「夏野菜の植え付け」



f0201348_12282970.jpg

 終日の雨に野良仕事も一休み。

いつの間にか11年目に入った家庭菜園。最初の数年は地力もあるし、連作障害も無く、勘違いするほど豊作続きであった。

しかし、年を経るごとに地力は落ち、タマネギのベト病はじめ病原菌の侵襲あり、また無農薬だけにモグラやオケラ、野ネズミや野鳥による被害も年毎に増えてきている。



f0201348_19203673.jpg


 農機具は持たず、農作業に追われることも嫌う“ぐうたら菜園”を旨としているので、基本はお隣さん方の6・7割程度の収穫で良いと楽観している。虫に食われるハクサイや食べごろをカラスに突つかれるコーンのように、収穫皆無に終わっても「やっぱり駄目だったか!」と、呆気らかんと苦労を省みることも無い。

f0201348_19221533.jpg


カヤやセイタカアワダチソウが繁茂する休耕田に春ジャガの植え付けを目指して、年末から1月の寒い季節に冬の陽射しに暖を貰いながら、スコップで30cmほど掘り起し、ダンボール敷いた地べたに二人腰を下ろし、土塊を手で解し、幅120cmほどの畦を立てていった。耕運機なら12m程度の長さならあっという間であったろうが、全てを肉体労働でするとの初心が許さない。12mほどの畦に一月ほどかかってしまった。

f0201348_19183258.jpg










 後は夏野菜の植え付け、冬野菜播種、そしてタマネギの植え付けと畝を増やし今では8畝ほどになっている。

しかし、地力の衰えに並行するように私の体力も落ち、今では「6畝で十分!」と手抜きしている。

昨日の25日は、ミニトマト、キューリ、ゴーヤ、オクラ、ピーマン、ナスの植え付け、後は黒枝豆とサトイモの畝造りをしたら夏野菜の作業は完了である。

そして、9・10月の冬野菜の種蒔きまでは、害虫と雑草刈りに悩まされることになる。

菜園をするまで野菜の花を全く知らなかったが、それぞれにハッとさせられるほどに美しい。特に青空をバックにしたウコンの薄桃色、オクラの鮮やかな黄色は勿体ないほど魅力的である。

f0201348_19185417.jpg


 今日は、母校F高校創立100周年記念のラグビーと野球の対抗試合。招待高校は色んな意味で永遠のライバルS館高。

ここ数年の県大会ではS館高校の方が優勢である。しかし、この試合は大方の予想に反して、前半1トライ1コンバージョン、後半は4トライ4コンバージョンの35対0と圧倒。花を持たせてくれたのかも知れない。

ノーサイド寸前、相手陣ゴールライン10ヤードほどの所から右ウィングへ20mほどのキックパスが見事に決まり記念試合に花を添えた。

野球は雨の為に中止となった。

f0201348_19284026.jpg


 f0201348_19185837.jpg








 午後は“雨のオオフジ”。

朝からの雨と無風状態が重なって、フジ棚の下に入ると、今が利き頃と香りが鼻梁をくすぐって来る。






f0201348_19362767.jpg


f0201348_22542789.jpg








f0201348_22542536.jpg

f0201348_22542374.jpg


[PR]
by 1944tourist2004jp | 2017-04-26 19:32 | 家庭菜園 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< 「鳩の巣作り」 「新タマネギと筍」 >>