「ツバメのその後(2)」

f0201348_11483310.jpg 昨日、午後からプランターの土替えを手伝って、汚れたまま野良仕事に出かける。
ムクドリの犠牲になった孵化寸前の雛鳥を見て以来、習慣になっていたツバメの巣を見上げると、可愛い幼鳥の顔が三つ並んでいる。

 トマトの畝のネットは、カスミ網(今は販売禁止)に近い防鳥ネットを利用していたが、花が落ちたり茎が絡まったりと難儀していたので、今までキューリやゴーヤ、或いはキヌサヤ等のネットにしていたものを利用してはと思い、野晒しに放置していた支柱付のネットを片付ける。ぐうたら菜園らしく、未だ十分に使用可能なネットが10セット程残っていた。
 吹き曝しの田園で如何に張るか。キューリやゴーヤ等の蔓物は毎年倒されるので、二畝に跨って三角形に組んでいるが、トマトは一畝(ab100cm)に7・80cm間隔で支柱を立てている。
風に強く、またトマトに影響が無いように張る良い案も浮かばず、いつもの習慣で翌日に延ばすことにする。

f0201348_20102197.jpg

 

f0201348_11484872.jpg 帰宅直後、よく目の届くSDが真っ先に玄関先の奇妙な散らかりに気付く。よく見ると巣の欠片が点々として、見上げても出かける前に見た幼鳥の並んだ顔がない。
「巣立ったか!」と思い我が家への引込線を見ると、燕尾の短い3羽のツバメが留まっている。その後、老生の二人に挨拶をしてくれるような後ろ姿を見せながら仲良く飛び去ってしまった。

 今朝、寝起きに2階から覗くと、少し壊れた巣は空っぽ。
一抹の寂しさを感じながら、玄関先の糞に汚れた新聞紙を片付け水で流す。

 ネット情報によると、2週間ほどで孵化し3週間の育成で巣立ちするとのこと、今シーズンも2度目の巣作りに一縷の望みを託し楽しみたい。

 イチローがピート・ローズの安打世界記録4256本を抜いて4257本を記録した。MLBだけの記録ではないので比較や評価は口さがない評論家等に任せて、先ずはおめでとうございます。
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2016-06-16 11:57 | その他 | Comments(2)
Commented by soramame8429 at 2016-06-16 17:40
こんにちは〜
可愛いらしいヒナ鳥いよいよ巣立って行ったんですねー♫写真からもツバメの幼鳥のしぐさ、あどけなさが伝わってきます。一気にいなくなっちゃうんですね。
最近、手が空いた時間に何をしようか妄想し、敷地内東側に花壇を作りたいな〜お供えするお花を種から育てたいなぁとわくわくしています。ネットで簡単に育てられる花を検索しましたがどうやら時期外れのようです。
Commented by 甘党の酔漢 at 2016-06-17 18:04 x
こんにちは。
 ツバメが去った後は、さびしがり屋のコザクラインコだけになりました。
 妻は季節毎に筑前町の“オニツカバイオシステム”と言うガーデニング専門店の花屋さんによく行っています。


<< 「コザクラインコと獺祭」 「ツバメのその後」 >>