「不用意な怪我」

 今日で外科への通院4日目。先生に挨拶して椅子に座ると、「少し待っていて下さい」と診察室を出て行った。そして、私に差し出してくれた1枚の写真は石田芳夫9段との5子の手合い写真、忙しい中に処置を受けながら囲碁談義を数分、ここ数日先生との嬉しい会話である。

f0201348_1130893.jpg 山登りの翌日22日は孫の4ヶ月検診、12日の“御百日祝い”以来となる娘宅でランチでもとSDが準備して、私は朝食後の皿洗いを始める。
洗剤で食器が手から滑り落ちることは偶にあるが、この日はマグカップを食器類の上に落してしまう。一通り眺めて何も割れていないことを確認した積りであったが、ガラスコップにスポンジタワシを突っ込んでグウィーっと力を込めて廻した瞬間痛みが走る。手を確認する前にガラスコップを見ると縁が1cm以上三角に割れており、私の左手の薬指と小指の間から血が噴き出している。

f0201348_17385339.jpg






f0201348_11322556.jpg

 深さ1cmほどで掌の方へ3cmほど裂けている。指は動くし動脈を切っている様子もないので、手早く残りの2枚の皿を洗い、右手で食器を流しながら、傷口を勢いよく水道水で洗い流し、SDが持ってきたハンカチで緊縛する。血が滴り落ち、やむなくビニール袋に手を突っ込んで、娘宅へ行く途中高速にのる前に外科医院に寄って行く。


f0201348_11571584.jpg 怪我の原因序でに、職を退いてからは「TVの前で “濡れ落ち葉”然としていたら追い出されますよ!」と、笑いながら可能な範囲で家事の分担をしていることを話すと、後ろに控えていた看護婦さんが思わず失笑して後ろを向く。
と、言っても男にしかできないことは別にして、食事の後片付けだったり洗濯物を干したりと、ほんの些事に属することしかやっていない。

f0201348_11324965.jpg

 3針ほど縫うだろうと思っていたが、深い傷にガラス片が入っていないことを確認した後に局所麻酔して倍の6針となってしまった。
失礼ながら余り風采の上がらない60歳前後の医者と、老化による脳の劣化と集中力の低下から秩序なく趣味の話へと敷衍し、行きついた先が趣味の囲碁となった。「勝負師は親の死に目に会えぬ」通り、話が佳境に入り彼が地域医師会の最強であること、また羨ましいことに一流棋士の石田芳夫9段や故加藤正雄9段と5子で打ったこと等を話してくれた。
それ以降は多忙な診療の中で処置後に数分間であるが、囲碁の話は勿論の事、多岐に渡るお話をするようになった。



f0201348_11344759.jpg 今日は胃腸関係も診ているとのことで、かねがね気になっていたヘリコバクターピロリ診断のための採血をして貰う。除菌の保健対応は、当初胃潰瘍や十二指腸潰瘍を罹患した人に限られていたらしいが、現在は胃癌の費用対効果の観点から、ピロリ菌陽性と胃カメラ検査を条件として保健対応が可能となっているらしい。5日後に定量的判定が出て来るとのことであった。




 私より一巡り年長の三浦雄一郎氏の三度目のエベレスト登頂、しかも世界最高齢での登頂おめでとうございます。
このような冒険に接する度に思い出すのが世界も認めた冒険家植村直己さんである。彼は世界初の五大陸最高峰単独登頂者であり、国民栄誉賞に輝き、冬のマッキンレーに単独登頂後に下山道の何処かで今なお眠っている。
 私は、三浦さんのような大それた冒険には到底及ばないとしても、12年後に夢や感動を求めているのかさえ疑問である。
私が傘寿を迎えているかどうか、寿命があったとして認知症や病弱な人生を送っていないどうか、その上で夢や意欲を持ち続けているかである。
三日坊主で意志薄弱の小人に必要なことは、我欲を捨て克己の精神に立ち戻るしかない。課題の一つは先ず酒量を減らし、休肝日を確実に守ることであり、二つ目は甘い物に誘惑されないことである。
 冒険のジャンルや難度は個人の能力や資力によるが、尊く幸せなことは、細やかでも己の夢に意欲を持ち続け成就することである。あーあ・・・!




 偶然とは粋なものである。子供に何気なしにメイルをしようと思っていると先方から「何もないけど」と言って電話がかかってきたり、打ち合わせたわけでも無いのに、一期一会と言って別れた山友さんと別々の山で3回連続で再会したとか、理屈では到底説明ができない。
 蒸し蒸しする今日、梅雨を前に納戸の整理に汗を流していると、「近くまで来たので」と高校時代の友達が訪ね来たかと思うと、午後からの郵便で高校と大学の同窓会案内の手紙が舞い込んできた。何と言うことか・・・!




f0201348_11585267.jpg
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2013-05-25 12:14 | その他 | Comments(4)
Commented by k-tooko at 2013-05-25 22:33 x
はぁ~ びっくりしました(*_*;
まだ 痛みますか?

2ヶ月後 定年を迎える夫が主夫になってくれるというので
喜んでいますが、甘党さんのような怪我をされてしまうと・・・

おだいじになさってください。

Commented by 海彦山彦 at 2013-05-26 09:34 x
おはようございます。
九重のご来光は残念でしたね。
でもいろんな出会いがあって良かったですね。
手の具合はいかがですか?
6針とは大変ですね。
私も時々主夫をする身だけにひとごとではありません。
お大事になさってください。
Commented by 1944tourist2004jp at 2013-05-26 12:40
おはようございます。
 日々更新されるブログ拝見しています。いつもながら淡々として面白いですね。主夫になってくれるとのこと、嬉しい宣言だと思います。
私の場合、熟慮が足らず少し横着な故の怪我です、ご主人は心配ないでしょう。
傷の方は1週間で抜糸、水が扱えないので大いに不便です。
Commented by 1944tourist2004jp at 2013-05-26 12:46
こんにちは海彦山彦さん。
 北九州と中津のピークハント読みました、前回と違って奥深い山ですね。
自業自得の不用意な怪我で、水が扱えないのが大変です。近い将来のために、妻に介護の練習をして貰っています。


<< 「汚い空」 「黎明の山登り」(3) >>