「保育園の運動会は面白い」

f0201348_17091476.jpg

 雨上がりの碧い空。
 一人の保育園児に、両親、兄弟、そして二組のおじいちゃんとおばあちゃん、豪華な応援団を編成。
準備されたテントからはみ出すように、可愛い孫を見守る家族はいずこも同じ。

園児の運動会や発表会はハプニングの連続である。此処彼処で笑いの渦が巻き起こる度に、ご苦労の絶えない先生方である。

しかし、午後一番のプログラム前に起きたハプニングには、子供達や父兄も流石に釘付けとなってしまった。



f0201348_17091859.jpg


 昼の中休み、何処から飛んできたのか小学校の運動場を囲む高さ20mほどの金網のフェンスで大型のインコが観覧していたのである。

10数分後、飼い主らしき数人(鳥類センターかも知れないが)が、梯子と延長可能なネットを持ち込んで捕獲しようとするが、そこは爽秋に自由の身、摑まる筈も無く、大きく羽ばたいて学校の周辺を見事な姿で飛び周る。
知ってか知らずか、プログラムが始まると同時に何処かへと飛び去ってしまった。








f0201348_17090760.jpg



 2年目の12月の薄暮、我が家のコザクラインコが逃走した時は、家周辺を探し回って、その泣き声に気付いたSDが家から5・60m離れた民家の軒に留まっているのを見つけ、鳥かごと餌箱を持って私達の掛け声に反応して無事戻って来たが、大型のオームはそうはいかないだろう。鳩のように帰巣本能を身に付けていればと願うばかりである。結果は不明。

 







f0201348_17091081.jpg






遊戯は気に入っているのか、弾けんばかりに満面の笑顔で楽しんでいたが、競争意欲の全く無い孫は“かけっこ”に何の反応も見せずに、にっこりとして“びり”。

仲秋とは思えないような暑気疲れに、孫達と一時を過ごして帰宅。






 9日は10月にして真夏日、30℃に汗を流しながらM行政区のコスモス祭りで”ひょっとこ”の列の最後尾で踊る。

f0201348_17223399.jpg






 NHKの“サイエンスゼロ”よると、日本海は地球全体の海洋の縮図らしい。

日本海ではウラジオストック沖で冷やされた海流が沈み込み、溶存酸素を供給しながら100年ほどかけて日本海を一周するらしい。そして、地球全体の海洋を見ると、北極や南極で冷えた表層海水が沈み込むことで深層海流が生じ、2千年かけて全海洋を巡回しているとのこと。

ここ十年で深層海流の速度が落ち、溶存酸素の減少は地球温暖化が急速に進んでいる証拠との事であった。


[PR]
by 1944tourist2004jp | 2017-10-08 17:11 | 孫達 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< 「ブログ更新意欲減退の今日この頃」 「月見で一杯」 >>