「熊本地震」(2)

f0201348_12325475.jpg 深夜1時25分、エリアメイルが先か激震の体感が先か分からないが突然の目覚め。
寝床で如何ともし難く、余震が治まるのをじっと待つ。一昨晩は10秒程度だったと思うが今回は相当に長く、そして一段と強い。後の情報で、珍しいことにこれが本震との事だった

f0201348_12332052.jpg
 それから未明にかけて、エリアメイル(6~7回)の連発で寝付けず、また子供達や実家の方に無事を確認したり、階下で地震情報をTVで確認したり、その合い間に茶を飲んだりとトータルで2時間ほどしか寝ていないだろう。
いつものように7時に起床して、朝一番でインコのケージを掃除していると、札幌の友人から“無事を祈念”とのメイルが入る。遠隔地からの何と優しく嬉しい言葉であろうか。今書いている最中にも緊急地震速報で日向灘とのこと。(後で誤報と分かる)





f0201348_12335344.jpg 火の国熊本の被害状況を写すTV、熊本城天守閣の屋根瓦は無残に剥げ落ち、櫓の石垣も崩落して、今朝の地震で阿蘇神社の社殿倒壊の映像が映し出される。
阿蘇高岳に登る時には必ずお参りし、社殿越しに遠望する高岳の景趣に、強風と火山岩の馬鹿尾根登攀に、一段と山登りの楽しさを噛みしめるものであった。

 空の余りの青さに、ガレージ上の植木鉢をSDと眺めながら、前々からの予定していた“仁比山神社の大御田祭”行きを中止する。
私としては13年に一度の催事で是非にと思っていたが、被害者の皆さん方に対する気持ちと10時過ぎの余震がSDを躊躇させる。







f0201348_11481159.jpg



f0201348_1204366.jpg「楼門と




             拝殿ー09年と11年」

f0201348_939217.jpg



f0201348_845968.jpg



f0201348_8472281.jpg
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2016-04-16 11:39 | その他 | Comments(0)


<< 「ツバメにも困ったものだ!」 「まさか熊本で」 >>