「早すぎた観梅」(円福寺)

f0201348_23213365.jpg 帰るには勿体ない時間と青空。
前もって調べていた“円福寺の1000年ビャクシン”を拝みたく、3号線を奥辺春へと南下して行く。

途中、道の駅を見るが“みねばあちゃんのカラシ菜漬”は後回しとする。

f0201348_17341716.jpg


f0201348_17364023.jpg


f0201348_23225654.jpg 中辺春の信号機から左折の積りで入って行くが、寺院らしき建物が見当たらない。折良く通った郵便局の職員に訊ねると「三つ下の橋から入って行ったところですよ」と丁寧に教えてくれる。

f0201348_23232596.jpg

 門の方へ周ると、ビャクシンの二股に分かれた朽木が入門を拒絶するように見える。
30度に傾いた基幹は共に上半分が枯死し、下半分で生きているらしい。また、樹高9m、根元の周り5mと紹介されている。香木として名高いが、千年の歴史を見ながら生き続ける老木は如何様な匂がするのであろうか。

f0201348_23252864.jpg ここにはもう一つ県指定天然記念物「タイサン木と白モクレンの癒着木」がある。
見た目には案内が無いと全く分からない。明治の初期に北米から輸入されたタイサンボクにモクレンが接木されたそうだ。両方ともモクレン科で同じように白い大きな花を咲かせるらしいが、是非花の咲く時期に訪ねて来たいものである。






f0201348_2326980.jpg














 寺の案内板も無くただ記念樹を写真に収め、“みねばあちゃんのカラシ菜漬”を買うべく道の駅へと向かう。

f0201348_23382853.jpg











f0201348_1554427.jpg

[PR]
by 1944tourist2004jp | 2012-03-01 23:40 | その他 | Comments(6)
Commented by かっちゃん at 2012-03-02 12:22 x
甘党さん こんにちは!
今年の花の開花は随分遅れていますね。
この調子だと桜も一週間程遅れるのでは。

中国の富裕層の多さには圧倒されました。
アマチュアカメラマンの持参しているカメラは、日本のC製・N製が殆んどで、それも高級シリーズカメラでした。
棚田の規模の大きさは日本のそれと比べようがありません。菜の花の撮影時とも同じですが、ドラマチックな天候には恵まれず一般的な風景しか撮れませんでした。
漢民族に追われた少数民族は、このような劣悪な地にしか住むことができなくなったのでしょう。漢民族は武力で奪い取った平地で暮らしています。そのうち世界おも覇権するのでは。
Commented by 1944tourist2004jp at 2012-03-02 14:10
こんにちは かっちゃんさん 
 12億の民の1%が国富の40%弱を保有しているという歪な社会構造。
日本の金持ちは知れていますが、中国の富裕層は想像を絶するのでしょうか。
 原点にある中華思想と金が結びついて、世界中で何でもありの現状ですが、
今朝の新聞で北京五輪のメーンスタヂアム設計にも参画した艾未未氏が
「倫理を失った絶望的な状態」と評していました。
少数民族が虐げられないようにして欲しいものです。
Commented by sa-sinra at 2012-03-04 23:38
こんばんは!!
先日は私の拙いブログにご訪問いただき
ありがとうございました。
これから
よろしくお願いします。

1000年ビャクシン
すごく生命力を感じさせる木ですね~
Commented by 1944tourist2004jp at 2012-03-05 18:37
今晩はsa-sinraさん
 ”似ているブログ”ということで貴方のブログを開きましたが、
本当に素晴らしい写真ばかりで一気に見せて貰いました。
 写真から露出ほかの設定についてに分かりませんが、
光とかアングルについて参考にさせて頂こうかと思っています。
今後とも宜しくお願いします。
Commented by dojyou38 at 2012-03-06 15:54
好天を見極めフットワーク軽く活動出来羨ましく思います。
それにしても今年は春が遅いですね。
円福時、知りませんでした。
機会が有れば1000年ビャクシンとタイザンボク・モクレンの癒着木を是非見てみたいと思います。
Commented by 1944tourist2004jp at 2012-03-09 21:38
こんばんは、dojyou38さん
 草木も少しのんびり出来る今年の春ですね。
観梅にもう一度と思っています。
 専門家も戸惑う桜前線かも知れませんが、今年の山はどうでしょうか。
表年を期待したいものです。


<< 「徒然の日々に」 「早すぎた観梅」(2) >>