「畑が待っている」

 f0201348_17142370.jpg今朝のスープには新タマネギ、そして昨日初収穫したキヌサヤが数個。
ぷっくりと豆の形が浮き出て、手前味噌ながら食感も食味も実に素晴らしい。
例年、この時期のスープにはキヌサヤかスナックエンドウが具として賑わいの一素材となる。今年の畦は全くの更地に植え付けたので、一段と期待できそうな誇り方である。
 しぶとく収穫してきたブロッコリーもえぐ味が走り、昨日からは豆類に加え数本のアスパラガスを収穫するのみとなっている。
新タマネギのお裾分けにお返しとして頂いた一抱えのセリは、アサリの味噌汁に旬の風味として、またアスパラはカツオのキレ身を主賓にタマネギのスライスとキヌサヤを添え生姜汁と刺身醤油を垂らし食卓を彩る。自産自消(?)の質素な夕食だが中々乙なものであった。


(8鉢あるクンシラン。今年は6鉢花をつけ最高は16個の花をもった。そして、20粒ほど実をつけたさくらんぼの鉢。毎年早い者勝ちで、野鳥か5月2日にやって来る孫達のどちらが先に口に入れるか楽しみである)
f0201348_17152270.jpg

 世に言う駄目亭主の条件で、少しマイナーなものとして、食後に「美味しかった!」と言わないことが挙げられるようだが、私もその一人で最後の一言が照れくさくて言えない。
SDは料理番組を必ず観るし、必要に応じてメモるほどに好きで、その味付けは私の口に間違いなく合っている。
が、私は「美味しかった!」と言う代わりに、出された全てを綺麗に片付けることで表現している積りであるが・・・・・。そのことについて、SDについぞ訊ねたことは無いが、如何に。アンケート調査によると、世の女性は許してくれていないようである。

f0201348_1718462.jpg 晴天が続く中、“九重”へと思いは馳せるが、夏野菜の植え付けは決して待ってくれない。
“ぐうたら菜園”を自称している我が家の畑には、季節毎にお隣さん方の「もう植えましたか!」との無言の刺激が飛び込んで来る。
 「昨年の今頃は?」と、ブログを開くが全く記載がない。そこで、一昨年の4月を開くと、玄関先に美しく咲いたツツジと紫のオダマキの写真を添え、27日付けで夏野菜の準備と植え付けられた菜園の写真が載っている。野菜作りに学習無きが如く変わり映えしない。
 予定しているキュウリ、ゴーヤ、ナス、ピーマンの畦は元肥も入れ定植可能になったが、トマト、ズッキーニ、オクラ、枝豆、落花生の畦は手つかずとなっている。
機械無しの2人三脚で来月初めまでに夏野菜の植え付け完了ともって行かなければならない。
 今日の午後は公民館で囲碁の予定であったが、午前中2時間半の肉体労働で行く気にもなれず、また読みかけの池波正太郎を開く気にもなれず、食後にTVから流れるネパールの大震災と安倍総理の8日間訪米のニュースに見入る。


f0201348_17285975.jpg



f0201348_1646121.jpgf0201348_16463953.jpg



























 先週末、特筆すべきことがあった。
現役時代の同じ職域の友人から、7・8年振りに突然の電話で「潮干狩りに行きませんか」とのお誘いを受けた。
彼とは家族の交流もあったし、私の携帯番号を保持していてくれたことも嬉しかったが、唯の電話でなく季節的なお誘いも倍にして心に残るものであった。
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2015-04-28 17:43 | 家庭菜園 | Comments(2)
Commented by こっぺ at 2015-04-30 09:32 x
どうか 5月2日までサクランボが無事でありますように^^
野菜作り。大変だと思いますががんばってください。
収穫のアップが楽しみです(#^.^#)
Commented by 1944tourist2004jp at 2015-04-30 17:48
こんにちは
 ”さくらんぼ”は鳥に食べられない所に移しました。
僅か数粒ですが、記憶の片隅に点として残り、何かの機会に祖父母と一緒に思い出してくれるでしょう。
 9月までは雑草との戦いです。
畝お越し植え付けと並行して毎日刈っています。
夏野菜の天敵の虫は、やはり管理不足と欲張り、雑草と密植にありそうです。
名前
URL
削除用パスワード


<< 「浅間山から岳滅鬼山」(1) 「低山逍遥」その3の3 >>