「お百姓さん気分」

 焼酎が一段と美味かった昨晩。
“ひねもすのたりのたりかな・・・”と過ごした日に比べ、お湯を注ぐ音も軽やかにして心地よく、知らずに知らずに目一杯注ぎたくなるものである。そして、その労働なり運動なりの激しさに比例して“美味く”感じるのも酔漢ならではの嬉しさである。


f0201348_12333734.jpg

 春ジャガの植え付けと収穫に3時間半の農作業、そして帰宅後に野菜洗いに30分、足腰を使う4時間のお百姓さん仕事であった。


f0201348_12252784.jpg 度数21の“濁り酒”を飲むときはコップ1杯半、芋焼酎ならお湯割りで3杯。未だに続いているNYR、”一升瓶を空けて2日の休肝日”。昨日は休み明けの晩酌ときて二重に頬が弛む。細やかながら「生きてるな!」と実感する老境であった。
 余生を豊かに生きるために、何にも代えがたいことは夫婦そろっての健康であるが、煩悩に左右され易い私にとって、ある程度相方に協力を貰っての律した生活である。起床時間と三度のご飯と“晩酌!”は規則正しくできている。


f0201348_12301171.jpg

f0201348_12352638.jpg

 後期高齢期に向けての体力の衰えをカバーするために、四季を通じて自家菜園での収穫に喜びを求め、山野草の花や紅葉、はたまた雪景色や大パノラマを求めての山登り、三途の川のマーメイドに会うまでQOLの向上に努めて、やっと維持できると思っている。

f0201348_1245573.jpg 昨日はPM2.5の所為だろう、空は青に薄墨色を塗りたくったようにどんよりとして、遠望する山並みの稜線も淀んでいるかのように翳み、2人共マスクをして、種芋5.5kg(切り分けて約120個)を3畝に植え付ける。


f0201348_12453055.jpg















 物忘れの年齢、明日の為に来年の為にと記録を残して置くに絶好のブログ。過去2年は遅霜を避けるように3月上旬に定植していたが、今年は早々と畝ができあがり、翌日から雨予報であったが植え付けを決行。
そして野菜の収穫、ダイコン、カブ、チンゲンサイ、ホーレンソウ、ミズナ、コマツナ、シュンギク、ブロッコリ-、レタス、ワサビ菜、カツオ菜と今年は葉物がふんだんにあるので、胃腸の動きも若者に決して負けない。



 ”ソチオリンピック”の選手達が帰国。
ジャンプの葛西選手初め、メダルを胸にした選手達には大いなる喝采を送りたい。そして、期待されながらもメダルを逃した選手達にも「感動をありがとう!」と、静かに言葉を添えたい。
SPとフリーのギャップが大きかった分、完全燃焼できた涙の真央ちゃん。九ちゃんの“上を向いて歩こう”ではないが、演技後に涙がこぼれないように上を向いて咽んだくしゃくしゃの顔、そして直後の笑顔、余りに印象深いシーンに涙腺がゆるみっぱなしで、見る度に涙が出てしまう。
しかし、不完全燃焼のまま終わった沙羅ちゃん。会見では涙を見せていなかったが、扉の内側ではどれほど嗚咽していたのだろうか。世界大会13戦10勝から来る国民の期待を一身に背負った17歳の子である。言い訳もせず「次を頑張ります!」との言葉本当に素晴らしかった。


f0201348_12264571.jpgまた、毎オリンピックで6・5・4位と上がって来て、また4位の愛子ちゃん。「メダル取れなかったんですが、なんででしょうか清々しい気分なんです!」と、笑顔にうっすらと涙を浮かべていた。
本当に可愛くて素直で凛としたナデシコ達である。選手の皆さんご苦労様でした。





f0201348_9335678.jpg
f0201348_1227414.jpg
 お茶のあては“だいだいピール”。グラニュー糖にまぶされ、かんきつ類特有の苦みが舌に走ったところで書き終える。
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2014-02-26 12:46 | 家庭菜園 | Comments(2)
Commented by こっぺ at 2014-02-27 21:07 x
酔漢さんの繊細な表現と美しいお写真に
今宵もうっとりです。
私は あまり言葉を知らないので
うまく表現ができず、
たまに意図しない方向へ流れてしまうことがあります^^;

それでもブログは楽しいですね。
最近では もっぱら備忘録となっています。
Commented by 1944tourist2004jp at 2014-02-28 00:05
今晩は、0時まわっておはようございますかな・・・
 いえいえ、こっぺさんのブログ上手ですよ。
一番いいのは飾りっ気なく素直で軽やかなところです。
 歳とっても褒められるのは嬉しいものですが、
娘から「文章が重くて、時々疲れる!」と言われますよ。
名前
URL
削除用パスワード


<< 「手作り味噌」 「雪山と氷瀑の筈だったが」 >>