「自衛隊A駐屯地へモニター応募」

f0201348_18221437.jpg 観桜の一ブログでモニターについて若干触れたが、熊本大地震の災害地応援によりモニター委嘱式が1月延び、今日19日に行われた。当該駐屯地の防災上任務対応地域から、男性5名に女性1名に司令より委嘱状が手渡された。


                                         (宿舎屋上からの展望と先のブログでも紹介した本棟入口の大王松)

f0201348_1931328.jpg


f0201348_18434677.jpg










f0201348_18272629.jpg  幹部自衛官5名(将官と佐官)の淀みのない饒舌な挨拶が済み、それなりの衣装で臨んだ4人に中で、私は普段着に運動靴で2番目の自己紹介。「・・・略・・・。初めてお会いする方に『乃木大将のような立派な髭をお持ちですね』と持ち上げられますが(笑い)、今は枯葉が落ちるようにO市で年金生活をしております。・・・略・・・。国の安全保障環境が、東西の冷戦にもまして厳しくなりつつある今、是非自衛隊の皆さん方のご苦労を垣間見たくモニターに応募しました」と。
 幹部並びに広報室の自衛官方との記念撮影後、自衛隊の組織と活動概要、そしてモニターについて30分ほど、PPで編集されプロジェクターを通して紹介して頂く。
私がここで改めて紹介するまでも無く、自衛隊の活動は国土防衛、防災派遣、国際平和協力(PKO)、そして民業を圧迫しない程度の民生協力(部外土木工事)etc、そして広報活動として地域行事への参加である。


f0201348_18274064.jpgモニターは自衛隊の行事・訓練を見学・体験した上で、年度末に感想や意見を求められるらしい。






f0201348_18302959.jpg 駐屯地の歴史について展示されている広報記念館と、独身隊員の宿舎屋上から駐屯地内を展望し、幹部の皆さん方と昼食をする。(現在は部外土木工事とは逆に民業委託をしているらしい)
メニュー(エビチリ,チンゲン菜胡麻和え、中華風スープ、玉葱若布おかか和え)は自衛官と全く同じもので、決して贅沢なものではない。人それぞれの舌の感覚があるだろうから味について紹介しないが、私は美味しく食べさせて頂いた。
 昼食と歓談の後、売店へと案内される。(観桜時に来ていたので、特売となっていたTシャツを2枚買う)
その後、広報室に戻りパワーポイント編集のレジメ他を渡され、恐縮にも乾パンの手土産まで頂き委嘱式の行事が完了する。
 端然とした態度ときびきびとした物言いの自衛官の皆さん方に心地良さ感じ、規律正しく丁重なホスピタリティーに感謝しつつ、写真付きラミネート加工された“駐屯地モニター証”を提示して正門を出る。

(写真は全て許される範囲のものである)


f0201348_18355183.jpg

[PR]
by 1944tourist2004jp | 2016-05-19 18:04 | その他 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< 「孫達と」 「今年のゴールデンウィーク」 >>