「快晴に畑仕事」

f0201348_151846100.jpg 目覚まし時計に起こされ、窓を開け広げると清秋がやけに眩い。
ザック他、昨夜のうちに紅葉登山の準備を万端整えていたが、軽い頭痛に意欲が頓挫し「今日の山登りは中止する」と惰眠に入る。
 昨夕、同じ町内に住む友人から「久し振りに飲みましょうか」と携帯が鳴る。
明日は山登りの予定だが、少々なら大丈夫だろうと、酔漢として名に恥じぬよう甘受する。
年金生活者は居酒屋を常とするが、「偶には和食コースで飲みましょう」とのことで、次々と出されて来る料理にいつしか焼酎のボトルが空になる。
星空に気分が高揚して二駅区間を歩く。堂々巡りの話をする酔人達にとって4km強の距離は短い。


f0201348_15221044.jpg





















      (珍しく縦にできた雲)
 朝一番、バナナとゴーヤに豆乳と牛乳を加えたジュースを飲み、朝食のパンとスープを食べると、頭もすっきりとして1日の予定を改めて考える余裕が出てくる。
しかし、時遅く山登りは無理である。


f0201348_15252025.jpg 明日の山日和を期待して、「今日1日、頑張って畦起こしに励もう」。
私達にしては珍しく4日連続の午前様出勤である。サツマイモの収穫、冬野菜の間引き、ブロッコリーの植え付け、冬野菜の時間差播種、畦起こしと忙しい。

f0201348_15255860.jpg


f0201348_15265785.jpg  下の段の菜園仲間が防虫ネットの中の芽吹きを見ながら、「順調に出ていますね、何を植えてるんですか」と声を掛けて来る。
5歳ほど年長の彼は私達の3・4倍の休耕田を借りて栽培している。
耕運機や草刈り機を持っているとはいえ、真夏も朝晩一人で黙々と頑張っている。
2度ほど畑で奥さんにお会いしたが「“私は初めから手伝いませんよ!”と断言していましたから」と、けんもほろろの言葉を思い出す。
 彼の所に時々街人が訪ねてくるので、無農薬野菜として販売しているのかも知れない。
今尚、隔日で収穫できるピーマンとナスを見ながら「こちらも長持ちしていますね」と上手の人が褒めてくれる。特段の手入れをやっていないので、「マルチと夏の水遣りのお蔭でしょうか」と、面映ゆい気持ちで返答に窮する。
お互いにお裾分けをするが、「ビールのお摘みに美味しい黒枝豆どうですか」と言うと、「じゃー、2本ほど貰っていきます」と屈託がない。

f0201348_15294425.jpg 起こした15m×1.2mの畝に石灰と完熟堆肥を一緒に梳き込み、今日1日の肉体労働は終わりである。
根気と丁寧さを要する野菜の間引きが長引いているので、横の休耕田に咲き誇っているセイタカアワダチソウの残りを刈って行く。
収穫の終わった殺風景な田園に黄金色の群生は遠目に秋を感じさせる風景であるが、横で畑仕事する私にとっては悩みの種である。
 帰りにSDはキバナコスモスと冬場の管理の為に地植えのボリジを鉢に移し持ち帰る。

これだけ働けば明日の好天だろう。
[PR]
by 1944tourist2004jp | 2011-10-27 15:33 | 家庭菜園 | Comments(2)
Commented by dojyou38 at 2011-10-28 11:09
夜のお付き合いに、菜園、山登りと体の休まる日がありませんね。
また、その忙しさが健康と元気の源かも知れませんが・・・
私もそう思っているのですが、お互い歳を考えると無理は出来ませんね。
Commented by 1944tourist2004jp at 2011-10-28 15:07
こんにちは
 どちらかと云えば、じっとしているの好きではないので丁度良いかも知れません。
年ですからマグロのように回遊しっぱなしとはいきませんが、何かをしていないと息が詰まりそうです。
 畑明けの今日は紅葉狩り登山で英彦山と思っていましたが、雨で中止になり、TVと本で大人しくしています。
名前
URL
削除用パスワード


<< 「裏英彦山道を歩く」(1) 「払暁の散歩道」 >>