「蝉」

 週2の朝のゴミ出し。
外を掃いていると、いつから朝の喧騒が失くなったのだろうか、車の走行音とポロポロと鳩の呼ぶ声しか聞こえない。


f0201348_9454415.jpg 何とも去り際の見事な蝉たちである。数年間土の中で成長し、青空を見る一時は僅かな樹の蜜を吸いながら繁殖期に忙しく精力を使い果たす。
豊かな地球の資源を貪る人類の知り得ようの無いことだが、数年に渡って土中で待っている時は一瞬の青春も知らず、ただ体内時計と地温で外の世界に飛び出す時を待っている。そして、青空に目一杯羽根を広げる時は、ただただ繁殖一筋である。私達との余りの落差に言葉がない。
繁殖能力が亡くなっても、他の生物達を絶滅へと追い立てながら生かされる世界が待っている私達。
 と、数日前にPCに書き留めていたが、今朝の新聞に「死ぬためにただ死ぬために蝉生まれ」との川柳が紹介されていた。
この「編集手帳」は蝉のはかない生命をいとおしむ眼差しを引用し、障害者施設等の悲惨な事件や河川敷で見つかった16歳の少年の死を悼んだものである。
この17文字に私の言いたいことが全て抱合されているようで、今更ながら俳句や川柳を育んだ日本の言語と文化を称賛したくなった。
 残念ながら、7月12の「雨上がりに」のブログの写真以外蝉の撮り駄目は無い。







[PR]
by 1944tourist2004jp | 2016-08-31 08:03 | 雑感 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< 「縁もゆかりも無い地で」 「ヘリコプター体験搭乗」 >>