「一つ、借りを返せたかな~?」

f0201348_1464188.jpg 娘から「暑さに弱いのでウサギも少しの間面倒見てくれないかな~」と預かって、朝食前にインコとウサギを外に出してケージの掃除、そして餌やりと30分ほど目覚めの仕事。
前回のブログに載せた永六輔さんの言葉に続いて、曽野綾子さんの「もらう」から「与える」へ、幸せな余生への転換。

f0201348_16311469.jpg 梅雨明けの昼過ぎ、コバルト色の空に我を通すように盛り々々と立ち上がる入道雲。
そして、雨に濡れ純青の豊かな花弁を見せていた紫陽花も、今では瑞々しさを失い薄青で玄関先の老生を見送る。
今日は医療法人「緑寿館」で、ボランティア慰労演技の一人として“ひょっとこ踊り”の列に加わる。
習い始めてほぼ1年、踊りは今一であるが色んなお呼ばれに加わり、恥じらいも無く“テンテコテン/テンテコテン/テンテコテンテコテンテコテン”。

“博多どんたく”に加わって以来、またお呼ばれの回数が増えるにつれ先生も基本に戻るべく足の運び、手、首の動き等を厳しく繰り返し指導する日々である。





f0201348_16332798.jpg


f0201348_1016465.jpg 1年とは言え、一度身に着いた動きを修正するのは中々難しい。スポーツや芸術等全てに於いて基本が非常に大切であることは論を待つまでも無いが、田楽や祭礼の道化師的存在と知れば、私は観る方々を喜ばせるスタンスで個性を大事にしたいと思っている。72歳(!)の初心者にして生意気であるが、主張したい動作を織り交ぜながら黙然と練習の列に従っている。

 踊り、歌謡、どじょうすくい、三味線とお謡い、そして最後に一番人気(?)の“ひょっとこ”である。


f0201348_10171634.jpg 私にとって、今日一番の収穫はお面越しに見る“おじいちゃん”と“おばあちゃん” の破顔と歓声である。(と言っても私と同年代から10数歳超の方々であろう)
それにもまして嬉しかったことは、踊っている時にあるおばあちゃんから握手を求められたことである。

一つ気付いたことである。それはおじいちゃん達の無表情さに比べ、おばあちゃん達の屈託のない喜びを表現できる落差である。性差なのか過去の生き様を引きずっているのか分からない。




f0201348_10174394.jpg

 焼酎のお湯割りに羅臼コンブを入れ、老生には歯応えの厳しいスルメを摘みに3杯目、4杯目で今日の反省をし、池波正太郎の大成を読み漁って以来、時代物のTVに嵌っている単純な私らしく、取り溜めのビデオを観ながら支離滅裂なブログに万歳。
 明後日、23日は2行政区での夏祭りで“テンテコテン/テンテコテン/テンテコテンテコテンテコテン”。




[PR]
by 1944tourist2004jp | 2016-07-22 09:56 | その他 | Comments(2)
Commented by soramame at 2016-07-23 10:33 x
おはようございます!
いつも有難うございます♫
毎日暑いですね〜

先日友人に誘われ、大川家具を見に行きました。友人オススメの「庄分酢」にも立ち寄り、りんご酢、葡萄酢、ブルーベリー酢などをたくさん試飲させてもらいました。私は、その中でも柚子酢が特に気に入り、早速購入しました。浅漬けが美味しく出来上がるという「美味酢」も衝動買い。
お酢三昧の夏でこの暑い夏を乗り切りたいで〜す!
いただいたファイルYさんにお送りしておきましょうか?いつもながら気がきかず、すいません(;^_^A

庭先で蝉ちゃんがビャンビャン鳴いております。とっても元気がい〜です。
Commented by 甘党の酔漢 at 2016-07-24 11:00 x
こんにちは。

 昨晩、M1区の夏祭りで“ひょっとこ踊り”に加わりましたが、副会長のHさんが浴衣姿で一層美しくなって司会をされていました。

Yさんへの連絡有難うございます。論ずる具体的なきっかけになればと言うことでした。

「庄分酢」との会社知りませんでした。私は酢になる前の酒が好きですが、妻は絶対行きたがるでしょう。
名前
URL
削除用パスワード


<< 「“ひょっとこ”のダブルヘッダー」 如意輪寺「風鈴まつり」 >>