「判官贔屓」

f0201348_182625.jpg 報道によると、対米国との戦績は1勝23敗6分けとのこと。
誰が考えてもオッズは1対25ほどの差があるのかも知れない。しかし、勝負は水もの、どう転ぶか分からない。ボクシングでも一発のカウンターで劣者が勝運を引き寄せることがある。
 私は大胆にも3:2で“なでしこジャパン”のワールドカップ2連覇と予想したが、実力で1:2+ラッキーな点で2:0のトータル3:2なのである。
体力・スピード・技術、どれをとっても勝ち目のない“なでしこジャパン”であるが、余りの差に女神も判官贔屓せざるを得ないだろう。


f0201348_1827581.jpg ノーサイドの瞬間、ベンチから飛び出す控えの選手達と歓喜に抱き合う青のユニフォーム姿のナデシコ達に対し、グランドに倒れこむように泣き伏す白のユニフォームに身を包んだ大柄なアメリカの選手達。
 このシナリオで如何でしょうか。


(菜園仲間の小屋に設定された夕べ)
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2015-07-04 10:43 | その他 | Comments(1)
Commented by 1944tourist2004jp at 2015-07-05 15:42
ぼん天棒さん今日は
 精力的な日々とブログの更新、加齢をものともせず色んな物に対する好奇心頭の下がる思いです。
私は相変わらず頓珍漢な山の花を言って顰蹙を買っております。貴男に比べ何事にも知れ切れトンボの私です。
“そよかぜ”に同行して経ヶ岳に登った時、中山峠で「そよかぜさんじゃないですか」と、突然に声を掛けられた時が初対面でした。
その後、金泉寺でパンと牛乳を食べていた貴男が「日々感動を求めて山登りしています」と、仰った言葉が印象的で今でも鮮明に覚えております。
 私もブログ始めて6年になりますが、いつの日かぼん天棒さんと山で再会した時の感動をブログに綴りたものです。
ご自愛の上、感動を求めての山歩き等お続け下さい。
 いつの日か。
名前
URL
削除用パスワード


<< 「実力>女神の判官贔屓」 「女神の応援」 >>