「バスハイク」

f0201348_18272030.jpg 観桜会、観楓会、はてツツジは?音読みが判らない難しい漢字“躑躅”。
地区の事業として、75歳以上の独居老人や子供と同居をしていないご夫婦を対象に色々とお世話している“ふれあいネットワーク”の催事で、ツツジ鑑賞バスハイクに参加する。

f0201348_9365481.jpg

 被対象者ではなく世話役として参加しなければならない。
同日、近くの真言宗のお寺で大祭があり参加者は少なく総勢19名、被対象者が16人に、民生委員、会計、そして私。新車の臭いが残る29人乗りの市福祉協議会のマイクロバスで9時半に公民館出発。

f0201348_9391623.jpg 民生委員の方が今日の計画をご紹介した後、マイクが私に回される。ご老人相手に挨拶をしたことが無いので何とも面映ゆいものとなってしまった。
 予定通り1時間半で山里に到着。教師を退官された方が、山肌にツツジとシャクナゲを植樹した個人所有のツツジ園で無料開放されている。
1時間半の鑑賞に、男性2人は早々と飽き、手持無沙汰の態で下りて行く。私は招待されている積りはないので、おしゃべりしたり休んだりしている女性群の写真を撮るために忙しなく登ったり下ったり。

f0201348_9401218.jpg

 隣り町での昼食後、定番の”道の駅”に寄りお買い物、そして1時間ほどバスに揺られ、最盛期に香りの漂う大フジを鑑賞。

f0201348_9582552.jpg

f0201348_9584841.jpg


f0201348_10225032.jpg 意外や意外、皆さん方集合時間をきっちりと守ってくれるし、また忘れ物も無く予定より5分早い帰着となった。
 そして、昨日はバスハイクの写真を現像して民生委員に渡し、午後からは地区の国土調査(地籍調査)委員会に出席、夕方は過去の会長さん方5人と飲み方をし、若干の二日酔いを感じながら更新するブログとなった。
明日は子供会の「ジュニアフェスティバル」大縄跳び大会への応援参加、そして29日の「昭和の日」は地区を流れる河川の清掃奉仕と、野良仕事も山登りもままならない。

f0201348_1829144.jpg
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2014-04-26 09:55 | その他 | Comments(0)


<< 「この頃」 「平成26年4月上旬」 >>