「コザクラインコと獺祭」

 父の日に、甘党で酒飲みの私に娘達から“ジェラード”と“獺祭”。
長雨に畑に行くことも無く、終日PCで囲碁三昧。持ち時間30分の設定で7局、3勝4敗の成績で点数が若干下がる。


f0201348_1575968.jpg 娘が久し振りに手に乗せた”きみちゃん”を見ながら、「左目が少しおかしくない?」と声を掛けて来る。よく診ると左の眼瞼の毛が抜けているし、瞬膜を頻繁に閉じている。そして、足で掻き毟ったり、ケージの中の鏡に眼を擦り付ける仕草をする。また、首筋に搔痒感があるのか、頻りに止り木に押し付けたりする。
“疥癬”かも知れないと思いつつネットで調べ、その症状を比べると何となく違うような感じもする。
いずれにしても、イベルメクチン製剤(発見者は日本人のノーベル賞博士)やキノリン誘導体の製剤を持っている分けでもないし、仕方なく薄い食塩水で水浴びをさせ、私が処方して貰っていた抗生物質の点眼剤と眼軟膏(畑の草刈り時に、雑草の細い茎が目に刺傷を負った時に貰ったもの)で処置をする。ここ数日は同じ処方を試みることにした。


f0201348_11484343.jpg そして晩酌は“獺祭”、琉球グラスに軽く注ぎ二人で乾杯。
 野茂が、そしてイチローがMLBとの懸け橋になったように、日本酒の世界では山口県の“獺祭”が欧米への走りとなっていたことは既知のこと、いずれ飲む機会もあるだろうと思っていたが、予期せぬプレゼントに酒肴は極力質素に今年漬け込んだラッキョウを二つ三つ。
北陸のお酒のように喉越しよくスーッと流れるように通りすぎるというよりは、一種独特のコクが口内を刺激し、度数16がそれに相乗し、コクの余韻が気持ちよく留まるのが良い。味わい深い久し振りの冷酒がSDの頬に紅をさす。

 翌朝、階段を下る私の足音を聞きつけ“チィーチィー”と元気な呼び声。
数日振りの青空に2回目の塩水沐浴、そして風通しの良いキウイの大葉の下でケージの消毒も兼ね、10分程度の日光浴をさせる。油断も隙もない家猫に備えて、私も付添いの日光浴。梅雨の最中とはいえ、南国の陽射しは強く老生には若干応える。


f0201348_115047100.jpg 今日、今シーズン二度目のツバメの子育てが始まるかも知れない・・・・・引き込み線に番が並んでいる。

処置後3日目、すっかり元気を取り戻し眼瞼も快癒している。そして、掻痒感もほとんど消失しているようだ。


                                  私達の菜園はこの田園風景を見渡す。
f0201348_2135337.jpg

[PR]
by 1944tourist2004jp | 2016-06-26 14:32 | その他 | Comments(2)
Commented by soramame9387 at 2016-06-27 18:32
こんにちは、今日も午後からよく降りましたね。本日は早々にF館を出て帰宅し、自宅のパソコンからコメントしています。
先日は思いがけず有難うございます。赤や緑の新鮮なお野菜が食卓を彩ってくれました。家庭菜園に縁がない我が家はホント有難いです☆
”きみちゃん”快方にむかってよかったです~ホッとしました。ご家族の愛情に包まれ幸せな”きみちゃん”♬お薬まで調合してもらい(適切な表現でしょうか??)心強いでしょうね♫
お写真の紫陽花、可憐でキュート♫素敵です。
うちは、”青”オンリーです(笑)昨日、伸びきった庭木を剪定した我が家の庭は少し明るくなりました。まだうっそうと茂った木々が半分以上残っています・・切らずにおけば日除けになるでしょうか・・・
Commented by 甘党の酔漢 at 2016-06-27 19:16 x
今晩は。
キューリとピーマン、この雨で成長が速く油断すると直ぐ太くなります。
ナスも袋に入れたかったんですが偶々収穫が無く、プチトマトを入れました。
私も紫陽花と思っていたら、女房曰く“ランタナ”とのことでした。
因みに、和名はシチヘンゲ(七変化)と言って、花の色が次第に変化することに由来するそうです。
 日除けと風通し二兎は追えませんね!湿度の高い日本の夏の永遠の課題です。(少し大袈裟かな!)
名前
URL
削除用パスワード


<< 「か弱き虫たちの天敵」 「ツバメのその後(2)」 >>