「お客様は神様です」

 孫を相手に時を過ごす春霞の日々。
f0201348_10373651.jpg “ひょっとこ踊り”の翌日、午前中の自治会総会に出席した後、運動公園で孫を相手にサッカー。
高齢者の不注意は怖い。ボールの前に小さいががっちりと固定した切株があるのに気付かず、それなりの力で蹴り上げる。お決まりコース・・・歩くのに一苦労するほど右足首を捻挫する。
 歩行時に激痛は走るが、じっとしていると痛さが無いので病院に行かず自家治療。
診て貰ったとしてもレントゲンを撮って骨折の有無を確かめ、鎮痛消炎剤の飲み薬と外用薬を渡されるのが落ちだろうと自己診断し、いつも山登りの時に持ち歩く薬袋から捻挫用の貼り薬を取り出しバンデージで固定処置をする。
 夜は総会の後の飲み方、飲むほどに痛みも消失し、帰りは跂行することなく気分よく帰宅。しかし、翌朝は、予想通り右足首は大いに腫れ、内出血が底部へと拡散し黒ずんでいる。
午前中、脚を引きずりながら車で自衛隊駐屯地へ。長い人生で一度も自衛隊と接したことない心残りに、1月末のモニター募集に申し込んでいた。色んな行事に参加して、いずれブログに載せることもあるだろう。

f0201348_15205069.jpg


f0201348_15313083.jpg

階段の上り下りは厄介であるが、自家治療をしながら、1日置いて孫の誕生日の30日は現役時代の通勤電車で野球観戦。
f0201348_10283187.jpg


f0201348_10433577.jpg SDに最寄の駅へと送って貰うが、途中で入場券を忘れたことに気付く”ぼけ老人”に大笑い。
大本命のソフトバンクの調子が今一で、出だし1勝2敗1分けで西武ライオンズとの第2戦。新聞の見出し「チャンスに松田」で、そして球場全体に地鳴りする圧倒的な応援で薄氷の勝利であった。
                          (右は柳田選手のホームラン、下は松田選手のタイムリーヒット)


f0201348_10424897.jpg 福岡育ちの私にとって、野球の全てが西鉄ライオンズであり、黄金期の三原監督時代とライバル鶴岡監督の南海ホークス。
そして50数年後の今、福岡ソフトバンクがホークスとなり、埼玉の西武がライオンズとなっている。

 護憲も行き過ぎると世界の非常識となる。東アジアの情勢をみるに、憲法解釈も柔軟性を持ってしかるべきではないだろうか。

f0201348_10451550.jpg


 一言、主題に触れておかなければならない。総会の前日26日は大型店舗での“ひょっとこ踊り”。2月6日に初午の神社奉納でデビューし、3月19日は公民館のサークル発表会、そして大型店舗。異種環境での踊りは当然ながら全く印象が違う。

f0201348_1054972.jpg

 神社奉納や発表会は、観客の中に踊り手の知り合いも多く、左右の手と足が一緒に出る独特の“踊り”と、奇異な“お面”に我を忘れての拍手と爆笑が続き、踊る方もついついサービス過剰となる。
大袈裟なステップと手の振り、そして尻振りも自然に出て一層の笑いを誘う。観客の反応に乗せられて踊り手も楽しむ。
f0201348_1054473.jpg しかし、大型店では買い物を目的としているので当たり前かも知れないが、面から覗く観客も疎らで、破顔爆笑は少なく、また拍手も少ない。
傍らでの踊りにも拘らず、品定めに夢中の人も多々、踊る方もおざなりとまでは言わないが、何となく白けて過剰なサービスの出し惜しみをする。これは私だけの感想かも知れないが・・・・・。
「お客様は神様です」と言った歌手の気持がわかった。「お客様は金蔓でなく、魅力的なパフォーマンスを引き出す力であり、その好循環で上手くなる」と、気付かせてくれた“ひょっとこ踊り” である。野球選手も然り。

f0201348_15122043.jpg



f0201348_15131134.jpg

 そして、今日31日は孫のお泊り最後、花曇りに少し寂しいが、遺跡の丘で満開の花見。近くのスーパーで弁当を買って、ウグイスの初々しい鳴き声と糠雨に花弁も舞う中でお昼。
夕方からの降り続く雨、今年の”遺跡の丘の桜”は、私達3人と他3・4人の方の為に見頃を披露してくれたかも知れない。


f0201348_9584328.jpg


f0201348_9571638.jpg


f0201348_1383537.jpg
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2016-03-31 11:21 | その他 | Comments(0)


<< 「観桜2」 「忙しい数日」 >>