「まさか熊本で」

f0201348_11112913.jpg 直に道民の観桜が始まろうとする中、九州の腹に当たる熊本県で突然震度7の地震。
晩酌も終わり、二人して「世界日本に行きたい人応援団」の番組に興じていると、座っていても十分に分かるほどの大揺れ。
身近の本棚はどっしりと重く微動だにしなかったが、食器棚に目を遣ると上に乗せていた広口瓶の梅酒の中身が大波状態。咄嗟に食器棚が倒れないように抑えに行く。
10秒程度の揺れが鎮まった後、各地の震度と被害状況がテロップで流れる中、結構な余震が頻発し家もガタガタと軋む。熊本の被害を受けた皆さん方には衷心よりお見舞い申し上げます。

 地震体験は札幌在住の学生時代に十勝沖地震。
その後30数年間全く経験しなかったが、高速道路が横倒しなった1995年の阪神・淡路大震災。その時は息子も一時ボランティアで出て、私も2か月後の岡山出張の際には、最終駅となっていた神戸駅で下りて西宮までザックを背負い、被災者の方々には大変申し訳ないと手を合わせながら倒壊したビル等の写真を撮りながら歩いた。
10年ほど前には、局所的に大きな被害を出した福岡西方沖地震。この時は屋外に居て震度4程度を感じた。
 そして、強烈な印象は5年前の2011年に発生した東日本大震災。TVを通じて臨場感溢れる自然の驚異をまざまざと見せつけられた思いであった。
偶々、その年2月にイタリア縦断旅行の折に、日本人の犠牲者も相当出たNZでの大震災のニュースを耳にして、一月も経たないうちに目を疑うような大震災であった。
 


f0201348_12421520.jpg















 45億歳の地球の息遣いなのだろうが、全地球的な異常気象や自然災害が目立つ21世紀である。
自然破壊に邁進する傲慢な人類への神の仕打ちかも知れない。
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2016-04-15 16:19 | その他 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< 「熊本地震」(2) 「散り際もまた素敵な桜」 >>