「雨の火渡り」

f0201348_14165007.jpg


 75歳にかかる免許証の更新を前にして「高齢者講習」を自動車学校で受けたが、高齢者の事故と飲酒運転を主とした講習を30分弱、視角・暗視・動体視力の検査に10分、運転実技15分程度の講習で4,650円。


f0201348_14163552.jpg
f0201348_14163181.jpg


 高齢者の運転事故と教習所の救済とが相まっての金額だろうか。今朝も高齢者の事故の問題についてTV番組で喧々諤々と議論が沸騰していたが、健康寿命同様に種々個人差があり、生活や仕事の環境があり、何とも結論の難しい課題である。私見であるが、健康寿命を超えた75歳超の後期高齢者は体力的にも能力的にも急速に衰えが来るものである。そこで、面倒至極ではあるが、免許証の更新を毎年では負担になるので2年としては如何だろうか。但し、更新にかかる費用は無料とし、自主返納の機会や、早期に認知症や病的な欠陥に注意を促す環境作りしてはどうだろうか。





f0201348_14162156.jpg


 野菜の高値が続く中で、今年の冬野菜は全て不織布のトンネル栽培で成長も収穫も喜ばしい限りである。SDはダイコンとヤマシオの漬物をお裾分けするほど漬け込んでいる。
2月は春ジャガの植え付けである。昨年はトンネル早期栽培で梅雨前に収穫できたので、今年も12月中に2本堆肥等を入れ畝造りし、1月末の植え付け目途に黒マルチを被せていた。2・3日の晴れ間を利用して、2時間程の作業をすれば直ぐに植え付けできる。昨秋は稲わらを存分に確保できたので、ジャガイモの茎を挟むように藁の束を添えてやれば、雑草も生えず管理が楽に出来そうだ。今年もアンデス、キタアカリ、メークイーン各2㎏。一つ気掛かりなことはキヌサヤとスナップエンドウの芽吹きが余りにも遅く、十分な収穫は期待できそうにないことである




f0201348_14161740.jpg

 例年1月17日は直近の真言宗寺院での「火渡りの」の行事。今年は生憎と雨模様の中で強行されたが、年老いたご婦人方が雨だまりのぐじゅぐじゅとした足元、片足ずつ裾を上げ、裸足になり順番を待つ姿は何とも涙ぐましい。

f0201348_14162660.jpg





f0201348_14162920.jpg













一昨年、私の髭面が渡る姿がN新聞に出ていたと友人が態々と新聞社から写真を取り寄せ届けてくれたこともあった。今年も護摩木に私共家族や兄弟達家族の4法(息災、増益、降伏、敬愛)を祈願する。














f0201348_12523307.jpg




[PR]
by 1944tourist2004jp | 2018-01-20 14:28 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< 「ジャガイモの植え付け」 『あけましておめでとうございます』 >>