「結婚式から水族館へ」

f0201348_21584685.jpg 横浜での結婚式に出席した後、限られた時間に八景島シーパラダイスへと遊ぶ。

f0201348_2116882.jpg


f0201348_2117341.jpg 降りそうで降らない鉛色の空に、孫二人は嬉々として島への橋を駆けて行く。
数多い水族館へ何度か訪れたことはあるのだろうが、時も場所も忘れ模糊としている。しかし、直近の”沖縄美ら海水族館”だけは流石に記憶がある。

f0201348_21181487.jpg

 さほど残ってはいない昨晩の酒であるが、気付かないうちに齢を重ねているのか、休日の人混みに流されるように歩くのは結構疲れる。
4歳と2歳になる二人の孫はSDと娘達に手を引かれたり抱っこされたり。手綱を少し緩めると興味あるものへと自由奔放に走りだすので、混雑と暗さに私も目を離すことができない。

f0201348_21192038.jpg

f0201348_2119524.jpg



f0201348_21202996.jpg 一巡してイルカとアザラシのショーを見た後、飛行機の時間もあるので糠雨に濡れながら少し早めに駅まで20分ほど歩く。

f0201348_21234040.jpg


f0201348_21264541.jpg 孫は駅への道沿いにある遊具から目が離れない。「これで終わりだよ!」と言って乗せる娘。
日曜日の羽田5時発、ジャンボは息が詰まりそうなほどに満席であった。


f0201348_21272671.jpg


f0201348_21305897.jpg そして、昨日は待っている畑へ3日振りに出かける。
筋蒔きに密植された冬野菜の間引き作業が遅れている。助け合うように、また犇き合うように成長している若芽は根が浅く、茎は瑞々しく、少し手荒くすると直ぐに“ポキッ”と折れる。
f0201348_21312865.jpg














神経を使う細やか作業である。半座りの姿勢に腰が痛く、下肢が悲鳴を上げる。
辛抱の利かない私は「男の仕事では無い」と、中途半端に腰を上げ力仕事へと逃げて行く。

 週間天気予報によるとこの週に山登りの機会は無い。
間引きしたスプラウト野菜は二人で食べきれないので、それを手土産に年老いた”お袋”の相手をするために実家へと向かう。

f0201348_2131591.jpg
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2011-11-09 22:13 | その他 | Comments(3)
Commented by dojyou38 at 2011-11-11 10:47
横浜に行かれていたのですか。
2年前まで次男が金沢八景に住んでいたので良く行きましたが、水族館には行く機会が有りませんでした。
最近週末は天気悪いですね。 今週はOKかなと期待しています。
Commented by 1944tourist2004jp at 2011-11-11 16:36
こんにちは
 ご子息、金沢八景におられてんですか。
海に面して良い所でした。
東京や横浜は福岡と比べ公共機関が発達しているので、郊外でも本当に便利ですね。
 早く山に行きたいですね。
Commented by yuki1108 at 2011-11-13 22:11 x
こんにちは。

写真とてもきれいに撮れていますね。
絵葉書にしたいようなイルカです。

こうやってみてみるとやはり、一眼レフのカメラの違いがよくわかります。
名前
URL
削除用パスワード


<< 「久し振りに牧ノ戸峠から」(1) 「立冬の菜園」 >>