「晩節は難しい!」

 ラグビー南ア戦のBS再放送に性懲りもなく目頭を熱して、畑へと向かう。
80分過ぎ攻撃が継続される中での左隅への逆転トライ、5回対戦して0:5かも知れない相手にWC初戦での勝利。何度見てもその感動は初々しく涙が涸れることはない。


f0201348_2142296.jpg
スケジュールを先取りするように、数回に渡り返事の無い5戸に国勢調査の督促状をポストに入れ、翌日担当調査区の書類を市役所の指導員に見て貰い調査完了。と、言うのも恒例の錦秋の山登りをしたいがためである。

f0201348_2165211.jpg しかし、鼻炎持ちのここ数日の鼻詰りと鼻汁に副鼻腔炎の併発まで考え、23日に予定していた山登りも出鼻にジャブを打ち込まれるように意気消沈しての農作業である。
PM2.5が基準値以上のここ数日、田園越しの山並みも汚い空に翳み、福岡空港に着陸するだろう数千メートルの高さを飛行する機影もすりガラス越しのように見える。

f0201348_2155930.jpg



f0201348_2173278.jpg























 数日おきに収穫をしていたオクラ、ナス、ピーマンもこの日照りに辟易とするかのように実は小さく正に菜生の終焉を迎えている。また、冬野菜の苗も余りの乾きに表土のクラックで根が浮き出している。
今後は、水遣りを欠かさず11月に待っているタマネギの畝お越しであるが、少し手を掛けて三ない農業(肥料、農薬、除草剤)の方に習った畦造りをしている。
 晩節と言えば、思い出の美人女優の面立ちが脳裏に浮かぶ。概ね、その余りのギャップに困惑するものであるが、上品な内面が補って余りあるほどに美しい晩節を生きている人もいる。
「ローマの休日」他のオードリー・ヘップバーンや、女優ではないが駐日大使のキャロライン・ケネディーさんもそうかも知れない。
寄る年波に勝てず刻み込まれた皺に何の手も加えずメディアのアップに曝されている。しかし、彼女達は隠そうともせずに素で通す。私が尚その美しさに見惚れるのは、その言葉や行動から醸し出される上品さであり美しさである。
野菜も然り、万物自然に逆らわず種を残し終えた暁には、実りは小さく朽ち果てて行く。
 庶民は・・・?
老夫婦が残り少ない人生で、地位や金銭に勝るものはお互いに健康であり歩調を一にした安らぎが、他人から見て晩節を汚して無い面立ちに見えるのかも知れない。
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2015-10-23 21:08 | 雑感 | Comments(4)
Commented by 1944tourist2004jp at 2015-10-25 10:25
おはようございます。
 いえ、いえ、決してそのような事は無いでしょう。
仕事もし、暇も持て余さず、活き活きと生きてるこっぺさんに限って、
お歳は分かりませんが、山を登る姿は若々しい女性ですよ。
 海外旅行、買い物にバタバタせず大いに楽しんで下さい。
Commented by 1944tourist2004jp at 2015-10-30 15:37
今晩は。
 晩節に美しく生きたいと思うのは何なんでしょうかね。 
残された子供達への親としての矜持なのでしょうか、他人に対しての優秀の美という見栄なのでしょうか、己の安寧な老後の為でしょうか。
貴方がいうように、柳の様な存在でありたいと思うのは美しいですね。大賛成です。
 私は他人から見て空気の様な存在でありたいし、子供達から見て「本当に仲の良い両親だったね!」と送り出して欲しいと思っているんですよ。
何か切羽詰まった表現ですが、共に健診で異常値を出さない生活を目標にしています。
Commented by 初めまして at 2016-01-02 17:51 x
2016年1月2日
なんかステキな文章を書かれるなぁーということでお邪魔しております。
私は齢63を新年に迎える者です。
無為な毎日を懲りずに送る愚者を見兼ねてブログでも始めればとのこと…
おかげ様でいまだ仕事には就けておりますが、初老に入ってくるといろいろ暗くネガティヴな想い
をすることも頻繁で、また高齢の母親も居り、先行きが漠然と不安なこともあり
心の支えとなる何かしら
感じ入る文面には思わず目が留まりました。
また、近々お邪魔します。
Commented by 甘党の酔漢 at 2016-01-03 09:47 x
おはようございます。
“初めまして”、拙い老僕のブログに寄って頂き有難うございます。
歪んだ体裁の取れない字に嫌気をさし、
ボケ防止に指先を動かしながら日記帳風に独り言を書き記しておきたい
との思いから始めたブログでしたが、
いつの間にか8年の月日が過ぎてしまいました。
初めは意欲もあり相当量を更新をしていましたが、
歳をとるにつれお付き合いする世間も狭くなり、更新する回数も減ってしまいました。
しかし、貴方のように偶に寄って頂ける方がいると、人生を共有できるようで嬉しくなるもんです。
今後とも宜しく。
名前
URL
削除用パスワード


<< 「まるまると太った虫たちとふっ... 「孫達の運動会とラグビーWC」 >>