「2度目のサンタさん」

 選挙を1週間後に控え、各党々首による党利党略合戦に終始する討論番組。16日は日本の将来を決定づける選挙と思い、チャンネルを変えることなく2番組を続けて見る。空しいTV番組の後は、世界ボクシング・ファン待望のカードが組まれている。

f0201348_18144798.jpg ここ数年世界ボクシング界のスーパースターとしてリングサイドを沸かせているフィリピンの下院議員”マニーパッキャオ”と、これまたメキシコの4階級制覇チャンピョン”ファン・マヌエル・マルケス”の12回戦。過去、パッキャオの2勝1分で迎えた4度目の対戦である。







f0201348_1942290.jpg

f0201348_18152965.jpg ボクシングファンの一人として、これほど1Rから胸の高鳴りを覚える試合は久しく無い。
スピードとテクニックに満ち溢れた見応えあるパンチの応酬。予想に反して3Rマルケスの振り回すような右フックでパッキャオがダウン、5Rにはパッキャオの左ストレートがマルケスの鼻っ柱をとらえダウン。パッキャオの優勢で進んだ6R、パッキャオの鋭い踏み込みに合わせたマルケスの強烈な右カウンターが決まり大木が倒れるように前に崩れ落ちるパッキャオ。フライ級からウエルター級まで6階級制覇したアジアの巨星が墜ちた瞬間であった。







f0201348_18474922.jpg

f0201348_1816013.jpg 試合後のインタビューで、マルケスが”自分の方が強かった”と興奮を抑えられない中、パッキャオは5度目の対戦について”ノープロブレム”と静かに目を輝かせていた。
2013年早々には、世界ボクシングファンの地鳴りのような要望に応えプロモーターが動き出すに違いない。
来週は、第二のパッキャオと呼び声高い”ノニト・ドネア”の試合がある。彼もまた軽量級に似合わず豪快なハードパンチャーで、直近では日本のホープ”西岡”に右フックあびせKO勝ちしている。







f0201348_1845946.jpg

f0201348_18173354.jpg 昨日は、孫達の発表会を見に行く。
過去数年はビデオで楽しんでいたが、実際に参観するのは初めてである。1歳児から来年小学校に上がる年長さんまで、驚くほどに訓練された演技が2時間半ほど続く。先生達のご苦労は如何ばかりであったろうか。一人の先生は指揮をしながら泣き出すほどの出来栄えであった。
 発表会が終わった後、園児達が各クラスに戻りサンタクロースからプレゼント貰う段取りに、私は用具部屋で全身サンタクロースに衣替えして待機する。
1ヶ月ほど前に、娘から「よければ発表会のあとサンタさんになってくれないかな!」と頼まれていた。断る理由もないし、40歳台時に目立つ髭のせいで、町役場の人から頼まれて保育園でサンタさんに扮したのが1度目である。
健康だけが取り柄の老骨であるが、年末にやっとお役にたつことができた。



f0201348_18565418.jpg

f0201348_18183930.jpg








f0201348_2272790.jpg
f0201348_181914.jpg












f0201348_2264668.jpg

f0201348_20552783.jpg
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2012-12-09 18:22 | その他 | Comments(0)


<< 「紅葉の名残り」 「笑いながら涙した番組」 >>