『夏野菜と花火』

f0201348_12351232.jpg 老体を鞭打つには少々危険が伴う炎暑。僅か60坪程度の菜園ながら作業は遅々として進まない。
根の浅いピーマンやナスには水遣りが欠かせない。二苗ずつのベーナス、カラーピーマン、こどもピーマンは短期間の実りの後に枯れてしまった。





f0201348_13195021.jpg


f0201348_12371238.jpg 今年は自宅の日除けにしているゴーヤの収穫は間近であるが、畑のゴーヤは収穫皆無に等しい。
但し、初めて栽培した青磁色と白のアップルゴーヤは大収穫で、SDは嬉々として友達やご近所にお裾分けしている。


f0201348_12403443.jpg



f0201348_12411682.jpg

また、例年ミニトマトのみを収穫しているトマトだが、今年は大粒の桃太郎も曲りなりに収穫できたし、枝豆はマルチとネットのお蔭でカメムシも寄り付かずビールの傍に体裁良く添えられている。
 そして、肝心要の雑草刈りであるが、炎天下に精々15分程度しかできず隣近所に恥じ入るほど繁茂している。炎天下で1時間半も作業すると、頭痛こそないが疑似熱射病様症状でソファーにぐったりとして食欲も減退する。


f0201348_12431342.jpg 昨晩は泊まり込んでいる孫と一緒に、川沿いにある運動公園に数千発打ち上がる花火見物。
19時45分開始に、1時間前ほどから周辺数kmに大渋滞が始まり、協力大店舗のイオンの駐車場でもと軽く考えていたが大間違いである。


f0201348_12441886.jpg


f0201348_15255951.jpg

f0201348_818761.jpg 2km超の距離に、私はTシャツにノネナールを沁みこませながら三脚にセットしたカメラとミラーレスをウエストバッグ入れ、SDと娘は孫達3人の手を取り運動公園へと向かう。


f0201348_12533284.jpg


f0201348_1249133.jpg

f0201348_12493441.jpg

f0201348_1250745.jpg

途中、私は川沿いで写真を撮るために一人となり、他は会場へと闇夜にに分かれる。
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2015-08-09 12:50 | 家庭菜園 | Comments(0)


<< 「孫と九重山群へ」(1) 「7月17日~31日」(ツバメ... >>