「その後の畑とラグビーW杯」

f0201348_1815846.jpg 水温む季節、秋の柔かい陽射しに短パンTシャツでも良し、夏用の薄い長ズボンと長袖のシャツも良し。
深い雑草にオクラ、ピーマンやナスがやっと実りをつけている異常な菜園に手刈りで汗を流す老生の細腕。

f0201348_1821713.jpg 一昨年来、畑の土手に花開く彼岸花もいじらしく雑草の中に真紅の花をつけている。
丈もあり、鎌も跳ね返すような萱に比べ、余りにもたおやかで触れただけで折れる茎を傷つけないように、先ずは根元の周りの雑草を鋏で刈り取り、その後鎌で払っていく。
 思う存分の3日間、肉体労働の日々の晩酌は特に美味い。

f0201348_1831890.jpg 毛布には少し早く、厚手のタオルケットに深夜0時からのラグビーワールドカップB組対南アフリカ戦を予約して心地良く寝入る。
そして、今朝6時半の起床後、コザクラインコのケイジを清掃してTVオンすると、7時のニュースで過去2回優勝して、現在世界ランク3位の南アに逆転勝ちとの速報。

f0201348_12181521.jpg 昨日、娘婿のご両親と孫達を挟んで会食中、ラグビー好きの3人の話に当然のようにW杯の話題が出る。
体力と実力の差が如実に出るラグビー。過去の7大会に1勝しかしていない日本に、“惨敗”との言葉は出なかったが、勝ち目はないだろうとの結論であった。私自身も「せめて30点差の敗戦でOKなのではないかな」と思っていた。南アが日本を侮っていたかどうか分からないが、初戦に優勝候補の南アに競り勝ち、応援する方も俄然やる気が出てきた。



f0201348_12175925.jpg
 オーストラリア人のエディー・ジョーンズHCはやはり本物だった。以前彼を紹介するNHKの番組には、日本人とのハーフで奥さんも日本人と紹介されていた。
ラグビーの指導者としての道は日本で始まり、その後本国のクラブチームを世界に導き、前々回のW杯の南ア監督に招聘され優勝に導いた彼である。その後、指導者としての第1歩をお世話になった日本への恩返しとして日本代表のHCを引きうけたとのことであった。

 前半から拮抗する試合展開にSDも引き込まれていく。29対32の劣勢の終了間際の数分、相手陣内奥深く南アを釘づけにして、中、右、左と突っ込みルーズボールを出し続け、最後は左に飛ばしパスし、相手のタックルを引きずりながらコーナーフラッグを蹴飛ばすようにトライ。
34対32・・・涙に潤む大逆転勝利であった。29対29でノーサイドが迫る中、南アは得意のモール戦術を放棄し安易にペナルティーゴールを選んだことに敗因があるとしか思えない。残るスコットランド、サモア、アメリカ戦でもJAPANWAYを貫き通して、あわよくばベストエイトに進んで欲しい。
 今大会後にエディー・ジョーンズHCは慰留されながらは退くことになっている。W杯日本大会時のHC戻って来て欲しいものである。
 イギリスのブックメーカーのオッズは、何ともつけがたく番外だったかも知れないが、さぞかし驚いていることだろう。
(事後に知ったことであるが、南ア戦前は1000倍、ラグビー界の歴史的大事件後は250倍)
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2015-09-20 12:30 | 趣味 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< 「昔懐かしい田園風景」 「冬野菜の準備」 >>