見事な「リバーシブル」

 今日は参議院選挙。ねじれ解消は確実として、政界再編を望む国民の一人として、民主党(と2大政党制)瓦解の始まりとなるのか・・・。

f0201348_20192317.jpg ここ数日は私一人で収穫と草刈りに汗を掻いたが、今日は指導役のSDが一人出かける。
私は遮二無二身体を動かし、その肉体疲労に満足してビールから焼酎へと晩酌が増える。はたまた酒を多く飲むために身体を酷使しているのかも知れない。しかし、我が妻は全くタイプが違う。
花の延長で観察の振幅が大きく、育成状況や実り具合、そして葉の勢いと裏に潜む害虫など時間を忘れた如く無制限に費やす。


f0201348_2042452.jpg

f0201348_20242666.jpg 陽が真上にある11時から午後1時まで、たっぷりと2時間作業をし、帰って来るなり「冷えた赤紫蘇のジュースをお願いします!」と注文。
火照った体を冷やすように二口で飲みほした後、自分の観察結果を語りだす。暗に“何を見てたとの!”と言わんばかりの顔に、“それぞれの得意分野があるだろう!”との顔で返答する。
 流石の私も“まずかったな!”と思ったのは、ナスに集った害虫についてである。葉がかなり枯れつつあったことは知っていたが、肉体労働に専念する私はその原因が“ニジュウヤホシ”とは気付かなかった。
夕方、畑に行き黒大豆のネットを外し、ナスの葉の裏側を見ると、体表に点々のある灰色の成虫や幼虫が気持ち悪くなるほど沢山くっついていた。4本ともダメージは大きいが、ベイナスの1本は殆ど枯れかかっている。

f0201348_20271984.jpg 30分ほどかけて全ての葉を裏返しにして虱潰しに卵から成虫まで潰していく。ニジュウヤホシは己の立場を知る由も無いが、突然に無農薬の天国から地獄である。秋口までナスを食べたいものである。
 キューリの収穫はほぼ終わったが、ピーマン、トマト、ナス、ゴーヤ、オクラ、カボチャなどは私達の胃袋には収まりきれず、冷蔵庫の野菜室にも満杯。
近傍の方々に適当にお裾分けしているが、家庭菜園の豊作は嬉しくもあり・・・。



f0201348_20433691.jpg
 青紫蘇は菜園を始めた頃から適当に種を撒き、ここ数年は自生に任せて収穫し、SDが料理に添えたり、てんぷらにしたり、はたまた出穂を乾燥して“ふりかけ”にしたりと重宝している。
そして、一昨年からは梅干し用の赤紫蘇も栽培している。昨年は収穫後の畝を放置したままスナックエンドウやキヌサヤを栽培したため、豆類の下に漏れた陽を最大限利用して一面に芽吹き、豆類を収穫した後には一気に誇りだし、見事な赤紫蘇の畦ができあがった。
表はやや濃いめの緑、裏は赤紫、その見事なリバーシブルの赤紫蘇は2大政党制の小選挙区制を象徴した野菜である。
f0201348_2022936.jpgお裾分けしたり、梅干し用にとかなりの量を使ったが、残りはSDが猛暑に向けての赤紫蘇ジュースをつくる。濃縮ジュースが2Lのペットボトル2本できあがる。
還暦越えの私達の平素の飲み物は、食後のコーヒー、中間に甘いお菓子と緑茶、或いは干し生姜入りの紅茶を飲むぐらいで、ジュース類を買って飲むことはない。
 夏痩せするほど暑さに弱くないが、この暑さは尋常になく日中は家に閉じこもって、5時過ぎに冷やしたペットボトルに塩を二摘みほど入れて畑に出かける。そして、汗だくで帰って来て氷を浮かべた赤紫蘇のジュースを飲む日々である。

 そして、PCに向かって囲碁を数局、麻雀半荘を数回、老境の目は酷使され眼精疲労は甚だしい。
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2013-07-21 20:33 | 家庭菜園 | Comments(0)


<< 「花火大会」 「早暁の山登り」(3) >>