「平成24年の花火大会」

f0201348_14292860.jpg

f0201348_17164381.jpg 突然の豪雨に農面道路を急ぐ花火帰りの人の波が続く。幼子を連れた親御さん、花火を見ながら一杯と目論んでいた若者達、そして男女のカップル。中には艶やかな浴衣姿の妙齢の女性が裾を気にせず駆けて行く。

f0201348_17164258.jpg


f0201348_1717353.jpg 傘をSDに預けて一人写真を撮っていた私も、三脚に装着したままのカメラにビニール袋を被せ、濡れるがままに競歩のような足取りで急ぐ。道半ばにして水をかぶったようにぐっしょりとして、頭から流れ落ちる雨を手で拭いながら家路を一目散に駆ける。
f0201348_17183193.jpg一足先に着いた私が着替えをしていると、娘が直に帰って来て「車で迎えに行く!」と、ビニールシートとタオルを敷いた座席に身を沈め慌ててエンジンを始動する。
 ぬれ鼠の6人は、花火の余韻も無く順次シャワーを浴びすっきりと着替えをして夕食の続きをする。

f0201348_17194963.jpg 
f0201348_1721274.jpg


 午後からの雨予報に大会事務局は「小雨決行」と、URLに掲載している。今年の花火大会にも娘夫婦が孫を連れて遊びに来る。

f0201348_1432052.jpg 盆休みに高速道路が渋滞する中に30分ほど遅れて到着した。彼等を迎えてSDが料理の準備をしている最中に、酔漢の私は待ちあぐねたかの様に「ビールを飲もう!」と息子にコップを差し出す。
オリンピックン中継を観ながら1時間ほど飲んだ後、厚い低層雲が居座り続け遠くで雷音が響く中、孫2人を連れた娘夫婦と私達は傘持参で会場となっている運動公園へ向かう。
f0201348_17252480.jpg 末娘はいないが、孫達には娘夫婦とSDが付いているので、私は一人離れて川面に映る花火をカメラに収めようと河川敷へと下りて行く。
「来年こそは小型の懐中電灯を」と思っていたが、案の定同じ失敗を繰り返す老僕はカメラの設定に暗闇で目を凝らす。儘ならず曖昧なままにシャッターを切って行く。

天も花火を楽しんでいるのか、思い出したかのように気まぐれな驟雨をもたらす。

f0201348_1436266.jpg 1時間15分で8千発の花火が打ち上げられ、天も「ここらが潮時だろうと」と、大会の終盤を待ちかねたように雨脚を強くする。
そして、最後の数発が鳴り響く中、大きくなる雨粒は田園の稲穂と地面を叩きつけるように激しくなり、楽しんでいた観客が蜘蛛の子を散らすように速足で周辺の駐車場へと駆け出す。

f0201348_11561187.jpg
 着替えをした後は12時半までロンドン五輪を観ながら息子と飲み続け、彼等を送り出し後も4時までSDとTV観戦。
 いつものように7時に起き、朝食後ソファーに寝転んでまた五輪。いつの間にかうつらうつらと船をこぎ出しブログの更新が遅くなる。

 

f0201348_2039135.jpg 昨夜の名残雲を背景に、遣る瀬無さそうに開いた今朝一番のアサガオと私。


f0201348_20384385.jpg



 SDの携帯が濡れて使用不能となった。
温風に乾燥にと色々試みるが液晶部分は機能せず。後日ドコモの販売店に持ち込んだところ、5千円程度の修理でその1週間は代車ならぬ代替えの携帯を貸してくれたらしい。象印湯沸器の故障でもそうだったが、日本メーカーの顧客を大事にするサービスは最高だ。値段より質とアフターサービスだ。

f0201348_1713490.jpg

[PR]
by 1944tourist2004jp | 2012-08-12 17:57 | その他 | Comments(8)
Commented by K-tooko at 2012-08-12 21:27 x
こんばんわ。
とてもきれいな花火に見とれてしまいました。
あ~ ほんと とってもきれい。
私は こんなにきれいに撮れないなぁ
Commented by 1944tourist2004jp at 2012-08-13 08:23
おはようございます。
 お久しぶりですね。
暑さとロンドンに負けて山登りが疎かになっています。
日々晩酌と寝不足で大変です。
 写真お褒め頂き恐縮です。
小雨の降る中での花火大会でしたが、最後の2発を残してどしゃ降りとなり、駐車場まで数百mの距離があるので皆さんびしょ濡れでした。
Commented by desire_san at 2012-08-14 12:44
こんにちは。

花火の写真が見事ですね。
花火そのものが喧噪的なものもあり、また、水に映りこんだ花火も幻想的な気持ちになり、いいですね。

最後にアサガオの写真を載せておられるのも、いかにも夏らしく、そのあとに改めて花火の写真を見ると、また魅力を新たにします。
楽しませていただきました。

ところで私は、世界で一番美しいまちのひとつといわれるチェスキー・クルムロフの写真をブログに載せました。ご感想などコメントいただけると嬉しいです。
Commented by 1944tourist2004jp at 2012-08-16 09:50
おはようございます。
 花火写真、お褒め頂き恐縮です。
小雨に明かりが無く、全てss1秒の写真になってしまいました。少し残念です。
アサガオは今年初めてガレージの上に竹を数本通し棚を造っています。青空を背景にすると一段と綺麗です。
Commented by 海彦山彦 at 2012-08-16 10:12 x
残暑お見舞い申し上げます。
ご無沙汰しています。

いつもながらきれいな画像ですね。
今年はTVでしか花火は見ていません。

雨にたたられた花火大会だったようですが
それはそれでご家族とのいい思い出になったのではないでしょうか。
Commented by 1944tourist2004jp at 2012-08-16 12:56
海彦山彦さんこんにちは
 残暑お見舞い申し上げます。
仰る通り、観客の皆さん方同様に大雨でびっしょりとなり良い思い出でした。
只一つ、妻の携帯が機能不全となったのは残念です。
花火の写真、貴男のお役に立てて良かったです。
Commented at 2012-08-19 11:15
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 1944tourist2004jp at 2012-08-19 12:02
こんにちは
 残暑お見舞い申し上げます。
体力と年齢を考えて、この炎暑に山を敬遠しております。
 貴男が錦秋の石鎚山を計画されていることだけで、つい御無礼な申し出をしてしまいました。気心の知れた仲間ということで了解です。
 花火の写真は小郡市です。小雨の後にスコールのようなどしゃ降り大変な花火大会でした。
私も花火の写真をどのような構図で、またFとかSSの設定について全く分かりませんので、本屋さんでプロの写真集を覗いて真似をしています。
 ブログを休止されるとのこと少し寂しくなります。
私も最近はブログに追われることなくぼちぼちと考えています。


<< 「菜園仲間が一人増えた」 「台風一過の山登り」(4) >>