、手の動作について私達に見本の型を見せてくれたが、一番大事な動作の“切れ”を垣間見ることで、信頼に足る先生であることも付け加えておこう。
 1時間の練習の合間に、世話役から今後の予定について紹介がある。
1年に一度の全員での一泊旅行が来週初め、“日向ひょっとこ夏祭り”と親睦旅行を隔年でやっているとのことで、今年は人吉に泊まり。九州脊梁の山登りで一泊した五木を周って帰って来ることになっている。
私は、協働のまちづくりの防犯部会発表会のパネル打ち合わせの翌日であり、その日SDからの頼まれごともあって断らざるを得ない。
 そして、今月中に敬老会が2回、老人ホーム慰問が1回予定されている。
できれば対象が老人達なので、その破顔と嬌声(?)を楽しみにして参加することにした。
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2016-09-18 22:34 | Comments(0)

「観閲式と記念行事見学」

 常識外れの進路を辿り東北、北海道の2町に悲惨な爪痕を残した台風10号、そして明日にでも九州を直撃しそうな12号。その影響か、朝から空一面に雲が張り出し、生暖かい風にじわっと汗が滲んでくる嫌な天気である。
 今日3日は、私がモニターをしている駐屯地の“駐屯地創設63周年並び施設団創隊55周年記念行事”に招待されている。

f0201348_19311557.jpg 子供連れの見学の方々も大勢が囲む本部前の運動場で、部隊入場から観閲へと次第が進み、施設団音楽隊の音量を少し絞り込んだ国歌演奏がより荘厳さを増す中、国旗入場と、司令団長(将補)の挨拶や来賓祝辞等が続く。
そして、最後に音楽隊のマーチにのって観閲行進と、公道で見ることの無い施設団の大型車輌が続々と入って来る。

f0201348_1937472.jpg

f0201348_19461297.jpg心配された雨も無く、観閲の後は地元消防団や警察と合同の災害時救助模擬訓が披露された。





f0201348_193881.jpg


f0201348_1939146.jpg 午後からは体育館で3千円会費の会食。(自衛隊の為に会費制であることをきちんと断っておきたい)
聞く所に依ると500名弱の方々がテーブルを囲んでの立食。司令の挨拶(主催者)、来賓挨拶(衆議院議員や地元市等)と続き、若手隊員のサービスを受けながら歓談会食が約1時間半。
その間、”真夏の集い”で懲りた私は、最前列のテーブルでモニターの方々や自衛官と話しながら、乾杯のビール、枡酒(一合)と焼酎コップ1杯で済ます。


f0201348_19395150.jpg

 その後、雨ならSDに迎えに来て貰うことにしていたが、心配ない空模様に駐屯地からシャトルバスで駅まで送って貰い、最寄りの二駅目で乗り過ごすことなく下車。そして、改札口を前にして胸ポケットに入れたはずの切符を取り出そうとするが無い。駅員を前に暫しポケットを探るが、無い。


f0201348_8452736.jpg 若干ながら酒臭い老人を見て気の毒に思ったか、若い駅員は私に乗車駅を訊ねた後「今回は仕方ありません、今後は気を付けて下さい」と、丁重に改札口から見送ってくれた。
 帰宅後プログラム等をポケットから出して改めてみると、見つけようの無い所に挟まっていた。
気持よく飲み過ぎれば泥酔し当然のように大失敗、心掛けながら微酔しても軽い失敗。
溜息をつきながらブログを書き出したが、ほろ酔いの後の気持よい微睡で身体をソファー投げ出す。





(車両見学)


f0201348_8441064.jpg

 (因みに新聞の地方版で記事になっていたのは9月10日、日付も出さずただの写真と文章であった)





[PR]
by 1944tourist2004jp | 2016-09-18 22:33 | Comments(2)

「娘を訪ねて」(伊勢神宮)

f0201348_2322735.jpg

 私達の席も予約していてくれていた、小料理店での錦秋の試飲会。

f0201348_2354971.jpg カウンターに8人、ボックスに6人、私より5歳年長の男性から20代の女性まで如何にも和やかな雰囲気で始まる。身内のような人達ばかりなのか、淀みなくカエデを流す渓流のように彩りよく会話が弾んでいく。女性がいるとハンドルに遊びがあるように、会話がぎくしゃくとしないから楽である。

f0201348_2363326.jpg

f0201348_2372784.jpg 私の隣は黒縁の眼鏡をかけた20代と思しき女性、怪しき風貌を緩解するために私の方から色々と話しかける。
 蔵元の若い男性が日本酒度(辛さ)や精米歩合を紹介しながら、”吟醸おり酒”から順次喉越しにソフトな冷酒(特別純米酒等)へと、浅いグラスに次々と注がれていく。その度に、酒に合った小料理(八寸ー刺ー替物ー煮物ー揚物ー小鉢)が品よく器に盛られて並ぶ。

f0201348_2382098.jpg飲み方の早い私にとって、少し品の良すぎるペースに、空のグラスが寂しそうに”孤独をあて”に佇んでいる。


f0201348_2394982.jpg アミノ酸等の関係を下地に「美味しいお酒とは、1に香り、2に味、3に喉越し、4に後味」と、語るほどに話が面白くなる。
私は粋人に縁遠く、飲み始めて数杯すると全て唯のアルコールと化すから始末が悪い。
半ばにして、2日前に誕生日を迎えた娘のために”Happy birthday to you”が狭い料理店に充満する。凡そ3時間の会に、袖を引く娘の手を払いながら、ほろ酔いの序にお礼方々挨拶させて頂く。

 3日目は親の希望で、伊勢までほぼ130kmの道のりにレンタカーを走らせる。
全行程を高速でカバーしている大都会の恵まれた道路事情は実に羨ましい。しかし、ジャンクションの重なる都会の高速は、3車線ながら渋滞に陥り易いのか、帰りは僅か16kmに70分の表示。うんざりとするが、嵌れば回避することもできず如何ともし難い。

f0201348_23131912.jpg
 定年退職後、間もなくして車で出雲大社から京都~奈良へと古都巡りをし、飛鳥から山深い鄙路を2時間ほどかけ伊勢まで足を延ばして以来である。宗教の根源は死にあると思うが、私も加齢に伴って古き慣例とか宗教の世界に近づきつつあるのかも知れない。

f0201348_2321356.jpg


f0201348_18212271.jpg

f0201348_23243243.jpg 今にも大泣きしそうな空模様、環状高速から東名阪道路の御在所SAに入って行くと、予報通り土砂降りの雨。
景勝地を訪ねるわけでもないので躊躇することなく伊勢路へとまっしぐら。

f0201348_23245932.jpg

f0201348_23253096.jpg 雨の中、”おかげ参道”は傘がぶつかるほどの人出。SDと娘は、趣味は違えど右や左へとお店を覗きながら遅々として先を急がす。


 本宮警備官の話では、平成二十五年八月の御正殿遷宮を控え9割方完成しているとのことであった。20年の歳月に苔むした茅葺の屋根や垣間見る正殿は端然として美しい。

f0201348_2333754.jpg

f0201348_23284294.jpg 今回の遷宮にあたって、正殿材は神宮の森から2割、残りは長野県他からの調達とのことであった。そして、古材は無駄なく地方の宮材として利用されるらしい。
 帰りは東名阪道の渋滞に嵌り、数倍の時間をかけ、降りしきる雨の中を伊勢湾岸道から帰って行く。






f0201348_2329592.jpg
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2012-11-13 00:03 | Comments(0)

「大相撲の八百長に思う」

 白鵬の「それは『ない』ということしか言えないじゃないですか」との記者会見での言葉。
彼の地位と人間性を素直に発露した言葉と、私は肯定的に受け留めたい。
 素人の私が“無気力相撲”を八百長と感じたように、取り組みによっては国民の大半が承知の上で楽しんでいたと思う。
しかし、体力の全てを賭して瞬時に決まるガチンコ相撲は魅力的であり、全てが興行のプロレスとは質が全く違う。
 一日一番であるが、砂を舐めるような厳しい稽古の末に、巨漢同士が狭い土俵上で肉弾をぶっつける格闘技だけに怪我は付き物である。
部屋別総当りと言っても系列があり、艱難辛苦を乗り越えて来た兄弟力士の取り組に、時として温情が入るのも致し方ないのかも知れない。
そこで許されないのは利他を排して、且つ介在する金である。
 大半の力士が実力相応の地位にあることは間違いないと思うが、長く続ける大関や十両はそれぞれに名誉と生活の瀬戸際で勝負している様に感じることもある。
ここに最高位に立てない二流の人間性と卑しさが見え隠れする。
 文化芸術、学問、スポーツの世界で超一流に登り詰めた人達は天賦の才と血の滲むような努力から幾許かの妄念差し引き、時の運を足して後世に名を残している。
相撲の世界も然り、引退しか待っていない横綱もまた超一流だと信じたい。
 映画監督の篠田正浩さんが、現状を評して「水清よければ魚棲まず」と仰っていたが同感である。
過去を穿らずに、無気力相撲が野放しにならぬよう指導環境と待遇を改善して伝統文化を継承して欲しいと切に願っている。
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2011-02-10 23:40 | Comments(2)

「2月1日」

 二日間泊まった孫達が帰った後、喧騒から平穏に戻った部屋で二人が炬燵に入っている。また、元通りに二人だけの生活の始まりである。
しかし、決して悄然として寡黙になることはない。
 昨日は少し怠けていたウォーキングに出て、久し振りに10kmを速足で歩いたが特に辛いことも無い。
遠くに眺める山並みは夕陽に白く輝き、私の心を見透かしている。雪深き山の心地良さが私に纏わりついて来る。
 そして、寒が緩んだ今日は久し振りに畑へと出かける。10日以上は遠退いていた筈である。
鍋物他で食卓を賑わしてくれた冬野菜も一段落して、こじんまりとしたニンジンや小振りのチシャを細々と持ち帰る。
 第2弾としてダイコン、カブ、ミズナ、コマツナを播いてマルチを掛けているが寒さが続いたせいか成長は思わしくない。
第1弾が思いの外に大収穫だったのでついつい期待してしまう。
 焦る必要は無いかも知れないがキヌサヤとスナックエンドウの成長が思わしくない。
ネットの下で背伸びしながら巻きつこうと頑張ってくれているが、若葉は少し抜けたように退色して茎に登る意欲が感じられない。
春先の朝食のスープに入れたりと貴重な食材である。大事に育てたい。
「もし駄目なら、3月に入って再度播種しても良い」と妻は言う。
 2月から3月にかけて、我が菜園の東の横綱春ジャガの植え付けがある。そろそろ畝作りを始めなければならない。
私達の家庭菜園は畝数が限られているので、連作障害の出易いジャガイモは3年間隔で2畝ずつ回すのがやっとである。
また、休耕田を利用しているので水田に水を張っている時期は、雨が降らずとも畝間に水が浸潤して来て、水捌けが悪いと直ぐに溜まってしまう。水捌けが悪いとヨトウムシ等の被害が多い。
菜園を始めて4年目になるが、今年は2度目の湿っぽい畝での栽培である。
「畝を高くした分、数を減らした方がよいかも知れない」と考えながら、鍬に力が籠って来る。
 今日は酒の買い置きが無くなったので晩酌が無い。寂しいが肝臓の為に我慢しよう。
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2011-02-01 22:27 | Comments(2)