「大型台風16号」

f0201348_1050107.jpg 台風に備えるため雨の中に畑へとハンドルを切る。
早稲の”ゆめつくし”がパッチワークのように刈り取られた田園地帯に人影は全くない。手広く栽培している菜園仲間は小屋を持っているので取り立てて農具類を片付ける必要はないが、私は農作業の器具類を畑の隅に雑然と山積みしているので台風で散乱する可能性がある。
先日、隣の圃場から頂いた稲わらの束を南西に一まとめにして、農具類や堆肥袋と一緒に防虫ネットを二重に掛けペグで抑える。誇りすぎたゴーヤとナタマメのネットは今更如何ともし難く放置する。

f0201348_1101727.jpg 五島列島沖を通過するとの予報で、通過後の吹き戻しもあるので家の周りを片付け室外機等を紐で縛って寝床に就いたが、意外や意外夜半からの暴風雨はさほどでもなく、被害どころか僅かに梢が散乱している朝であった。
午後から買い物に出かけると、広い駐車場に留められた乗用車群が数回にわたり揺れ動いたのを見て、やっと朝鮮半島上陸後の吹き返しを実感する。



f0201348_1052455.jpg

f0201348_8212152.jpg そして翌朝、食後に畑へ出かけると収穫前の稲穂は倒伏もなく、中に佇む数枚の菜園も一昨日と何ら変わりはない。大型台風後の田園と思えないほどにいつもの整然さを保っている。
我が菜園は鈍色の空の下に風のなすがままに大きく揺れるキバナコスモス。一昨年来、咲くままに放置していので種が菜園の何処彼処に飛散して、緑濃き夏野菜の中に鮮やかなオレンジの彩りを添えている。また、コラボするようにすっくと伸びた茎の上部に咲く玲瓏で清楚なオクラの花、サトイモとヤーコンに纏わり付き真っ赤に咲いているルコーソウの可憐な花、管理が悪く夏野菜の貧弱さがあるからこそ美しい菜園である。

f0201348_819094.jpg



f0201348_1111477.jpgそして、案の定と言うかゴーヤとナタマメのネットが半分なぎ倒されていた。ネットを簡易補修し、冬野菜(ニンジン、カブ、ミズナ、ホウレンソウ、コマツナ、チンゲンサイ、シュンギク)の種を播くと午後1時、久し振りに3時間の農作業をするが、陽射しのない涼風にいつもの疲れを感じない。


 残すところ2日となったお袋の誕生日であるが、今日は陽圧式人工呼吸器を外し気管切開に移る。


f0201348_1240053.jpg

















f0201348_124237100.jpg






f0201348_12414444.jpg
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2012-09-19 10:51 | 家庭菜園 | Comments(0)


<< 「覚悟の帰結」 「白露過ぎの日々」 >>