「ツバメにも困ったものだ!」

f0201348_2391195.jpg 黎明の起床。
“博多どんたく港まつり”の初日に、曙光を拝みたくて起きた訳ではない。
2階に迷い込んだツバメの番(つがい)を漆黒の闇に追い出すに偲びず、せめて夜明けに出て行って貰おうと思っての事である。







f0201348_22582627.jpg


f0201348_235187.jpg 昨年のブログにも書いたが、ここ数年、玄関の軒に造られた巣を利用して毎年3羽ほどの子を連れて旅立って行く。今年も未だ雛たちの姿を見ることはできないが、10日ほど前から、玄関先の電線にいつも2羽で留まっている。



(平成27年8月の写真)


f0201348_22553880.jpg


f0201348_2335553.jpg

それを知りつつ、SDがプランターにゴーヤとナタマメの苗を植えている時、ついつい玄関のドアを開けっ放しにしていたため、そこから入って行き場を失い2階の部屋に入り込んでいたのだろう。
私達も、寝る前に気付き一度は外に出そうとするが、天井すれすれの素早い飛行に窓外に出せず、朝まで待っていただけの事である。

f0201348_22562754.jpg 天井すれすれに飛び交う燕は、天井と窓の間には60cmほどの壁があることを知るべくも無い。強制的に低飛行させざるを得ない。

 払暁の5時起き。天井に新聞紙を万遍なく垂らし、飛べる範囲を狭めていく以外無いのかも知れない思案しつつ、脚立を取に行くと、偶々竹箒があり、これでどうだろうかと2階へ上がっていく。
クーラーの室内機の上に大人しく寝ているツバメに気遣い、音を経てずに引き戸を開け天井との隙間が無いように、竹箒を構え飛び交う空間を狭めていくと、行き場を失った1羽が上手いことに低飛行で外に飛び去る。
そしてもう1羽。数回に渡り竹箒の横をすり抜けられるが、1羽になった心寂しさも手伝ってか(?)、5分程度の飛翔の末に後姿を窓外に見る。

f0201348_22585855.jpg 後は、午前中はエサ取りで飛び廻っているだろうが、夕方玄関先の電線に止まっていれば、今年も親子揃って南国へ飛び去る姿を見ることが出来る筈である。
 明日は、小学生の頃から見ていた“博多どんたく”、見られる側の一員として、“日向ひょっとこ”踊りの列に加わる
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2016-05-03 23:00 | その他 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< 「のぼせもん」(1) 「熊本地震」(2) >>