「のぼせもん」(1)

f0201348_103824.jpg “反省会”と言うか“打上げ”と言うべきか、呑み助にとって理由は要らないし、また限りなくある。とにかくお疲れさん帰りに寿司屋で一杯。


f0201348_12595953.jpg


 昨年の7月から公民館の習い事で始めた“日向ひょっとこ踊り”。私達のF先生へ、世話役の方から参加枠として5名ほどのお呼びが掛り、新米の老生は恥じらいも無く、いの一番に手を挙げた。“どんたく”は小学校の頃から親に手を引かれて見に行っていたが、まさか6回目の年男に“博多どんたく港まつり”で、見られる側に立つとは想像だにしなかった。正に“のぼせもん”の気分に浸った1日であった。

f0201348_10465289.jpg 10年ほど前まで利用していた通勤電車に乗り、早々に市役所ホール内に準備された演舞者達の着かえ室に入る。
対面には熊本の人吉から来られた方々、着替えをしながら一頻り熊本大地震の惨状や交通アクセス等についてお話を伺う。

f0201348_10474851.jpg

f0201348_10552152.jpg 仲間のお一人が、運悪く市役所入口のちょっとした段差に左足首の捻挫をし演武を断念する。如何ともし難く引率世話人のY氏が、昨日参加した先生に急遽連絡をとり、私達の愛好会からは予定通り5人の参加となった。

f0201348_10573358.jpg
 私達“博多愛好会”の別動隊は総勢60名。天神から1km弱の距離を褌姿に赤い衣装を身に纏い、片手に奇妙奇天烈なお面を携え、昨日の風雨から一転、清晨の緑滴る爽やかな薫風を聞きながら不規則な並びで最初の演舞場へと歩いて行く。

f0201348_10585430.jpg しかし、色んな演舞衣装の方々も道路に所狭しと歩き、通行人の奇異な眼差しを感じることは全く無い。
 先ずは“ホテルオータニ”サンセルコの演舞場。発祥の地、日向市の“ひょっとこ祭り”で金メダルを2回獲った“みわ”愛好会、そして小学生の快男児が居る“ちっご”の愛好会、そして私達の所属する“福岡ひょうきん族”である。


f0201348_10594244.jpg 舞台には天才小学生を加えた数名、そして残りは舞台下で観客を面越しに見ながら踊り歩く。
興に乗ってくれる観客の爆笑と手拍子に腰振りも一段と冴え、よく見るとSDが輪の中心に座り込んでカメラを構えている。
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2016-05-06 11:08 | その他 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< 「のぼせもん」(2) 「ツバメにも困ったものだ!」 >>